2018-03-31 10:49 | カテゴリ:未分類

「博士」でも任期付き若手研究者の雇用厳しく

20180301 1433分 読売

 文部科学省科学技術・学術政策研究所は、大学院の博士課程を修了して大学や研究機関に就職した若手研究者らの半数以上が、3年半後も任期付き雇用にとどまっているとの調査結果を発表した。

 同研究所は、2012年度に博士課程を修了した2614人について、3年半後の生活状況などをアンケートで調べた。60%が大学や国の研究機関などに就職していたが、そのうち52%は任期付きの不安定なポストにあることがわかった。

 また、15年度に博士課程を修了した人への別の調査では、4922人の回答者のうち、38%が返済義務のある奨学金などの借金を負っていることもわかった。

 若手研究者が厳しい環境に置かれていることから、文科省は、大学で若手にポストを用意できるような人事システムの改革など、若手研究者を育てるための新計画を6月末をめどに取りまとめる方針だ。

--------


  こういう若手研究者の深刻な身分の不安定さは、インパクトファクターの高い論文への掲載を狙った若手の研究者によるデータの偽造(フェイクデータ)の、温床になっている。、結果的に日本発の研究論文の信用の失墜に確実につながる可能性が非常に高い。実際論文の被引用度でもボデイーブローのように効いてきているのではないか。
           
  話が横道にそれるが、先日某国立大学の研究者に会って久しぶりに話を聞いていたら、この大学ではすでに研究者一人当たりの光熱水料を差し引いた研究費は年間たった10万円だということで、これには心底驚愕した。
          
  科学技術の人材育成と財政支援の両面が国立大学では崩壊しつつある。
 
   

論文の引用件数や、専門分野ごとの上位1%に入る重要論文の件数が、日本が米、中国、EU諸国にもおいぬかれて、ここ数年にわたって確実に低下しているという指摘が各種の調査機関でなされている。また、日本では国立大学よりも、国立研究法人(理化学研究所、物質材料研究所、生理学研究所、原子力機構などなど)のほうが質の良い論文を出している、などとも報道されている。後者の方が投入予算に対する研究成果が高い、すなわち投資効率が高い、との指摘もなされている。「国立大学は研究マネージメントが悪い」、と日経連や経済同友会に集まる民間会社の社長クラスが国の科学技術政策を論じる会議に参加してしきりにのたまう。
  

しかしこれらの指摘は、大学の有する特質を無視しているものと言わざるを得ない。大学は研究ばかりでなく教育の場である。国立大学の教員が有する教育の負担は甚大なものがある。研究ということがどういうことなのかに全くと言ってよいぐらい無知な新入生を一人前の研究者に人格的にも研究能力的にも気合を入れて真面目に育する苦労は筆舌に尽くしがたい。
  

極論すれば、上記の国立研究機関は、国立大学の教員たちが苦労して育て上げた研究者たちを、ポスドクなどの有給で雇用して、彼らの能力を研究成果として短期間で搾り取る(収奪する)機関なのである。苦労した学生たちを送り出す大学教員たちには、何の見返りもないと言っていいだろう。また、優秀な大学生を就職時に雇用する民間会社も、優秀な学生を育てろと大学側に文句はつけても、教員たちに対する研究資金面での見返りは、多くの場合、何もない。それどころか国立大学は毎年文科省からの「運営費交付金」を減額され続けている。国立大学の教員たちは、研究費を教育費に転用しないと真面目な教育ができない状態に貶められている。だからすでに述べたように教員一人頭10万円しか研究費がないという国立大学の研究室も出てきているのである。
  

大学では自分たちが育てた優秀な修士や博士研究者をポスドクやパーマネントの助教などに継続して昇格雇用できるシステムがいまでは壊滅的に崩壊している。ごくごく少数の有名教授たちが外部資金の大金を獲得して、それらの恩恵に浴しているにすぎない。そのためにほかの零細分野の多くの教員たちはますます研究費が細り、毎日が金欠病でひーひー言っている。研究室間での貧富の差が激しくなっている。好き勝手にやる、数十年後には、ブレークスルーに結び付く研究の種(構想)が貧困化している。本当に危機だと思う。
  

こんなことを言うと「それはお前が無能だからだ」という声が直ちに返ってくるだろう。無能だからかもしれないけれど、最低限の研究費は保証して下さいよ、と現役の研究者を代弁していいたい。年間10万円の研究費で何ができますか? 
    
