fc2ブログ
2022-09-28 15:25 | カテゴリ:未分類
NATOの核戦略体制が具体的にどのようになっているかは、アメリカやNATOの当事者だけしか知らないことである。だから、ウクライナの人民が狂犬プーチンの繰り返し唱える戦術核に対する恫喝におびえるのは当然だ。

  長距離の戦略核についてはその準備の動向が宇宙の人工衛星から常時偵察で監視されているはずだから、先手必勝(専守防衛?)でNATOやアメリカはそのミサイルの発射拠点をつぶすことができるかもしれないが、短距離の戦術核については準備動向の正確な検知が困難と思われるので、ロシアが先制攻撃に成功する可能性が高いと思われる。

  ロシアによる核攻撃が実践された場合に、それに対抗してアメリカやNATOがどう振舞うのかが、これまでのところ、まったく開示されていないのは、「”核戦略をあいまいにしておく” ことを身上とするのが相手に恐怖を与える最大の抑止力になる」、というのがこれまでの練りに練られた”核戦略指針”ということらしいから、素人が口出しできないところだ。

  しかし、少なくとも戦術核に関しては、ロシアがそれを実践した場合には、NATOやアメリカがどのように反撃するかを今から世界に向けて明確にしておく必要があると思う。

  ロシアが戦術核でウクライナの土地や海上のどこかに局所的な放射能汚染を出した場合は、ウクライナやNATOやアメリカはどこまでその屈辱に耐えるのだろうか?

  戦術核が発射されて、数分遅れても直ちに、同規模の戦術核をモスクワに向けて発射するのか、それとも同規模の戦術核をロシアの地方都市に落とすのか、などなど明確にすべきではなかろうか?。これは決して素人が考えるばかげたシミュレーションではないはずだ。狂犬プーチンとその取り巻きが、しばしば「核による恫喝」をしていることだから、絶対に軽く見てはいけない。

  小生が思うに、以前にも述べたが、核に関して一番採用されうるロシア側のシナリオは、ウクライナの原子炉1基をまず通常兵器で爆発させることではないだろうか。この際狂犬プーチンは必ずや「ウクライナ側が自分で原子炉自爆テロをした」とでっちあげのプロパガンダを行うだろう。

  この場合は、具体的にロシアが戦術核を撃ち込んだのではなく、高性能ロケット砲を原子炉に命中させて、原子炉を危機に陥れたわけだから、ロシア側が最初に核を使った、という非難は一見当たらないことになる。

  だから今からウクライナやNATOやアメリカは、ロシアがウクライナの原子炉を破壊して放射能をまき散らした場合は、戦略核をロシアがウクライナに打ち込んだと同等の行為とみなす、と宣告しておく必要がある。

  そう宣言しておかないと、NATOやアメリカがその後のどんな巧妙な反撃のための核戦略を行使しても、世界は「反撃のためとはいえ積極的に核を最初に使ったのはNATOやアメリカ側である」という非難を国連などで轟轟(ごうごう)と受けかねないことになる。この非難決議には、ロシア側にもウクライナ側にもいつも立場をあいまいにしてきた狡猾な数十か国の第三者国群を、親ロシア側になびかせることは必定だと思われる。





米国防総省「ロシアに核戦力の態勢を変えるほどの変化見られず」[2022/09/28 04:50]
ロシアがウクライナに対し、核の脅しをちらつかせるなか、アメリカ国防総省は核兵器の使用を巡ってロシア側に変化は見られないとの認識を示しました。

 ロシア前大統領のメドベージェフ安全保障会議副議長は27日、ロシアには核兵器で自衛する権利があり、ウクライナを核兵器で攻撃してもNATO=北大西洋条約機構は介入しないだろうと自身のSNSに投稿しました。

 プーチン大統領も21日、ウクライナでの「住民投票」に関連して、「我が国の領土の一体性が脅威にさらされる場合に、ロシアが保持するすべての手段を利用する」と述べ、核兵器使用の可能性に言及しています。

