FC2ブログ
2020-01-26 20:17 | カテゴリ:未分類
  双葉町羽山神社のある山頂にはアセビの実生が無数に生えていた。現在の土壌表面の線量が毎時約4.5マイクロシーベルトである約10メートル四方のあちこちから、ランダムに根こそぎアセビ(馬酔木)の高さ25センチぐらいの実生をサンプリングした。
   
  といってもほとんど硬い土壌に根が食い込んでいたので、下図の植物ではほとんどの根はちぎれてしまっている(図1、図4)。
   
  地上部の放射能汚染の具合が植物によってかなり異なることがわかる(図2、図3)。

  1キロメートルばかり先からの東電福島第一原発からの濃厚な放射能粒子が、地面のあちこちに均一ではなく、局在して降下しているので、それに根が直接触れていたり、その雨による滲出拡散液に根が接触していなければ、放射性セシウムはアセビの根から吸収されていないわけである。
   

  葉の放射能が高く(表1)、特に小さな新芽が濃いことがわかる(図6)。


  図4の個体のアケビの放射能を部位別に詳しく調べた(表1)。
    




スライド3 

図1.4本のアセビの実生。 残念ながら全部根がちぎれている。




スライド1 

図2.図1のポジテイブ画像。個体によって汚染の濃度が異なり、濃い葉は表面放射能が400cpm以上ある。



スライド2 
 
図3.図2のネガテイブ画像。


 
 
 


スライド1 
 
図4. アセビの実生(引き抜く途中で根が切れた)。葉の表面はガイガーカウンターで230cpm.

 
 

スライド2 
 図5.図4のオートラジオグラフ ポジテイブ画像





スライド3 
 
図6.上図(図5)のポジテイブ画像ではわかりにくいが、このネガテイブ画像では 新芽の放射能や、細根に絡む土壌が高いことがわかる。
 

    
      

表1.図4の植物(アセビ)の部位別放射能
アセビの実生1 


 

 

 
(森敏)
2020-01-24 11:36 | カテゴリ:未分類
時宜に即して「国民世論操作」のためのアンケート調査を実施する新聞社各紙やNHKなどが、なぜか官邸が勝手に決めているらしいと報道されている習近平主席の来日招請(最恵国待遇?)に関するする日本国民に対するアンケート調査を実施していない。
      
この件に関しては国民は つんぼさじき である。
       
対中友好外交の表立った動きは、そのとぼけた様相で大衆をけむに巻いて操作している自民党の二階俊博幹事長が担っているようである。
   
そのうち二階幹事長はとぼけて、「どの国であれ隣国と仲良くするのはいいことではありませんか?」とか何とか言って、習近平招請を「熱烈歓迎す」る雰囲気を作るのだろう。
      
野党は国会で習近平招請の理由と儀式の具体的形式について、さらに厳しく追及すべきであろう。
   
自民党内部でもこの件に関しては対立する意見が交錯しているようではないか?





(管窺)
2020-01-21 07:16 | カテゴリ:未分類
  正月4日早朝、上野御徒町を歩いていたら、前を歩いていく手袋をして右手に小さなビニール袋を持った運動靴の老人が、いきなりしゃがみ込んで、何かを拾った。

  タバコの吸い殻(モク)だった。そのあともよく見ると、人目も構わずきょろきょろとして、モクを見つけたら嬉しそうに拾って歩いている。
 
       他のごみは全く拾わず、タバコだけ拾っているようだ。

  この辺りは、路上喫煙が禁止されているにもかかわらず、多くの外国人がマナーをわきまえずに、途中まで急いで吸ったタバコの吸い殻を路上に棄てている。
   
  モク拾いとは今どき、なかなか奇特な光景だ。社会貢献か?

  感動した!