       
(森敏)
付記:「日本の大学は、一見して企業投資を喚起するような革新をもたらす魅力的な構想がかけているため、日本の大企業が米国の大学に投資をしている。」(科学新聞 3月30日号 「日本の研究力低下に歯止め」 ピーターグル―ス沖縄科学技術大学院大学学長 談)。日本の企業は大学から優秀な人材だけをかっさらって、日本の大学の研究はだめだからと言って、アメリカの大学に研究投資して、そこで得られた特許を、商品として世界中に売りまくる、という資産運用循環を形成しているわけだ。これが企業のグローバル化の実態だ。日本の国立大学の育成人材の活躍の成果である企業の儲けが日本の大学の研究者に還流していない。あったとしても微々たるものだ。


2018-02-07 08:16 | カテゴリ:未分類

  「双葉町」を示す道路境界線の石柱に複雑にツタが絡んでいた。手ではぎ取ろうとしてもぎっしりと張り付いていて一気には離れないので、一部をはさみで切り取った(図1、図2)。
 
  これを大学に持ち帰って放射能をガイガーカウンターで測定すると400cpm以上の異常に高い値をしめした。放射能を測ると、毎時 数万ベクレル/kg乾物重 あった(表1)。オートラジオグラフに撮ると(図3、図4)ツタの節位から出ている複数の根も茎と同様に強く汚染していた(図5、図 6、表1)。
 
   ここの土壌の表層の放射線は毎時30-40マイクロシーベルトもある。このツタは石柱からばかりでなく基本的には土壌中の主根からセシウムを吸収しているものと思われる。 
      
石柱に絡むツタjpeg 
図1. 道路わきの双葉町という石柱に絡むツタ


  
   
スライド1 
 
図2.はさみで、地上部の石柱に絡んでいる一部を切り取ったもの。
 


 
スライド2 

図3.図2のオートラジオグラフ。

  
  
 
 
スライド3 

図4.図3のネガテイブ画像  各所に気根が張り出して、これがコンクリートの石柱に激しく食い込んでいるので、丁寧にはがすのに苦労した。 
 
 

 
スライド2 
 
図5. 図1の一部の気根の拡大写真.この根がぎっちりと石柱に張り付いている。 

 
 
 
 
スライド1 

図6.図5に対応する気根の部分の放射線像の拡大図
 
 
     
 
 
 
 表1.石柱に絡むツタの放射能値
 
スライド1 

       
(森敏)
追記1.この石柱は花崗岩でできているので、雲母の含量が豊富で、原発からの放射性セシウムは6年半たった時点では、ほぼ100%がこの雲母に固着しているはずである。石柱を引き抜いて、石柱の表面汚染をオートラジオグラフで撮れば可視的にも汚染の程度がわかるはずなのだが、道路境界標識に対するそんな行為は許されないだろうから断念した。
 線量計でなくて「ガイガーカウンターで直接石柱を測ればいいだろう」という意見が出そうだが、空間線量が高い現地では、放射性セシウムがガンマ線と同時に発するベータ線の空間バックグラウンドが高いので、現地ではガイガーカウンターは表面汚染の測定には全く役に立たない。このことは意外に研究者仲間にも知られていないようだ。
 
追記2.この植物は 若林芳樹氏(株 アスコット)の同定によると、テイカカズラ(キョウチクトウ科テイカカズラ属)である。「細いつる状の茎から吸着根を伸ばしていることから、幼若枝と思われます。樹木などに這い上がり、株が成熟して葉が大きく枝も太くなる(成熟枝)と、香りのよいテイカカズラらしいかわいい5弁花をつけるようになります。」ということです。

2018-02-03 08:01 | カテゴリ:未分類

以下のビデオを見てください。約20分の毎日新聞による藤井聡太君へのインタビューです。

https://mainichi.jp/movie/video/?id=121617199#cxrecs_s

 

