FC2ブログ
2018-11-26 15:22 | カテゴリ:未分類
 昨年の今頃、浪江町の林内の腐葉土から生えているモミジの実生を見つけたので、ていねいに抜くと細根を傷つけないで根ごとすっぽりと引き抜けた(図1)。
       
 根にがっしりと絡みつく枯葉をていねいに摘み取って、モミジのほかの組織部位などと比較のために放射性セシウム濃度を測定した。
       
 枯葉はモミジの葉の約20倍の濃度であった(表1)。
          
 根から取り切れていないで絡みついている枯葉の断片が、異常に強く感光していることがわかる(図2、図3)。
     
 モミジの実生はこのように落ち葉から直接可溶性セシウムを吸収しているものと思われる。

        

      


スライド2 
 
 
 
 
スライド3 

 図2。モミジの実生のオートラジオグラフ。根にこびりつく枯葉の破片が強く感光している。
 
 
 

 
スライド4

図3.図2のネガテイブ画像  
 




 
 
 表1. モミジの実生と枯れ落ち葉の放射能
スライド1   
 
    
   
   
 
 (森敏)