2018-02-07 08:16 | カテゴリ:未分類

  「双葉町」を示す道路境界線の石柱に複雑にツタが絡んでいた。手ではぎ取ろうとしてもぎっしりと張り付いていて一気には離れないので、一部をはさみで切り取った(図1、図2)。
 
  これを大学に持ち帰って放射能をガイガーカウンターで測定すると400cpm以上の異常に高い値をしめした。放射能を測ると、毎時 数万ベクレル/kg乾物重 あった(表1)。オートラジオグラフに撮ると(図3、図4)ツタの節位から出ている複数の根も茎と同様に強く汚染していた(図5、図 6、表1)。
 
   ここの土壌の表層の放射線は毎時30-40マイクロシーベルトもある。このツタは石柱からばかりでなく基本的には土壌中の主根からセシウムを吸収しているものと思われる。 
      
石柱に絡むツタjpeg 
図1. 道路わきの双葉町という石柱に絡むツタ


  
   
スライド1 
 
図2.はさみで、地上部の石柱に絡んでいる一部を切り取ったもの。
 


 
スライド2 

図3.図2のオートラジオグラフ。

  
  
 
 
スライド3 

図4.図3のネガテイブ画像  各所に気根が張り出して、これがコンクリートの石柱に激しく食い込んでいるので、丁寧にはがすのに苦労した。 
 
 

 
スライド2 
 
図5. 図1の一部の気根の拡大写真.この根がぎっちりと石柱に張り付いている。 

 
 
 
 
スライド1 

図6.図5に対応する気根の部分の放射線像の拡大図
 
 
     
 
 
 
 表1.石柱に絡むツタの放射能値
 
スライド1 

       
(森敏)
追記1.この石柱は花崗岩でできているので、雲母の含量が豊富で、原発からの放射性セシウムは6年半たった時点では、ほぼ100%がこの雲母に固着しているはずである。石柱を引き抜いて、石柱の表面汚染をオートラジオグラフで撮れば可視的にも汚染の程度がわかるはずなのだが、道路境界標識に対するそんな行為は許されないだろうから断念した。
 線量計でなくて「ガイガーカウンターで直接石柱を測ればいいだろう」という意見が出そうだが、空間線量が高い現地では、放射性セシウムがガンマ線と同時に発するベータ線の空間バックグラウンドが高いので、現地ではガイガーカウンターは表面汚染の測定には全く役に立たない。このことは意外に研究者仲間にも知られていないようだ。