2017-01-15 14:09 | カテゴリ:未分類

男の子がなりたい職業、「学者」2位に急上昇 連続ノーベル賞効果か 第一生命調査

 第一生命保険が6日発表した「大人になったらなりたいもの」のアンケート結果によると、男の子で「学者、博士」が2位となり、前回の8位から大幅に上昇した。第一生命は「日本人のノーベル賞連続受賞の影響があるのではないか」と分析している。

 男の子の1位は7年連続で「サッカー選手」、3位は「警察官、刑事」だった。前回18位の「水泳選手」が8位に浮上した。2016年夏に開かれたリオデジャネイロ五輪で日本人選手が活躍した影響とみられる。

 女の子は「食べ物屋さん」が20年連続の1位となり、人気を維持した。2位は「保育園・幼稚園の先生」、3位は「学校・習い事の先生」と続いた。また「ダンスの先生、ダンサー、バレリーナ」が10位と、09年以来のトップ10入りとなった。

 アンケートは第一生命が1989年から毎年実施しており、今回は16年7~9月に実施。全国の幼児や   小学生ら1100人の回答を集計、分析した。
 
 
 
      このニュースはすべての全国紙に掲載されているようだ。実にノーベル賞の効果は大きいと思う。子供は将来の生活のことなんか考える必要がないから、純粋に「理想の人物像」を具体的にノーベル賞受賞者 やサッカー選手に自らを同化して考えることができるのだろう。
 
  
    自分のことを顧みても、なんと言っても1949年の日本人初の湯川秀樹博士によるノーベル物理学賞受賞の影響は強烈だった。当時小生は満8才で、高知市旭第一小学校から芦屋市宮川小学校に転校したころであった。研究内容などはなんにもわからなかったのだが、世界で賞賛される栄誉みたいなものがまぶしくて仕方がなかった。5年生の時の国語の教科書には湯川スミ夫人によるノーベル賞受賞記念式典のときの印象記が載っていたと強く記憶している。
 

                

その後大学に至るまでや大学に入ってからも湯川の随筆や対談など多くの出版物では、彼の物理の専門書は歯が立たなくても、それ以外はほとんど全部読んだ。特に「創造性」や「独創性」や「直感」に関する彼の哲学的発言には、他の内外のどの科学技術論者よりも最も強く影響を受けたと思う。
    

おかげで、将来何になりたいかなど特に考えることもなく「研究者」以外になりたいと思ったことはない。もちろん「自分が研究者に向いているだろうか」とか「研究者になるためにはどういう生活をしなければならないか」などの点については、在学中や助手になりたての時は真剣に悩んだ。
      

先日から強烈な風邪を引いているのでぼんやりとテレビを見ていたら、昨日の 超絶 凄ワザ! というNHKの番組で、「油が水ですぐ取れるまな板がほしい」という命題を出した小学生が、番組の最後に司会者から「君は将来何になりたいですか?」と問われて「研究者になりたいです」と明言していたのにはいささか感動した。子ども達にも一昔前のロマンチックな科学者像が再現してきはじめたのかもしれない。これは第一生命の調査通りにノーベル賞効果だと思ったことである。
   

  科学への投資は、将来の人材育成への投資でもあることは明らかである。過去20年間にわたって1%シーリングで国立大学の研究予算を減らし続けてどん底に落とし込み、逆に防衛予算を飛躍的に増やし、フィリピン、インドネシァ、ベトナムなどに桁違いの海外援助資金で国家予算をじゃぶじゃぶ散財し続けている安倍政権のやり方は、人材育成の面から国を内部崩壊させつつある。

    
   
      
 
(森敏)
2016-12-20 16:25 | カテゴリ:未分類

   放射能汚染地域では、避難して人が入らないので、森林では樹木に様々なツル性植物が自由自在に繁茂しています。このツル性植物は、何らかの遺伝子が欠損しているために単独では重力に抗して空に向かって屹立できないので幹木に着生して上に伸びていくものと思われます(図1、図2)。(おそらく野生のツル性植物は宇宙線やトランスポゾンによる自然突然変異で、ジベレリン生合成系の遺伝子の変異株だろうと思われます。)       

              
  「
このツルアジサイは、名前のようにツルになってのびるアジサイで、貧弱ですがガクアジサイに似た花を咲かせます。付着根という細い根で、高木の幹や岩などにくっついて上っていきますが、付着根は水を吸う働きは無く、吸水はふつうの植物と同じに、地中にのびた根が行います」と言うことです。(付記1)
   

   現地の藪の中で、松の幹木に張り付いて高く高く昇っているいくつかのツル性植物をみて、これが松の木の樹皮などの表層に高濃度で付着している放射能を吸収しているのかどうかを知りたいと思いました。そういえば、これまで小生は着生植物などにあまり着目していませんでした。(よく言われることですが風景は本人がその気にならなければ{見れども見えず}ですね)

