fc2ブログ

WINEPブログ内で「 日本 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2024-02-07 15:12 | カテゴリ:未分類
今週号の週刊誌「AERA」が「叱れない社会」という特集をやっている。
  
新聞でこの週刊誌のタイトルを見て、わが人生で「叱られた」経験の記憶を思い出してみたら、なぜか、たった一つしか思い出せなかった。それが以下の60年前の話である。
  
大学院修士課程のときに、東京大学植物栄養肥料学研究室の三井進午教授が日本学士院賞の受賞が決定した。6月に天皇陛下の前での発表と身内での祝賀会があるというので研究室がなぜか湧きたっていた。
  
ある時教授室から出てきた三井先生に「祝賀会には背広で参加しなければいけませんか?」と質問したところ、先生が珍しく怖い顔で「君、背広の一着ぐらい持っておらんのかね?!」とにらみつけられた。
  
それで震えあがって、夏休みに急いで芦屋に帰って、このことを母に告げると、母はすぐに大阪の道頓堀の呉服店に小生を連れて行って採寸させて、わが人生初の背広を仕立てさせた。
  
祝宴会に間に合って、胸をなでおろした。。。。。。。という顛末が今でも強烈だ。
  
これ以外は、わが人生で「叱られた」経験も、「怒られた」経験もない。対人関係に鈍感だったからだろうか。都合の悪いことはすぐ忘れる健忘症だったからかもしれない。
  
別件だが、
灘高校では「𠮟られた」経験はなく、英数国の教師から3年間ずっと「嫌がらせ」(いまでいう「いじめ」)を受けた経験が満載である。小生自身が教師をものとも思っていなかった(たぶん今でいう「発達障害児」だった?)ので、なんとか耐えたのだと思う。

現在YouTubeで灘高卒業生がしきりに発信している「雷獣チャンネル」を時々見るのだが、今の灘高は小生のころと隔世の感があるようだ。 生徒たちは十分すぎるほどに自由を謳歌しているようだ。
2024-01-30 14:31 | カテゴリ:未分類
加藤崇(Whole Earth Foundation(WEF、全地球財団)CEO)が文藝春秋新年号で、

既成の教育は吹き飛んだ というタイトルで、以下のように断定的にのべている(部分抜粋です)
  
「ChatGPT」の登場によって、「情報を整理し、伝達する能力」が社会の中で相対的に果たす役割は、いま終わりを迎えている。::::::「知識を覚えることの意味が社会から消滅した。:::::::ChatGTPによって黒板にチョークでひたすら板書する教師たちの仕事は、すでに消滅している。消滅していないと思っているのは、本人たちだけかもしれない。:::::
   
これを読んで当然出てくる疑問は、ではChatGPT以降の小、中、高の学校教育での教師たちは、これからの教育目標を、何に向かって、何を、生徒たちに教えるべきか? また、生徒たちは、何をどう教師から学ぶべきか?という疑問にただちにぶつかるだろう。

小生は小中校教育にはド素人だが、すでに日本を含めた先進各国の教育の現場では以上のようなことは、改革に向けて懸命に取り組まれ始めているものと推測する。改革は早ければ早いほどいいだろう。AIの発展が予想できないぐらい加速度的だからである。

AIは「知能」のレベルが人間を驚異的に凌駕するが、今のところ「意識」を持たないといわれている。だから私見では、コンピューターサイエンテイストにとっても未だ漠然としていて定義が定かでない「意識」なるものを強化する教育が、小中高教育では求められる物の一つではないかと思う。

ここで、論理の飛躍をあえて許してもらえれば、
たとえば同じ新年号の文藝春秋での巻頭随筆で藤原正彦氏は

「懐かしさ」は「もののあわれ」などと並び有限な人生に付随する情緒で、AIがどんなに発達しても持ちえない人間のもっとも高尚な情緒の一つと思う」
と述べている。これは間違いない指摘だと思う。

高尚な情緒を磨くことは、人生の豊かさの根源だろう。

ここでまた論理の飛躍をすると、現在NHKで放映されているテレビドラマ「光る君へ」は平安時代の美意識を「意識」する契機になると思われるが、さて今後物語がどのように展開するのか。。。

これまで3回の視聴では、物語の登場人物の名前や官位の解説が無いのでとても理解ができていない。次回から小生は他のユーチューブチャンネルで、人物の系譜を勉強しながら視聴することにしている。


  
  
(森敏)

後記:昨日(2月11日)のテレビドラマ「光る君へ」の,道隆が主宰する歌会では、4人の有名な歌人(藤原公任、藤原斉信、藤原元輔、藤原道長)の漢詩が紫式部の父である藤原為時によって朗々と詠まれ、紫式部と清少納言が列席するという場面が紹介された。実際には歴史上ありえなかった人物構成だったが、実に優雅な平安朝の雰囲気を出していた。見終わって我ながら感嘆したので、テレビに向かって拍手をしてしまった。(単細胞ですね)
2024-01-08 17:50 | カテゴリ:未分類
スライド2
傳通院山門 数年前に建て替えられた

