2017-03-01 12:54 | カテゴリ:未分類
晩秋になると木々や草花が枯れ始めて種子が熟し、はじけ飛ぶ(図1)。
  
 
いのこずちjpeg
図1.かなりタネが散り始めたイノコズチ
  
  昨秋福島県浪江町のそんな藪の中の樹木の枝に、道ばたに自動車を止めてハニートラップ 

 (2016/09/17 : ハニ―トラップ クリックしてください)
 
を仕掛けにはいり、作業を終えて藪の中から道ばたに止めている自動車に帰ってきた時には、化繊でできた真っ白な防護服の下半身にはいろいろな雑草の種子がびっしりとついてびっくりした(図2)。これらの種子は拡大してみると、2本の鈎型の部分を発達させていて、安物の化繊服の表面のけばけばのぶぶんに見事に鈎の部分で引っかかっているのです(図3)。ヌスビトハギ、イノコズチ、オナモミなどです。(図2 は防護服から手ではたいてかなりの種子をはぎ取った後ですが、まだくっついてとれていません)


スライド1  
図2.防護服からはたいてもとれないイノコズチの種子
 
      
  
 スライド3

図3.鋭い2つの鈎をもつイノコズチの成熟種子

  
  

そこでイノコズチを採取して、オートラジオグラフをとってみました(図4,図5)。実際に放射能濃度を測定するとどの部位も結構な放射能濃度であることがわかります。左の固まりはこぼれた種子を集めてセロテープに貼り付けたもののオートラジオグラフです。
   
   表1に見るように種子はまだ結構高い濃度の放射能を持っています(表1)。サル、イノシシ、ハクビシン、タヌキなど野獣が異常に増殖して頻繁に荒れ地に出入りしているので、このイノコズチをはじめとする付着性種子は彼らの体にくっついてあちこちにばらまかれています。すなわち放射能が生物にくっついて拡散汚染しているわけです。 
 

     

 スライド1
 
 図4.図1のオートラジオグラフ。左側はこぼれた種子を集めてセロテープにはり付けた画像。
 
スライド2 
 
 図5.図4のネガテイブ画像

  
  

 
表1.イノコズチの部位別放射能濃度
 イノコズチjpeg 

 
(森敏)
 
付記:70年前の太平洋戦争終戦に近いころには、兵庫県の深江に中島飛行機工場があったためか、阪神間は絨毯(じゅうたん)爆撃を受けて民家が焼失し、さんざんなめにあったということである。野坂昭如の「火垂るの墓」にそんな場面があったように思う。そのためか芦屋市でも、高級住宅地での広い庭の洋館が焼夷弾でねらい打ちされて、消失して、その後ずっと草が茫々であった。そんなところは、庭に防空壕があって、我々小学生のがきどもの格好の「かくれんぼ」遊びの場であった。遊び疲れて家に帰るころは、衣服にイノコズチやオナモミがびっしりとついて、それをぜんぶはたき落とさないと母が家の中に入れてくれなかった。というようなことを思い出した。