     

   そこで、このツルアジサイを松の木から丁寧に引っぺがして、実験室に持って帰り、押し葉乾燥後、オートラジオグラフを撮像しました。
  


スライド1 
図1.ツルアジサイ。ツルのあちこちに細い着生根がでている。下から上に向かっている。
    
    
スライド2


 

 図2.図1のオートラジオグラフ

   
   

スライド3 
 
 図3.図1の同じツルのもっと上の部分。下部に新芽が見られる。右上の部分は樹皮ごとはがれたもので、そこに着生根が食い込んでいる。ツルは左下から時計回りに先端に向かっている。
 
   
    

スライド4 
  
    
    


図4.図3のオートラジオグラフ。新芽や着生根が放射能で内部被曝(すなわち内部標識)されていることがわかる。
 

スライド6 
 
 図5。樹皮に食いついたツルアジサイの細い着生根部分の拡大図
    
    
  
   

スライド7 

 図6.図5のオートラジオグラフ。図4のネガテイブ画像の右うえの部分の拡大図。着生根はあまり強くは感光していない。樹皮は外部被曝の証拠であるホットパーテイクルが付着してつぶつぶに光っている。

    
     
 
 
表1 ツルアジサイの組織部位別放射能: Bq(ベクレル)/kg乾物重
ツルアジサイの放射能jpeg 
   
 

表1や図2,図4で見るように、ツルアジサイではツル性茎の部分の放射能濃度が最も高く、これは全部内部被曝によるものです。また、主ツルや分枝ツルから少しばかりちょろちょろ出ている付着根は葉やツル性茎と比べて圧倒的に放射能が低い。これらのことは、ツルアジサイが着生した松の樹皮から水やセシウムを吸収しているのではなく、松の根元の土壌からたちあがっている主ツル性茎の根そのものから、放射性セシウムを吸収して地上部に移行していることを意味しています。あちこちの付着根はただ我が身を松の幹に支えてもらうための「取っ手」にすぎないことを意味しています。

      

表1に見るように、ツルの放射能濃度が斯くも高いのは、降雨の時の松の樹幹流から松の根元の土壌や落ち葉や腐植層に流下拡散する放射能を、ツルアジサイが吸水とともに効率よく吸収するためではないかと思われます。ツル性植物は一般に鳥の巣材にも使われます。このようにしてツル性植物は放射性セシウムの森林での循環にゆっくりと人知れず関わっていくのだと思われます。

      

 
     
       

(森敏)
  

 付記1ミツバウツギの同定とコメントは若林芳樹(株アスコット)氏によるものです。ありがとうございました! 


 

2016-11-29 07:47 | カテゴリ:未分類
   浪江町の高瀬川上流には道路脇に切り立った崖があり、そこに『長寿の水』 という標識がぶら下がっている所がある。急峻なために、崖崩れを危惧して金網が全面に張り巡らされている(図1)。 近くに駐車場があるので原発事故前には、この名水を汲みに、多くの住民がポリタンクなどを持って訪れたものと思われる。
 
  そこの崖面に何種類かのこけが生えていたので、その内の特徴的なコケを採取して放射能を調べてみた。コケ図鑑によるとこのコケはヘビの模様に似ているので蛇苔(ジャゴケ)と呼ばれているもののようである。
 
  
スライド1 


図1. 「長寿の水」 のしたたり落ちる崖 
  

 
スライド2 
 
図2 蛇苔の拡大図
  

  
  はがして乾燥して(図3)オートラジオグラフを取ると、図4のようになった。図4の黒い小さな濃く感光したつぶつぶは、コケが上からしたたり落ちる小さな目に見えない土を吸着しているのである。こけの裏側には大きな強く感光した黒点があるが、これは岩から引っぺがしたときに、くっついてきた自分自身の旧い枯れた個体である。それらが放射能に強く汚染している。
 
 

スライド1 

図3。崖からはがしたジャゴケ   
   
    
 
  
 
スライド2  
 図4  図3のオートラジオグラフ
  
     
 
   できる限り水洗して表面の固体をのぞいてゲルマニウム半導体で放射能測定したのが 以下の表1である。このジャゴケは絶えずしたたり落ちる水で洗われ続けているので、原発事故後5年も経てばいい加減にきれいな新しいコケになっているのかと思ったら、なんのことはない放射能(放射性セシウム)は厳然として、まだ高濃度で含まれたままである。表1に見るように、放射性カリウム(K-40) の濃度も高いので、このコケはセシウムばかりでなく元来カリウムをため込みやすいものと思われる。蛇の目に見えるコケの表層にあるカリウムのトランスポーター(膜輸送体)を使って、ごく微量の放射性セシウムも体内に吸収してため込んだままなのだろう。
     