スライド1
傳通院本殿

プレゼンテーション1
「於大の方の墓」



  大河ドラマ「どうする家康」が終わったということで、その全番組を見届けた女房が、傳通院に久しぶりに行ってみよう、というので付き合った。小生は高校で日本史を専攻したが、女房はあまり詳しくは学ばなかったようである。しかしドラマ「どうする家康」で小生よりも江戸時代の歴史は詳しくなったようである。

  墓地の一番高いところにある家康の母「於大の方の墓」にはこじんまりと花が添えられていたが、大阪城落城時に切腹した豊臣秀頼の妻「千姫の墓」にはなぜか榊(さかき)が添えられていた。千姫の墓は四方の周辺にびっしりと水仙が植えられていたので、2週間後ぐらいに水仙が満開の時に来たらさぞ見事だろうと思った。

  11代将軍家斉側室○○姫の墓、△△姫の墓、□□の姫の墓などいうのが20基ぐらいあった。
「(将軍様も)忙しいこっちゃ!」
と女房が言ったので、思わず大笑いしてしまった。
(家に帰ってWikipediaで調べると、家斉には40人の側室がおり55人の子供を授かったとあった。なんという精力絶倫な将軍だったことか。)

  10年前と比べて傳通院の墓地の一部が新しく整地されていたので、新しく売りに出すものと推察した。実際、わずかに50センチ四方の新しいてかてかの墓が数十基、関係者が正月に参拝に来たのか、新鮮な花が添えられていた。

  歴史ある古刹と云えどもあちこちの周辺の土地を時々切り売りしなければ、お寺自身を維持できなくなっているものと下賤の民は推察した。

  ところで、昨晩からNHK大河ドラマ「光る君へ」という「紫式部」の生涯が始まった。日本の歴史を読めば、いずこの時代も天皇の妃や側室に、自らの近縁子女を送り込んで子供を産ませ次期天皇にすることが公達(きんだつ)の出世の最良の手段であったことが分かる。このドラマはそのどろどろの宮廷世界を描いて見せるのだろう。
 
  小生は源氏物語を高校の古参の国語の教師に古文の副読本で読まされながら「うんざり」してしまった。その後田辺聖子の訳本でよんだが、まったく退屈だった。今回はそんなたいくつな宮廷描写をドラマチックに描いて見せてくれるものと期待している。早くも第1回目から、紫式部の幼年期に母が殺害されるという波乱含みの展開である。
   
   
(森敏)
2024-01-08 15:16 | カテゴリ:未分類
  狂犬プーチンがウクライナの首都キーウを数十発の北朝鮮製(?)のミサイルで総攻撃するさなかに、日本の上川外相は新春早々キーウ入りして、ジェレンスキー首相やクレバ外相と会談して、日本からの支援を約束している。現在アメリカやEUがウクライナに対する支援疲れのムードを醸している。そんな中で、上川外相の大変な危険を冒してでのウクライナ訪問は、高く評価すべきだと思う。女傑だね。
   
この件は、下記の記事のように、「ロイター」は報じているが、日本のマスコミは、能登半島地震に振り回されているためか、一切報道していない。 実に残念なことだ。 
    
上川外相がキーウ訪問、NATO基金に3700万ドル拠出表明
Pavel Polityuk
2024年1月8日午前 10:29

[キーウ 7日 ロイター] - 上川陽子外相は7日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問し、ゼレンスキー大統領やクレバ外相と会談した。ロシアの攻撃を受けるウクライナを支援するため、北大西洋条約機構(NATO)の信託基金に3700万ドルを拠出し対無人航空機検知システムなどを供与すると表明した。
可動式ガスタービン発電機5基と変圧器7基の供与についても明らかにした。
上川氏はロシアが年末年始もウクライナ各地でミサイルや無人機による威嚇や攻撃を続けていると非難。日本はウクライナに平和が戻るよう支援を続ける決意だと表明した。
ゼレンスキー氏は1日に起きた能登半島地震の犠牲者に哀悼の意を表したほか、日本が主要7カ国(G7)議長国だった2023年にウクライナとの関係を高めたとして岸田文雄首相に謝意を示した。
クレバ氏は同盟諸国へのウクライナの要請に言及。「ウクライナが航空機だけでなく、とりわけ防空システムを必要としていることを伝えた」と述べた。



(森敏)
追記:その後1月9日の読売ネットニュースでは、以下のようにより詳細の報じられた。読売新聞の随行記者は女性のようである。なかなか勇気があるね!全国各紙も報じたようだ。
 
