FC2ブログ
2018-06-02 11:15 | カテゴリ:未分類
本日(6月2日)早朝のネットのニュースでは
   
         

毎日新聞だけが以下のようにトランプ大統領の 朝鮮戦争終結への 認識を紹介している。
          

日本のほかのマスコミは、朝鮮半島に平和が訪れるのは都合が悪いのか、彼のこの発言を無視している。
  
      
軍産複合体業とつるんだ日本の政財界やマスコミや政治評論家は永久に朝鮮半島が危機であることを望んでいるのだろう。
   
    
防衛庁はイージスアショアの陸上配備に躍起になっているが、そんなもともと性能の低い役にも立たないものはいらないのだ。 アメリカの低性能のお古の兵器ばかり高額で払い下げるのはもうやめようではないか。 
       
防衛予算の毎年の増額のためにはにはずっと朝鮮半島の危機をあおり立てることが必要なんだ。
   
   
文大統領と習主席がシンガポールに飛ぶ時が 「朝鮮半島終結宣言」に4者がサインする シグナルだ。


        

トランプ氏は「北朝鮮は(非核化の)意思を持っている」と述べる一方で「1回の会談ですべてが成し遂げられるとは思わない」と指摘。北朝鮮の非核化への道筋をつけるため、複数回の首脳会談が必要になるとの見通しを示した。12日の会談については「互いを知ることが主目的だ。その場で何かに署名するようなことはないだろう」と説明した。ただ、会談で朝鮮戦争の終結宣言案に合意する可能性について「あり得る。歴史的に非常に重要だ」と語った。(62日毎日新聞ネット二ユース)
     


追記1;その後「ワシントン時事通信」も、トランプの発言を以下のように伝えている。

(金英哲朝鮮労働党副委員長とは)朝鮮戦争の終結についても話し合った。戦争が終結すれば、われわれは北朝鮮の安全についても保証することになり、再び戦争が始まることはない。
   
         

追記2: その後、トランプの「朝鮮戦争の終結」に関しては、直ちに韓国大統領府が反応している。
    

韓国、米朝会談に強い期待を表明 「終戦宣言」に注目

201862 1248

 【ソウル共同】韓国大統領府は2日、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談実施を表明したことを受けて「米朝首脳会談に向かう道がさらに広がり、固まったようだ」と強い期待を示すコメントを発表した。

 韓国の聯合ニュースなどは2日、トランプ氏の発言を速報した。聯合は、トランプ氏が朝鮮戦争終結に合意する可能性に言及したことについて「終戦宣言カード」を初めて具体的に示したと注目した。

 韓国では、米朝首脳会談に合わせて文在寅大統領がシンガポール入りし、米朝や韓国の間で終戦宣言を行うのではないかとの見方が出ている。

       
追記3:韓国は「朝鮮戦争終結宣言」に向けて文大統領のシンガポール訪問を企画し始めた。
    
:::::

韓国で特に注目されたのは、朝鮮戦争の「終結に会談で合意する可能性がある」としたトランプ氏の発言だ。文大統領は金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の会談結果を発表した5月27日の記者会見で「米朝会談が成功すれば南北米3者首脳会談を通し、終戦宣言を推進したい」と語った。

 米朝会談に合わせた文氏のシンガポール入りも取り沙汰され、現地に派遣された大統領府職員が文氏の急な訪問に備えた下見を行ったとも伝えられる。一方で、保守層からは具体的中身の伴わない「政治的な終戦宣言」となることを危惧する声も出ている。(産経ニュース 6.2.22時)