2016-02-21 12:49 | カテゴリ:未分類

    



たけにぐさ_JPG-- 
図1.浪江町で採取したタケニグサのオートラジオグラフ。非常に濃く写っている左下の根は200cpm、右の薄い色の根は50cpm。 新葉の数枚は140cpm、ほかの葉は93 cpm、葉のなかでは丸くくるまっている未展開葉が一番濃い。右上の葉と真ん中あたりの葉の葉辺をよく見ると先端部分がぽつぽつと濃い。これはセシウムがここからもれ出ていることを示している。水孔とおもわれる。
 

 
  たけにぐさ 
   図2.図1(オートラジオグラフ)に用いた植物体。根が太く頑丈である。
 
 

 
表1.タケニグサの放射能値   

タケニグサの測定部位放射性セシウム含量
(Bq/kg乾物重)
新葉28422
旧い葉16126
旧い根(土が付着)57369

      
 
 
 DSC00343--.jpg
図3.文京区の壊された民家の庭に繁茂するタケニグサ。コンクリートの瓦礫がアルカリ性で、タケ二グサ以外の雑草を寄せ付けていないように見える。

      

浪江町の道路端でタケニ草を採取した(図2)。これをオートラジオグラフにしたのが図1である。葉では旧葉が薄く、新葉が中くらいに濃く、最新葉である未展開葉が一番濃くセシウムで内部被爆していることがわかる。これらの葉の表面には外部被爆の黒点がまったく認められないので、放射能は全部根から吸収移行したものと考えられる。新葉ははげしく細胞が分裂伸張しているから、カリウムの要求性が非常に高いのである。放射性セシウムはカリウムと間違って取り込まれて新葉に転流しているのである。表1には各部位の総放射性セシウム値を示しておいた。新葉が旧い葉よりも高いことが分かる。土がついた根のセシウムの値の半分ぐらいの濃度で新葉にもあるということは、この植物がセシウムを地上部に移行しやすいものなのかもしれない。
 
        
      右上の葉と真ん中あたりの葉の葉辺をよく見ると先端部分がぽつぽつと濃い。これはセシウムがここからもれ出ていることを示している。水孔とおもわれる。これは水孔を通して水ばかりでなく体内無機成分が外部にいっぴつしていることを可視化した世界初の画像だと思う。
    
      一方で浅い地面を横に張っている太い根は放射能汚染土を付着しているので一番濃く外部汚染している。右側のその後に生えてきた新しい根は格段に低い汚染度でこれは内部被爆である。この根を
よく見ると分枝根が出ている節位と、特に根の先端が濃く映っている。これらは成長点であるから細胞の分裂や伸張のためにカリウムの要求性がたかいために、カリウムの変わりにセシウムを移行させたものと思われる。
        
    

以下少し横道にそれるが、このタケニ草について小生の専門分野である植物の鉄栄養について少し考察したい。          

  タケニ草はどこにでも生えてくる雑草である。家庭菜園では害草と思われている。小生らが昔、鉄系肥料の開発をするために、貝化石アルカリ土壌で圃場試験をしていたことは以前にこのブログでも述べたことがあるが、このアルカリ土壌でもタケニ草は鉄材無施用区でも非常に旺盛に生えてきたので、驚いたことがある。多少全体の色が淡くクロロシス気味ではあったのだが。
     
   アルカリ土壌では鉄がほとんど溶けていないので植物は鉄欠乏になりやすいのである。つまり、タケニ草は遺伝的に根の3価鉄の還元力が強く2価鉄に還元して、根の細胞膜の表層にある2価鉄の鉄輸送蛋白(IRT1)遺伝子が強く誘導されて、この膜輸送体を通して鉄を吸収していると思われたのである。いったん繁茂すると根が深く完全に掘り取るのが困難であった。この深根性もアルカリ土壌に少ししか溶けていない鉄イオンをまさぐる能力なのかもしれない。これもひとつの鉄欠乏耐性たるゆえんのひとつかもしれない。(WINEPのホームページ    http://www.winep.jp/   の動画 Strategy-1 をごらんください)
     
