2017-09-22 06:39 | カテゴリ:未分類

  仙台(東北大学青葉山新キャンパス)での日本土壌肥料学会の合間をぬって、風光明媚な観光地「松島」を約10年ぶりに訪れた。遅まきながら、震災の後の復興状況を一目見ておきたかったからである。

 

  東日本大震災「復興地蔵堂」 というのが遠慮がちに、4メートル四方の仮の台座に建てられていた。その中には京都の佛師富田睦海師による地蔵菩薩(瑞巌寺起雲軒老大師により悲母地蔵と命名)が安置されていた。(図、1,2,3)
  

 スライド1
(図1)復興地蔵堂への案内 
     
 
スライド2 
(図2)復興地蔵堂
       
 
 スライド3
(図3)復興地蔵堂の中の新創作「悲母地蔵」
     

  まずもって、てっきり「透かし橋」で海岸からすぐつながっている孤島の上の『五大堂』は津波をかぶっていただろうと思ったら、まったく健全だった(図4)。この島の高さは海水面から3.5メートルばかりと思われた。茨城県の海岸際の岡倉天心の建てた有名な六角堂は東日本震災の大津波で消失したと報じられたので、ここの岸辺の絶壁の「五大堂」もあわやと思っていたのだが。。。これは実に意外だった。
 
 

 スライド4
(図4)津波が上昇せず健全だった「五大堂」 
         
   

  そこでつらつら思うに、そこから海を遠望すると松島海岸は沖合のあちこちに島が美しく点在しており、きっとこれらの島々が津波を複雑に ”干渉”して打ち消し合って、あたかも強い緩衝能の防波堤の役割を演じたのだろうと勝手に解釈して納得した(図5)。見えない海底にも小高い山が障壁としてきっと林立しているのだろう。(後に、以下に示すようにネットで調べると、宮城県では、女川漁港では14.8メートルという最高の津波に襲われたがここ松島町では2.9メートルで済んだということである。(図6)
   
松島沖 
(図5)五大堂から松島沖合を望むと数々の小さな島がある。観光船のフェリーボートがが絶え間なく行き来している。
            
 
津波の高さjpeg 

(図6) 図録 東日本大震災で確認された津波の高さ  より転載 
            
  

  沿岸では、まだあちこち堤防の修復などが行われていたが、その高さが、海水面から3メートルもないのにはいささか驚いた。上図に示すように、東日本大震災の経験から、将来もここ松島海岸では高さが3メートル以上の津波は来ないと考えているのかもしれない。
      
  高さ2メートルばかりの「震災記念碑」は、堤防工事の邪魔になるからなのか、道路わきの実に目立たない片隅に佇(たたず)んでいた(図7)。この謙虚すぎる展示の仕方のせいか、通行人の観光客のほとんどは気が付いても何気なくさっさと通り過ぎていくようであった。

            
   
スライド5 
(図7)東日本大震災慰霊記念碑 から  海岸沖を遠望する。堤防は工事中
            
   

  昔、文科省のプロジェクトの研究会で参加した海際の「松島センチュリーホテル」は、ホテルマンによると、「津波で一階が全面浸水して、名画が全部台無しになった」、けれども、地震でホテルが倒壊することはなかったようで、亀裂などは、外壁が塗りなおされていて、どこまで津波で浸水したかの跡かたがなかった。二階ロビーの壁面の日本画家の「片岡球子(かたおかたまこ)」さんの名画は健在だった。飛び入りだったが、誰もいないここのロビーで450円の飲み放題のコーヒーなどをいただいて、広大な全面ガラス越しに、美しい海をしばらく堪能した。
                
  「津波が来たら高台へ避難せよ」という意味の絵のパネルが道路の電柱の高い位置に掲げられていた。これは、来るべき関東・中部・南海大震災に備えて、これらの沿岸域の低地の、あらゆるところに今すぐにでも掲げられるべきパネルだと思われた(図8)。
    
スライド6

(図8) 「津波が来たら高台へ避難せよ」 の表示パネル

       
   
  以上、急ぎ足の感想です。  
    
(森敏)
付記: 伊達正宗が再建(1609年とか)の瑞巌寺は裏山の登り口にあり、海抜10メートルぐらいか? さすがに過去の貞観11年5月26日(ユリウス暦869年)などの幾多の津波を経験した結果の位置決めと推察した。


2017-09-16 13:08 | カテゴリ:未分類

34度Cの炎天下での作業では15分もすると、意識がもうろうとしてきて、考え事ができなくなってくる。オリンパスのSTYLUSカメラを動画モードにして、じっと水田の水中動物の挙動を1分間ばかり手動で手ぶれしないように撮影するのだが、普段は容易なことが炎天下では手元が揺れて非常に困難である。カメラを右手に持って、水中動物を観察していてベストチャンスがくるとシャッターを押して撮影に取り掛かるのだが、その動作には迅速性を要する。 しかし、田んぼの粘土で長靴の足を取られて、あまり動作が自由でない身には、必然的に小生の体形が変なままカメラを被写体に向けてじっとしているというとになる。この曲がった姿勢の持続は持病の腰痛にとって非常に危険である。

