FC2ブログ
2019-05-06 09:30 | カテゴリ:未分類

以下独断と偏見です。

 

      天皇が代替わりしたのに、マスコミが上皇の動向を報じているのはいただけない。

 

      そっとしてあげた方がいいのではないか。

 

      上皇夫妻は沿道に手を振ったりして、いまだに細かな気配りされているようだが、これでは自宅外でのプライバシーが全く保てないだろう。これでは引退を宣言された意味がない。どうか今後は存分に個人生活を大事に過ごされんことを。

 

      新設された「上皇」の役割が法律的にどのように明記されているのか小生にはつまびらかではないが、従来からあまり良い意味でつかわれていない「院制を敷く」ような雰囲気が出るのは一番のぞましくないことだと思う。これは実に賢明な上皇御夫妻自身が一番自覚されていることだと思う。

     

      マスコミは上皇が何をしようが、極力報道を抑制すべきだと思う。天皇時代の1%ぐらいに急速に報道量を縮小したほうがいいのではないか。

     

      各種のアンケートの結果では、「令和」元年で、国民は、日本を覆う憂欝の「刷新」を強く望んでいると思われる。だから、過去に引きずられるような報道の雰囲気が残りつづけるのは実によくない。
     
  報道は古来からの「改元」制度の意味(国の気分を一新する)に忠実であるべきだと思う。

 

 

(森敏)
追記: とは言いながら、小生自身は、決して過去のこととして忘れ去られてはならない、現在も未来も進行形の、福島原発事故由来の放射能汚染関連の事実を、執念深く開示していくつもりだ。魯鈍な馬鹿の一芸と言われようとも。