   タケニ草の茎はみずみずしくてぽきりと折ると、中の導管液の汁が橙色で、皮膚に触れると刺激痛がして少し薄気味悪い。この導管水に「クエン酸・鉄」のような「キレート・鉄」が含まれているのかもしれない、などと想像している。
            
(森敏)
付記:過去の以下の記事も参照ください。
  2013/11/04 : フキのオートラジオグラフ (クリックどうぞ)




 


        

2015-12-28 19:46 | カテゴリ:未分類

又ぞろ有馬朗人がでてきた。原発再稼働論者である有馬朗人に関しては、以前にも論じた。以下をクリックしてください。

      

俳人である感性を持つ物理学者として、有馬朗人には、今度ばかりは本気で「もんじゅ」をつぶしてもらいたいものだ。
 
 

「改善の本気度伝わらぬ」もんじゅ検討会で指摘

20151228 1154

高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)に関する文部科学省の有識者検討会(座長=有馬朗人・元東京大学長)の初会合が28日開かれ、もんじゅの運営組織の見直し議論が始まった。

 日本原子力研究開発機構に代わる運営組織について、来年夏頃に結論をまとめる。

 検討会は、原子力規制委員会の勧告を受けたもの。規制委は11月、もんじゅの安全管理が不十分として、新しい運営組織を見つけるよう、馳文科相に勧告した。半年をめどに新組織の見通しが立たない場合、もんじゅ存続の可否を含めて再検討することも求めた。

 この日の初会合で、馳文科相は「大変重大な事態。専門的な見地から議論してもらい、運営主体を判断したい」と危機感を示した。同機構の児玉敏雄理事長は、勧告の引き金となった大量の点検漏れ問題などの経緯を説明した。検討会の委員からは「改善に取り組む本気度が伝わってこない」との厳しい指摘が出た。

20151228 1154 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    
   
 (喜憂)

2015-12-11 07:28 | カテゴリ:未分類

「東京ビッグサイト」(ゆりかもめ線 東京国際展示場正門駅下車)で「エコプロダクト2015」が開催されている。

    

名刺を2枚持って行って、簡単なアンケートに応えれば参加費は無料である。2015年12月10日-12日まで開催されている。行くべし!

   

大学人も研究室にばかり閉じこもらずに、こういうところにも出かけて、ほかの分野の企業の研究者が、どういうアイデアでエコ製品開発に取り組んでいるのか、見聞を広げるといいと思う。例年参加しているのだが、小生には見るもの聞くものがむちゃくちゃ面白かった。環境に優しい産業が金儲けになる時代が来るといいと思ったことである。これこそが「環境経済学」が目指す所であろうと思う。

 

この展示会のコンセプトは「わが国が世界第5位のCO排出国である」という認識のもとにあらゆる側面からCO排出削減に関わる、ハードとソフトの開発することである。経産省と環境省が後援しているようだ。

 

会場を巡るとこれまで環境経済学者が提示してきたCOやNOやSOxの発生の産業連関表の逆ベクトルとして「CO2削減の産業連関表」が描けるように思ったことである。

   

(森敏)

付記1:まだ今日も明日も開催しています。
追記2:環境経済事業(利益を追求する事業により環境が改善される事業)とはなんぞやということをいろいろ考えさせられました。いろいろなNPOの人たちと対話しました。
「ふるさと納税制度」を大いに活用して、大都市納税者に地域の特産物を購入してもらう運動をもっともっと起こしたらいいと思ったことです。大都市の消費者は同じ税金を支払うなら、どこかで目に見えるかたちで地域での環境修復や環境に優しい地場産業が振興することに貢献したいと思っていることは間違いないですから。
    
追記1:展示会場で、これは、と思うパンフレットを集めていたら、50部ばかりになった。その後、時々それらを暇つぶしに読んでいるのだが、これがなかなか面白い。各社ともわかりやすく、けっこう気合いを入れて図入りで書かれているのが多いので、省エネや再生エネルギーなどの最新技術動向の情報源として、勉強にになりそうだ。