藤井聡太君の、インタビュー応答は、その都度以下のどれかの出だしで始まります。

 

あ、そうですね

あー、そうですね

んー、そうですね

ま、そうですね

そうですねえ

あー、はい、そうですねえ

んー、まあそうですね

あ、まあ、そうですね
   
  これって、結構羽生名人のインタビューにそっくりですね。
    
  「そうですね」といって、時間稼ぎしているときに、脳がフル回転しているようです。本人は無意識に発語しているようですが。小生には結構聞き苦しい。まだ若いのに本当に気の毒だよ。
     
  現代の各方面の名士たるものは、マイクやカメラを向けられてのインタビューに対して、動じないように幼少のころから鍛えておかないといけないかのごとくだ。インタビューの受け方がうまいからと言って本職の実力とは全く関係がない。しかし、現今ではとにかく名士はテレビに顔をさらす必要があるようだ。囲碁や将棋などのゲームは基本的に形式論理学だから、使っているのは言語脳だと思われるので、藤井君は成長するにつれてきっとインタビューがうまくなると思う。
           
  一方、スポーツマンなどは演技そのものの成果で評価してもらえればいいのであって、相撲の力士のインタビューなどは朴訥(ぼくとつ)なほど好ましいと思う。言語脳と体育脳は全く別だろうと思うからである。
      
  「見ての通りです」の一言でいいのではないか。
         
  また、話が少し横道にそれるが、一方で、ノーベル賞学者の山中伸弥さんが、部下のデータ改ざんで、対応に追われて、何回もテレビの前で釈明させられている。自分の月給を削るとか、つまらぬことに神経を使わされて、気の毒で見てられない。今後も続々とデータ改ざん者が出てきて、そのうちテレビでの釈明のエキスパートになるのかもしれないですね。悲劇だ。iP細胞研究所長などやめて、さっさと元の研究者に戻ったほうが、人生ハッピーじゃないか。過去に部下のフェイク論文のせいで、馬鹿らしくなって有名な研究所長を辞めた人は外国にいますよ。得意でもない所長職に祭り上げられて、そのガバナンスで疲れ切って、日本国に殉ずる必要はないと思うよ。戦前の「滅私奉公」の時代ではないんだから。
    
  「人は、無能化するステージまで、出世させられる」は、小生の持論でもあります。
  
                      
(森敏)
追記:以下のスケートの金メダリスト小平奈緒選手へのインタビューで、彼女の自然体の教養の深さに感動しない人はいないだろう。(無断転載です)
     

 「金メダルは名誉、でも生き方が大事」
 小平が会見

     

 平昌五輪スピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒(相沢病院)が19日、平昌で記者会見に臨んだ。所属先の相沢病院や銀メダルの李相花との友情について語ったほか、フィギュアスケート男子で連覇した羽生結弦選手から「勇気をもらった」とも述べた。主な一問一答は次の通り。

·     ――今のお気持ちは。

 「そうですね、500メートルのメダルセレモニーはまだなのですが、私の夢に描いていたもので、うれしい気持ちでいっぱいです」

 ――ご家族と話をしましたか?

 「まだ連絡は取っていません。昨夜レースが終わってドーピング検査を終えて宿に帰ってきたのが12時過ぎで、今朝も早かったので」

 ――どういうことを伝えたい?

 「よかった時も悪かった時も、認めてくれたことを感謝したいと思っています」

 ――早く金メダルには触れたいですか?

 「金メダルをもらうのは名誉なことですが、どういう人生を生きていくかが大事になると思う。メダルという形は周りの皆さんにとって、私が戦ってきた証しなので、見ていただきたいという思いが強いです」

  平昌五輪スピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒(相沢病院)が19日、平昌で記者会見に臨んだ。所属先の相沢病院や銀メダルの李相花との友情について語ったほか、フィギュアスケート男子で連覇した羽生結弦選手から「勇気をもらった」とも述べた。主な一問一答は次の通り。

 ――今のお気持ちは。

 「そうですね、500メートルのメダルセレモニーはまだなのですが、私の夢に描いていたもので、うれしい気持ちでいっぱいです」

 ――ご家族と話をしましたか?