 アメリカ国防総省のライダー報道官は27日、ロシアによる一連の核の脅しを真剣に受け止めているとしたうえで、ロシア側にアメリカの核戦力の態勢を変えさせるほどの変化は見られないとの認識を示しました。(C) CABLE NEWS NETWORK 2022

    
(森敏)
追記1:この原稿とは関係ないが、下掲の写真は、放送から切り取ったものである。破壊しつくされたウクライナの村の現状を背景に嘆く辛くも生き延びたオバーさんの悲嘆。この地方では最近、国連食糧援助機構から村人たちは食料を差し入れされている。狂犬プーチンはウクライナ人を人とも思っていないのだろう。うちつづくロケット砲によって、家屋が破壊されて、衣食住がはく奪されて、本当に自尊心がくじけそうな疲れ切ったオバーさんの顔だ。
AFP BBNews
「悲惨ですよ。村中が破壊されました。以前はとても素敵な村だったのに、破壊されてしまいました。」

 
 
追記2. 実にしつこく危険なロシア軍のザポリージャ原発攻め
ザポリージャ原発に新たに砲撃と爆発…タービン建屋の窓ガラス割れる

読売新聞2022/09/28 17:54
 【ベルリン=中西賢司】国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ事務局長は27日、ロシア軍が占拠するウクライナ南部ザポリージャ原子力発電所の敷地内で、26~27日に新たな砲撃と爆発があったと明らかにした。
 発表によると、ザポリージャ原発で26日夕、配電施設付近に砲撃があった。被害の報告は受けていないという。27日朝には、原子炉建屋に冷却用の水を送る水路付近で爆発が2回発生し、2号機のタービン建屋の窓ガラスが割れた。爆発の原因は調査中という。
 グロッシ氏は声明で、「(原発の)全体的な状況は依然として不安定だ。重大事故のリスクを減らすために早急な行動が必要だ」と述べ、原発周辺での「安全保護地帯」の設置を改めて訴えた。


2022-09-10 14:02 | カテゴリ:未分類
下水汚泥資源「利用拡大を」 首相指示、化学肥料高騰で「国産化」
2022年9月10日 9時00分(朝日新聞)
 
岸田文雄首相は9日、化学肥料の高騰に対応するため、「下水汚泥」など国内資源の利用を拡大するよう農林水産省に指示した。同省は、秋にも見込まれる補正予算案に盛り込むことを視野に具体策をまとめる。
 食料安全保障などについて議論する「食料安定供給・農林水産業基盤強化本部」の初会合が首相官邸で開かれ、岸田氏は「下水汚泥など未利用資源の利用拡大により、肥料の安定供給を図ること」と述べた。
 人のし尿など、下水にはリン…


    
  ウクライナ戦争でロシアが化学肥料の輸出に制限をかけ、石油や天然ガスなどの流通の不安定さから、輸送費用が高騰し、日本への輸入化学肥料の値段が高騰しているようだ。
 
  これでは日本の稲作や畑作農業、園芸、畜産業はやっていけない、ということで、政府が活性汚泥の活用に本腰を入れ始めるようだ。
 
  活性汚泥は平たく言えば我々人間の糞尿が主体である。1960-70年代に公害問題が活発な頃、企業や自治体や個人が無処理の下水を河川に放流していたので赤潮などが発生して、日本の河川と沿岸は臭気ふんぷんたるものがあった。その後環境庁が出来て、河川の富栄養化を阻止するために活性汚泥処理場からのリンや窒素などの排水基準値が厳格化され、活性汚泥の菌体が毎日大量に回収されている。
 
  この活性汚泥が家畜糞尿未熟堆肥と一緒に混合されて好熱菌などの投入で発酵されて、衛生的で有用な堆肥として自治体では他の民間肥料と競合しない値段で販売し活用されているところもある。
 
