FC2ブログ
2019-07-09 14:28 | カテゴリ:未分類

逐次の転載情報です。是非追記までお読みください。
      

   
中国、ネット浄化作戦の開始を公表 ウェブサイト遮断相次ぐ

[北京 12日 ロイター] - 中国国営の新華社は12日、中国政府がインターネットを浄化する取り組みを開始したと報じた。中国当局は最近相次いで外国メディアのウェブサイトを遮断し、国内ソーシャル・メディアのアカウントも閉鎖している。

 

 6月12日、中国国営の新華社は、中国政府がインターネットを浄化する取り組みを開始したと報じた。

新華社によると、中国のインターネット規制当局、工業情報省、公安当局、市場規制当局は5月に「整治(矯正)工作」を開始しており、年末まで続く見通し。

具体的には、「違法で犯罪的な行為」や安全対策義務の違反、個人情報の窃盗を理由にウェブサイトの名前を公表したり制裁を科すといった対応を取るとした。

中国では前週末からワシントン・ポスト紙や英ガーディアン紙など複数の海外メディアのサイトが閲覧不能になっている。ロイターも以前からサイトが遮断されている。

中国の有力金融ニュースサイト「wallstreetcn.com」は10日、当局の要請により、同社のウェブサイトとアプリを削除したと発表。具体的な理由については明らかにしていないが「関連法規を厳格に順守して矯正の義務を果たす」としている。

また、ソーシャルメディア上では政治的にデリケートな問題や金融ニュースを取り扱うアカウントが相次いで閉鎖されている。

当局は昨年11月、ソーシャルメディアの独立系ニュースアカウント9800件を削除したことを明らかにしている。 :::



     

(森敏)
付記:
日本にいる中国人留学生は自分のネットやスマホでどんどん情報盲目にさせられている中国の友人や家族に、真実の情報を伝えてほしい。これは来日留学生の義務の一つだろう。
彼らの日本から本国へのネット情報は逐一監視されている様ではあるが。。。。。

例えば、以下の本日の香港での学生や市民の街頭行動情報なども、中国大陸本国の民には、大陸の共産党支配下のマスメデイアによっては決して伝えられないだろう。


(私見では、まだまだ予断は許さないが、これは歴史に残る「香港市民革命」といってもよいぐらいの香港市民による大衆運動の勝利である。これは直近の街頭での大衆運動で、フランスのマクロン政権を政策変更に追い込んだ「黄色いベスト」運動に次ぐ勝利であろう。)
     

香港=益満雄一郎 2019791318分 朝日新聞

香港の行政長官「改正案は死んだ」抗議活動終息狙う

 香港政府の「逃亡犯条例」改正案に抗議活動が続いている問題で、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は9日に記者会見し、「改正案は死んだ。改正作業は完全に失敗した」と語った。林鄭氏は条例改正に向けた作業を停止し、改正案が廃案になることを受け入れると表明していたが、より強い表現を用いることで抗議活動を収束させたい考えとみられる。

 一方、市民らは改正案の「完全撤回」を求めており、これで納得するかは見通せない。林鄭氏は自身の辞任や一連の抗議活動で拘束された学生らの釈放については改めて拒否した。

 

追記1:

香港デモ「遺志継ぎ戦い抜く」自殺女性の友人語る

(2019.7.12.朝日新聞朝刊)

 という記事の中で、香港から朝日新聞の益満雄勇一郎記者が、香港デモに参加して自殺した「麦」なる女性が

真の普通選挙で選ばれていない政府は市民の訴えには応じない  香港には革命が必要だ」という遺書を残していたことを紹介している。
   
私見では、日本のマスコミ報道ではこの(香港デモの)記事で初めて香港革命なる文字が登場したと思う。

中国の天安門事件の時のように、大陸の共産党権力の軍の戦車が出動して学生運動の叩き潰し にかかるまで、香港の市民運動が発展するかどうか目を離せない。
   
1956年のハンガリー動乱時に、ソ連が戦車で2回にわたって、大衆殺戮したことが思い出される。歴史は繰り返すか。
  
追記2:
実は日本でもこの香港の記事の報道量が、日々少なくなっているような気がする。日本のマスコミの中国への忖度が始まっているのではないか。情けない。と思っていたら、日経新聞に以下の記事が載った。

