2017-05-26 11:32 | カテゴリ:未分類

反原発・細川牧場裁判支援の皆さんへ

くつざわ(支援する会事務局)

 

いよいよ614に原告本人を含め4人の方の証人尋問が行われます。

 

日時場所:614(水)午後1:30から430 東京地方裁判所806号法廷

 

証人は、馬場さん(獣医学者として馬の価値など)、庄司さん(元農協職員として細川牧場の馬の頭数など)、齋藤さん(福島のにぐらや牧場経営者、当時の被害、細川牧場の馬の価値など)、細川さん原告の順で尋問です。

 

1年ちかく和解協議を続けてきましたが、被告東京電力が馬の価値を認めず賠償額を極めて低くするかたくなな態度をつづけたため、決裂。公開の法廷で、証人調べにより、損害の立証をすすめ判決を取りに行くしかなくなりました。

 

飯舘村は、高線量にもかかわらず避難地域解除=帰還強要=被ばく強要がすすめられ、これを安倍政権は「復興」と称して原発被害を過小評価しています。今も続く原発被害を明らかにし、細川さんの正当な損害賠償を認めるとともに、すべての原発被災者の要求実現をめざしましょう。

 

傍聴席を埋めることで、細川さんを励まし、支援しましょう。お誘いあわせの上、ご参加、お願いします。

 

   

(森敏)
孤高な裁判闘争を余儀なくされている細川さんの、「馬の大量死」に関する過去のWINEPブログの関連記事は以下の通りです。