2017-03-20 08:02 | カテゴリ:未分類
3月11日と12日に浪江町に調査に入った。以下はその寸景である。



スライド2
 

図1.今はせせらぎが枯れている民家の池に建つビーナス像。 全身に放射能を浴びたまま。津島地区。
 


スライド4 

図2.民家のガラス戸にやるせない怒りと、東電(TEPCO)に対する皮肉の抗議の張り紙。文面を書き写すと以下の内容が読み取れた。津島地区。


今年は梅の花はまだ開花せず

「主なしとて

春を忘れるな」

平成二十四年四月一日  
      一時帰宅

 

 

お盆墓参り
 暮れてなほ

  命のかぎり

   蝉しぐれ

平成二十四年八月十四日

   一時帰宅

TEPCO(東電)のどくろマークの幽霊の絵)

 

 

I Shall Return !!

老兵は死なず。
いつの日か必ず
この地に帰る。
放射能如きに
負けてたまるか。

 平成25年3,3 一時帰宅

 
 

 

今日も暮れゆく

 仮設の村で
友もつらかろ

せつなかろ
いつか帰る日を想い

   一時帰宅

  平成二十五年五月

 

 

二本松八時出発

ここはお国の何十里

離れて遠き二本松

開戦記念 平成二十五年十二月八日 
  一時帰宅

まもなく三年

来年は良い年であるように

 

 

内部被ばくの「ヘビ」

法により食する事を禁ず

     環境(庁)省

(この窓ガラスの内側下に3匹の蛇のおもちゃを設置)

 

 

放射能体験ツアー

大募集中!!

楽しいホットスポット巡り
     東電セシウム観光

 

 

まもなく3

大雪里帰して

帰りたい残念

泣くな嘆くな

男じゃないか 
  平成二十六年三月九日

同行甲田新聞

谷記者隈崎カメラマン

 

 

津島の山も今日かぎり 
国をすて家も
すて、
愛しき皆々様とも

別ればなれとなる

門出だ

 平成二十八年十一日(五年)

 津島の事は次世代べ

 

 

仮設でパソコンできるのも

東電さんの

おかげです

仮設で涙流すのも 
東電さんのおかげです

東電さんありがとう

十二月十二日


     
 
スライド1  

図3.雪解けの春。いのししの足跡。 
   
 
スライド9 

図4.6年間で一面に繁茂した牧草地の「おのえやなぎ」の冬枯れのすがた。除染企画書どおりに、道路肩から20メートルだけ切り倒した跡 
    

   

スライド7 

図5.イノシシが跋扈して掘り繰り返した厩舎横の牧草地  
    
 
 
スライド2 

図6.放置された厩舎。 右上の添付のかこい写真は温度計。正常に室温7度を示していた。


   
スライド8 

図7.なぜかマツの木のみが倒れて散乱している。放射能の空間線量は毎時9.5マイクロシーベルト。
放射能雲(プルーム)はこの山にもろにぶつかったと思われる(小丸地区)

    

 
 
スライド3

図8.静謐な濃紺の水をたたえた大柿ダムの湖面。道路橋から望む。向こうの湖畔中央部に白馬がいれば、まさに東山魁夷の日本画の世界。手前の湖底は沈下橋。湖岸は毎時2.7~5マイクロシーベルト。 
  

 
スライド10 
 
図9.道路の暖かい南斜面に、早くも咲き始めたフキノトウ。春はすぐそこだが。。。。。地表面は毎時8マイクロシーベルト。
  
  
  
    
(森敏)



2017-02-11 03:01 | カテゴリ:未分類

転載1:

文化庁芸術祭のテレビドキュメンタリー部門で優秀賞を受けた
NHK制作の
「被曝の森~原発事故5年目の記録」

の優勝盾の写真が関係者からメールで送られてきたので転載します。
よほどうれしかったのだと思います。
  
 ひばくのもりたてプレゼンテーション1

 

  NHK会長も替わったことだし、この受賞を契機に、この間の局内の少し重苦しかったのではなかろうかと想像される雰囲気を払拭して、制作に関わったスタッフ達にはさらに原発関連の事実を伝えるドキュメンタリー制作に意気軒昂でがんばっていただきたいと思います。

廃炉、海洋汚染、除染、住民避難、森林生態汚染など原発事故は何も解決していないのですから。何事も報道されなければ歴史的になかったことになります。

 

転載2:

 

以下の放送は
東電福島第一原発の汚染水対策のこれまでの経緯と現状、今後の課題をまとめたものだそうです。

212日(日) 23:30〜24:00 Eテレ 

サイエンスZERO 「最新報告 汚染水との戦い」

http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp572.html

(再放送)218日 土12:30〜13:00

NHKオンデマンドでも配信

https://www.nhk-ondemand.jp/

 