2019/7/13 20:59 日本経済新聞

香港でまた抗議デモ  新界地区 警官隊と衝突
記事保存【香港=木原雄士】香港北部の新界地区・上水で13日、「逃亡犯条例」改正案に反対するデモがあり、終了後に一部の参加者と警察が衝突した。けが人も出ているもようだ。林鄭月娥行政長官は9日に「条例案は死んだ」と表明したが、一部の激しい抗議が続いている。14日も別の場所でデモが予定されており、混乱が続く恐れがある。

デモ終了後、一部の参加者と警官隊が衝突した(13日、香港)=ロイター

デモがあった上水は広東省深圳に近く、中国本土の業者が転売目的で日用品を大量に買いあさり、地元住民の抗議がたびたび起きている。デモ参加者は条例改正案の完全撤回のほか、転売業者の取り締まり強化も求めた。主催者発表で約3万人が参加した。

デモ終了後、若者らは道路を占拠して、催涙スプレーで排除しようとした警官隊に傘を投げつけるなどして抵抗した。最近の抗議活動では警察との衝突が頻発しており、観光などへの影響を懸念する声があがっている。

追記3:以下は共同通信発です。世界への発信、頑張ってますね。
「逃亡犯条例」改正案の完全撤回などを求め、香港・新界地区でデモ行進する人たち=7月14日(共同)
プレゼンテーション1 

 

 【香港共同】香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の完全撤回を求める大規模デモが14日、本土と隣接する香港・新界地区で初めて行われ、主催者発表で115千人(警察発表は28千人)が参加した。警官隊は同日夜、車道を占拠していた若者らを強制排除。ショッピングモールに逃げ込んだ若者と衝突し、一部を拘束した。負傷者も出た。

 香港島の立法会(議会)周辺で行われていたデモは、今月に入り九竜地区などに拡大し、若者と警官隊の衝突も頻発。改正案反対派は今後、各地でデモを行う予定で、運動は長期化しそうだ。
 
はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

新規会員登録

ログイン

Evernote保存

ご利用には会員登録が必

ログイン

共有

文字サイズ

javascript:void(0)javascript:void(0)

javascript:void(0)javascript:void(0)

javascript:void(0)javascript:void(0)


日経の記事利用サービス

2019-04-18 18:09 | カテゴリ:未分類

      訓練中のステルス戦闘機(F35A)が墜落して、まだ機体と操縦士が発見されていない。重要なボイスレコーダーも発見されていない。新軍用機の性能チェック練習中の墜落事故としては原因究明ができない、決してあってはならない異常事態ではないだろうか?

    

      ところでアメリカから購入するこの戦闘機の1機の値段が116億円ということである。現在までに、15機が購入されており、12機が待機中であり、向こう何年間かで全部で105機の購入が予定されているとか。トランプ政権の恫喝に屈しての事であろう。

    

      この戦闘機の総購入金額は単純計算で 116億円x105機=1兆2180億円 となる。アメリカから購入する飛行機の予算はいつも不透明で毎年バブル化していくので、おそらくこの予算では済まないだろう(と、悔しいことに、マスコミに何度もあおられているうちに、小生も含めて国民は「防衛予算」に関しては、いつもこういう思考回路に慣れさせられている)。

    

      このように総金額を知ると、「本当に日本の教育や科学技術予算は大丈夫かね」と、腹の底から怒りがこみあげてくる。

      

      日本のすべてのノーベル賞学者達が口を酸っぱくして、若手研究者の養成や長期的な基礎研究への国家予算の投資を呼び掛けているが、現政権は、いまだに馬耳東風であるとしか小生には思えない。実際少なくとも自然科学系の研究者の実感では、中国の躍進は本物で、すべての科学技術分野で、日本が後塵を拝することになるのも今や時間の問題である。政治家はそれが全く分かっていない。自民党議員ばかりでなく、「一番でなきゃいけないんですか?」という国会議員に代表されるように野党議員も五十歩百歩であろう。総じて熾烈な学問の世界での争いを経験してきたうえでの理系出自の国会議員があまりのも少ないからである。

   

      翻って、4年生の国立大学生一人を卒業させるまでに国家が投資する金額は約500万円ということである。実は入学金や授業料約250万円などの自己負担金を差し引くと国立大学生の卒業までの「人材養成費」としては実質わずかに150万円ぐらいしか国からは投入されていない。

