2017-09-16 13:08 | カテゴリ:未分類

34度Cの炎天下での作業では15分もすると、意識がもうろうとしてきて、考え事ができなくなってくる。オリンパスのSTYLUSカメラを動画モードにして、じっと水田の水中動物の挙動を1分間ばかり手動で手ぶれしないように撮影するのだが、普段は容易なことが炎天下では手元が揺れて非常に困難である。カメラを右手に持って、水中動物を観察していてベストチャンスがくるとシャッターを押して撮影に取り掛かるのだが、その動作には迅速性を要する。 しかし、田んぼの粘土で長靴の足を取られて、あまり動作が自由でない身には、必然的に小生の体形が変なままカメラを被写体に向けてじっとしているというとになる。この曲がった姿勢の持続は持病の腰痛にとって非常に危険である。

   

それでも我慢して撮影していたら、突然カメラの画像が真っ暗になった。電池は今朝新しく変えたばかりだったのでおかしいなと思っていろいろいじっていたら、「カメラの内部温度が上がって撮影できません」という意味の説明文が突然画面に出てきた。こんなことは、これまでいろいろの会社の、デジカメを使い始めて以来、初めての経験である。炎天下でしばらく待ったが何しろ気温が高いので、なかなかもとに復帰しないので、壊れたかもしれないと撮影を中断した。

   

      そのあと大衆食堂に昼食に出かけた。減量のためにご飯や麺類を控えて肉と豆腐料理を取って、お箸で食べ始めたのだが、なんと!箸を持つ右手の小指と薬指と中指が自然に不随意に掌の内側に曲がって来て箸が自由に操れない! 「すわ!脳梗塞か!?」 と一瞬焦りを感じた。3-4回左手の指で元にほどくことを繰り返すうちに正常に動くようになったのだが。

  

ここ2、3日は炎天下で一応ペットボトルの水やお茶やスイカで水分は供給しながらの野外実験をしていたのだが、久しぶりにアンダーシャツが汗でびっしょりなり、首に巻き付けた手拭いがぐしょぐしょになる汗をかいた。それが、一時車に避難して車のクーラーで体を冷やしているうちに乾くのだが、また外で作業を15分もしないうちにぐっしょり濡れる。こういう経験を久しぶりにした。この間たぶん相当な量の汗が噴き出していたものと思われる。脳の血液もドロドロになって軽い脳梗塞をおこしていたのかもしれない、と思ったのである。

   

後に冷静になって考えてみると、右手のこの3本の指は右手のみでカメラをじっと固定して被写体に向けて構えるときに、頻繁に負荷がかかっていたのだ。それで一時的に右手の3本指に麻痺がおこったのだろうと納得した。
 
  幸いというかカメラの機能は回復した。(このSTYLUSカメラは実に気に入っている。防水機能があるので水中でも使えるようだが、高温の沙漠でも使えるような耐熱性機能は付与されていないようだ。日本の真夏の野外でもこのように支障をきたすぐらいだから、まだアフリカや中近東では売れないだろう。)

   

4日間の調査を終えて、帰りの新幹線に乗り込んだのだが、ぜんぶ荷物をホテルから宅急便で送ってしまったので、Tシャツ一枚で、あった。ちょっと車内冷房が怖かったのと、普段しているマスクをポケットに入れるのを忘れたので、駅のコンビニで急きょ買って、そのマスクをして気管の乾燥をさけて、座席に座り込んだとたんに眠り込んだ。気が付いたら、マスクの右下がぐじょぐじょである。どうやら眠りながらよだれを垂れていたようだ。小生は若いときに左の舌下腺腫瘍で舌下腺を手術で除去しているので普通の人の4分の一唾液の分泌が少ない、その上に年のせいで、何かと「つばき」の出が悪い。よだれが垂れるなんて、久々の経験である。脱水を恐れてかなり水分の補給を怠らなかったので、新幹線の冷気で小便以外にもよだれで体外に水が分泌したと勝手に解釈した。

  
  若いときには脱水で腎臓結石で何度も倒れたことは、以前にも述べた。逆にあまり水を取りすぎると、頻尿とよだれが垂れるとは。。。。厄介な体になってきた。
    
       

(森敏)
付記:知らなかったのだが、人に聞くと、スマ―トフォンでも、電池の温度が上がって「画像が突然消える」ことがあるそうだ。 時々「コンピューターの電池が火を噴いて爆発する」「だから海外経路への航空機へのコンピューターの機内持ち込みは禁止する」というニュースも最近流れたことがあるので、文明の利器もなかなか厄介だ。