  下水汚泥の用途は多岐にわたる。このことは以下の下水道事業団のホームページに詳しい。
 
  https://www.jswa.jp/recycle/data/
 
  今回の岸田首相の方針は活性汚泥を肥料用の利用資源として従来よりも加速化しようというものである。
 
  しかし農水省のホームページに詳しいが、活性汚泥堆肥の最大の問題は、その中に含まれる重金属の濃度である。とりわけカドミウム(Cd)が最も問題になる重金属である
 
  活性汚泥堆肥を土壌に連用すると、微量の重金属などが植物に吸収されて我々の口に入るのだが、同時に作物によって吸収されなかったものは間違いなく土壌に徐々に蓄積していくのである。そこで農水省は汚泥中のCd含有量の上限を 5ppm と定めている。

  最近は上水道の鉄管や下水道の排水管をプラスチック管に変えたりしているので、昔のように重金属が溶けだしてくることがなくなっているかもしれないが、日本全域がそうなっているのではなく、まだまだ自治体においては配管改修過程と思われるので、この活性汚泥の重金属汚染問題は自治体によっては現在も続いているはずである。

  また、このWINEPブログでも、かつて東電福島第一原発爆発問題の時に、しつこく統計をあつかったことがあるが、全国の活性汚泥の中には、バセドー病などの医療用に使われた放射性ヨード(I-131)が病院の排水に含まれている場合が多いので、使用には注意を要する。このような病院の排水系の末端にある下水処理場の汚泥は、いまでも病院によっては厚生省の排水基準を守らずに排出されて活性汚泥の中に放射性ヨードが汚染されていると考えられる。だから、この汚泥を使った堆肥の場合は、I-131の半減期(8.04日)の少なくとも10倍以上の時間をかけたの減衰後に使用すべきと思う。

  以下の福島の下水処理場での活性汚泥中の131-I含量の推移グラフを参照してください。

    放射能は降り続けているのだろうか?連載(6ー1):2014-2015年の県中浄化センターの脱水汚泥中の 131I、137Cs、降雨量の推移について再検討する
  
  
(森敏)
2022-09-02 11:37 | カテゴリ:未分類
イルカ

テレASA ニュース
 ロシアによるウクライナ侵攻の開始以降、黒海ではイルカが大量死していて、生態系の破壊も指摘されています。

 オデーサの環境科学者、イワン・ルセフ氏:「ロシア軍は民間人や軍人だけでなく、野生動物やイルカも殺している。生命の根源である生物多様性も殺している」

 ロシアによる侵攻の開始以降、ウクライナやトルコなどに囲まれる黒海では少なくとも2500頭のイルカの死骸が打ち上がっています。

 ウクライナ南部・オデーサの専門家は「見つかったのは一部で、黒海では3万頭から4万頭のイルカが死んでいる」と見積もっています。

 イルカは水中で超音波を出して餌(えさ)を探したり、仲間とコミュニケーションを取ります。

 しかし、黒海を航行する軍艦に備えられた音波で物体を探す装置「ソナー」がイルカの聴力に影響を与え、大量死につながっている可能性があるということです。

 また、海中の機雷に巻き込まれたとみられる焼けたイルカも見つかっています。

 専門家は「イルカが頂点に立つ黒海の生態系が破壊されている」と警鐘を鳴らしています。

     
      
戦争は最大の生態系破壊者である
  
このニュースではイルカが推定数千頭死んでいるはずであるということで、主な原因が、潜水艦が発する「音波」や機雷によるものとの推定が述べられているが、小生はそれ以外に「毒物汚染」の可能性を否定できないと思っている。
  