  と一瞬思ったのだが、待てよ? この男性はすべてのたばこの吸い殻を拾っているわけでもなさそうだ。

  もしかしたら、踏みつぶされていないきれいな吸殻だけを拾って、その吸殻を解体して自分でまたキセルで吸うのかもしれない。タバコを買うお金がないのだろうか?そういう高齢者が増えているのかもしれない。ちよっとわけがわからなくなった。


  


スライド1 


 
スライド2
    
     
(森敏)

付記1:以下のように早朝からコテを右手に持って正装した公式のモク拾いに出会った。(言問通りにて:文京区から派遣の人かな?)たばこの火の不始末による火事をおそれているのかもしれない。
 
スライド2 
 
 
 付記2:この男性は朝から右手にコテをもって堂々と本気でもく拾いをしている。(不忍池の六角堂への参道にて:町内会の人かな?)これも火事を恐れているのかもしれない。
スライド1
2020-01-16 07:33 | カテゴリ:未分類
    双葉町で 毎時17マイクロシーベルトある民家の庭に生えている真竹を手折ってきて放射能を測定した。

    解体して各部位に分けて測定した(表1)。

    下に示した写真(図1)の数字が一部隠れて見にくいが、皮の部分を下から順番に番号を打っている。

    表1の側芽というのは肉質部分の節位から出ている小さな芽の事である。

    葉の先端部 > 側芽 > 肉質部 > 外皮

の順に放射能が高い。また外皮は新鮮な上に行くほど高くなっているきれいな傾向にある。

    Cs-134は Cs-137の約6%にまで減衰していることがわかる。

    以上は定量値であるが、この放射能の傾向は、オートラジオグラフ像(図2、図3)でも定性的に見てとれる。

    これらの結果は、以前(2014年 付記1。参照)に論文発表した 飯館村から採取した真竹の分析結果とまったく同じ傾向であった。

   今回は肉質部では節位のみを分離して測定してはいないが、オートグラフの像からこの節位が高いことがうかがわれる。

    この節位の部分は、いつも説明しているように、師管と導管が入り組んでいる組織であるから放射性セシウムが滞留して、濃く見えるのである。


  タケノコは根茎が土壌の下に隠れてつながっているので、土壌を剥離すると同時に根茎を全部根こそぎにしなければ、いつまでも放射能が残留して、春先に地上部に放射能が移行することを繰り返しているのである。





スライド2 
図1 真竹を皮と肉質部に詳しく解体したもの。     
  
    
 
 スライド1
 
 図2. 図1のオートラジオグラフ 最先端が一番濃く、肉質部位や、その節位が濃くうつっている。
    
 
スライド3 

図3.図2のネガテイブ画像。梯子様にみえる各節位と肉質の先端部が総体的に濃いことがよくわかる。

  
   


 表1. 真竹の部位別放射能(図1、図2 参照)

 たけのこ17マイクロシーベルト1
  


   

(森敏)

付記1:以下の小生らの2014年の論文をご参照ください。

Nakanishi H, Tanaka H,  Takeda K, Tanoi K,  Hirose A,  Nagasaka S,  Yamakawa T, and  Mori S. (2014)
Radioactive cesium distribution in bamboo (Phyllostachy Reticulate (Rupr) K.Koch) shoots after the TEPCO FUKUSHIMA DAIICHI Nuclear Power Plant disaster. Soil Sci. Plant Nutri. 60, 801-808
     
追記1: 今頃遅ればせながら、朝日新聞が 2019年10月13日 の台風による福島県田村町における放射能汚染土壌貯蔵フレコンバックの流出現場の画像を記事にしている。

https://www.asahi.com/special/matome/flecon/?iref=kijishita_bnr
2020-01-12 13:34 | カテゴリ:未分類

以下の動きがヨーロッパ諸国ばかりでなく、アジア諸国にも、燎原の火のごとく、急速に広がることを期待する。「一帯一路」政策など漢民族拡大主義の習近平がいる限り、中国の対外政策はことごとく信頼できない。 遅れてきた植民地主義だ。習近平を最恵国待遇で天皇に会わせる安倍晋三の無神経がわからない。呼びたければ、プーチンの場合のように山口県か河口湖で私的な密談をすればいいだろう。