追記:この記事を書いた数日後も、以下の記事が載った。

タブレット端末から発火か 東海道新幹線内、けが人なし

朝日デジタル 2017.9.24. 19:48

 24日午後5時45分ごろ、神奈川県東京都との境付近を走行中の東海道新幹線「のぞみ234号」の車内で「テーブルが焦げた」と110番通報があった。東京駅に到着した車内を消防や警察が確認したところ、40代の男性客のタブレット端末が焦げていた。けが人はなかった。警視庁が詳しい原因を調べている。

 丸の内署によると、この新幹線は新大阪発東京行きで、名古屋駅から14号車に乗った男性客のタブレット端末が新横浜駅を過ぎたあたりで発火したが、すぐ消えたとみられるという。

 

2017-09-09 10:30 | カテゴリ:未分類
  

浪江町の空間線量9.5マイクロシーベルトという高放射能汚染地域で、墜落して間もないと思われるシジュウガラの死体を発見した。その、内臓を取り出して、遺体全身と内臓を乾燥させて、それぞれのオートラジオグラフに撮像し、放射能も測定した。
   
   これでツバメ、ヒヨドリ、シジュウガラと、いずれも小鳥は放射能汚染しており、内臓も被ばくもしていることが分かった。
    

        2017/01/10 : ヒヨドリの内部被曝

        2016/03/06 : ツバメの放射能汚染像について

        2015/06/03 : 鳥の放射線被曝について

    シジュウガラの採取と丁寧な解剖は加賀谷雅道カメラマンと桑原隆明博士(茨木キリスト教大学・助教)によるものです。
     
   
スライド1

シジュウガラの全体像(背面) 
 
 
 スライド2
上図の放射線像。左:ネガテイブ像。右:ポジテイブ像
眼球の周り、背筋、などの汚染が強いことがわかる。



 
スライド4
シジュウガラの腹面 (内臓を取り出して圧迫乾燥して、平らにしたもの)
  
 


スライド5
シジュウガラの腹側からのオートラジオグラフ。
羽根の外部被ばくも激しいが、腹部の筋肉や眼球の周りが激しく汚染していることがわかる。

  
  
  
  
  

スライド6

シジュウガラの腹側からのオートラジオグラフ (ネガテイブ画像)
  
  
  



スライド7
シジュウガラの内臓



スライド8
シジュウガラの内臓のオートラジオグラフ (個々の部位の同定はできていない)。

  
       
放射能しじゅうがらjpeg

 シジュウガラの放射能 (ゲルマニウム半導体による検出)。全身よりも内臓の放射性セシウム値が高い。内臓は消化されつつある胃腸の内容物もすこし含まれると思われるが、その寄与率はわからない。
 

 




   

(森敏)
2017-08-29 13:47 | カテゴリ:未分類

      以下は浪江町の高放射能汚染地域の森林内のフジの木の下に生えていたフジの実生の放射能汚染である。ほとんどが、内部被ばくのみである(図2、図3)。やはり他の双子葉植物と同様に新芽が強く放射性セシウム汚染していることが見て取れる(表1)。




 
 


 
スライド3 
 図1.フジの幼木
 

 
 
スライド12.図1 の放射線像。新芽が濃い。右下の濃い汚染は、根を切り取った時の残根部で、汚染土が少しついているためである。 

 
 
 
 
スライド2 図3.図2のネガテイブ画像。

         
     
 
 表1。 フジの幼木の放射能 図1の植物を解体して測定したもの。
 
フジの幼木jpeg 
     

        
 
 

(森敏)

付記:

これまでにオートラジオグラフを撮像してきた経験から、フジの成木は放射能が低いという先入観があったのだが、このように実生からのものは放射能が高い場合があるようだ。種子から発芽・発根して、養分を吸い始めるときに、根が放射能を含んだ土壌の表層の落葉などが分解しつつある有機物層から吸収するときに、そこから溶出される可溶性の高濃度の放射性セシウムを吸収するためではないかと考えられる。


