2018-04-30 20:27 | カテゴリ:未分類

  少し古い話になるが、2015年にテンナンショウを飯舘村で採取して、押し葉にしようかどうか迷いながら、厚く新聞紙で挟んで上から重しで押し付けて2か月間で10回ばかり新聞紙を替えていたら、そのうちに、実が赤く熟れながら乾燥し、葉は押しが足らずに黄色く枯れてしまった。植物のこういう立体的な部位を平らにして乾燥するのにはいつも苦労する。ふつうはこんなばかげたことをする研究者はいないと思う。原理的にオートラジオグラフは 植物体がIP-プレートに密着しなければ、真の放射線画像は取れないからである。





 
牧のjpegテンナンショウ 
 図1.テンナンショウ (牧野植物図鑑から)
    
        
スライド1 
 
図2. 
テンナンショウ

 
スライド3 

 図3.枯れたテンナンショウのオートラジオグラフ 
 
 
てんなんしょうネガjpeg 
図4.枯れたテンナンショウのオートラジオグラフのネガテイブ画像 
 
 
テンナンショウの実jpeg 
 図5.圧迫して何とか平らにしたテンアンショウノ熟れた赤い実
 

 
jpegテンナンショウの実 
 図6.テンナンショウの実の放射能のネガテイブ画像。白い部分が放射能が濃い。黒い粒粒は種子。
 
     
   
     
表1 テンナンショウの放射能
 の放射能テンナンショjpeg 


 


 


(森敏)