ロシア軍の「旗艦モスクワ」がウクライナ軍によって撃沈されたり、これまでロシアとウクライナを含めていくつかの軍艦が沈没している。今後も数多く撃沈されるだろう。
  
これらの軍艦は燃料の重油ばかりでなく多くの砲弾の爆薬や化学兵器も搭載しているかもしれない。
  
軍艦の沈没時に大爆発や長時間の燃焼を示しているので、これらの化学物質が流出していることは想像に難くない。(戦時だから軍艦が「撃沈された」そのことが最重大事で、それ以外の海域汚染などそういう細かいことは全く報道されていないだけのことであろう)
  
一方で、報道がされていないが、ロシアの原子力潜水艦も常時黒海を潜航遊弋して、ソナーによる音波以外に、原子炉排水の「放射能をまき散らしている」可能性も否定できない。
  
クリミヤ半島の先端の「ヤルタ」や「セバストポリ」、ウクライナ側の「オデーサ」などでは海水浴客などにいずれ被害が出てくるものと思われる。
  
60年前のベトナム戦争の時代に、米軍の兵站基地であった沖縄から流出したPCP, 2,4,5-T,などのベトナム戦争で使わる枯葉剤などで、その中に含まれるダイオキシン汚染が起こり、川や海の生態系に異変が起こり、軍労働者や住民に被害が続出したことを忘れてはいけない。
  
以前にどこかで述べたことがあるが、小生は昔沖縄のPCP汚染調査に関わったことがある。

  
  
(森敏)
2022-08-27 16:34 | カテゴリ:未分類
ザポロジェ原発、原子力事故をかろうじて回避=ウクライナ大統領

[25日 ロイター] - ウクライナのゼレンスキー大統領は25日、ロシアが掌握するウクライナ南部のザポロジエ原子力発電所について、世界は辛うじて原子力事故を回避したという認識を示した。
ザポロジエ原発を巡っては、ウクライナの国営原子力企業エネルゴアトムが同日、原発の近隣で発生した火災で送電線が損傷し、6基の原子炉のうち最後まで稼働していた2基が送電網から切り離されたと発表。ロシア側が切断したと非難した。
ゼレンスキー大統領は、バックアップのディーゼル発電機が直ちに作動し、原発の冷却や安全システムに使用される電力の供給が確保されたと指摘。「ディーゼル発電機が作動せず、われわれの原発施設のスタッフによる対応がなければ、原子力事故への対応を余儀なくされていただろう」とし、「ロシアはウクライナと欧州の全ての人々を放射線災害の瀬戸際に追いやった」と非難した。
また、国際原子力機関(IAEA)や世界各国に対し、ザポロジエ原発からのロシア軍撤退に向け、より迅速に行動するよう訴えた。
 
 
予備電源のデイーゼル発電機が作動したからいいものの、この重油がなくなればアウトだね。何時間持つのだろうか?
重油の予備はあるのだろうか?予備の重油がなくなればアウトだね。今後もロケットで重油タンクが破壊されたりしたら目も当てられない。

  小生は現役の時に人工気象器の予備電源として当時のお金で600万円するデイーゼル発電機を設置していたが、それは8時間ぐらいしか持たなかったと思う。当時東大農学部は建物の工事で真夏によく停電した。数時間も停電すると実験している貴重な遺伝子組み換え植物が全滅するので、急いでポットを外気に触れさせたりして大変だったことを思い出した。そうすると当然半無菌状態での閉鎖系が崩れるので、その後の温室コナジラミなどの発生を予防するのに、殺虫剤をまいたりしてまた余計な苦労するのだった。
 
   それにしてもIAEA(国際原子力機構)は何をもたもたしているのだろうか!
国連平和維持軍とともに決死の覚悟でザポロジエ原子力発電所に、至急駆け参じなくっちゃー!
 