2015-11-21 13:26 | カテゴリ:未分類

本日の下記の番組ご覧ください。
小生も多分チラリと登場するそうです。
  

シリーズ東日本大震災
追跡 原発事故のゴミ

総合 2015年11月21日(土)午後9時00分~9時49分

    
あらすじ(NHKニュースからの転載)

東京電力福島第一原発の事故によって東日本に降り注いだ放射能。汚染された土壌や稲わらなど、除染作業で発生した廃棄物(ゴミ)の量は全国でおよそ3000万トンを超えると国は推計してきた。ところが、どこに、どのような状態で置かれているのか、全体像はこれまではっきりしてこなかった。それが今回、NHKの独自調査と自治体へのアンケートにより初めて明らかになった。避難先から住民の帰還を進める福島の町村では、復興とともに大量の土のゴミが発生し、住宅の周りに積み上げられている。さらに東北や関東の広い地域でも、低レベルの汚染廃棄物が空き地や学校の近くに置かれたままになっていることが分かった。こうしたゴミのほとんどが最終的な処分場所が決まらない「仮置き」の状態。法律では各県ごとに処分場を決めることになっているが、いずれも住民の激しい反対によって決まらず、ゴミは宙に浮いた状態が続いている。
圧倒的な量の放射能のゴミと、私たちはどう向き合えばいいのか。各地の現状と対策の取り組みを報告する。


  
(森敏)
  
追記1: ホントに1分も出ていませんでしたね。 (午後10時 記)
 
DSC04275--.jpg 

 ドローンを飛ばして撮影したと思われる広大な堆積場(NHKテレビからのパクリです)

    
追記2:この番組の最後に紹介されている、「放射能汚染ゴミの1300度以上の温度で焼却減容化する技術を開発すべき」ことは、すでに小生が2年前に提案したことである。
 

研究者は環境放射能の除染廃棄物の減容化研究をもっと真剣にやるべきだ  (クリックして読んでください)
  

しかし、原発事故後5年も経過するのに、ゼネコンを含めて、政府機関が遅々として減容化の技術開発研究に邁進しないのは怠慢としか言いようがない。土壌を削ったり、植物を刈り取って、袋詰めして、積み上げるだけで、わんさとお金が入ってくるので、企業は真剣に技術開発しないのだろう。除染事業のために毎年数兆円単位の税金の垂れ流しが続いている。例えば脱水汚泥を焼却すれば30分の一に減容化した灰になることは既定の事実である。(放射能は30倍に濃縮されるがそれは東電の敷地に地中深く埋めるしかない。)

2015-10-27 03:43 | カテゴリ:未分類

千葉県「幕張メッセ」で「農業資材EXPO」,「次世代農業EXPO」,「フラワーEXPO」,「ガーデンEXPO」,「道工具・作業用品EXPO」 という農業関連5展の展示会を見てきた。全部で大・中・小の1960企業も参加していた(図1)。このEXPOは企業間の交流や契約の場であるので、小生はひっそりと2日間にわたって見て回ったのだが、いろんな意味で参考になった。以下に、全くざっくばらんに、個人的興味があったいくつかの事例を紹介したい。長くなりますが。。。。。
         
 DSC03307--.jpg

図1.農業EXPO会場風景(会場全体の5分の一しか映っていません) 

        

  農業のIT化、ダイオード光による清浄野菜工場や、室内野菜の栽培(癒しも含めて)、花の多角的利用など、大体予想される展開だった。革命的技術というものが小生のアンテナには全くひっかかかってこなかった。展示では中国・台湾・インドネシアなどの企業が2割ぐらいは参加していたと思う。西欧系企業はすくなかったが、国際色が豊かであった。しかし小生には現時点ではどれもこれも日本の技術の亜流のように見えて仕方がなかった。でもアジア諸国は毎年目覚ましく発展しているので、奇想天外な技術が案外アジアの国からも出てくるのかもしれない。アジア諸国は確実に実力をつけてきていることは間違いなく、TPPで自由化されれば、「高品質」と「安価」で日本の零細企業がかなり駆逐されるのではないかと危惧した。
        