  この場所は「長寿の水」と言われるぐらいだから、渇水することもなく原発事故以来の森林の表流水の希薄な放射能をこのジャゴケはずっとため込んできたのだろう。

   

  

      表1.ジャゴケの放射能(ベクレル/kg乾物重)
 スライド1
   
(森敏)
付記:コケの同定は難しい。今回は
 
 生きもの好きの自然ガイド 

 
このはNo.7 「コケに誘われ コケ入門」 文一総合出版
 
の写真を参考にした。

2016-11-08 19:01 | カテゴリ:未分類

文京区役所があるシビックセンターで宮沢賢治高村光太郎の展示会が開かれている。

会期:平成28116日(日曜日)から1114日(月曜日)まで

        午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)

会場:文京シビックセンター1階アートサロン(文京区春日11621)

入場料:無料(どなたでもご自由にご覧になれます。)

主催:文京区

      

この展示ではこの二人は居住地花巻では実際の交流はなかったが、文芸上では最後に以下の二つの詩で合体するというストーリーが組まれている。高村光太郎の妻の千恵子の死を、死後数年後に回想して光太郎が詠んだ詩「レモン哀歌」が、宮沢賢治が妹トシの死を前にして詠んだ詩「永訣の朝」の影響を強く受けているという解釈である。
    
  このことは今では文芸史上通説なのかも知れないが、小生はそういう発想ができていなかったので「なるほど!」といたく感心した。
 
  賢治の詩「永訣の朝」の直筆のコピーと、光太郎の詩「レモン哀歌」の直筆原稿が展示されている。特に後者の独特のペン字の肉筆が小生には非常に魅力的で印象深かった。蛇足ですが2人の詩を以下に転載しておきます。「ゆき」と「レモン」の箇所を赤字で示しました。


             

永訣の朝 (宮澤賢治)
けふのうちに
とほくへいってしまふわたくしのいもうとよ
みぞれがふっておもてはへんにあかるいのだ
(あめゆじゅとてちてけんじゃ)
うすあかくいっさう陰惨な雲から
みぞれはびちょびちょふってくる
(あめゆじゅとてちてけんじゃ)
青い蓴菜のもやうのついた
これらふたつのかけた陶椀に
おまへがたべるあめゆきをとらうとして
わたくしはまがったてっぽうだまのやうに
このくらいみぞれのなかに飛びだした
   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)
蒼鉛いろの暗い雲から
みぞれはびちょびちょ沈んでくる
ああとし子
死ぬといふいまごろになって
わたくしをいっしゃうあかるくするために
こんなさっぱりした雪のひとわんを
おまへはわたくしにたのんだのだ
ありがたうわたくしのけなげないもうとよ
わたくしもまっすぐにすすんでいくから
   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)
はげしいはげしい熱やあえぎのあひだから
おまへはわたくしにたのんだのだ
 銀河や太陽、気圏などとよばれたせかいの
そらからおちた雪のさいごのひとわんを……
…ふたきれのみかげせきざいに
みぞれはさびしくたまってゐる
わたくしはそのうへにあぶなくたち
雪と水とのまっしろな二相系をたもち
すきとほるつめたい雫にみちた
このつややかな松のえだから
わたくしのやさしいいもうとの
さいごのたべものをもらっていかう
わたしたちがいっしょにそだってきたあひだ
みなれたちゃわんのこの藍のもやうにも
もうけふおまへはわかれてしまふ
Ora Orade Shitori egumo
ほんたうにけふおまへはわかれてしまふ
あああのとざされた病室の
くらいびゃうぶやかやのなかに
やさしくあをじろく燃えてゐる
わたくしのけなげないもうとよ
この雪はどこをえらばうにも
あんまりどこもまっしろなのだ
あんなおそろしいみだれたそらから
このうつくしい雪がきたのだ
   (うまれでくるたて
    こんどはこたにわりやのごとばかりで
    くるしまなあよにうまれてくる)
おまへがたべるこのふたわんのゆき
わたくしはいまこころからいのる
どうかこれが天上のアイスクリームになって
おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすやうに
わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ

    
     

レモン哀歌(高村光太郎)
そんなにもあなたはレモンを待つてゐた
かなしく白くあかるい死の床で
わたしの手からとつた一つのレモン
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ
その数滴の天のものなるレモンの汁は
ぱつとあなたの意識を正常にした
あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ
わたしの手を握るあなたの力の健康さよ
あなたの咽喉(のど)に嵐はあるが
かういふ命の瀬戸ぎはに
智恵子はもとの智恵子となり
生涯の愛を一瞬にかたむけた
それからひと時
昔山巓(さんてん)でしたやうな深呼吸を一つして
あなたの機関はそれなり止まつた
写真の前に挿した桜の花かげに
すずしく光るレモンを今日も置かう

    

     

(森敏)

