FC2ブログ
2018-08-01 08:29 | カテゴリ:未分類
      放射能汚染で住民が避難しているので、人が全く通らなくなった民家に通じる道のど真ん中に、1.5メートルぐらいの高さで道を遮るように思い切りよく葉を伸ばしている黒い実をつけている、草本があった。帰って調べてもわからなかったので、いつもの若林さんに調べてもらうと、抽苔した「ウド」ということであった。土の暗い穴倉の中で、白色に栽培している食用ウドは東京都の栽培農家で見たことがあったのだが、露地ものは見たことがなかったので、現地では同定できなかった。
 
      
地上部の穂の部分と葉の部分を採取してきて、オートラジオグラフに撮ると、実が着いている葉、茎、花穂の柄の部分が強く放射能を含んでいた。これらの組織よりも一
桁低いが、しかと種子にも放射能は移行していた。外部付着した放射能はなく、全部内部被ばくであることがわかる。根から吸収された放射能が茎を経由して葉に移行し葉脈を通じて葉の細部に分布していくことがくっきりとわかる。よく見ると葉の裏側か表側を虫が食べたところには放射能がないか、色が薄い。
 

 

 

 
 スライド1  
図1. ウドの茎葉と花穂(種子はすでにほとんど散っている)
 
 
 

 

スライド2
 
 図2.図1 のオートラジオグラフ
 
 
ウド ネガ‏フィルム jpeg 

図3 図2のネガテイブ画像 くっきりと葉脈が浮きでている。葉脈が非対称なのが少し気になるが。




  
 
 


表1  ウドの部位別放射能
 
ウドの放射能jpeg
 
 
   
  

 
(森敏)