  炭酸ガス吸収や都市のヒートアイランド抑制のためのビルの屋上緑化や壁面緑化は、すでに技術が確立されたのか、これまでと比べて展示が激減していた。

         

  平場でのガラスハウスなどの施設農業への電力供給源として、太陽光パネルの併設の試みみたいなものが期待されていると思うのだが、23の例しかなかった。先日の「常総水害」で決壊した堤防わきに壮大な面積の太陽光パネルを設置したばかりだったのが無残にも洪水で一気に崩壊させられた負のイメージが、農業と太陽光発電の連携を気後れさせているのかもしれない。

         

  簡単なアリのトラップを考えた業者がいた(図2)。円形のトラップの中央部分に粉末の砂糖を入れる区分を設け、その周りに食用油を入れる区分を設けふたをする。アリは下から這い上がってきて、ふたと容器の隙間から侵入してドボンと食用油に落ち込み、身動きが取れなくなる、という仕組みである。なぜ砂糖をいれるのだ?と聞いたら、アリが砂糖のにおいを感じて寄ってくるのだろう、という返事であった。砂糖のにおいのセンサーをアリが持っているということになる。舐めて感じる甘味のセンサーはどんな生き物も持っているだろうと思うのだが、アリ固有のフェロモン以外に「砂糖の香りのセンサー」があるという可能性の指摘は新鮮だった。 ホントだろうか?「大きなアリは寄ってこない」というのも変な話であったのだが。アリは木の根元から樹幹を這い上がって木にいろいろな病原菌をばらまいて悪さをするので、木の根元を取り巻く大型のものを作成してトラップしたいとのことであった。当面は孫の教材に使えると思ったので3つばかりもらってきた。木造家屋の床下のシロアリのトラップに使えるか今後の課題だと思う。(小生の友人のシロアリ駆除業者は15年前からダウ・ケミカル社が開発した環境にやさしいフェロモントラップ容器を輸入して事業展開している。)。
            

DSC03388-------.jpg  
図2.アリのトラップ容器(外径10センチ)。中中央の白いのがお砂糖。その外側が食用油。

              

  いろいろな乾燥に強い観葉植物のブースがあった。根が鉢の土にあり鉢の底の穴から下に向かって本体がぶら下がっているのがユーモラスである。寄生植物のようであるが青々としているものもあるので、光合成をしているのは確実である。こういう植物は、重力にしたがって下方に垂れているので、柳の枝よりも極端にジベレリン含量が少ないのではないだろうか。重力刺激のトランス因子みたいなものが欠損しているのかも知れない。
 
 DSC03457--.jpg
なぜ水耕栽培なのかは意味が不明なのだが、サボテンの水耕栽培があり根が観察できた(図3)。根粒がついているのだろうか? と観察したのだが根粒がある様でないようでよくわからなかった。サボテンは砂漠の乾燥土壌で育つものなので、水は通常はサボテンの針に夜温で凝結する水滴から来るのだろうが、窒素やリン酸は案外根粒菌や菌根菌から来るのではないだろうか?
     

 DSC03475----.jpg

 図3.サボテンの水耕栽培(画像が横向きになっています)。取り出してみないと根粒の有無がいまひとつわからなかった。
     
      

  室内鑑賞と実用を兼ねた白色光のLEDを用いた水耕栽培の植物育成器が展示されていた(図4)。12万円から5万円だということである。幼稚園や保養施設やで毎日眺めて、育ったら収穫するというのも一興で、これは意外に安い高踏趣味として広まるかもしれない。デパートやホテルなどではより大型の人工気象器みたいなモノが数年前からすでに実用化されている。今回はそのミニチュア版である。書斎の机の上に飾って鑑賞するのも一興かもしれない。
     

