FC2ブログ
2018-07-20 18:38 | カテゴリ:未分類

A先生「森さん昭和16年(1941)生まれでしょう? 僕もそうなんだ。最近思うんだけど、僕らの世代が戦争の体験記憶を持った最後の世代なんじゃないか? 昭和20年の8月終戦の時に満で3-4歳だったから。それより後の世代は全く戦争が記憶にないはずだ」

 

小生「空襲を覚えてるよ。高知にいたから。真夜中に東の空が真っ赤にいつまでも燃えていたんだ。防空壕から見えたよ。かなり年取って後から調べると7月4日の真夜中未明にB-29の120機以上の編隊による絨毯(じゅうたん)爆撃だったんだ。焼夷弾を1千トン以上落としたということだ。高知市の中心街は火災で灰燼に帰したね。死者400人以上、1万戸以上の家が全焼した。たった一時間で今回の西日本激甚豪雨の死者200名以上の被害だ。僕のところは少し西の旭駅前町というところだったので、からくも助かったんだ。坂本竜馬の家も全焼したとずっと後になって知ったんだ」

 

A先生「僕は鹿児島の実家に居たんだけど、昭和20年の4月ごろから連日のごとく頻繁に米軍の爆撃機が沖縄から飛んできて爆弾を落としていったんだ。このまえ偶然テレビで見たんだ。アメリカ軍の記録フィルムで、丁度僕の町の海岸の上を飛んで上から写真を撮っているのが写っていた。人々が逃げまどっている。あんな風に我々の姿が丸見えだったんだね。あの中に僕もいたのかもしれないと思うと、僕も機銃掃射でやられていたかもしれないと思うと、いまさらながらぞーとしたよ。8月には長崎に原爆が落とされたといううわさを聞いたな。広島原爆のことは知らなかった。歴史的に言っても九州では長崎が中枢だったので情報伝達がはやかったのでもしれないね」

 

小生「僕は広島も長崎も原爆投下の話を聞いたのは、高知から兵庫県の芦屋の小学校に転校してからだ。「原爆の子」という映画を見てからかな? 時代が錯綜しているけれど。高知の片田舎ではそういうことには全く奥手だったんだね」

 

A先生「アメリカのトランプ大統領はとにかく朝鮮で戦争はやりたくないと言っているのは、なんのかんの言われていても彼の判断は賢明だと思うなー。日本政府の世論工作はおかしいよ。北朝鮮の脅威ばかりあおって、自衛隊のミサイル装備を充実すべきだと言ってるけれど、みんなそんなに戦争をやりたいのかね。今の若い人たちにはいったん戦争になったら、みんなどうなるか、想像力があるのかね」

 

小生「ぼくの親父は山本五十六による真珠湾攻撃があった時に、日本国中が歓喜で湧いていたけれど「この戦争は負ける」と直ちに判断して、僕が生まれてから一年後に家族全員を郷里の高知の旭駅前町に引き揚げさせたそうだ。技術屋としてアメリカの物量作戦にいずれ負けると考えたのは当然の判断だったんだね。1歳になったばかりの僕の記憶にはないんだけれど、親父は、1945年までいて終戦直後帰ってきたようだ。そこらへんの引き上げ時の苦労話は残念ながら親父からはいっさい聞いていない。母も小生にはいっさいゃべらずに亡くなったな。そうだ、兄や姉が生きているうちに、彼らが間接的に親父から聞いているかもしれないので、今のうちに聞いておかなくっちゃ、兄姉らも平均寿命が過ぎているのでそろそろ死んじゃうからね」

 

A先生「ぼくの母の兄が終戦後朝鮮から引き揚げて鹿児島の実家に帰ってきたときのことをよーく覚えているよ。駅に迎えに行ったんだ。現地で、理由は言わなかったけれど奥さんに死なれて、小さな女の子を一人連れて軍服軍帽姿で帰ってきたんだ。憔悴しきっていた。みすぼらしい姿だったなー(涙)。戦争は絶対にしちゃいけないよ。僕はボランテイアでやってる子供たちへの授業で、それだけは声を大にしていつも話をしているんだ。これこそが僕ら戦争を知る最後の世代の任務だと思ってるんだ」