2016-10-25 10:47 | カテゴリ:未分類

        ボブ・デランにノーベル文学賞授与を決定したノーベル委員会が、ボブ・デラン本人に連絡がつかなくて、受賞を受諾してくれるのかどうか判断に苦しんでいたが、ついに連絡を取ることを諦めたということである。しかしこれまでのノーベル文学賞では、いったんノーベル文学賞授与を決定した歴史的事実は本人の受諾の如何に関わらず残るということらしい。

 

ボブ・デランは実に芸術家としてのカリスマ性を維持する戦略に長けていると思う。彼の作品(作詞や作曲)が受け取る側からの主観で、あれこれと如何様にも解釈できることや、あれこれ解釈できる奇矯な「振る舞い」こそが彼の真骨頂なのであろうと思う。これまでの各種の受賞に関しては、生の声での「本心」はブラックボックスにして黙して決して語らない。まるで「芸術家はカリスマ性を高めるためにはこうあらねばならない」という見本みたいな振る舞いである。芸術家が自己の本心を生の声で語ると、えてしてこれまでの作品そのものが「浅薄」に見えてしまう。ボブ・デランは「沈黙は金なり」ということをよくわきまえている。

 

今は取り巻きに箝口令を敷いているが、彼が死んだらこれまでの側近はこぞって、ノーベル賞受賞に関して「あのときボブ・デランはこう言っていた」とか「ああ言っていた」とか「彼の本心はこうだった」とかの喧々諤々の議論ででひとしきりにぎわい、「虚像」がますます形成されていくのだろう。いまは本人も虚像の形成過程を外から楽しみたいのだろう。

 

最近では、黙して語らぬむっつり屋の俳優「高倉健」の場合もそうだった。彼は世間の「高倉健」という虚像に自分自身を逆に合わせていったというのが、小生にとって最も理解しやすい解釈である。

        

(森敏)

付記:ボブ・デランは小生と同じ年だが、実は小生には彼の影響を受けた自覚は全くない。ビートルズなんかも、どこがいいのかわからなかった。だから以上は、実に感性の鈍い研究者のたわごとです。でも一言書いておきたかった感想です。さきにピカソについても述べたことがあります。
   

2010/07/18 : ピカソの秘密

追記1:映画監督でタレントの北野武さんがフランス政府からレジオンドヌール勲章オフィシエを授与され、パリで叙勲式に出席している。
「受賞で力をもらった。今後新しいジャンルに挑戦したい」(東京新聞)
「恥ずかしいくらい。基本はコメデイアン。いい賞をいただければ、それだけ落差で笑いが生まれる」(朝日新聞)

との発言が紹介されている。
これは、小生にとってはすごく納得のいくコメントだと思う。つまりこれまでの「タケシ」の作品つくりのキーワードは「落差」、小生流にいわせれば 『ズッコケ』 なのである。 テレビでの彼のコメントも今のところこの観点から理解できる。 いつもどこかで斜に構えて、世の中と異なるズッコケる見方をしてみせる、のが彼の真骨頂なのであろう。賞をもらったからと言って、世の中の模範生になったら終わりである。 ボブ・デランはノーベル賞をもらったからと言ってそういうふうに模範生的に今後世界に向けていろいろな生真面目な発信を要求される雰囲気がとてもいやなのではないだろうか?

反骨の喜劇俳優チャップリンは、素直にいろいろな賞をもらっているようだ。
 
追記2:以下の顛末です。

ボブ・ディラン氏、ノーベル賞受け入れる意向

20161029 0806

ノーベル財団は28日、今年のノーベル文学賞の受賞者に選ばれたものの、沈黙を続けてきた米国の歌手ボブ・ディラン氏(75)が受賞を受け入れる意向を示した、と発表した。

 財団のホームぺージによると、ディラン氏は今週、文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーに電話し「栄誉にとても感謝する」と伝えた。

 12月に開かれる授賞式にディラン氏が出席するかどうかは決まっていないという。
  
追記3:村上春樹さんが「アンデルセン賞」を授与され現地での受賞講演が新聞に載っている。
今回はアンデルセン童話にかこつけた「影」がテーマである。
前回のイスラエルでのエルサレム賞の授賞式では「壁」がテーマで受賞のスピーチをしている。
彼の小説ではいつも「穴」が出てくる。

「影」「壁」「穴」など、受取手によって多様に解釈される語句を操るのは、ボブ・デランの「風」などに類似している。結局人生は「これだ」と言い切れない曖昧なものなんだ、というのが、あらゆる作家の到達点なのかもしれない。
 
追記4:ボブ・ディラン氏は「先約があり」ノーベル賞授賞式は「欠席する」とのことである。(11月17日)
 
追記5:どうでもいいことだが、村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」には18章にボブ・ディランの曲「ナッシュビル・スカイライン』が記述されている。この本のタイトル「風の歌を聴け」からしても、春樹は『風に吹かれて』というボブ・ディランの「詩」の影響を少なからず受けていると思われる。
 
追記6.朝日新聞に全面広告で「風に吹かれて」の訳詩が載った(12月11日)。そこでこれを一字一句以下に書き留めてみた。改めて、良い歌詞だと思った。


『風に吹かれて』
 

どれだけたくさんの道を歩き回れば
人は一人前だと呼ばれるようになるのだろう?
どれだけ多くの海を越えていけば
白い鳩は砂浜で羽を休めることができるのだろう?
どれだけ大砲の弾が撃たれれば
もう二度と撃たれないよう禁止されるようになるのだろう?
その答は、友よ、風に吹かれている
その答は風の中に舞っている

どれだけ長い歳月が経てば
山は海に削り取られてしまうのだろう?
どれだけ長く生き続ければ
虐げられた人たちは晴れて自由の身になれるのだろう?
どれだけ人は顔をそむけ続けられるのだろう?
何も見なかったふりをして
その答は、友よ、風に吹かれている
その答は風の中に舞っている

何度見上げたら
人はほんとうの空を見られるようになるのだろう?
人々が泣き叫ぶ声を聞くには
2つの耳だけでは足りないのだろうか?
どれだけ人が死んだら
あまりにも多くの人たちが死んでしまっていることに気づくのだろう?
その答は、友よ、風に吹かれている
その答は風の中に舞っている
(訳詞:中川五郎/『ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・デイラン』より)