 「まだ連絡は取っていません。昨夜レースが終わってドーピング検査を終えて宿に帰ってきたのが12時過ぎで、今朝も早かったので」

 ――どういうことを伝えたい?

 「よかった時も悪かった時も、認めてくれたことを感謝したいと思っています」

 ――早く金メダルには触れたいですか?

 「金メダルをもらうのは名誉なことですが、どういう人生を生きていくかが大事になると思う。メダルという形は周りの皆さんにとって、私が戦ってきた証しなので、見ていただきたいという思いが

――お父さんが「人間形成は周囲の人々のお陰」と言っていました。相沢病院に一言お願いします。

 「私は本当に人に恵まれた人生だったと思っています。相沢病院との出会いは必然であり偶然。本当に苦しい時も、成績よりも私の夢を応援してくれた。患者さんや職員の方々で喜びを分かち合えればと思っています」

 ――韓国の李相花選手との友情を、改めて教えてください。

 「彼女は本当に、ワールドカップの時から仲良くしてもらって、スケートに対する思いは素晴らしいものを持っていて、学ばせてもらいました。私がだめで彼女が優勝したときに、私は滑走後のクーリングダウンで泣いていて、彼女は一緒に泣いてくれたので、私も気持ちに寄り添いたいなと思いましたし、彼女のお陰で次のステップに進めることがあったので、彼女との友情は深まってきたのかなと思います」

 ――(今年1月に亡くなった)住吉都選手への思いがあったら教えてください。

 「(目を赤くしながら)正直、彼女のことは何度も何度も思い出すことが多くて、やっぱり考えないようにしていても、常に頭に浮かんでしまっていたので。それでも主将として、レースに集中して臨まなければいけないと考えていました。これは言っていいか分からないですが、住吉選手が『奈緒が金を取ったら私が取ったのと同じ』と言っていて、救われたような思いだったのですが、こうやって金メダルを取ることができて、本当は本人に報告したかったのですが、できないのは残念だと思います」

 ――(海外メディアから)五輪は選手の物語が現れる場だと思います。他国の選手との友情や、国を代表する誇りなどがあります。それぞれについて、どう思っていますか?

 「そうですね。国に対しての誇りは、やはり日本でスポーツの専門家がたくさんいたり、独特の知恵で高めようとしているところに日本らしさがあると思っています。それは日本人の勤勉さのようなところには誇りを持っています。また、他国の選手とは、スポーツは言葉のいらないコミュニケーションだと思っています。世界の人たちの心を動かしますし、競い合って高め合っていく中で、スポーツの究極の姿が人々を動かすと思うので。競い合うことも大事なんですけど、国の文化や言葉を知ることで、さらにスポーツの楽しさが増すといいますか。他の国の選手はどんな思いを持っているのか、どんな文化を持っているのか知ることは、その競技を高めるために必要だと思っています

 ――今回の五輪、どんなアプローチがあったから金メダルを取れたと思いますか?

 「やはり大学1年生から結城匡啓先生、チームメートと積み上げてきたものが鍵になったと思います。気づきや発見をしっかり共有しながら、お互いにいいところ、悪いところを指摘しながら自分たちの発見を伸ばしてきたというか。そういったところがつながったのかと思います」

 ――(メダルを取れない)主将のジンクスもありました。どのように主将を受け入れましたか?

 「正直、主将の打診を受けた時には恥ずかしがり屋ですし、人前に出るのは苦手なので、金メダルを取れないという話も聞いていたんですけど、先生に説得されて、『奈緒にしかできない』と言ってもらえた。将来に生きてくることを納得できたので、その後はジンクスはあまり気にせず、気にならないぐらいやるべきことに集中できたと思う。自分自身の競技を終えて、チームの応援に回りたいと思っている。男子500メートルを応援しに行きたいと思っています」

 ――ノートに記録していると聞きました。どんなことを記録しましたか?

