2018-06-17 07:25 | カテゴリ:未分類


スライド1 
西郷(せご)どん の像 上野公園にて。 正面からの顔は白い鳩の糞だらけなので、斜めから、西日のあたる像を撮影した。出来上がったこの胴像をみて西郷の妻は「夫はこんなんじゃない」といったとか。

      
  NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」を鑑賞した。上野の東京芸術大学大学美術館で「西郷どん」展に、のこのことでかけた。国立大学の催しものだから、無料だと思ったらなんと1500円も取られた。シニア割引もなかった。午後3時半に入館して5時に追い出されたので、十分な鑑賞は出来なかったが、初めて見るものばかりで来てよかったと思った。284個もの展示物があったが詳しくは見きれなかった。

  

NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」は、非常に興味深いので、初回から欠かさずに見ている。小生は「街道を行く」以外の司馬遼太郎の作品群はほとんど読了している。明治維新の大立役者であるゆえに西郷のことはいろいろの作品の各所に出てくるが、月照との心中事件や、奄美大島や、沖永良部島への島流しに関しては、詳しく述べられていなかったと記憶するので、NHKの創作ドラマや、今回の展示は非常に参考になっている。

 

しかし、生前の西郷が何故万人に愛される「人たらし」になりえたのか、この展示を見た後でも小生にはいまだによくわからない。

 

今回の展示物のなかで、小生が一番ひかれたのは、99番目の展示物で、西郷が沖永良部島に2度目の「島流し」になっていた時に、西郷よりも先に「島ながし」になっていた、藩の漢学者川口雪蓬が畳一畳ばかりの大きさに書いている「春夜洛城聞笛」春夜洛城に笛を聞く)の書体である。小生は普段は日展などでも「書」はよくわからなくて、パスする方だが、今回は違った。文字を目でなぞっていると、なんと自然に小生の体が書の筆跡に従って躍動し始めたのである! 非常に気持ちがよいのだ!わが生涯でこんな経験は初めてだ。帰って調べると、これは李白の詩で、詩吟では有名なんだそうだ。この書を、島流しで心がすさんだ西郷に、川口雪蓬が贈ったのだとか。

 

  • 春夜笛を聞く 
  •         <李白>
  • 誰が家の玉笛か 暗に声を飛ばす
  • 散じて春風に入りて 洛城に満つ
  • 此の夜曲中 折柳を聞く
  • 何人か起こさざらん 故園の情を
  •  

::::::川口雪蓬は「あなたもここに いる以上は島の人ともっと仲良くしなさい。それには島の人の生活をつぶさに見ることです」と言い、「ものすごく大事な本だけど貸してあげるよ」と、一冊の本を西郷に貸してくれたのが『嚶鳴館遺草』でした。そこで初めて、西郷は細井平洲という人の名を知り、遺草に書いてあった「護民官は民の父母でなければいけな い」ということに、目覚めたのです。::::::
とのことである。

http://www.city.tokai.aichi.jp/4582.htm

      

(森敏)

付記1:いまから45年前に日本土壌肥料学会の九州一円をまわる1週間にもわたるエキスカーションのあと、さらに足を延ばして鹿児島港から多分今はない「照国丸」に乗って、種子島や、沖永良部島や与論島に観光で立ち寄ったことがある。沖縄が復帰前だったので、沖縄には上陸できなかった。沖永良部島では素晴らしい白砂の浜にでて、あまりにも太陽が強いので半そでシャツを着て泳いだのだが、それでも一時間も海に平泳ぎで浮かんでいると両肩が日焼けで炎症をおこして、シャツが皮膚とくっついてしまって、はがすときに猛烈に痛かったやけどの記憶がある。
      
残念ながら、「西郷どん」がここに島流しになったことがあるのだという観光案内は全くなかった様に思う。奄美にとって島津は征服者だから、西郷の記念碑なんか建てたくなかったのかもしれない。
 
テレビの「西郷どん」では、西郷が一回目に奄美大島に島流しされていた時に、第二番目の妻とした島の娘である「愛加那(あいかな)」に、離島した後日に簪(かんざし)を贈ったという、簪が映像で紹介されていた。いかにも貧弱な遺産というか西郷の記念品ですね。  
     
付記2:以下は小生の「独断と偏見」です。
    
西郷は強制的な「島流し」という過酷な仕打ちの中で、浮世の雑音を排して読書や自然に接しているうちに、何ゆえに自分がこの世に生を得て今後の人生をどう過ごすべきかを深く「沈思黙考」する時間に浸ることになっただろう。きっとこの「こころの沈殿期間」が西郷の次の明治維新への飛躍を熟成したのだろう。まさにピンチをチャンスに転換させたのだろう、と勝手に解釈した。人間は大きく挫折しないと決して飛躍しないのだ。
    
これを現代に置き換えれば、大病を負って長期病院生活を余儀なくされたり、汚職やスキャンダルなどで投獄されて獄中で冷や飯を食ってきた、経済人や政治家やスポーツ選手がその後の成長を期待できる候補生だろう。むろん逆は必ずしも真ならずだが。
 
付記3:上記展示会は5月26日から7月16日まで開催されている。
      
追記1:本日(6月17日)には、「西郷どん」の放映がある。沖永良部への島流しの場面がどのように展開されるかすこし楽しみだ。
 
追記2:残念ながら6月17日の放映では、西郷どんはまだ沖永良部への島流しにはなっていなかった。6月24日に放映されるのだろう。
 
追記3.7月1日のNHKの「西郷どん」では、沖永良部には「西郷神社」があるという映像が流れた。失礼しました。小生が知らなかっただけなのかもしれない。
 この日の番組でも川口雪蓬が登場した。西郷が島流しの拘束を解かれて、島から離れるときに、川口雪蓬が島の山頂から大きな旗を振って西郷を見送っており、その旗には「革命」という字が書かれていた。川口雪蓬がナポレオンの革命思想を学んでおり、西郷がその影響を少しでも受けたという可能性はあるのかね?そんな話は司馬遼太郎の小節には描かれていなかったと思うのだが。。。。。