   

それでも我慢して撮影していたら、突然カメラの画像が真っ暗になった。電池は今朝新しく変えたばかりだったのでおかしいなと思っていろいろいじっていたら、「カメラの内部温度が上がって撮影できません」という意味の説明文が突然画面に出てきた。こんなことは、これまでいろいろの会社の、デジカメを使い始めて以来、初めての経験である。炎天下でしばらく待ったが何しろ気温が高いので、なかなかもとに復帰しないので、壊れたかもしれないと撮影を中断した。

   

      そのあと大衆食堂に昼食に出かけた。減量のためにご飯や麺類を控えて肉と豆腐料理を取って、お箸で食べ始めたのだが、なんと!箸を持つ右手の小指と薬指と中指が自然に不随意に掌の内側に曲がって来て箸が自由に操れない! 「すわ!脳梗塞か!?」 と一瞬焦りを感じた。3-4回左手の指で元にほどくことを繰り返すうちに正常に動くようになったのだが。

  

ここ2、3日は炎天下で一応ペットボトルの水やお茶やスイカで水分は供給しながらの野外実験をしていたのだが、久しぶりにアンダーシャツが汗でびっしょりなり、首に巻き付けた手拭いがぐしょぐしょになる汗をかいた。それが、一時車に避難して車のクーラーで体を冷やしているうちに乾くのだが、また外で作業を15分もしないうちにぐっしょり濡れる。こういう経験を久しぶりにした。この間たぶん相当な量の汗が噴き出していたものと思われる。脳の血液もドロドロになって軽い脳梗塞をおこしていたのかもしれない、と思ったのである。

   

後に冷静になって考えてみると、右手のこの3本の指は右手のみでカメラをじっと固定して被写体に向けて構えるときに、頻繁に負荷がかかっていたのだ。それで一時的に右手の3本指に麻痺がおこったのだろうと納得した。
 
  幸いというかカメラの機能は回復した。(このSTYLUSカメラは実に気に入っている。防水機能があるので水中でも使えるようだが、高温の沙漠でも使えるような耐熱性機能は付与されていないようだ。日本の真夏の野外でもこのように支障をきたすぐらいだから、まだアフリカや中近東では売れないだろう。)

   

4日間の調査を終えて、帰りの新幹線に乗り込んだのだが、ぜんぶ荷物をホテルから宅急便で送ってしまったので、Tシャツ一枚で、あった。ちょっと車内冷房が怖かったのと、普段しているマスクをポケットに入れるのを忘れたので、駅のコンビニで急きょ買って、そのマスクをして気管の乾燥をさけて、座席に座り込んだとたんに眠り込んだ。気が付いたら、マスクの右下がぐじょぐじょである。どうやら眠りながらよだれを垂れていたようだ。小生は若いときに左の舌下腺腫瘍で舌下腺を手術で除去しているので普通の人の4分の一唾液の分泌が少ない、その上に年のせいで、何かと「つばき」の出が悪い。よだれが垂れるなんて、久々の経験である。脱水を恐れてかなり水分の補給を怠らなかったので、新幹線の冷気で小便以外にもよだれで体外に水が分泌したと勝手に解釈した。

  
  若いときには脱水で腎臓結石で何度も倒れたことは、以前にも述べた。逆にあまり水を取りすぎると、頻尿とよだれが垂れるとは。。。。厄介な体になってきた。
    
       

(森敏)
付記:知らなかったのだが、人に聞くと、スマ―トフォンでも、電池の温度が上がって「画像が突然消える」ことがあるそうだ。 時々「コンピューターの電池が火を噴いて爆発する」「だから海外経路への航空機へのコンピューターの機内持ち込みは禁止する」というニュースも最近流れたことがあるので、文明の利器もなかなか厄介だ。

追記:この記事を書いた数日後も、以下の記事が載った。

タブレット端末から発火か 東海道新幹線内、けが人なし

朝日デジタル 2017.9.24. 19:48

 24日午後5時45分ごろ、神奈川県東京都との境付近を走行中の東海道新幹線「のぞみ234号」の車内で「テーブルが焦げた」と110番通報があった。東京駅に到着した車内を消防や警察が確認したところ、40代の男性客のタブレット端末が焦げていた。けが人はなかった。警視庁が詳しい原因を調べている。

 丸の内署によると、この新幹線は新大阪発東京行きで、名古屋駅から14号車に乗った男性客のタブレット端末が新横浜駅を過ぎたあたりで発火したが、すぐ消えたとみられるという。

 

2017-09-09 10:30 | カテゴリ:未分類
  

浪江町の空間線量9.5マイクロシーベルトという高放射能汚染地域で、墜落して間もないと思われるシジュウガラの死体を発見した。その、内臓を取り出して、遺体全身と内臓を乾燥させて、それぞれのオートラジオグラフに撮像し、放射能も測定した。
   
