2017-04-18 07:38 | カテゴリ:未分類

  • 八田与一氏の銅像
    八田与一氏の銅像

 

日本人の首切断。元台北市議、、、犯行認める
読売新聞 20170417
台湾南部・台南市の烏山頭(うざんとう)ダムで、日本統治時代に同ダムを建設した日本人土木技師、八田与一の銅像の首が切断されているのが見つかり、元台北市議の男が17日、警察に出頭した。

 男はフェイスブックで自らの犯行を認めている。1930年完成の同ダムは、不毛地帯だった南部の嘉南平野を台湾最大の穀倉地帯にしたとして、八田の功績は台湾の教科書でも紹介された。銅像の切断は16日に見つかった。(台北支局 向井ゆう子)

  
ーーーーーーーーーー   
(森敏)
付記1:非常に残念な事件だと思う。銅像や仏像にペンキを塗ったり、灯油をかけたりする人の心境はわからないでもないが、このように銅像の首を切る人の精神構造は理解に苦しむ。 この自首してきた犯人は元市議だから八田与一の歴史的貢献には詳しいはずだろう。幻覚か? 確信犯か?

以前に台湾について以下の記事を書いたことがある

2015/03/14 : 「KANO 1931 海の向こうの甲子園」 を観た

この記事の中で以下のように予測したのだが、それが当たったようである。
<:::知人によれば現在台湾では大陸系の漢人が政治勢力を伸ばしており、好日や親日の印象を与える史跡や、史実を教科書から消去したがる傾向にあるとのことである。上記八田與一の現地の銅像などもいずれ破壊される運命にあるのかもしれない。:::>

付記2:以下の八田与一の首を切られた像の写真は朝日デジタルからです。
像八田与一の 

記事には
:::::八田の命日の5月8日には、日台の関係者が毎年記念行事を開いており、今年も予定している。地元の台南市政府は「命日までには修復したい」としている(台北=西本秀)


とある。