2017-08-20 14:43 | カテゴリ:未分類

  2016年の春に、飯舘村飯樋地区の民家の庭に立派なマツがあった。それが花粉を飛ばしている最中であった。そこで指ではたいて100 mgばかり花粉を採取した(表1)。その後何本かの新芽を採取した(図1)。それをオートラジオグラフに撮像した(図4、 図5)。そのあと組織を解体して部位ごとの放射能を測定した(表1)。新芽の先端の生長しつつあるところが予想外に感光し(図4)、花粉を飛ばしていた小さな雄果(図2、図3)もわずかに感光して撮像できた(表1)。採取した花粉は細胞があまりに小さい上に放射能が低すぎて(表1)、撮像できなかった。全体として外部被ばくはほとんど観測されていない(図4)。この新芽の先端の濃縮されたような積極的な内部被ばくは2011年3月福島第一原発爆発初期に流れてきた放射性プルームで濃厚に放射能被爆した樹皮や、その後にそこその樹皮から樹体内組織に移行してどこかに残量している放射性セシウムが転流してきたものか、放射能汚染土壌の可溶性セシウムが根から直接吸収移行してきたもと思われる。住民が住んでいなかったので確かめられなかったのだが、この松のある庭の土壌はすでに除染されていたようにみうけられた。


    
   

スライド1 

図1.民家のマツの新芽の部分(オートラジオグラフの邪魔になるので基部についていた雌果は除いてある)

 
 

 スライド2
図2.図1の新芽の拡大図 
 

 
スライド3 
図3.図1の新芽をふるって落ちてきた雄果 
 
 
 
スライド4 
図4.図1のオートラジオグラフ。わずかにみられる2つの黒点は外部被ばく。 
 
 

スライド5
  
図5.図2の部位に相当する図4の局部の拡大図.でこぼこしているのが雄果。 
 
  
 
 
スライド6 
図6.図4のネガテイブ画像
 
 
 
表1.マツの新芽の放射能
    
jぺgsaishinnマツの新芽の放射能  
 


(森敏)
 

 
 
 
 
2017-08-15 11:29 | カテゴリ:未分類

   

ガラケー携帯電話の着信音が鳴らなくなった。これでは仕事に差し支えるので、DoCoMoショップに行くと、「電池はあるが、音声を出す内部回路が壊れている」というご託宣だった。1か月前に、携帯用充電器と、どこかに無くした充電用電源をこのDoCoMoショップで購入したばかりだったのに。「もうこのガラケー型は在庫がない」という常套手段の業者の策略にはまって、仕方なく「ガラホ」というやつを買わされた。これでDoCoMoで買わされた携帯電話は4つ目である。「ガラホ」からはメールなどの機能を全部取っ払って電話だけにしてもらったつもりなのだが、購入してイロイロいじっていると、まだいっぱい機能がONにされていたのでそれらも全部OFFにした。待機電力浪費による電池の持ちが心配だったからである。
    
  ただし、歩数計が内蔵されていたのでこれだけはONにして「ガラホ」の画面に出しておいた。この「ガラホ」をジーパンのポケットに入れて時々覗くのだが、コンピューターに向かって座学ばかりやっていると一向に歩数が進まないことを改めて確認した。最近減量のためになにかと努力をしていたつもりだったのだが、いっこうに下腹の筋肉のタブタブがへっこまない。テレビの健康番組によるとコンピューターの合間に息抜きに食べる「甘いもの」が体重が落ちない諸悪の根源なのだ。

     

  体重が落ちないとどういうことになるかというと、必然的に腰痛の危険性が高まる。小生は若いときから腰痛の常習犯だったのだが、最近はとみに脊柱の椎間盤ばかりでなく、大たい骨の骨盤の付け根や、ひざのお皿のあたりに鬱屈感の自覚症状がある。時々杖を使うと歩行が楽になるのは困ったものだ。急速にあちこちの関節の老化が進んでいることを実感している。実は去る5月上旬に、奇形タンポポの現地調査を一人でしていて、カメラで撮影しようとして、斜めの姿勢になったとたんに、右脚の付け根がギクッとして、激痛でその場で倒れてしまった。偶然通りがかった車いすのおじいさんに携帯電話で救急車を呼んでもらって、病院に運ばれたのだった。

     

  8月の上旬はむちゃくちゃ東京が暑くなりそうだったので、某旅行社のクラブツーリズムをあらかじめ予約しておいた。それに参加して長野県の某所に1週間滞在した。ところが、この、周辺を2000メートル級の山に囲まれた場所は、滞在中はほとんど東京と同じ気温で、がっかりだった。長野県は軽井沢以外は夏でも気温が高いのだということをすっかり忘れていたのだ。それでも空気は何となくきれいだったので、毎日ホテルからバスで遠方に出るツアー企画には参加せずに、毎日ホテルの周辺を2-3時間散歩して減量に努めた。長時間のバスによる上下振動はとても腰痛には悪いのだ。

