FC2ブログ
2019-04-25 22:16 | カテゴリ:未分類

最近2つの葬儀に参加した。

 

  去る3月に89歳で肺炎で亡くなった、義兄 中平立(なかひらのぼる)元カナダ大使 の身内のみの葬儀のときに真言宗の僧侶がつけた戒名は

  護国院慈橋立和居士

というものであった。実名の立(のぼる)を取り込んだ「立和」は「りゅうわ」と発音してくださいとのことであった。「りつわ」と発音するよりもはるかに響きが良い。
その意味は、のぼる兄が生前外交官として世界各国の大使を務め日本国との連携を慈悲のこころで橋渡しをし、平な国際環境を立ち上げることに貢献したという意味を讃えてつけたのだそうである。

   令和(れいわ)ではなかったが「和」の文字が戒名に入っていたことは、元号「令和」制定の前で、全くの偶然だったが、覚えやすくてなかなかよい戒名だと思う。


  

  一方、話は変わるが、去る416日に84歳で心筋梗塞で森謙治東大名誉教授(学士院会員)が逝去された。その葬儀に関して、東大農学生命科学研究科・農学部広報課からの通知には
斎場:文京区日本基督教団西方町教会

喪主:森桂子(もりけいこ)殿(

 とあった。ここでの「御令室」の令は新元号の「令和」(れいわ)の場合と同じく(れい)とよみ「麗(うるわ)しい」奥方様(おくがたさま)という敬語であろう。
  弔辞を読まれた別府輝彦東大名誉教授(学士院会員)のあいさつでは、桂子夫人は森謙治先生のすべての学術論文の英文草稿のタイプ打ちを裏で支えてこられたという話であった。森謙治先生の論文は20年以上前の東大退官講演を拝聴して記憶しているのだが、当時でも600編以上にのぼっていて驚嘆した。その後も死の直前まで論文執筆をつづけておられて 
Tetrahedron Letters誌に投稿されたばかりであったということであるから、奥様のご貢献は並大抵のものではなかったと思われる。最近のご専門は多様なフェロモンの有機合成化学であった。
  ご夫妻はクリスチャンであり、文京区西方町のご自宅から歩いて東大正門前の本郷ルーテル教会に出かけて日曜礼拝を毎週欠かさずしておられたご様子で、小生は通勤の行き帰りに、お二人に時々遭遇していた。最近の先生は、とみにゆっくりになられた奥様の歩くペースに合わせて、奥様の後ろをゆっくりゆっくりと歩かれていた。歩きながらもきっと有機合成反応を思索されていたのだと思う。
     
昨今、何かと気になる「令」「和」の文字ではある。

 

 

(森敏)

付記: 中平立氏は初代の日朝交渉全権大使であった。エースとして送り込まれて、やる気満々だったようだが、会談の途中から 金賢姫(キム・ヒョンヒ)・元死刑囚の 日本語教育係「李恩恵(リ・ウネ)」だったとされる 田口八重子さん(不明当時22) の問題が突然出てきて、会談は7回目で決裂した。のぼる兄には、このことが死ぬまで心残りであったようだ。その後の日朝外交交渉の経過の詳細は以下を参照ください。



http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/1238/1.html