従来から、中国とぞっこんであった中国研究者たちも習近平の最恵国待遇の招請には猛烈に反対している。海軍が尖閣列島への組織的な侵犯を繰り返している最中であり、一時は国を挙げての日本製品不買運動を組織的に破壊的にあおった当事者を、なぜ天皇皇后が迎賓館で笑顔で迎え入れなけばならないのか、安倍のやっていることはまったく理解できない。マゾだね.。完全に官邸主導の露骨な天皇の政治利用だ。


チェコ首都プラハ市、台北と姉妹都市へ 「中国は「信頼できないパートナー」

AFPBB News 2020/01/12:12:08

 AFP=時事】チェコの首都プラハのズデニェク・フジブ(Zdenek Hrib)市長(38)は12日付の独紙に寄せた論評で、中国を「信頼できないパートナー」だと非難すると同時に、台湾の台北市と姉妹都市関係を結ぶ方針を明らかにした。

 チェコのミロシュ・ゼマン(Milos Zeman)大統領が対中関係の親密化を目指して活動しているにもかかわらず、プラハ市と中国は対立しており、フジブ市長のコメントはその論争を再燃させるものだ。

 海賊党(Pirate Party)に所属するフジブ市長は、独週刊紙ウェルト日曜版(Welt am Sonnta)への寄稿の中で、中国は「怨恨に満ちており」、チェコの世論に影響を及ぼそうとしていると述べた。

 201811月に就任したフジブ市長は、昨年10月に中国の北京市との姉妹都市関係を解消したことについて、説明を試みてきた。プラハと北京の姉妹都市関係は2016年に結ばれたが、論争の的となっている中国のいわゆる「一つの中国」という主張について、フジブ市政下のプラハ市は支持しない方針を示し、姉妹都市関係を解消した。

 フジブ市長は、チェコ政府に「チベットと台湾の独立に反対する」ことを強いる合意には署名できないと述べ、代わりに13日に台北市と姉妹都市関係を締結する方針を明らかにした。「そうすることで、パートナー都市の一つを失ったが、別の一つを得ることになった」と記した。

 このまま進めば、大方では中国への打撃になるとみられている台湾総統選での蔡英文(Tsai Ing-wen)総統の大差での再選から数日後に、プラハ市は台北市の姉妹都市になる。

 フジブ市長は、中国との外交・経済関係の断絶を主張しているわけではないと強調する一方、欧州の民主主義諸国に対し「このように危険で信頼できないパートナーと同盟を結ぶこと」について、真剣に考えるよう呼び掛け、「脅威や脅迫を前にして、自らの価値観や誠実さを放棄しないよう皆に求める」と訴えた。

【翻訳編集】AFPBB News

 



(菅窺)

追記:その後以下の記事が出た。

中東欧の「一帯一路」熱に変化の兆し チェコで中国への逆風強まる

2020.1.23.
 

中国接近を進めてきた中欧チェコが姿勢を変え、中国と距離を置き始めた。期待外れの投資に失望が広がり、威圧的な外交姿勢に反発が高まる。巨大経済圏構想「一帯一路」を歓迎してきた中東欧諸国で、変化の兆しが見える。(プラハ 三井美奈)
 

 チェコのゼマン大統領は今月12日、北京で今春予定される中国-中東欧諸国の首脳会談への欠席を表明した。地元メディアで「中国が、投資で約束を守らなかった」ことへの不満が理由だと述べた。
 

 首都プラハは北京と姉妹都市協定を解消し、13日に台北と協定を締結。外務省高官は「一つの中国」の原則は不変としながら、「市の決定には介入しない。われわれも台湾とはよい関係を築きたい」と述べ、中国側の抗議を意に介さない。