2018-01-07 13:06 | カテゴリ:未分類

 双葉町を調査しながら、あちこちに放置散見される、全く手入れがされていない木の実のたぐいを採取した。気まぐれな採取なので、その場所の空間線量などは記録していない。ほぼ毎時5-15マイクロシーベルトの範囲内にある。
   

1に示すように ユズ、カキ、ヤマボウシ、ポポー、は Cs-134 Cs-137の合量の放射能は 食品基準値の 100 Bq/kg生体重 よりもいまだに高い。Cs-134の放射能 は Cs-137の放射能に対して約10分の一に物理的半減期にしたがって確実に減衰してきていることがわかる。
     
  ユズだけは解体して部位別に細かく測定したが、種子の放射能値が高いのには少し驚いた。柑橘類の「種子」は意外にCsを濃縮しているのかもしれない。
  




表1. 木の実の放射能:全部生体重当たりです。 

木の実の放射能jpeg 

 
  
 
 

 
図1 ユズ 解体して部位別に測定してみた(表1 参照)
スライド5 
 
 


図2.カリン 落下して放置されている。
 
スライド6 
 

 
図3.キウイ  この木には2000個ばかりの実が着いていた。
 
スライド7 
 
 
 

 
図4.カキ 熟しつつあった。
 
スライド1 
 
 
 
 
 
図5.ヤマボウシ
スライド3 
 
 

 
図6.ポポー 
 
スライド2 
 
 

 
図7.キリ 
スライド4