FC2ブログ
2019-03-16 13:23 | カテゴリ:未分類

以下の朝日新聞の記事は重要だと思うので無断で全文転載した(たぶん朝日新聞社には怒られないでしょう)
  
   

立憲小川氏 NHK報道批判 統計不正追及「野党の主張取り上げず」

20193150500分朝日新聞

 新年度予算案の衆院通過をめぐる与野党の攻防があった3月1日のNHK報道について、立憲民主党会派の小川淳也氏が14日の衆院総務委員会で「野党の主張を報道の骨子に取り入れてない。政権与党に都合のいいことを言う(報道)という批判がある」と指摘した。

 小川氏が問題視したのは1日の「ニュースウオッチ9」。統計不正への対応が不誠実だとして野党6党・会派が同日提出した根本匠厚生労働相の不信任決議案に関する2時間弱の小川氏の趣旨弁明を取り上げた。
 番組は小川氏が議場の演壇でみずをのむ場面を3回映し、「途中何度も水を飲む姿に議長は」とのナレーションとともに「少し早めて結論に導いてください」と呼びかける大島理森議長の姿を放映した。
 小川氏は「(統計不正批判で紹介した)川柳と、あたかも時間を引き延ばすかのように水を飲んだ部分しか取り上げていない」と指摘。大島氏の発言についても「水を飲んだことに対して議長が注意したかのような報道のされ方は事実と異なる」と主張した。
 NHKの木田幸紀専務理事は「自主的な編集判断」と繰り返し答弁。野党が反発して委員会審議が中断すると「結果としてこのようなご指摘をいただいたことは真摯に受け止める」と述べた。 (別府潤一)



   
  野党議員にはマスコミ出身者も多いので、NHKや民放の報道姿勢に対して常々から神経をとがらしているのだろう。主要各新聞紙系列のテレビ報道に関しては、野党はそれぞれの局の独自の主張を容認しているようで、偏向報道に目くじらをたてても仕方がないと思っているのかもしれない。だが、NHKに対しては国会審議での「討論内容」や「報道時間配分」や編集上の印象操作にはピリピリしているようだ。誰か映像の専門家が絶えず詳しくチェックしているのだろう。これは政党としては当然のことだと思う。
      
  国会中継などは国会議員や閣僚たちはマスメデイアに対しては完全に受け身であるので、その質疑応答が、後ほどどのように印象操作されてニュースなどで放映されたか、本人たちが事前チェックできないママ映像が流出している。

  それぞれの局のプロの編集者たちは、現場の記者の取材で得られた映像を、編集部で切り貼りして、一定の印象操作をして限られた放送時間内に流すことに、得も言われぬ快感を味わっているのではないかと、小生は素人ながら思料する。上記の新聞記事の中でのNHK木田幸紀専務理事の「自主的な編集判断」という言葉の裏の意味はそういうことである。
 
     
だが、いやしくも国民から強制的に視聴料を徴収しているNHKに対しては、印象操作されたと不快に感じた被写体は、放映者に対して、その都度いくら厳しく批判しても厳しすぎることはないだろう。絶対に泣き寝入りは良くない。それを黙認すると「これくらいはいいんだな」と、NHK権力の横暴を増長させかねないからである。
   
  様々な事件の現場では、いろいろなマスコミやミニコミが入り組んで競って映像取材している。こういう時に、「町の人の声を聞いてみましょう」などとマイクを向けられてお人好しにインタビューを受けるのは、相当用心したほうが良い。一度撮影された映像は、編集加工されて、全く本人が知らないところで、本人の意思とは異なる趣旨に印象操作に使いまわされる可能性が無きにしも非ずだからである。

   

  我々研究者がマスコミから取材を受けるときも、全く同様の事が言えるのである。
           
(森敏)