2018-04-09 23:29 | カテゴリ:未分類
スライド1 
図1.四条通り沿いの仲源寺

 


スライド2 
図2.寺の奥正面中央部に幼い釈迦の立像(銅像?)が安置されている

 


スライド3 

図3.図2の拡大図

 


てんじょうてんが唯我独尊象jpeg 

図4.図3の拡大図 お盆の中は甘茶。これを掬って頭からかける。


 


 


スライド4 

図5.図4の拡大図。 人工照明の加減で像があまり鮮明に確認できなかったので、カメラをいろいろ工夫してしてやっと撮影できた。多分この土地の人も、この釈迦像の詳しい顔つきを知らないと思う。とっても物静かでメンコイのである。
   
        

 四条通の南側、鴨川の西にある仲源寺(ちゅうげんじ)は、四条通りをものすごい人ごみ(半分以上が中国系と思われた)を歩いていて、その流れに疲れて、ひょいと見つけたので飛び込んだお寺であった(図1、図2)。奥に進むと、なんとお釈迦様の生誕時の「天上天下唯我独尊」の30センチばかりのとても「めんこい」銅像が、真正面に安置されていた(図3、図4、図5)。この像に恒例の頭から甘茶をかけるべく、ひしゃくと甘茶が足元に置かれていた。
     
  

翌日4月8日が釈迦生誕日であったので、いまはまだ4月7日であったのだが、あらかじめこの儀式を行わせていただいた。誰も居なかったのでふんだんに甘茶を頭からかけてきた。小生は毎年4月8日には奈良の東大寺にいって、大正殿前に設置される釈迦生誕像の前に順番に観光客と行列して甘茶をかけてきた。しかし今年はなんだか足が疲れるので、京都には滞在しているのだが、奈良まで遠出するのが億劫になっていて、今年はどうしようかと迷っていたところであった。助かった。
                
  この仲源寺は小生にとっては、灯台下暗しの、まさに穴場だと思ったことである。
           
  他にも京都のどこかのお寺には、生まれたばかりの釈迦像があるのだろうか? あるなら、来年はそこにも出かけようと思う。
       
  別に仏教に帰依しているわけではないのだが、神社仏閣の前では賽銭を入れるとか、柏手を打つとか、なにかしないと悪い気がする年代になってきた。これを精神の老化というのだろう。それに東大寺は遠すぎる。  
    

  
(森敏)