DSC03407----.jpg  

図4.幻想的な癒しの野菜栽培装置。レタスを栽培している。
       

  木槌で立木をたたいて、その音波を iPhonで拾って、波長分布を描かせて、心材が100%充実している場合に比べて何パーセント空洞化が起こっているかを調べる、という研究が紹介されていた。空洞化率が高い木を切り倒すためである。車両点検で鉄道の作業員がハンマーであちこちたたいてひび割れなどを音で検知するのと同じ原理である。音波の発生には木の種類による樹皮のちがいや心材の強度の違い、木槌でたたく場所、木槌の種類などいろいろ複雑な要因が絡むと思われた。しかしこれは、いわゆる樹木医がもつ「勘(技能)」を誰でもが行使できる「技術」に転換しようとする試みであり、小生にはとても好ましい試みと思われた。複雑系の中でまず「一次近似の解」を発出することがすべての新しい学問の出発点であると思うからである。案の定、専門職の「樹木医」さんからは「そんなもの必要ない」という反発を受けているとのことである。既得権益を侵されると思うのかもしれない。
        
  かぼちゃのような大きさのゴーヤがあった。我が家もベランダで育てているからわかるのだが、ゴーヤは収穫適期が短くすぐ熟してしまうので収穫後の日持ちが非常に悪い。だから、本物を展示出来ないので、プラスチック模型の白色(アルビノ)と緑色のゴーヤが展示しているとのことだった。実際の栽培の様子がビデオで紹介されていた。ウリ科ではどんな野菜にも巨大から最少まで遺伝的変異があるのが本当に面白い。
これを展示していた企業の本命の展示物は「花屋さんが切り花を店頭で長く鮮度よく保っておくために、紫外線殺菌した水を、濾過しながら循環させている装置」である。これを見ながら35年ほど前に有名な三重県の的矢での「的矢カキ」が同じように紫外線殺菌水に浸して洗浄されている先駆的な現場を思い出した。的矢から冷蔵便で東京のホテルオークラなどに徹夜便で直送されて、「高級生ガキ」として食されている。今でもそうしているだろうか。
                
DSC03435----.jpg
図5.ジャンボゴーヤ(直径15センチほど)
              
  
  いくつかの県が農業者の就労支援のコーナーを設けていた。県内の人口が減っている上に、さらに少子高齢化で農業の後継者がますますいなくて困っているのだそうである。しかしこういうコーナーでは、県庁からの出向者ばかりでなく、実際に農業をやって成功している元気な人たちを説明要員にたてないと、全く迫力がないと思ったことである。実に地域は厳しい現実だ。一組の中年のご夫婦が相談していたようだが。
            
  余りにも展示企業数が多いので展示ブースでは、植物やスクリーンの動画にまず人々の目が行き、そこから気分がむけばポスターや説明員の説明を受けたい、というプロセスに移っていくということになる。よほど特化した課題をもった人以外はポスター展示だけだとまず人は寄ってこないだろうと思った。気が付くと手元に集められた30冊ばかりのパンフレットの半分以上が外資系の企業のものであった。彼らはなにがなんでもまずブースから出てパンフレットを積極的に渡しに来るのであった。それに比べて日本の企業は受け身感(待ちの姿勢)が強い。
    
  アイスクリーム、トマトジュース、バウムクーヘン、洋菓子のコーナーでは、全部試食した。広い会場を回ると足が棒のようになった。VIPの招待券をもらっていたので、2日間見学して6回もVIPルームに出入りして、卑しくもコーヒーとジュースとウーロン茶を何杯も飲み干した。老人には非常に助かった。アー疲れた!
                       
(森敏)
追記:小生が専門である植物の栄養に関しては、最近になって少しずつ有機栄養成分に関心が高まっていることを感じた。完全非無機化学肥料とか、δアミノレブリン酸やアルギニンなどの有機成分を添加した水耕液が売られていた。しかし、愛知製鋼以外のどの業者も植物の鉄栄養成分がどのように吸収されるのかに関して、いまだにあまり勉強していないのには驚かされた。小生らのホームページ(WINEP:植物鉄栄養研究会)に鉄の動画とその解説を掲げてすでに10年になるというのに。全ての肥料業者には、せめて植物の鉄獲得機構の Strategy-I, Strategy-II ぐらいはきちんと説明できるようにしてもらいたいと思ったことである。

FC2 Management