虐殺の説明受けた上川外相、目に涙を浮かべ「支えていきます」…ウクライナで支援継続を強調
読売新聞 によるストーリー • 21 時間

 【キーウ=工藤彩香】上川外相がウクライナを訪問したのは、ロシアによるウクライナ侵略の長期化で欧米の「支援疲れ」が指摘される中、強力なウクライナ支援を継続する姿勢を内外に示す狙いがある。2月19日に東京で開く「日ウクライナ経済復興推進会議」にも生かしたい考えだ。
 上川氏はポーランドから列車で約10時間かけ、7日朝(日本時間7日午後)、キーウ近郊のブチャに到着した。ブチャでは、虐殺された民間人の集団埋葬地となった教会裏の慰霊碑に黙とうをささげ、教会内では、虐殺の惨状について説明を受けた。視察に同行した地元自治体幹部の男性には、目にうっすら涙を浮かべながら「寒いと思いますけど、みんなで支えていきます」と声をかけた。
 キーウでは昨年末以降、ロシア軍によるミサイル攻撃が激化している。この日も断続的に空襲警報が鳴り、共同記者発表は「弾道ミサイル攻撃の恐れがある」として、ウクライナ外務省の地下シェルターに会場を変更して行われた。
 緊迫した状況下でもキーウ訪問に踏み切ったのは、国際的な関心が中東情勢に移りつつある現状について、「ウクライナ支援での日本の存在感を示す好機でもある」(日本外務省幹部)との見方があるためだ。
 2022年2月の侵略開始後、日本は総額76億ドルのウクライナ支援を表明し、昨年12月の先進7か国(G7)首脳テレビ会議では、岸田首相が45億ドル規模の追加支援を打ち出した。昨年5月に広島市で開かれたG7首脳会議(サミット)にはゼレンスキー大統領を招き、支援継続を明記した声明を採択した。ウクライナのクレバ外相はこの日の会談で、日本が昨年G7議長国として果たした役割について「非常に高く評価している」と謝意を示した。
 一方、日本からの軍事支援には限界があり、直接的な装備品の供与は、自衛隊の防弾チョッキなどにとどまっている。政府は昨年12月、防衛装備移転3原則と運用指針を改定し、侵略を受けている国に対する殺傷能力のない装備の輸出を拡充した。今回、上川氏が表明した対無人航空機(ドローン)検知システムのための北大西洋条約機構(NATO)への資金拠出は、直接的な輸出ではないものの、間接的な軍事支援を強化する目的がある。
 来月の経済復興推進会議では、日本企業のウクライナへの投資を促進することを目指しており、政府は今後、官民を挙げて、日本が強みを持つ復旧・復興支援にも力を入れる。

2024-01-04 22:46 | カテゴリ:未分類
  ご高齢の某先生から
「満○○歳になり 心身の老化を自覚せざるを得ませんが 
皆様からのお便りを頂くことは嬉しいので
賀状の交換は今しばらく続けさせていただきたいと思っております」

という年賀状を頂いた。

  実は小生は、毎年すこしずつ年賀状を減らしてきて、今年こそは年賀状を全部やめよう、と思って、年末には一切出さなかったのだ。しかし今年は、元旦に上記某先生の年賀状を頂いて、思い直すことにした。そういうわけで、新年にいただいた年賀状には全部手書きで細かい返事を出した。相手への宛名がきはまちがえてばかりになってきたので、全部女房にやってもらっているざまなのだが。

  改めて思ったのだが相手に自身の生存確認を発信するためにも、年賀状は今でもよい習慣だと言えるのではないだろうか。
一時流行ったメールでやり取りする新年の挨拶は実に味気ないと思う。

  死ぬまで毎年年賀状を発信して、死んだら喪中ハガキを身内から発信してもらえばいいのだ。

  ある時期から年賀状が来なくなった知人や、過去に何人か年賀状を出しませんと宣言した知人が、今まだ生きているかどうか確認するのも気が引けるので、そのままになっている。

  今さらながらの感想ですが、昨今は何でも省略合理化するのは、ぎすぎすした潤いのない世相になっていっているように感じます。

  年賀状に添えられた写真や、干支(えと)の独創的な版画や挿絵などは、日本独特の維持すべき文化ですよね。
  
(森敏)


追記:先日、2人いる同姓の某君に間違って携帯電話をしてしまった。NTTDOCOMOの応答は「この電話は現在使われておりません」ということであった。10年以上前から病床に伏していて、ある時から年賀状が絶えていた。亡くなったのかもしれない。喪中はがきは来ていないのだが。
もう一人の某君は現在病床に付していて、時々連絡を取っている(1月24日記)
FC2 Management