WINEPブログ内で「 葉 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2017-07-15 06:28 | カテゴリ:未分類
ヒノキの完全に内部被ばくの妖しくも美しい放射線画像が取れました。

  
  
 スライド1 
 図1.新しいヒノキの枝。上位の葉に粒粒の雌果ができつつある
 
 
    
 スライド2
図2.図1の左上の枝の先端部の葉の拡大図。ヒノキの雌果が形成されつつある。こちらのほうの写真は1か月かけてオートラジオグラフを撮像した後なので、その間に葉の緑色が失われているのだが雌果は剥がれ落ちていない。
      

スライド1 
 
 図3.図1のオートラジオグラフ。すべての雌果が強く内部被ばくしている。
 
 

 
 
スライド2 
 
 図4.図3のネガテイブ画像
 
 
  
  
 
 表1.図1に対応する部位のヒノキの放射能 雌果は葉の約8倍の内部被ばくである。
 
ヒノキの新葉の雌果jpeg 
 
 
   
  
    
 



 
(森敏)
2017-07-03 13:33 | カテゴリ:未分類
 

  昨年の秋、浪江町の道端の可憐なノゲシを根から掘り起こして採取した。

  花器が確実に内部被ばくしている(図2、図3、図4、図5)。
   
  下位葉が相変わらず、いまだに土埃(つちぼこり)の放射能で外部被ばくしている(2、図3)
   
  いくらふるっても、根の微細な放射能汚染土による放射能はふるい落とせない(図2、図3、表1)。

    
  
 
 
 
  
 
 スライド2 
 
 図1.根から掘り上げたノゲシの全身像







 
スライド3 

  
 
  図2.根から掘り上げたノゲシの全身像(図1)のオートラジオグラフ
ポジテイブ画像 花台で形成されつつある種子が放射性セシウムで強く感光している。





 
スライド4 

  図3.根から掘り上げたノゲシの全身像(図1)のオートラジオグラフの
ネガテイブ画像





 

スライド5 
 
図4. 図1の頭頂部(花台)の部分の拡大図 花は開花終了し、しぼんだところ。



 
スライド6 
 
 図5.図4の部分のオートラジオグラフ(ネガテイブ画像)の拡大図。 花がしぼんで形成されつつある種子が放射性セシウムで強く感光している。

 
 

放射能ノゲシ改訂版jpeg  
図1.ノゲシの部位別放射能 ここでの花は花器である。形成中の未熟種子を含んでいる。
 
   
   
  
(森敏)

追記:

先日芦屋で小学校のクラス会があったのだが、そこで
「福島はまだ放射能があるのか?」と聞かれて、一瞬絶句した。

きわめて残念なことだが、いまや関西での認識はそんなものなのだろうか。
2017-05-30 05:03 | カテゴリ:未分類

 秋になると、細い茎に多数のちいさな赤い実をつける、タデ類とミズヒキはなかなか判別がつきにくい。そこで専門家に同定をお願いしたら、小生が何気なく道路わきで採取した植物はハナタデのようである(図1)。浪江町のものはやはり種子もきちんと内部被ばくしていることがわかる(図2、図3、表1)。

 
スライド1  

図1.赤い蕾をつけたハナタデ。右上の7つの点々も蕾です。
 


 
 
 
スライド2 
図2.図1のオートラジオグラフ。葉の付け根(節位)とつぼみが強く汚染しているように見える。葉の付け根は通導組織(師管と導管)が複雑に入り組んだ組織だからここで放射能が何十にも重なってIPプレートに感光しているためである。
  
  

    

 
スライド3 


図3.図1のネガテイブ画像

 

 

 
jpeg tsubomi 
 
   
  図4.ハナタデのつぼみ
ハナタデの放射能jpeg 

  
 
表1.ハナタデの各組織の放射能。ここではつぼみでなく種子を測定している。




  

(森敏)

2017-05-13 08:33 | カテゴリ:未分類

図1は浪江町での林地の明るいところに棲息していたドクダミ群落からのサンプルである。ドクダミは地面に近い被覆性の植物なので、毎年の観察でもどうしても雨風の時の埃の舞い上がりを受けるようだ(図2、図3)。下位の葉の方が外部被曝を今でも受けている。それにしても花びらではないめしべや雄蕊の部分が内部被爆が高いようだ(表1)。ドクダミ茶にするには要注意である。

  


スライド1 
図1.花をつけたドクダミ 一本の植物を途中で切断したもの
 
  
 
スライド2 
図2.図1のオートラジオグラフ 
 
   
 
 
スライド3 
図3.図2のネガティブ画像 
 

          
 
 表1.ドクダミの放射能 (単位:Bq/kg乾物重)
ドクダミの放射能jpeg 
   
  
    
(森敏)
2017-05-06 07:05 | カテゴリ:未分類

  昨年の春、浪江町の竹藪でタケノコ(まだけ:真竹)を採取して、オートラジオグラフを撮りました(図1、図2、図3)

  皮の重なりが少ない底辺部分は可食部の節目が放射能が高く、透けて写っていることがわかります。

  皮を一枚ずつめくって、いくつかまとめて測定しました。食べる肉質の部分も測りました(表1)。

  皮は下から上に向かって高くなっている傾向があることがわかります。

  可食部肉質の部分もまだ結構高いです。

  これらの放射性セシウムはタケノコの根部に蓄えらえた放射性セシウムが春になって新芽であるタケノコに転流しているか、5年たってすでに倒れたタケノコの樹や葉が腐食し始めたりしてセシウムが溶け出してきて、それをタケノコの根から吸収した結果と思われます。

これらの結果はすでに以前に以下に論文にしたものと同じです。
   
  

Radioactive cesium distribution in bamboo [Phyllostachys reticulata(Rupr) K. Koch] shoots after the TEPCO Fukushima DaiichiNuclear Power Plant disaster

Hiromi NAKANISHI, Houdo TANAKA, Kouki TAKEDA, Keitaro TANOI,

Atsushi HIROSE, Seiji NAGASAKA, Takashi YAMAKAWA and Satoshi MORI

Soil Science and Plant Nutrition (2014) 60, 801-808

 

 



 
スライド1 
 
 
 
 
スライド2 
図2.図1のオートラジオグラフ 皮の部分が少し汚染土塊をくっつけている。

 
 
スライド3 
図3.図2のネガティブ画像。上部の細かな点々は産毛の放射能が高いためと思われる。
タケノコはここから水分が蒸散しており、セシウムが濃縮されているのかもしれない。
早朝に竹やぶでタケノコを観察すればここに案外水滴がたまっているのかも。

 
   
  
 
 表1.真竹の放射能 (:Bq/kg乾物重)

真竹jpeg


  

(森敏)

付記:以下の以前のWINEPブログ記事もご参照ください。

FC2 Management