 
追記:ザポロジエ原発の爆発に備えて、ウクライナは周辺近隣都市に8月28日から安定ヨーソ剤の配布を始めた。

IAEAは今週中に原発に調査に入る予定だとか。それに備えて原発職員へのへの口封じがロシア軍により行われているとか。

いよいよじたいが緊迫してきました。

核不拡散条約会議での最終案を、ザポロジェ原発の項目でロシアのみが反対して、共同宣言採択がおじゃんになった。だから狂犬プーチンの命令でロシア軍は本気で原子炉にミサイルを撃ち込むかもしれない。

原発爆発時の放射能雲の拡散シミュレーションでは、南部ロシアにも放射能が濃厚飛散することが示されている。

そうなればロシアによる自爆テロだね。

2022-08-22 11:47 | カテゴリ:未分類
以下は来る9月13日から14日まで東京農業大学で開催される日本土壌肥料学会での約400の講演題目から、放射性セシウムや放射性ヨウ素に関する19の研究課題を抜き出し紹介したものです。(発表者名は筆頭と最後尾のみ記載しています)
  
東電福島第一原発事故以降10年以上経過した今も基礎から応用に至るまで放射能による農地汚染の研究が続いています。
  
  奇しくも現在ウクライナのザポロジエ原発がロシア軍の占領で大惨事を起こすの危機に陥っています。事故後の農地汚染の後始末はいつも農民や農学者に放り投げられてきました。絶対にそんな事態が起こらないように切に祈りたい。
  
  
放射性セシウム補足ポテンシャルの溶液条件は移行リスクの推定に最適か?
宇野浩一郎・・・矢内純太
  
ダイズのCs体内分配に関わるミネラルネットワークの経時的変動
村島和樹・・・信濃卓郎
  
ポジトロンイメージング技術によるリンゴ樹体内セシウム動態の可視化
野田祐作・・・・・河地有木
  
シロバナルーピンのセシウム吸収・分配における元素間相互作用
菅あやね・・・・・信濃卓郎
  
ミミズが土壌表層の放射性セシウムの垂直分布に及ぼす影響
田中草太・・・佐藤 孝
  
原位置モデル水田実験による灌漑水田由来137Csの影響評価
Anastasiia Klevtsov・・・・・・・原田直樹
   
多地点の農家圃場で生産した玄米と大豆子実の放射性セシウム濃度の比較
藤村恵人・・・・・・・鈴木政崇
   
福島県内の農地における放射性物質に関する研究(第57報)
ラッカセイの放射性セシウム吸収特性  
平山孝・斎藤正明
   
福島県内の農地における放射性物質に関する研究(第58報)
低カリ条件下での水稲ポット栽培3作から評価した土壌改良資材の放射性セシウム吸収抑制効果の持続性
松岡宏明・井倉将人
   
草地更新時に施用した金雲母とゼオライトの放射性セシウム移行への影響
山田大吾・・栂村恭子
   
ヘアリーベッチおよびクリムゾンクローバーへの放射性セシウムの移行性
久保堅司・・・・佐藤 孝
   
農耕地土壌および作物における129I 濃度について
塚田祥文
   
福島県東部を対象とした灌漑水による水田へのカリウム供給量マップ
錦織達啓・久保田富次郎
   
福島第一原発事故除染後農地における緑肥作物の春季播種が緑肥の開花期・窒素集積量に及ぼす影響
佐藤 孝・・・・・・・高階史章
   
福島県内の農地における放射性物質に関する研究(第56報)
玄ソバへの放射性セシウム移行特性への解析
斎藤正明・・平山 孝
   
福島県内の農地における放射性物質に関する研究(第59報)
籾殻くん炭を活用した塩化カリ代替効果の検証
浅枝諭史・・・・・三本菅猛
   
ポジトロンイメージング技術を用いたダイズ根系内のセシウム輸送における共存元素の影響解析
井倉将人・・・・・河地有木
   
A study on potassium application’s effect on cesium and strontium uptake in soybean
Muhamad Syaifudin・・・・・・・Takuro Shinano
   
機械学習を用いた福島県内農地土壌中非交換性カリ含量の空間分布推定―教師データ拡充の効果と除染後農地に対する適用可能性
矢ケ崎泰海・・・・・矢内純太
    




(森敏)

FC2 Management