    
(森敏)

2016-12-08 14:14 | カテゴリ:未分類
  小生は年のせいで(:今年末から後期高齢者なかまに突入した)、放射能汚染現地調査の途中では、結構頻繁に水分を補給している。そうしないと、足の筋肉への血流が悪くなるためか、時々足がしびれるからである。だから、必然的に頻繁に尿意をもようすので、自動車を降りて道ばたから少し林内に入って、尾籠(びろう)な話で恐縮だが、立ちションベンをする羽目になる。そのときは、必然的にあたりの植生をじっと眺めることになる。もちろんかなりの放射能を浴びながら。そういうときにも結構あたらしい発見がある。
  
     
       飯舘村の 「あいの沢」 は、本来はキャンプ場であったのだが、いまは人っ子一人いない。昨年夏にここでやっと除染作業が行われた。除染といっても道路と道の両側の20メートル幅の山林の下草や土を深さ15センチばかりをとりのぞくのだから、どうしても地下茎で連なっている一部のシダ類などは、のぞき切れていない所がある。そこまで徹底的にやると作業に時間がかかって、だから除染作業員の労賃がかかるので、しかたがないからだろう。一応地表面が毎時0.23マイクロシーベルトにまで低下することを目指しているようではあるが。
  
  昨年の春、例によって小便をすべく林内に入った。数メートル入った林の中の空間線量は毎時4.5マイクロシーベルトであった。そこでは芽を出し始めたばかりの丈の低いワラビが群生していた。
      
  ワラビのいくつかを根から切り取って研究室に持ち帰って、ガイガーカウンターで測定してみると、意外に葉のベータ放射線量が高いので、それをオートラジオグラフに取ってみた(図2)。また、組織を各部位にわけて放射能を測定した(表1)。
 

 
スライド4 
 
 図1.春先の若いワラビの写真

 
スライド5 
図2.図1の若いワラビのオートラジオグラフ
   
 
 


  表1 ワラビの各部位の放射能(ベクレル/Kg乾物重)
 ワラビjpeg  



       図2で定性的に,表1で定量的に明らかなように、シダも未展開葉では若干放射性セシウム含量が高い。しかし、次の図3のように葉が全面展開したものでは、図4、図5で見るように、枝の最先端の葉は少し他より放射能が高いようだが(図5のネガテイブ画像で特に理解されると思う)、比較的放射能は全葉に均一に分布しているように見える。また、一見、左側の茎のみの部分が強く感光しているように見えるが、これは茎が葉に比べて数倍の厚みがあるので、放射能が重なって感光しているためである。


  
 
スライド1 
 図3.浪江町で採取したシダ
 
スライド2 
 
 図4.図3のシダのオートラジオグラフ ポジ画像
 
 
スライド3 
 図5.図3のートラジオグラフ。ネガ画像
 
 
  
地下茎の多年生のシダ類(ワラビはシダ類の一種)はタケノコと同じように地下系が土壌の表層直下数センチあたりを縦横にうねっていて、根がそのあたりまでに大部分が集積している「土壌の可給態の放射能」を吸収して地下系を通じてあちこちの新芽に直ちに分配輸送されるので、いつまでも地上部の放射能が高く推移する可能性が高いのである。


  

 
(森敏)
 
付記1:タケノコについては以下のブログを参照ください。
 
 2016/05/20 :
まだタケノコは要警戒: 給食のタケノコご飯から基準超のセシウム

 
付記2:シダ類の同定には 「フィールド版 写真でわかるシダ図鑑  池田怜伸 著」 トンボ出版 を参考にした。


 
 
 
  
2016-10-10 12:28 | カテゴリ:未分類
以下の情報が全国に避難されている飯舘村の皆さんにも届くことを期待して、
転載します。
小生のpdf からjpeg への変換技術が悪くて、その結果か解像度が悪くて画像の文字が読み辛いでしょうが、目をさらにして解読してください。すみません。 


飯舘村10 月村長選挙レポート

佐藤八郎さんと現村長・菅野典雄さんの政策比較を
2016 年10 月9日 飯舘村/福島再生支援東海ネットワーク 事務局

村長選は6 日に公示され、16 日の投票日に向けて闘いは既に中盤にさしかかってきました。
県外の支援者は一部の人を除いてなかなか応援もままならぬ状況ですが、その一端として両候
補の政策チラシをご紹介いたしますので、ご参考になさって下さい。