   

      ステルス戦闘機105機を購入する代わりに、その分を、国立大学の入学金と授業料免除などで実質的に250万円を国が無償で提供するとなると、単純計算で48万7200人の学生を自己負担ゼロにできる金額である。

   

      戦争のための予算と、未来の人材育成のための予算と、どちらが肝心か、未来のある若い人なら誰しも後者に賛成するだろう。悲惨な戦争体験や戦後の食糧難を体験していない、思考が擦り切れた観念論者のみが戦闘機の方を支持するだろう。

 

      以上のような議論は、これまでも飽きるほどなされてきた。ステレオタイプの議論だと言われようと、小生は何度でも言いたい。いや何度でも言わなければならないと、人生終末期の最近は強く感じている。未来の人材育成と基礎科学振興にしか日本の未来はないと。

 

 

(森敏)

付記:本日、尊敬する農芸化学の大先輩である森謙治東大名誉教授【学士院会員】の訃報を聞いた。にわかには信じがたい。
    
追記:その後、2019年5月10日の朝6時25分のNHKニュースでは、アナウンサーが何の弁明もなく、さりげなく、このステルス戦闘機(F35A)の購入予定機数を147機!と解説していた。まことにサブリミナルな姑息で汚らしい「NHKと防衛省との連係プレー」である。

 

 

 

 

2018-12-03 14:34 | カテゴリ:未分類

中国人留学生スパイの実態=元中国外交官

201843

シェア
駐シドニー中国領事館元外交官・陳用林氏よれば、中国の在外公館(大使館・領事館)は、中国人留学生を操りスパイ活動を行わせ、海外の反体制派活動家を監視し、妨害活動を行っている。

2007
6月、大紀元の取材に応じた陳氏は、各国の大使館は、スパイ活動に従事する中国人留学生のすべての必要経費を援助していることを明らかにした。陳氏は20055月、家族と亡命を申請し、オーストラリア政府より保護ビザを得た。

中国の在外公館の留学生および留学生団体を操る手法について、陳氏は次のように詳しく説明した。

(1)
留学生が行う各活動にかかる経費を援助する
(2)
留学生が帰国し就職したい場合、本人が海外留学時、海外にいるときも祖国を愛し、共産党を愛する者であることを証明する在外公館の推薦書を与える
(3)
中国教育部は中国人留学生奨学金を開設し、在外公館の指示で動く中国人留学生の活動費用を与えている
(4)
国内の各種公演グループの海外公演を行うときに、招待券を配布し、またはその祝宴パーティーなどに招待する

情報筋によると、在外中国大使館には、各国にいる中国人留学生親睦会のリーダーをスパイ工作に就かせる専門の担当者がおり、学生によるスパイ工作を画策しているという。いっぽう、経費の援助項目についてはさまざまだが、表向きに公開した活動経費もあれば、学生個人の口座に直接入金することもあるという。また、卒業後、それぞれ滞在する国の主要な学術機関に就職する機会を与えることもある。

さらに、中国はここ10年間、米国の多くの大学に対して、膨大な「研究費」を提供しているが、これらの研究プロジェクトに「スパイ」を配置しているという。こうしたスパイは、上述した留学生親睦会の主席リストから選ばれた者であるという。

陳氏は、米国本部の中国語衛星テレビチャンネル「新唐人テレビ」主催の舞踊コンクール「世界中国舞踊大会」を、留学生が妨害した例をあげた。同大会はニューヨーク大学(NYU)を会場とする予定だが、同大学の中国人留学生や学者の親睦会「ニューヨーク大学中国人文化クラブ」がこのほど、同大会開催反対の声明を出した。

「声明を出した同クラブは、実質上、駐ニューヨーク中国総領事館教育部が支援して設立した団体。教育部の主な仕事は、海外の中国人留学生を監視し、中共政権にとって不利益である団体および人物をかく乱させ、中共側に協力させること。言い換えれば、中共機関の海外拠点である」と指摘した。

陳氏によると、同様の親睦会は、豪州および世界各地の大学に存在しており、海外の民主運動活動家や法輪功およびその他の中共政権に批判的な、反体制派の人物などの大学での活動を監視し、入手した情報をいち早く、駐海外中共領事館・大使館へ報告することだという。