  散歩道の途中にあった登山用具の専門店で登山者用の伸縮自在の雪山用の杖を売っていたのでそれを衝動買いして、それを突いて歩いたら、なかなか快適だった。それでも山道をゆっくり3時間歩いて6000歩も歩数を稼げない。そこで、ホテルでは室内でテレビや時々コンピューターに向かいながら足踏みを繰り返して毎日13000歩までをこなした。昔、腰のベルトに着ける歩数計は感度が悪くて激しく歩かないと、ときどき歩数を数えてくれなかったのだが、この「ガラホ」の歩数計はなかなか感度がよろしいようで、ゆっくり歩いても歩数を数えてくれるのが気に入った。だから13000歩も歩いたといっても、昔の歩数計では10000歩ぐらいのものだろう。しかし、少しの振動でもサクサクと数えてくれるのは、努力のしがいがあるようでなかなか気分が良かった。

 

  滞在したホテルには塩水温泉があり、露天風呂もあったので、そこで毎日一時間以上入ったり出たりしながら過ごした。露天風呂はホテルのまわりの芝生や、水田のあぜ道の雑草を刈っていたようでその枯草のにおいが緩やかな冷気とともに流れ込んできてなかなか良かった。青葉アルコールの匂いだろう。心地よいかったるい気分で裸でベンチで眠りこけそうになった。湯上りに体重を測ると確実に減量していた。(7日間の滞在で1.5kg減量したことが分かった。)

 

  しかし、ホテルで階段を上がるときに何となく、普段よりも両足がだるいと感じた。その原因を考えてみた。よく言われるように、減量のために糖質摂取を減らす場合は、その分だけタンパク質を多く摂取しなければならない。そうしないと自分の筋肉たんぱく質が分解して、アミノ酸になりそれから「グルタミン酸やアラニンなどを通じてTCAサイクルを回してATPを生産する」という非能率なエネルギー生産代謝に切り替わるので「筋力が低下する」。

 

  だから、ホテルに滞在中は減量のためにパンやご飯や大好きなケーキなどの糖質を控えて、その一方で極力「肉」を多く摂取することを心掛けたのだった。ところが、このホテルはツアー代金が安いだけあってか、朝夕のバイキングに牛肉が一片も出なかったのには驚いた。山菜など野菜類の品ぞろえはとても豊富なのだが、肉といえば鶏肉か豚肉か一切れの魚肉である。いくら頑張っても一日平均で必要量といわれている80gのたんぱく質を摂れたかどうかも怪しいと思った。

 

  東京に帰ってきても、今のところ「ガラホ」の歩数計で一日13000歩をキープしている。歩数が足りないと就寝前に30分以上の足踏み動作を繰り返してしなくてはならない。普段から脊柱管狭窄で足裏がざらざらしているのが足踏みすると一層熱を持ってくるので不快である。体重は確実に減ってきたが、なかなか今の減量レベルを恒常的に維持するのはむつかしいものだと実感している。これは我が人生で数回目の減量への挑戦である。
  
(森敏)
付記:上記の旅行中にホテルのロビーで読んだ朝日新聞の文化欄に、経済アナリストの森永卓郎さん(独協大学教授)が 肉食考(3)として「知恵使えば 安くおいしく」という随筆を書いていた。

:::平日は仕事場に泊まり込んで自炊しているんですが、穀物をバンバン食べていた時代には,一週間(5日分)の食費が約1000円でした。今は、肉、魚、豆腐や葉物野菜を主に食べていますが、それでも1200円ぐらいですんでいる。工夫さえすれば、一日三食約250円で、肉は十分に食べられます。:::

 

そのあとに森永さんが実際に倹約した買い物の技法が縷々開示されております。 上記はちょっと信じがたい食費の額ですが、いつかテレビで見た最近の彼の裸体は筋力を落とさないでダイエットに成功しているように見えます。実践経済学者の面目躍如ですね。

 
追記:本日朝7時半ごろテレビで見た森永さんのソファーへのすわり姿は、黒いベストを着ているのであまり判然としなかったのだが、おなかが少しだぶりバラのようであり、顔がふっくらしており、体重がリバウンドしているように見受けられた。テレビなんかに出ると、たぶん外食になるだろうから、節制はなかなかむつかしいだろう。



FC2 Management