2018-05-11 22:27 | カテゴリ:未分類

  昨年双葉町の民家の庭で奇形ツバキを観察したので、これが日本では普通に存在している奇形ツバキなのがずっと気になっていた。あちこちでツバキを観察しているのだが、ツバキの奇形は結構あるようだ。しかし、今回ここに紹介するツバキの花は尋常な奇形ではない。ツバキの育種家に言わせればきっと「そんなの普通だよ」と言われそうだが、小生にはとても興味深いので紹介する。
     

  京都三条通を散策していると、三条大橋のたもとに「浄土宗だん王」という大きな石碑が立っているお寺があった。正式名は檀王法林寺(だんのうほうりんじ)と門柱には書かれていた。中に入ってみると狭い構内の両脇の塀沿いに合計10本ばかりツバキの木が何種類か品種が異なるものが植えられていた(図1)。敷地の奥は幼稚園かなにかになっているようだ。
     
  ツバキの花が満開を過ぎて落下し始めたころであった。どのツバキの木も何らかの奇形花が観察された。よく見ると、そのうちの一つの木は全部が奇形花であった。全方位対称形の花が見当たらなかった。以下の写真に示す如くである(図2~図9)。残念ながら高いところの花は撮影できなかったのだが、この木にはさらに多様な奇形花があるものと思われた。まったく飽きが来ない遺伝子変異の想像力を喚起する奇形であった。
 
  拡大してよく眺めると、花の中に花がありまたその中に花がありとか、複数の花が一つの花に入っていたりとか、一枝の先に3つの花がついていたりとか、とても花の発生学的に興味深い変異です。眺めていて飽きがこない。この一つとして同じ花がない、多様な変異が、一本の椿の木の中で、あちこちの枝で発生していることや、花弁の赤い色が白く抜けて色がまだらなものもあることことなどは、多分トランスポゾン遺伝子の仕業だろうと思われます。この木ばかりでなくこのお寺のほかの種類のツバキの木の花も何となく変な花が多いです。昆虫を媒介して花粉を通じて遺伝子の水平移動が起こっているのかもしれません。花への発生分化の段階でトランスポゾンが動きやすくなる周囲の環境(電磁波や排気ガスや農薬散布など)があるのかもしれません。
 
  小生がここ数年追い続けている「帯化タンポポ」の発生機序にもどこか似ているような気もしています。
 
  こんなツバキを植えて愛でる昔のここのお寺の和尚さんは、多分奇矯な粋人であったと思われます。
        
  こんな偶然の発見があるので、歴史のある京都は、ただ歩いているだけで楽しい。

                     
   

だん王jpeg 
図1. 
        
 
スライド1 
 図2.かべんのなかに花花花
               
スライド2 
 図3.花弁のなかにまだらな花花花
       
 
スライド3 
 図4.花の中に4頭?のまだらな花
              
 
スライド4 
 図5.枝の先端に3頭の花が合体。花弁のマダラは少ない。雌しべや雄しべがない。
分化の異常で全部花びらになっちゃったのだろう。

        
       
スライド5 
図6.花弁のなかにいくつかのぐちゃぐちゃの花
      
            
スライド7 
図7.ぐちゃぐちゃ
         
         
スライド8 
図8。おしべの並びが直線状でがおかしい。
       
   
スライド9 
 図9.ぐちゃぐちゃ
    
   
 
(森敏)