2017-01-04 11:50 | カテゴリ:未分類
スライド2 


図1。直径10センチのキノコ。山土が砂質土壌で、ミネラルの吸着力が低いと思われる。地表面の放射線量は 毎時7.79マイクロシーベルト(ビニールが反射して見にくいですが)。 津島高校分校校庭にて。

 

 

キノコは放射性セシウムの吸収蓄積能力が高いので、いまでも福島とその隣県の自治体では野生のキノコは100ベクレル/kg新鮮重 以上のものが検出され続けており、販売は禁止されている。(付記1)

    

チェリノブイリ原発事故以降の文献でもヨーロッパばかりでなく、その後25年経った日本でもCs-137が有意に100ベクレル/kg新鮮重 を越えるものが、今回の福島原発事故が起こる以前にもあった。このようにキノコの自然環境の中でのセシウム吸収力はしぶといのである。

      

その一方では、放射性セシウム吸収力の強いキノコは原発事故由来の放射性銀(Ag-110m)の吸収力も強いことがチェリノブイリ以降の文献でもいくつか実証されている。(付記2)

        

小生らは、ずっと昆虫を中心に放射性銀(Ag-110m)の動向を追跡調査している。(付記3)

2016年には、ジョロウグモ以外のほとんどの昆虫では、放射性銀(Ag-110m)は消滅している。それは物理的な半減期減衰によるものと、銀の土壌への吸着不溶化によるものである。(付記3)

        

しかし、昨年2カ所でサルの糞を偶然採取したのでそれを測定したら、いずれも放射性銀(Ag-110m)を含んでいた。いったいサルは何を食べているからその糞に放射性銀が多いんだろうか?と、ずっと疑問に思っていた。
        
スライド1 
図2. サルの糞を乾燥させたもの (加賀谷雅道カメラマン提供)(表1 サルの糞 昼曽根 に対応)
 
スライド1 
 図3. 上:図2のオートラジオグラフ(ポジテイブ画像)。下:図2のネガテイブ画像
               
        最近浪江地区の松を採取した津島高校分校のグランドにあちこちはえている大きなキノコ〔図1〕を2日間にわたってゲルマニウム半導体で測定したら、わずかであるが放射性銀(Ag-110m) が検出された (表1。最下段の赤字)

               

  そこで思うのだが、猿は無意識にビタミンDの供給源としてキノコを大量に食べるのではないだろうか?(猿のクル病って聞いたいたことがないですよね。) しかしサルは消化しきれなくて繊維質を大部分排泄する。そのとき不要な放射性銀(Ag-110m)も吸収されずに濃縮されて排泄されるのではないだろうか? 図3の上下のオートラジオグラフを見ると、サルの糞 (表1 サルの糞 昼曽根 に対応)の中にはいくつかの際だって放射能が強いたべものの残査があることがわかる。これが野生のキノコかもしれない。
                   
       一度、いたずらに、どこかの動物園でサルにキノコを投げて、嗜好性を見てみようと思う。
       
      
         
      表1.各所のサルの糞とキノコの放射能 
糞とキノコjpeg 

     
(森敏)
           
    

(付記1)2013/11/23 : 放射能汚染キノコ2態 (クリックしてください)

(付記2)それはおそらくキノコの持つカリウムトランスポーターのどれかがごく微量のセシウムも吸収するためであるとおもわれる。(ただし、キノコからこの特異的な高親和性のカリウムトランスポーターをクローニングしたという例は小生は知らない)

(付記3)Hiromi Nakanishi et al . Proceedings of Japan Academy  Ser. B 91 (2015)160-174