 
現村長の主張は来年春帰村、再来年春学校再開に集約されている。
帰村すれば、いいことあるよ、ということだろう。
安心安全と云われるが、国法を逸脱した年20ミリシーベルト安全説であり、事故直後の村民の高濃度被曝も無視されており、要するに「放射能無害」説ということになる。
加えて佐藤八郎は国とのパイプもなく、今後の補償・補助は期待できないよ、と。
     
対する佐藤八郎さんのスローガンは
「政府いいなりの来年春帰村方針の白紙撤回」がまずきて、
チラシ裏側が具体的政策となる。
     
政策は
1.村長出前相談会で村民の意向をしっかり聴き取る
2.完全除染の実現と学校再開時
期は父母の意向による
3.完全賠償を実現する
4.生涯無料検診・治療の実現
5.生業再建への全力支援
…となる。
         
子どもを筆頭とする村民のいのちを守るということが中心に据えられていると考えればよい。
煎じ詰めれば「いのちか、カネか」という選択となるわけだ。
その上で今後の村民の暮らしの再建を精一杯支援する、という骨組みである。
    
原発とカネを選びますか、それとも子どもや村民のいのちを選びますか。
この問いかけは、大きく言えばこのクニの全ての人々、ひいては全人類への巨大な問題提起となっていることに気付かねばならないだろう。
   
6日公示、16日投票。選挙はもう始まっている。
         
        
プレゼンテーション1
  


かんののりお 
  
  
  
(森敏)
 
追記1:(10月13日)発行の「週刊女性自身」に和田秀子取材・文として、2ページにわたって
全村避難の飯舘村12年ぶりの村長選挙ルポ
が載っている。
 
追記2:選挙結果です(2016.10.17)
   

飯舘村長に菅野典雄氏 新人・佐藤氏破り6選、避難解除を支持
 

20161017
     

任期満了に伴う飯舘村長選は16日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属で現職の菅野典雄氏(69)=5期=が、前村議で無所属新人の佐藤八郎氏(65)を581票差で破り、6選を果たした。任期は27日から4年。

 12年ぶりに選挙戦となった同村長選は、来春に予定されている村の避難指示解除を最大の争点に激戦を展開。現職の菅野氏が解除時期の白紙を掲げる佐藤氏との戦いに勝利したことで、来年3月31日の帰還困難区域を除く避難指示解除に向けた動きは予定通り進む見通しとなった。

 菅野氏は、震災と原発事故後に政府と交渉して実現してきた施策や村長5期の実績などを強調。加えて、3月31日の避難指示解除後の「新たな村づくりによる復興の加速化」を訴えた。村民は村内の復興策を推し進める菅野氏の実績と姿勢に一定の評価を下し、再び村政のかじ取りを託した。
 
追記3:(転載です 2016.10.19))

負けて勝った、勝って負けた佐藤八郎さん
 

2016 10 18 日 飯舘村/福島再生支援東海ネットワーク事務局
 

以下は、負け惜しみで言うのではない。
 

投票数3709人で、現職・菅野典雄さんが2123票、佐藤八郎さんが1543票、その差580票。 ある

村民いわく、菅野村長の固定票は1000票だろう、それは現職故の利害がらみだからそうなる。

それに対し佐藤さんはこれまでの村議選での主にカネの絡まぬ血縁票が300票位かな、と。 だと

すれば今回の村長選結果を見るに、菅野さんが固定票に上積みしたのは1123票、対して佐藤さ

んは1243票を上積みしたことになる。
 

さて、ご存知かも知れないが、村民の間における菅野村長の一般的評価は、極めてよろしくな

い。
 

原発事故直後、当時の民主党がメルトダウンを隠して表面「安全」を云いつつも、村長に村民

避難を勧めたにもかかわらず、「村がなくなるのは困る」として断り、以後全村避難までの3

月半、村民を高濃度被曝させたこと、これに佐藤八郎さんが強硬な抗議をしていたこと、これ

は飯舘村では周知の事実なのである。
 

その後も東電や政府との交渉時、常にその加害者側と同列に立って村民の要求や不安を抑え続

けてきたことも、また同じ。
 

佐藤八郎さんは、およそカネには縁のない人である。彼の5期にわたる村議活動は、ひたすら村

民の自宅におもむき、その要望を聴き、相談に乗り、それらを村政に反映させることに費やさ

れてきた。事故以後、彼が加害者と一体化した村長を厳しく批判してきたこともまたよく知ら

れている。だから人望とか人気では菅野さんを圧倒していたといってよい。
 

だから今回の選挙の行方を予想した時、その佐藤さんの人気が、果たして投票に結びつくか否

か、ここが大きな焦点であったのだ。
 

結果を見れば菅野さんの当選となったのだから、この予想は「否」となったことになりそうだ

が、冒頭の上積み票差を見れば、決してそうは言い切れないだろう。固定票に対する上積み票

だけで見れば、ここは佐藤さんの勝ちなのである。
 

では、菅野さんの上積みした1123票の意味は何か?佐藤さんの上積みした1243票の意味は何

か?
 