 「まだ書いていません。滑りのビデオを振り返りで見ていたんですけど、まだ書いていません。これからゆっくり振り返りたいと思っています。1500、1000メートルの学びは多くて、500メートルに向けて修正しなければいけない点は、1000メートルで得ることができたので。ノートに書いて次の挑戦につなげたいと考えています」

 ――次の挑…

 

2018-01-11 15:46 | カテゴリ:未分類

  昨年以下のニュースが流れた。
  
―――――――――――――――――――――

政府 地上配備型の迎撃ミサイルシステム 導入決定NHKニュース&スポーツ モバイルニュース) 

北朝鮮の核・ミサイル開発が新たな段階の脅威となる中、政府は19日の閣議で、弾道ミサイルによる攻撃に備えて防衛能力を高める必要があるとして、地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基を導入することを決めました。

:::::
イージス・アショアは、日本とアメリカが共同で開発している新型の迎撃ミサイルを搭載し、2基で日本全域をカバーできるとされ、配備先の候補地には秋田市と山口県萩市にある陸上自衛隊の演習場が検討されています。

また、1基当たりの価格は現時点で1000億円弱になる見通しで、政府は今年度の補正予算案にアメリカから技術支援を受ける費用などとして28億円、来年度予算案に基本設計などの費用として7億円余りをそれぞれ盛り込むことにしています。::::

――――――――――――――
   
   

  現役の大学の研究者なら、イージス・アショアたった1基で1000億円という、その高額さにため息をつくところであろう。この2基の合計金額2000億円は下図1に示すように、全国の大学の研究者が毎年10万人強も応募している、文部科学省の「科学研究費」の年間予算と同額なのである。この研究費は彼らの研究の生命線である。しかも採択率は4人に一人しかない。(図1は文科省ホームページからの転載)
   
    

mori1.jpg 


    
  別の観点からであるが、このミサイル1基1000億円の予算があれば、現在約1万5000人以上いると思われる、日本の大学の臨時雇用のポスドク(博士研究員)の、約1万人の再雇用が成就でき、彼らは人生をあと1年間生き延びられる!   
    
  現時点での政府による防衛予算案であるから、常套手段として「北朝鮮」との軋轢をあおりたてて、防衛相がイージス・アショアの単価をここぞとばかり増額させるであろうことは目に見えている。元々兵器の予算などはどんぶり勘定だろうから。かくて安倍政権下での防衛省長官を筆頭に防衛官僚はざるのようにアメリカのトランプ政権に税金を垂れ流す政策を創作し続けている。彼らはイケイケどんどんで笑いが止まらない。
    
  一方で毎年多くのポスドクは失業して、研究断念を余儀なくさせられている。
     
  保険会社第一生命の毎年行っている、「将来何になりたいか」の昨年の児童に対する希望調査で、男児では、「博士・研究者」が一位なんだそうである。一昨年は「学者」が2位だった。
        
  国は、できもしない実害無益の戦(いくさ)の準備なんか止めて「子供が希望する未来に投資しろ!」と何度でも言いたい。
           
                   
(森敏)
追記1.以下の記事のように、この国では、せっかく意気に燃えて研究の世界に飛び込んできた人材を、経済的不安に陥れている。若手研究者はかくして研究不正を行うことになる。かくて、日本のサイエンスの世界が自分で首を絞めることになっていきつつある。
     

山中所長が当分 給与全額を寄付へ 京大iPS論文不正で

125 1507

京都大学iPS細胞研究所の助教が発表した論文にデータのねつ造などの不正があった問題を受けて、研究所の山中伸弥所長は、今月から当分の間、みずからの給与の全額を研究所の基金に寄付することがわかりました。

この問題は、京都大学iPS細胞研究所の36歳の助教が去年発表したiPS細胞に関係する論文に、ねつ造と改ざんの不正が見つかったもので、この研究には研究所が一般から集めた寄付金およそ230万円が使われたことがわかっています。

こうしたことから、山中所長はNHKの取材に対し、今月から当分の間、みずからの給与を全額、研究所が集めた寄付金で作った基金に寄付することを明らかにしました。

その理由として山中所長は、今回の不正の検証や再発防止策の検討、それに、これまで寄付した人への説明のためにiPS細胞の研究開発などの本来の仕事ができないため、責任を感じていることをあげています。