付記:半ば冗談だが、上記の両者の詩を小生が病理学的に解釈すると以下のようになる。
   
   

  詩から考察するに、死の寸前まで炎症性の熱を持つ賢治の妹トシは、つめたいものを要求する「氷食症」で、これは慢性鉄欠乏性貧血の症状であり、トシは慢性的に栄養欠乏であったと思われる。ほとんど野菜ばかり食べて肉由来の吸収のいい「ヘム鉄」を摂取していなかったのではないか? 熱心な仏教徒である賢治も菜食主義だったので、その後、彼も栄養欠乏、おそらく慢性的な鉄欠乏で結核で若死している。
  
   

  一方、光太郎の妻千恵子は死の寸前は「ビタミンC欠乏」だったのではないか。酸っぱいレモンを丸ごとかじるときは体がビタミンCを要求しているから、レモンがむしろ甘く感じるのである。小生も時々紅茶に入れる薄切りレモンを生かじりすることがあるのでよくわかる。最近は国産(瀬戸田)の天然のレモン汁を瓶ごと買ってきて、それをお湯で薄めてそのまま痛飲している。
        
   偶然だが、小生はずっと鉄欠乏性貧血症なので鉄剤(フェロミア)とビタミンC錠剤を時々同時摂取している。ビタミンCが鉄の腸管吸収を良くするという世界の鉄栄養学会の定説を信じているからである。だから二人の詩を読んで「トシ」と「智恵子」の病理に気がついた。たぶんこの推察は正しいと思う。とにかく少し前までの日本の庶民はほとんどが何らかの栄養欠乏症だったから、病原菌に対する抵抗力が弱く、結核などの感染症にかかって早死にしたので、日本国民の平均年齢が低かったのだから。

      
2016-10-09 06:18 | カテゴリ:未分類

      現在、日本中の水田では、銀色に稲穂が頭を垂れて、収穫が始まっている。この、イネは下葉(したば)もきれいに銀色に枯れあがっている。これはどいうことかといえば、下葉に蓄積されていたミネラル分やタンパク質やデンプンが葉の細胞内で低分子に分解されて、葉の細胞から出て師管に入り、穂に転流して、種子にミネラルやデンプンやタンパクとして蓄積しているのである。このようにして最終的には穂以外は細胞壁成分のみによる「稲わら」になってしまうのである。

 

     この、作物の栄養成長から生殖成長への体制の質的転換のために、農家はいったん水を切ったり(中干し)するショックを与える。そうすると、葉の細胞の「オートファジー(自己消化、自食、貪食とか日本語に訳されている)」が起こるのである。葉の細胞の中では葉緑体やミトコンドリアや最後には核までが、ごっそりと液胞の中に取り込まれて構造が消失される。消失するということは分解酵素によって低分子になり顕微鏡下や電子顕微鏡下でも見えなくなるということである。

    

     低分子にまで分解された化合物は師管を通って、イネの種子に運ばれる。これが転流ということである。1950年代にすでにこの栄養成長から生殖成長へのイネの体制の質的変化の指標として、アスパラギン・テストというのが当時東大農芸化学科植物栄養・肥料学教室で開発されていた(尾崎清ら)。イネの茎の搾汁液をペーパークロマトグラフィーで1次元展開してアミノ酸の発色試薬であるニンヒドリンで定性的にアスパラギンを同定して、それが増えていればイネが登熟期に入ったという生化学的な栄養診断法であった。このアスパラギン(やグルタミン)は一分子中に抱える窒素(N)の数が多いので、N源の運び屋としてほかのアミノ酸より有利なのである。このときのN源は主として、葉の葉緑体の中の光合成機能を担う「Rubisco」というたんぱく質である。

    

     このようにして、根から吸収された窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)などの必須元素は、いったん葉に移行し、葉での光合成に寄与する。葉で炭酸同化した空気中の炭酸ガス由来の炭素(C)とともに、葉の中での機能を終えると、葉が自己消化を起こして、これらの諸元素は、再び新しい次世代組織(種子)に転流されることにより、植物は脈々と次世代に栄養を受け渡ししているのである。
      
  今回大隅良典氏による食用酵母の観察によるノーベル賞受賞が、「オートファジー」の意味を大衆に知らしめた意義は非常に大きいと思う。しかしすでに各所で解説されているように「オートファジー」は単なる「細胞の不要物質の掃除屋」なのではない。「オートファジー」はすべての生物にとって必須の栄養素の輪廻転生のための機能であることを、小生は植物栄養学の立場から強調しておきたい。

   
  実るほど 頭をたれる 稲穂かな 
  
とは、人は年を取るほど謙虚であれ ということらしいが、この現象の背景に潜むイネの栄養生理は、実は「オートファジー」なのである。
                  
  酵母ばかりでなく、高等植物にも学ぶことは非常に多いのである。
          
(森敏)

 

 

 


FC2 Management