FC2ブログ
2019-03-12 12:31 | カテゴリ:未分類

    これまでの新聞記事によれば、

「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」

と心愛ちゃんが201711月、いじめに関する学校アンケートの自由記述で記していたのを、学校が最終的に父親に見せた。

 

    この記事を読んで、思わず小生の灘高入学時がよみがえってきた。

 

    今は知らないが、60年以上前の灘高では50人だけ他の中学からの入学生を厳しい試験で受け入れていた。その50人は灘中からそのまま上がってくる在校生よりも実力が低いということで、一つのクラスにまとめられていた。その入学早々国語の教師が、作文の時間を設けて「灘高に入学した感想を何でも自由に記述しなさい」というので、中身はすっかり忘れたのだが、小生は中学校では新聞部の部長をやっていたので多少批判的な作文を提出したのだと思う。
 

    その後小生は職員室に呼ばれて中高6年間の6人の学年担当主任にぐるりと囲まれて、いろいろ詰問された。趣旨は「そんなにこの灘高が嫌なら、明日にでも退校してもいいんだよ。君みたいなのがいると他の生徒に迷惑がかかるからね」

と、自分でもわけがわからない嫌味を言われた。その後の卒業までの3年間は英・数・国・社の教員によるいじめで地獄の苦しみを味わった。あまり周りの事を気にしない体質だったので自殺に至らず何とか切り抜けられたのだと思う。

 

    これは国語の教師がスパイ行為(思想調査)をしたということである。

 

    心愛ちゃんは父・母・先生・お友達の誰にも頼れなくて、<寂寥の極み>であの世に逝ったことだろう。

 

      


(森敏)


付記1:以下の記事です


千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、心愛さんが2017年11月の学校アンケートに「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」と回答していたことが31日、分かった。市教育委員会は、この回答のコピーを父勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=に渡しており「威圧的な態度に恐怖を感じ、屈してしまった」と説明した。

野田市教育委員会は31日に記者会見し、アンケートの記述内容を公開。心愛さんは、容疑者から「夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています」と書いていた。

付記2.小生の中学校の時の国語の先生は、修学旅行の時の厳島神社前の旅館で、真夜中に友達と行った狼藉を書いた小生の作文に対して、全く事を荒立てることはなかった。
        
追記1.関係者には以下の処分が決まった(2019年3月28日 読売新聞の記事)
千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、同市と同市教育委員会は28日、父親からの虐待を訴えた心愛さんのアンケートのコピーを父親に渡した市教委学校教育部次長兼指導課長(58)を停職6か月とするなど、職員12人を懲戒処分とした。指導課長は主幹に降格させた。:::::

追記2.2019年9月23日の朝日新聞の朝刊に、

教員からの嫌がらせ スクハラ相談できる場を 不登校経験もつ大学生 署名活動
という記事が載っている。

「学校ハラスメント」朝日新書 名古屋大内田良准教授(教育社会学)著 という本も出ているとのこと。