山中所長は「不正のあった研究に使われた寄付金の補填(ほてん)を意味するものではないが、自分自身の気持ちを納得させるためにも給与を寄付することにした」としています。

 


 

追記2.日本の科学論文数の低下は目を覆うばかり。
       
    
   
世界の趨勢を無視した科学技術戦略と全部連動していることである。長期にわたる科学研究人材育成へ投資への無視が、ボデイーブローとして一気に顕在化してきたのである。これから再建し始めても回復には10年以上かかるだろう。

  

     

科学論文数、日本6位に低下米抜き中国トップ

20180125 1513分 毎日新聞


論文数の推移jpeg    

    

【ワシントン=三井誠】科学技術の研究論文数で中国が初めて米国を抜いて世界トップになったとする報告書を、全米科学財団(NSF)がまとめた。

 中国を始めとする新興勢力が研究開発費を大幅に増やして力をつける一方、日本はインドにも抜かれ、存在感を低下させている。

 報告書は各国の科学技術力を分析するため、科学分野への助成を担当するNSFが2年ごとにまとめている。2016年に発表された中国の論文数は約43万本で、約41万本だった米国を抜いた。日本は15年にインドに抜かれ、16年は中米印、ドイツ、英国に続く6位。昨年、文部科学省の研究機関が公表した13~15年の年平均論文数では、日本は米中独に次ぐ4位だった。
   


   
追記3.またどぶに金を捨てた。(2018年2月2日 記)
  

米、ミサイル迎撃実験失敗 SM3ブロック2A 日本と共同開発 (産経ニュース)
    

【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省ミサイル防衛局は1月31日、日米で共同開発している弾道ミサイル防衛用の改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の迎撃実験を行ったと発表した。実験の結果については明らかにしなかったが、米CNNテレビなど主要メディアは「実験は失敗した」と報じた。

 国防総省やCNNによると、実験は、ハワイ沖の航空機から発射された標的を、同州カウアイ島にあるミサイル訓練施設から発射されたSM3で迎撃するものだったが、標的を撃墜できなかったとみられる。

 失敗が事実とすれば、SM3ブロック2Aの実験失敗は、昨年6月に続いて2回連続となる。

 実験結果を公表しない理由について、国防総省はCNNに対し、北朝鮮が韓国・平昌五輪に参加するなどの微妙な情勢に配慮したためだと説明した。

 SM3ブロック2Aは北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に対抗するため、海上自衛隊のイージス護衛艦や陸上配備型システム「イージス・アショア」に配備される予定。米国務省は今月、日本に同ミサイル4発などを総額1億3300万ドルで売却することを議会に通告していた。

    

     

2017-11-06 11:48 | カテゴリ:未分類

          銀河鉄道の父 門井慶喜著 講談社を9月13日に発売されたことを知って読んだ。この本は一見小説風になっているが、宮沢賢治の父親である「宮沢政次郎の目を通してみた賢治像」という構成になっている。会話調が多いのですらすらと読めた。
  
  小生はこの本を入手する直前には、近所の図書館に「宮沢賢治の真実」修羅を生きた詩人 今野勉著 新潮社 を今年2月に出版されたときに回覧を頼んでいたのだが、偶然順番がまわってきたのでそれを入手して、読み終えたばかりであった。こちらのほうは主として賢治の詩作に関して忠実に文献考証をした、力作の論考で、読むのには少し時間がかかった。

 

35年前の我が家の書斎の壁には、当時花巻の山頂にある宮沢賢治記念館で購入した

『雨ニモマケズ、

風ニモマケズ、

:::』

という、超有名な賢治が病床で手帳に書きつけた詩を拡大コピーしたのをピンで留めていた(確か500円ぐらいだったと思う)。当時はなにかと心に余裕がなく、賢治の、ほかの詩や、童話や、芸術論などは読んでもあまりピンとこなかったのだが、この詩だけはわかりやすく、文学に疎い小生にもすっと理解できたからである。それに、この詩は小学校時代の教科書にも載っていたので懐かしくて記念館で購入したのだった。

 