同氏はまた、中国大使館は、反体制派の活動に留学生を出席させ、収集した資料および情報を報告書として提出させるという作業の流れを明らかにした。

(大紀元編集部)

  

       

以上は10年前の中国の外交官の話の記事である。小生の東大在籍時代の感想が、「やはりそうだったんだ」と、この文章を読んで、かなり納得がいった。爾来中国共産党政権が変わっているわけではないので、今でも中国政府の留学生に対する基本方針は大きくは変わっていないと思われる。

   

ネットで調べると、東京大学には、平成29年現在にはなんと2077(全留学生の52%)もの中国人留学生がいる。彼らは、楽しそうで日本での学園生活を謳歌しているように見える。

 

1960年代は日中国交回復がまだなかったので、東大には台湾やタイやインドネシアや韓国人の留学生が多かった。その中でも独裁政権下の台湾や韓国の留学生は、小生があえて挑発してみると、政治に関してはものすごくピリピリして寡黙であった。それは国費留学生仲間が相互に思想を監視しあっているので、反体制的な発言や行動をすると、密告されて、下手をすると強制送還されるからだということであった。当時の蒋介石総統の台湾では、台湾独立派と認定されて強制送還されると、到着した飛行場から連れ去られて即絞首刑されるといううわさが飛び交っていた。だから優秀な学生は日本を経由してアメリカに留学していった。その後政権が代わってから、米国からの留学生が帰還しはじめて台湾は急速に経済発展を遂げた。

 

1972年に日中国交が回復して、中国大陸から来日する中国人留学生も激増し東大でも例にもれず激増した。それでも初期のころの留学生は結構政治的な話には警戒心が強かった。江沢民による反日歴史教育教科書で学んだと思われる世代は特にそうだった。しかし、現在でも留学生たちは日中間の尖閣列島の話などは、極力避けたいようだ。
   
  中国からの留学生たちには、中国本土に比べるとはるかに言論の自由な日本で、いろいろの見聞を広めて、本国に帰っても批判的精神を忘れずに活躍してほしいものだと、本心から思う。

   

2018-08-17 11:47 | カテゴリ:未分類

朝、食事時にテレビをつけると、「社長の昼メシ」という中井貴一の巧みな躍動的な解説の番組があったのでついつい見入ってしまった。時間の長短はあったが多くの企業の社長達が紹介されていた。番組は1時間ばかり続いたと思う。

 

  社長職は激務で、コンピューター画面を見ながら食事をしている社長もいた。社員食堂で従業員と一緒に食べる社長もいたが、人間関係がわずらわしいからか、おおむね、一人で食事をしているようだ。番組のためにわざわざ社員が動員されて社長と一緒に食事をさせられていると思われる場面は、ちょっと社員が気の毒で見ていられなかったが。。。 昼食をがっつり食べる社長からソバ一皿しか食べない社長までいろいろだった。

 

  その紹介された社長の中に、google earth の創始者(名前を忘れた)という壮年の人物がいた。アメリカ本社での取材だったかな? 彼は社員食堂で食事をするのだが、主食をとらず、お皿が野菜とハムのサラダみたいな成分で構成されていて「それではおなかがすきませんか?」という一緒に食事をしているテレビのデイレクターの質問に対して、「僕は朝食をしっかり食べてきているので、大丈夫だ。昼食を食べすぎると、眠気が来て頭が働かなくなるからね」というようなことを言っていた(全く同感ですね!彼もすこし低血圧ではなかろうか?)。彼は、時々座禅をするという、畳の部屋を社長室の隣に持っていて、10分間ぐらい一人静かに瞑想するんだそうな。その実技の場面も紹介されていた。哲学的なんだね。雑念をキャンセルして発想を浮かび上がらせる仕掛けなんだね。明らかに日本の禅の文化の影響を受けていると思われた。

     

  それを見ていて思い出したのだが、最近の google earth は非常に使い勝手がよく、見ていて楽しいものがある。金も旅行する体力もないが暇だけはたっぷりある離職者層には、この google earth で世界中をちょっと旅行した気分にもなれるはずだ。

 