佐藤さんの上積みはすぐに理解できる。仮設住宅での選挙演説には常に多数の村民が集り、拍

手喝采であったが、菅野さんのそれにはパラパラであったという事実。佐藤さんは菅野村政と

国政を厳しく批判し、それが一方的被害者である村民の内攻していた怒りに火を付け、よく立

候補してくれた、という感謝として現れてきたということである。
 

他方菅野さんの上積みは、単なる現状容認ではないだろう。村民すべてがこれからの人生・生

活への大きな不安感・苦悩を持っている。佐藤さんに投票したい気持ちはあれど、果たして佐

藤さんがそれを解決してくれるのかどうか。ここに「国とのパイプ」を強調する菅野さんの言

説が入り込む余地があったと言わなければならない。
 

佐藤さんは、負けたが、勝った。
 

だが、勝てる闘いを十分活かし切れずに負けた。

これを本物の勝ちにしなくてはならない。
 

その前提は負けたことへの謙虚な反省である。

子どもと村民のいのちと生活を守る闘い。

再来春学校再開方針との闘い。

来春帰村方針との闘い。

賠償や補助打切りとの闘い。

完全除染実現への闘い。

完全な放射能健康診断実現への闘い。
 

村長になろうがなるまいが、その村民との約束を守らなければならない。

だから、闘いはまだ始まったばかり、いや、これからが本当の闘いになる。
 

最後に一言。

新潟県知事選もそうだが、首長一個人にのみ過剰な期待を寄せるのは止めようではないか。

いま求められているのは、われわれ一人一人の自立である。

それなくして、決して原発はなくならず、このクニがよくなることはないのだから。__

 



2016-08-26 11:52 | カテゴリ:未分類

浪江の農業用水路に野生の水生「セリ」が生え始めていたので、長靴で降りて、丁寧に数株を採取した。根は用水路の放射能汚染土壌によって直接外部汚染しても仕方がないけれど、地上部は水にたえず洗われているので、葉は外部被曝はなく内部被爆だけだろうと思って、それを確認したかったからである。

 

セリは水にぬれて新聞紙にびったりとくっついてきれいに葉の形状を保存するための乾燥が難しかったが、何とかやり遂げて(図1)オートラジオグラフを撮像した(図2)。

(図1) ミズセリ(原図)反射しているのはセロテープです。
スライド1

  
 (図2) 図1のミズセリの オートラジオグラフ (上から4分の3が撮像されています)
スライド2

結果は、根に付着した土壌が一番濃く撮っているが、予想外にセリの体のあちこちにも用水路の放射性土壌粉末がこびりついた汚い画像になった。もちろん葉の部分も内部被曝している。新聞紙による乾燥作業中、どうも「乾きにくくて、新聞紙からはがしにくいなー」と思っていたのだが、どうやらセリの葉の表面は粘土などを粘着する分泌物質によって目に見えないくらい薄く覆われているのかもしれない。

 

農業用水には大雨が降ったときに森林の表土や、溜め池などから、いつも細かい泥や砂が流れ込んでいるので、いくら用水の泥を掻き出して除染しても無駄である。これらはいずれ下流の阿武隈川から海に流れ出ているのである。

 

用水の上流の森林を除染しない限り、用水から田圃に汚染土壌が流れ込むので、水田の除染後の用水管理が重要である。過去の鉱山廃液からのカドミウム汚染土壌では、水田の土壌を剥離したあと山土で客土しても、また何十年かのちには、鉱山採掘残土の堆積場などから用水を通じてカドミウムが水田に蓄積していくだろうという確実な試算がある。放射性セシウムの場合でも、たとえイネ(水稲)には吸収されにくい「土壌固着」の放射性セシウムになっていても、水田稲作栽培期間中に農業用水が水口(みなくち)から順次田面に拡散していく過程で放射能が集積していく可能性が高い。福島県や農水省ではこのあたりの長期観測体制はできているのだろうか? 是非モデル圃場を数カ所確保して長期にわたる実証試験をしてほしいものである(ひょっとして、もうしているのかな?)。

    

     

 (森敏)
追記:このセリの根の部分を切りはなして、葉の部分のみを測ったら、以下の放射能値であった。
Cs-134:  25 Bq/kg
Cs-137:  153 Bq/kg
合計:   178 Bq/kg
ということで、食べられない。

FC2 Management