2018-07-04 13:18 | カテゴリ:未分類

双葉町で樹に絡みつく「キズタ」(ウコギ科キズタ属)は、あまりにもがっしりと木の樹皮に張り付いているので、指では引っぺがしにくく、部分的にハサミで切断して、小片にして回収するしか仕方がなかったツル性植物である(図1)。

   
オートラジオグラフに撮ると、やはり樹皮にしがみつく、キズタの節位ごとに発生している不定根の部分が最も強く放射能汚染していることがわかった(図2、図3)。葉などには放射能がほとんど付着していないので、これは完全にキズタの内部被ばくと思われる。


   
この不定根の部分の、他の部位よりもけた違いに強い放射能汚染は(表1)、肉眼では見えないが、根の周りには寄生菌類が多様に繁殖していて、不定根や寄生菌は樹皮(セルロース、リグニンなどの高分子多糖類で構成されている)の分解に関わる酵素を放出して、これらの成分を低分子化して、有機栄養源として吸収して生長しており、また不定根は師管や導管に食い込んで、放射性セシウムもカリウムと混同して無機イオンとしても吸収しているものと思われる。寄生菌はそれをガンガンため込んでいるのではないだろうか。したがって不定根が一見放射能の塊のように撮像されているのではないだろうか。
  
   以上の仮説の子細な証明のためには、不定根を樹脂で固定して顕微鏡的オートラジオグラフを撮るべきだが、残念ながら今はその余裕がありません。どなたかやってみてくれませんか?
     


 


スライド1 
図1 樹から引っぺがしたキズタの切断片

 


 
スライド2
図2 図1のオートラジオグラフ 


 


スライド3 
図3.図2のネガテイブ画像

 

表1.キズタの放射能
キズタjpeg 
 

(森敏)
付記:過去の以下の記事もご参照ください
アイビーはなぜ石塀に強く接着できるのか