  小生にとって、直近の google earth の効用は、福島の「帰還難区域」を、人工衛星からの分解能の高い平面写真ばかりでなく、幹線道路だけだが、車で走らせた street view 映像を提供してくれていることである。この夏は体調不良と、暑くて熱中症を恐れて、小生は現地に出かけていない。そこで google earth で 「福島県双葉町」 と入れると、まだ常磐線が開通していない 双葉駅前 の風景が出てきた。そこで、そこからろいろ画像をクリックしていくと、street view でほとんどの双葉町内の風景の現況が見られた。google earthの担当者も、双葉町役場の許可を得て、車を街中に入れられるようになったからだろう。これは素晴らしいことだ。
 
  現在の帰還困難区域の植生がどのようになっているのかが、小生の最大の関心事なので、見飽きることがない。これだと何時間でも車に乗って調査をしている気分になれる。小さな住宅地の中までの道路には車が全然入ってはくれないのが難点だが、それでも良しとしよう。

    

  google earthが、どれくらいの年月の頻度で画像を更改しているのかさだかではないのだが、現場に頻繁には帰れない、はるか県外の遠隔地に住む帰還困難区域からの避難住民にとっては、これらの画面はかなりの望郷の念をそそる風景なのではないかと思う(気が付いた人は当然見ているだろう)。こういう心理面での大きな社会貢献もあるということを、google earth の社長が知ってか知らずか。。。 新技術の意外な側面ですね。せめて帰還困難区域だけでも、日本のgoogle earthの担当者は頻繁に画像を更改していただきたいものです。これは大きな大きな社会貢献です。

 

  Google earthの社長殿には、いつも腹3分目ぐらいの軽い昼飯をしていただいて、瞑想室で、充分に瞑想し、雑念を去り、さらにさらに新しい有意義なソフトを発想していただきたいものです。

  
    
  以上「社長のヒルメシ」からの戯言でした。
 
 
 
(森敏)
 
追記:
読者からの指摘で、双葉町の street view は 2013年7月 のもので 2018年 と書かれているのは著作権の主張日 ではないかということです。確かにそのことは気になっていたのですが。。。。 
     
 残念ながら、現在の避難住民のために google earthがそこまで気をきかして、あえて双葉町に入る許可をとって、street view 写真を提供しようというところまで google earth がきめの細かい政治的配慮 をしてくれるわけではないのかもしれません。

それでも現存する画像は当時の2013年の状況が知られる貴重な映像かと思います。
 
しかし、やはり現在の双葉町の映像をぜひ見せていただきたいものです。双葉町役場も撮影を快く許可していただきたいものです。


2018-06-17 07:25 | カテゴリ:未分類


スライド1 
西郷(せご)どん の像 上野公園にて。 正面からの顔は白い鳩の糞だらけなので、斜めから、西日のあたる像を撮影した。出来上がったこの胴像をみて西郷の妻は「夫はこんなんじゃない」といったとか。

      
  NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」を鑑賞した。上野の東京芸術大学大学美術館で「西郷どん」展に、のこのことでかけた。国立大学の催しものだから、無料だと思ったらなんと1500円も取られた。シニア割引もなかった。午後3時半に入館して5時に追い出されたので、十分な鑑賞は出来なかったが、初めて見るものばかりで来てよかったと思った。284個もの展示物があったが詳しくは見きれなかった。

  

NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」は、非常に興味深いので、初回から欠かさずに見ている。小生は「街道を行く」以外の司馬遼太郎の作品群はほとんど読了している。明治維新の大立役者であるゆえに西郷のことはいろいろの作品の各所に出てくるが、月照との心中事件や、奄美大島や、沖永良部島への島流しに関しては、詳しく述べられていなかったと記憶するので、NHKの創作ドラマや、今回の展示は非常に参考になっている。

 

しかし、生前の西郷が何故万人に愛される「人たらし」になりえたのか、この展示を見た後でも小生にはいまだによくわからない。

 

今回の展示物のなかで、小生が一番ひかれたのは、99番目の展示物で、西郷が沖永良部島に2度目の「島流し」になっていた時に、西郷よりも先に「島ながし」になっていた、藩の漢学者川口雪蓬が畳一畳ばかりの大きさに書いている「春夜洛城聞笛」春夜洛城に笛を聞く)の書体である。小生は普段は日展などでも「書」はよくわからなくて、パスする方だが、今回は違った。文字を目でなぞっていると、なんと自然に小生の体が書の筆跡に従って躍動し始めたのである! 非常に気持ちがよいのだ!わが生涯でこんな経験は初めてだ。帰って調べると、これは李白の詩で、詩吟では有名なんだそうだ。この書を、島流しで心がすさんだ西郷に、川口雪蓬が贈ったのだとか。

