2016-05-28 10:52 | カテゴリ:未分類

飯舘村でタンポポを観察しながら車を転がしていると、住宅前のもと畑地にタンポポの綿毛の群落がありました、車を降りて、畑の片隅から慎重に一株ずつ調べていると、遠くで農作業していた住民の女性が我々に気がついて歩いてきて話しかけてきました。






スライド2
 
図1.道路側は昨年タンポポ種子をまいたという 奇形タンポポの群生地で、奇形タンポポを接写撮影中。 すぐ後ろ側は今年タンポポ種子をまく予定というナズナの群生地




 
スライド1 
図2.図1の場所から採取した40本の奇形タンポポの花茎。左下の二つは正常なタンポポの花茎。
  
 
jpeg nimaibashi kikeitanpopo       
 

  
図3.16頭ばかりが合体した奇形タンポポ。綿毛種子が飛びつつある。(加賀谷雅道氏撮影)       

    
       

奥さん『何やってますか?』
 
小生「タンポポを調査しています」
 
『タンポポのなにしらべてんだ?』
 
「タンポポに奇形がないかです」
 
『奇形って? そんならこちらにいっぱいあるべ』
 
「エー? ほんとですか?」

『こっちこっち。 ほらコレ奇形だべ?』
 
「そ、そうです。。。まさにこれです」
 
『んだらいっぱいあるよそこらへんに、よく見たら?』
 
「::::んうーん!! なるほど! ここらへんはほとんど全株が奇形ですね!!
 
ところで奥さん、まず、不思議なんですがここの畑はどうしてタンポポがこんなに全面に咲いているんでしょうかね?」
 
『んだべか、去年私がタンポポのたねを撒いたんよ。』
 
「たねを撒いたって?? その種子って、どこから手に入れられたんでしょうか?」
 
『そこの隣の高い方の畑に去年タンポポが異常なくらいいっぱい咲いたんだ。一方、ここはおと年除染したんだども、帰還できなくて、荒れ地にしたままだったんで草ぼうぼうになったんだ。みっともないんで去年草刈りして、タンポポでも植えて道行く人にでも楽しんでもらうべーってんで、ここにタンポポのたね撒いたんだ』
 
「そのタンポポの種子に奇形のタンポポからとった種子もありましたか?」
 
『奇形のタンポポも幾らかあったよ。それも一緒にたくさん種子採ったんだ。それらを全部撒いたんだ。野菜と違うけん春に種とったらすぐ後に撒かないと、野外では翌年花つけねーべ? そんで去年たね採ったらすぐ撒いたんだ。そんだら、いくらか発芽してこんなに咲いたんだ。奇形もたくさん出てるんだわ。ところで放射線の影響じゃないんだよね?こんな奇形ときどきあるもんね』 
 
「うーん、そこはまだよくわからないいんですよ」
 
『近所のヒトから、タンポポなんか育ててどうすんだ? と冷やかされてるんだども、 雑草はやすよりも目に楽しいというヒトもいるんだから』
  
と屈託がありませんでした。週一回の頻度で避難所から帰って来ているとのことです。
 
『若い人や孫は帰って来ない。墓参りに春にかえってくるときに、タンポポが咲いてりゃ孫も喜ぶんだべ』
   
と楽しそうでした。この女性はすでに今年のたんぽぽからかなりの数の種子を採取しており、来年に向けて、そろそろすぐとなりのナズナが占有している除染済みの更地を、草刈り除草して種子をまくつもりだということでした。この奥さん、実に偉大な実験家です。 
  
          
(森敏)