2017-04-27 05:19 | カテゴリ:未分類

また一年がめぐりタンポポの開花シーズンが到来した。

 

JR郡山から二本松の浪江町出張所に向けて車を転がしていると、道端の風景はタンポポの最盛期であった。 一見して今年のタンポポはいつもの帯化奇形タンポポの生え方の様相を呈していたので、タンポポ群落がある場所で車を止めて、いつものように丁寧に観察した。やはり、簡単に帯化奇形が次々と見つかった。今回は図1と図2の二カ所の地点について紹介する。

 

今年も京都の名所数か所、奈良東大寺周辺、習志野、などいつもの観察地域では発症が確認されなかった。いまのところ、昨年と同じ場所で関東では阿見町で1株、上野谷中墓地で2株、帯化タンポポが見つかった。東船橋の公園で1株新しく見つかった。滋賀県大津の読者から3頭の帯化奇形タンポポの報告をいただいた。今年の調査はまだまだ現在進行形です。

 

  タンポポの帯化奇形については過去4年間、このWINEPブログの各所で紹介してきましたので詳細は省略します。「帯化タンポポ」のキーワードを右の検索欄に入れていただければ、ずらずらと出てまいります。

  毎年のように全国の読者からのタンポポの観察報告を切望しております。

 



スライド1 
 
図1.民家の空き地(除染済み)のタンポポ集団。
現場ではこの4倍の面積がタンポポ集団になっている。
以下の図2の奇形タンポポはこれらの集団から見いだされた一部である。



 


スライド1 
図2.図1の民家の空き地で見出された帯化奇形タンポポ
 
 
 


 
スライド8 

図3.官公庁舎庭(除染済み)のタンポポ集団。 総面積はこの10倍位ありその全面にタンポポが生えている。以下の図4はその中の帯化奇形タンポポの一部である。
 

 
 


 
スライド9 

図4.図3に生えていた、ありとあらゆるタイプの帯化奇形タンポポ。普通のタンポポの2-8倍の直径を有する。ひしゃげた太い茎の中は空洞である。 
 
 
 


 
(森敏)