 

  • 春夜笛を聞く 
  •         <李白>
  • 誰が家の玉笛か 暗に声を飛ばす
  • 散じて春風に入りて 洛城に満つ
  • 此の夜曲中 折柳を聞く
  • 何人か起こさざらん 故園の情を
  •  

::::::川口雪蓬は「あなたもここに いる以上は島の人ともっと仲良くしなさい。それには島の人の生活をつぶさに見ることです」と言い、「ものすごく大事な本だけど貸してあげるよ」と、一冊の本を西郷に貸してくれたのが『嚶鳴館遺草』でした。そこで初めて、西郷は細井平洲という人の名を知り、遺草に書いてあった「護民官は民の父母でなければいけな い」ということに、目覚めたのです。::::::
とのことである。

http://www.city.tokai.aichi.jp/4582.htm

      

(森敏)

付記1:いまから45年前に日本土壌肥料学会の九州一円をまわる1週間にもわたるエキスカーションのあと、さらに足を延ばして鹿児島港から多分今はない「照国丸」に乗って、種子島や、沖永良部島や与論島に観光で立ち寄ったことがある。沖縄が復帰前だったので、沖縄には上陸できなかった。沖永良部島では素晴らしい白砂の浜にでて、あまりにも太陽が強いので半そでシャツを着て泳いだのだが、それでも一時間も海に平泳ぎで浮かんでいると両肩が日焼けで炎症をおこして、シャツが皮膚とくっついてしまって、はがすときに猛烈に痛かったやけどの記憶がある。
      
残念ながら、「西郷どん」がここに島流しになったことがあるのだという観光案内は全くなかった様に思う。奄美にとって島津は征服者だから、西郷の記念碑なんか建てたくなかったのかもしれない。
 
テレビの「西郷どん」では、西郷が一回目に奄美大島に島流しされていた時に、第二番目の妻とした島の娘である「愛加那(あいかな)」に、離島した後日に簪(かんざし)を贈ったという、簪が映像で紹介されていた。いかにも貧弱な遺産というか西郷の記念品ですね。  
     
付記2:以下は小生の「独断と偏見」です。
    
西郷は強制的な「島流し」という過酷な仕打ちの中で、浮世の雑音を排して読書や自然に接しているうちに、何ゆえに自分がこの世に生を得て今後の人生をどう過ごすべきかを深く「沈思黙考」する時間に浸ることになっただろう。きっとこの「こころの沈殿期間」が西郷の次の明治維新への飛躍を熟成したのだろう。まさにピンチをチャンスに転換させたのだろう、と勝手に解釈した。人間は大きく挫折しないと決して飛躍しないのだ。
    
これを現代に置き換えれば、大病を負って長期病院生活を余儀なくされたり、汚職やスキャンダルなどで投獄されて獄中で冷や飯を食ってきた、経済人や政治家やスポーツ選手がその後の成長を期待できる候補生だろう。むろん逆は必ずしも真ならずだが。
 
付記3:上記展示会は5月26日から7月16日まで開催されている。
      
追記1:本日(6月17日)には、「西郷どん」の放映がある。沖永良部への島流しの場面がどのように展開されるかすこし楽しみだ。
 
追記2:残念ながら6月17日の放映では、西郷どんはまだ沖永良部への島流しにはなっていなかった。6月24日に放映されるのだろう。
 
追記3.7月1日のNHKの「西郷どん」では、沖永良部には「西郷神社」があるという映像が流れた。失礼しました。小生が知らなかっただけなのかもしれない。
 この日の番組でも川口雪蓬が登場した。西郷が島流しの拘束を解かれて、島から離れるときに、川口雪蓬が島の山頂から大きな旗を振って西郷を見送っており、その旗には「革命」という字が書かれていた。川口雪蓬がナポレオンの革命思想を学んでおり、西郷がその影響を少しでも受けたという可能性はあるのかね?そんな話は司馬遼太郎の小節には描かれていなかったと思うのだが。。。。。


  

FC2 Management