2014-09-30 10:14 | カテゴリ:未分類

 北沢宏一氏が死去 原発民間事故調の委員長

2014929 1945

東京電力福島第1原発事故を民間の立場で検証した「福島原発事故独立検証委員会」(民間事故調)で委員長を務め、東京都市大学長の北沢宏一氏が26日午後1時24分、急性肝不全のため東京都内の病院で死去した。71歳。長野県出身。通夜・告別式は家族葬で行い、後日「お別れの会」を開く。日程は未定。

 東京都市大が29日、発表した。

 高温超電導が専門で、東京大教授などを経て2007~11年に独立行政法人の科学技術振興機構の理事長。

 原発事故後の11年10月、国会や政府の事故調査委員会とは別に、民間の立場で事故を検証するためつくられた民間事故調の委員長に就任した。

(共同)

 

 

今朝6時ごろ、眠れないのでテレビのテロップの流れをばくぜんと見ていたら北沢宏一氏の死去が報じられて、仰天し、目が覚めた。

平成7年に科学技術振興機構(当時はまだ科学技術庁だったかも知れない)が、「戦略的基礎研究」(CREST)というあたらしい大型プロジェクト研究を立ち上げ、激戦の末その時7人が選抜採択された。北沢氏はその一人だった。小生もからくも採択された一人である。北沢氏は5年間続いたこの第1期CRESTプロジェクトの毎年の研究成果発表会では「高温超電導」では舌鋒鋭く議論を展開された。
       このプロジェクトが終わってからしばらくして、北沢氏は定年前に大学の最先端の研究者から、科学技術振興機構の理事という珍しいコースを歩まれた。その後理事長職に就任し視野が広く科学技術行政に多大な貢献をされたと思う。科学技術予算に関して財務省や文科省からの縮小の圧力に関してはそれを跳ね返すべく例年苦悩されていた。地下鉄「東大正門前」のエレベーターでは時々お会いした。
       東日本大震災後は積極的に原発民間事故調を立ち上げたりして、科学者として社会に対して積極的に発信していた。自ら苦労を買って出て「なぜ原発事故が起こったのか」の事実解明に力を注がれた。本当によくやっているなーと感心させられたものである。最近東京都市大学長を務めていることは全く知らなかったのだが、自然科学系出自としては議論を取りまとめる能力が抜群で何かと「長」を務めるにふさわしい人物であったと思う。新天地東京都市大学長では激職で体の健康管理に費やす時間がなかったのだろうか。 まだまだ早すぎる死去だ。 実に惜しまれる。
  

合掌 

(森敏)