FC2ブログ
2019-08-31 14:19 | カテゴリ:未分類

    体調がよかったので調子に乗ってアニメ映画『天気の子』を上野の映画館に見に行った。その気になれば自宅からバスで10分で行けるところである。

 

    『天気の子』(新海誠監督) はアニメ映画であるが、国内興行売り上げが100億円以上の記録を更新し続けているというので、若い人の感性に遅れまいという、情けないが野次馬的興味もあった。

 

    高畑監督の『かぐや姫』以来の漫画映画の鑑賞なので、あちこちで戸惑ったし、全体を通じて、もやもや感が残った。

 

    余りに場面展開が早すぎて、ほうほうの体で小生の老化した頭が付いていくぶざまであった。

 

    それでも、観客には結構年配の方も10分の一ぐらいはいたので、すこし驚いた。

 

    感心したのはビル街の風景描写の巧みさである。「天気の子」の巫女である女の子が祈ると、次第に大雨から天気に空が晴れ渡っていき、ビル街が輝き始める。それが非常に美しい。そのような「陰から陽」「鬱から躁」へのグラデ-ション映像場面の繰り返しが、いったいどんな技法で行われているのか、小生には見当もつかなかった。その進歩したデジタル技術に驚嘆した(専門家には大したことではないのかもしれないが)。

 

    この映画は一回見ただけではたぶん作者の言いたいことの3分の一も理解できていないように思った。おかねと時間の余裕があれば、最低3回は見るべき価値がある映画だと思う。(別に宣伝するわけではございません)

  
   


(森敏)

追記1:

本日(928日)のテレビで(局は忘れた)、インドでもこの「天気の子」が初めて映画館で上映された様を報じていた。熱狂的なインドの漫画マニアの少年が、この映画のインドへの誘致を呼び掛けて、5万人以上の署名を集めて、(どこに持ち込んだのか忘れましたが)、深海監督も日本から駆けつけての、上映に成功したという話だった。

この映画の一体どんな点がこれほどまでに世界の若者たちにアピールするのか?

この映画の最後は東京が洪水に埋まるシーンである。環境問題が国連で論じられて、16歳の少女であるグレタ・トゥンベリさん の地球温暖化について、涙ながらの怒りの演説をした。同時に400万人もの若者のデモが世界で行われたとか。

  「両者には関連があるのかも知れない」
  なんてつぶやくと、「このぼけ老人!」とグレタさんにはどやされそうだが。
 

追記2. その後、21091019日の台風19号では、関東・東北のあちこちの堤防が決壊し広域の浸水で激甚な被害が起こった。多摩川は部分決壊したが、幸いというべきか、荒川、隅田川、江戸川、利根川がかろうじて決壊しなかったので、東京が「古東京湾」にはならなかった。しかし今後は温暖化のせいで、毎年のように豪雨や長雨が発生するだろうから、堤防などの強靭化がとうてい間に合わず、来るべき東海地震とのダブルパンチで、上記河川が決壊し、「古東京湾」が出現するかもしれない。
この漫画アニメで、水面からにょきにょきとタケノコのように頭をのぞかせている高層ビルやタワーマンションも、今回の台風19号で水浸した、武蔵小杉のタワ―マンションで明らかになったように、地下室配電盤が水浸して、機能しなくなり、停電となり、エレベータ、トイレ、水道が使えなくなり、住民が疲弊に追い込まれ、死線をさまようことになる。