   これでツバメ、ヒヨドリ、シジュウガラと、いずれも小鳥は放射能汚染しており、内臓も被ばくもしていることが分かった。
    

        2017/01/10 : ヒヨドリの内部被曝

        2016/03/06 : ツバメの放射能汚染像について

        2015/06/03 : 鳥の放射線被曝について

    シジュウガラの採取と丁寧な解剖は加賀谷雅道カメラマンと桑原隆明博士(茨木キリスト教大学・助教)によるものです。
     
   
スライド1

シジュウガラの全体像(背面) 
 
 
 スライド2
上図の放射線像。左:ネガテイブ像。右:ポジテイブ像
眼球の周り、背筋、などの汚染が強いことがわかる。



 
スライド4
シジュウガラの腹面 (内臓を取り出して圧迫乾燥して、平らにしたもの)
  
 


スライド5
シジュウガラの腹側からのオートラジオグラフ。
羽根の外部被ばくも激しいが、腹部の筋肉や眼球の周りが激しく汚染していることがわかる。

  
  
  
  
  

スライド6

シジュウガラの腹側からのオートラジオグラフ (ネガテイブ画像)
  
  
  



スライド7
シジュウガラの内臓



スライド8
シジュウガラの内臓のオートラジオグラフ (個々の部位の同定はできていない)。

  
       
放射能しじゅうがらjpeg

 シジュウガラの放射能 (ゲルマニウム半導体による検出)。全身よりも内臓の放射能値が高い。内臓は消化されつつある胃腸の内容物もすこし含まれると思われるが、その寄与率はわからない。
 

 




   

(森敏)
2017-08-29 13:47 | カテゴリ:未分類

      以下は浪江町の高放射能汚染地域の森林内のフジの木の下に生えていたフジの実生の放射能汚染である。ほとんどが、内部被ばくのみである(図2、図3)。やはり他の双子葉植物と同様に新芽が強く放射性セシウム汚染していることが見て取れる(表1)。




 
 


 
スライド3 
 図1.フジの幼木
 

 
 
スライド12.図1 の放射線像。新芽が濃い。右下の濃い汚染は、根を切り取った時の残根部で、汚染土が少しついているためである。 

 
 
 
 
スライド2 図3.図2のネガテイブ画像。

         
     
 
 表1。 フジの幼木の放射能 図1の植物を解体して測定したもの。
 
フジの幼木jpeg 
     

        
 
 

(森敏)

付記:

これまでにオートラジオグラフを撮像してきた経験から、フジの成木は放射能が低いという先入観があったのだが、このように実生からのものは放射能が高い場合があるようだ。種子から発芽・発根して、養分を吸い始めるときに、根が放射能を含んだ土壌の表層の落葉などが分解しつつある有機物層から吸収するときに、そこから溶出される可溶性の高濃度の放射性セシウムを吸収するためではないかと考えられる。


2017-08-20 14:43 | カテゴリ:未分類

  2016年の春に、飯舘村飯樋地区の民家の庭に立派なマツがあった。それが花粉を飛ばしている最中であった。そこで指ではたいて100 mgばかり花粉を採取した(表1)。その後何本かの新芽を採取した(図1)。それをオートラジオグラフに撮像した(図4、 図5)。そのあと組織を解体して部位ごとの放射能を測定した(表1)。新芽の先端の生長しつつあるところが予想外に感光し(図4)、花粉を飛ばしていた小さな雄果(図2、図3)もわずかに感光して撮像できた(表1)。採取した花粉は細胞があまりに小さい上に放射能が低すぎて(表1)、撮像できなかった。全体として外部被ばくはほとんど観測されていない(図4)。この新芽の先端の濃縮されたような積極的な内部被ばくは2011年3月福島第一原発爆発初期に流れてきた放射性プルームで濃厚に放射能被爆した樹皮や、その後にそこその樹皮から樹体内組織に移行してどこかに残量している放射性セシウムが転流してきたものか、放射能汚染土壌の可溶性セシウムが根から直接吸収移行してきたもと思われる。住民が住んでいなかったので確かめられなかったのだが、この松のある庭の土壌はすでに除染されていたようにみうけられた。


    
   

スライド1 

図1.民家のマツの新芽の部分(オートラジオグラフの邪魔になるので基部についていた雌果は除いてある)

 
 

 スライド2
図2.図1の新芽の拡大図 
 

 
スライド3 
図3.図1の新芽をふるって落ちてきた雄果 
 
 
 
スライド4 
図4.図1のオートラジオグラフ。わずかにみられる2つの黒点は外部被ばく。 
 
 

スライド5
  
図5.図2の部位に相当する図4の局部の拡大図.でこぼこしているのが雄果。 
 
  
 
 
スライド6 
図6.図4のネガテイブ画像
 
 
 
表1.マツの新芽の放射能
    
jぺgsaishinnマツの新芽の放射能  
 


(森敏)
 

 
 
 
 
FC2 Management