  その後も、賢治の数多くの詩作や童話に関しては、それこそいろいろな解説本(今ではたぶん全部で2百冊以上!!)が続々と出ていたのだが、あまり読む気がしなかった。およそ「近代詩」というものはきわめて主観的なものなので、作者の個人史的な時代背景説明がないとほとんど理解できないという確信に近いものを今でも持っている。だから今回の著作 「宮沢賢治の真実」修羅を生きた詩人 が、賢治のいくつかの詩作を賢治の保阪嘉内との「同性愛」という視点から執拗に分析し文献考証しているのには新鮮で感嘆した。小生が知らなかっただけなのだろうが。

  

長じて、賢治の詩である「永訣の朝」や「無声慟哭」などが実にインパクトのある詩作だという評判が聞こえてきたので、作詩の背景がずっと気になっていた。実際のところ、この詩の背景にある、妹のトシと賢治の関係はどうなっていたのだろう?

 

ところが、今回上記の二つの本を読んで、賢治とトシの関係が真正面から論じられていることにいささか感動した。トシが結核で死ぬる場面は、立ち会った父母兄弟など家族たちの残した証言集から時系列的といってもよいぐらい上記の2冊ともに詳細に記述されている。
 
  だが、その家族からも見えない賢治とトシの心の内面を、奇しくも二人の著者は想像をたくましくして力を注いで論じている。それがその時賢治が書いた「永訣の朝」や「無声慟哭」の詩の解釈とともに、なかなかの迫力で迫ってくるのである。読んでいて、長年の疑問が少し氷解した。

 

賢治が本格小説ではなく、わかりやすく楽しい「童話」をなぜ書いたのか、という疑問に関しては、愛する妹のトシが結核のために女学校の教師を辞めて、自宅の隔離別棟に長く病床に臥しているときに、一緒に寝泊まりして新作童話を読み聞かせて、その都度批評を仰いだという場面が描かれていて、納得した。賢治は農民にもわかりやすいお話を童話という手法を用いて書いてトシにチェックしてもらうのが楽しくて仕方がなかったのであるそうな。

   
    

(森敏)
 

付記1:賢治の在籍していた現在の岩手大学肥料学教室に、賢治と時代が交錯していないが同じく在籍していた亀井茂技官は、土壌肥料学的な観点からの、賢治研究の大御所ともいえる人物である。彼は正確で緻密な文献考証による多くの「賢治研究」の著作をものにしている。これらの著作をあまり文学者や詩人は賢治研究に引用していないようだ。小生は亀井氏からいつも彼の文献をいただいていたので、賢治のあらゆる発想の根源が土壌肥料学的知見に基づくことを理解していたつもりであった。

 

賢治の個人史に関しては、賢治は盛岡高等農林学校の関豊太郎教授(1927年 日本土壌肥料学会初代会長)の卒論生だったが、関教授の土壌学教室に研究員として残り続けるといずれ助教授になれたかもしれないのだが、きっぱりと研究者への道を断念している。「土壌分類学や土壌の化学分析が実際の農業に役立つと思えないので、大学に残ることに魅力を感じない」という由を父親の政次郎宛に手紙を書いている。しかしドイツ帰りの気鋭の関教授のもとで、短期間ではあるが卒業後も研究生として土壌調査に加わって、正統な学問の本質(エッセンス)をかじったであろうことは、想像に難くない。その時獲得した「現場の風景を天文学・気象学・地質学・腐植や粘土鉱物学的な発想で解釈する」という土壌分類学の研究の方法論は、彼の童話や詩作の骨肉を形成しているといっても過言ではないであろう。こが賢治の作品が通常の詩人や作家と異なる異才を放つゆえんだと思う。(土壌肥料と宮沢賢治2 一関豊太郎と宮澤賢治一 亀井 茂 日本土壌肥料学雑誌 第67巻第2号 p213-220(1996) 参照)

 

付記2:「永訣の朝」の全文は下記のWINEPブログ記事にてもご参照ください。

2016/11/08 : 宮澤賢治の詩と高村光太郎の詩に寄せて
      
      
追記1.本日、この作品が直木賞に決まった。妥当な線かな。(2018年1月16日)

 

FC2 Management