fc2ブログ
2022-08-05 12:16 | カテゴリ:未分類
世界が危惧してきたように、無知で非常識極まりないロシア軍によって占拠されているウクライナのサポリッジャ原発が、制御不能の暴発の危機にさらされている。
 
これはウクライナとロシアだけでない人類存亡の危機だ。
 
国連やIAEAだけではなく、ウクライナとロシアがテーブルについて、危機の打開を図る必要に迫られている。
食料危機でウクライナからの小麦の輸出以上に、人類に与える影響は計り知れない。
 
サポリッジャ原発が制御不能であるので、いずれ暴発すれば狂犬プーチンのいるモスクワも、風向きや降雨によって放射能雲プルームに襲われる可能性大である。
  
ウクライナとロシアの小麦や肥沃なチェリノーゼム土壌も放射能汚染で全滅となるだろう。


以下全文転載です。


ウクライナ南東部の原発は「完全に制御不能」=IAEA
BBC News 2022/08/04 16:00
AP通信によると、グロッシ事務局長はサポリッジャ原発で点検と修繕を行う必要があると述べた。
「いかなる原子力施設でも決して起きてはならない事が存在する」と、グロッシ氏は述べた。
ウクライナ南東部にある欧州最大のザポリッジャ原発は、ロシアとウクライナの戦闘が起きている場所から近く、危険な状態にある。
アントニー・ブリンケン米国務長官は今週初め、ロシアが同原発を、ウクライナ軍への攻撃拠点として利用していると非難した。
ウクライナ当局は、ロシアがウクライナ南部のドニプロ川沿いにある原発の敷地内に軍隊を駐留させ、軍用機器を保管しているとしている。
しかし、ロシアに任命された同地域の当局者はロイター通信に対し、ウクライナ軍が西側諸国から供給された武器を使って原発を攻撃していると語った。
ザポリッジャ州のロシア占領地を統括するエフゲニー・バリツキー氏は、ウクライナ軍の攻撃からロシア軍がいかに原子力施設を守っているかをIAEAに示す用意があると述べた。
「非常に脆弱な状況」
サポリッジャ原発では3月、ロシア軍の砲撃を受けて火災が発生し、国際的な批判が沸き起こった。鎮火後にロシア軍は原発を制圧した。
現在もロシアの支配下でウクライナ人スタッフが原発の稼働を続けている。
米ニューヨークの国連本部で開かれた記者会見で、グロッシ氏は、「非常に脆弱(ぜいじゃく)な状況にある。原子力の安全に関するあらゆる原則が何らかの方法で破られ、それが続くことを我々は許すことはできない」と述べた。
グロッシ氏は、原発に送る視察団をできるだけ早急に結成しようとしているが、戦闘地域を訪問するリスクを考慮すると、国連の承認だけでなくウクライナ側とロシア側の同意も必要だとした。
ウクライナの原子力発電公社は6月、IAEA視察団が訪問すれば原発におけるロシアの存在を正当化することになるとして、IAEAを招かないとした。
調査必要な核物質
グロッシ氏はAP通信に対し、IAEAとサポリッジャ原発のスタッフとの連絡は「途切れ途切れ」の状態で、機器などのサプライチェーンは寸断されていると説明。調査が必要な核物質が大量にあることも明かした。
「この戦争が激化する中、何もせずにいるというのは容認できない」とグロッシ氏は述べた。「ザポリッジャ原子力発電所で事故が起きたら、天災のせいにはできない。対応するのは我々のみだ。みんなのサポートが必要だ」
ロシアが原発を「核の盾」として利用していると非難するブリンケン米国務長官は、「当然、原発が絡む恐ろしい事故が起きないよう、ウクライナ側は反撃できずにいる」と述べた。
ウクライナでは1986年、北部チョルノービリ原子力発電所の原子炉が爆発し、世界最悪の原発事故が発生した。
ロシア軍は2月24日の侵攻開始から間もなくチョルノービリ原発も占拠したものの、5週間後に撤退した。敷地内のコンピューターは略奪されたり、破損されたりしたが、廃炉作業が進む原発の設備自体に被害はなかった。



付記:
朝日新聞が半ページを使って「ロシア原発を軍事基地化」という報道をしている。その中で米紙ウオールストリートジャーナル紙を引用し、「ザポリージャ原発には500人以上のロシア兵と重砲が展開し、原子炉の冷却に使う貯水池のそばに地雷も仕掛けている。ブリンケン米国務長官は今日1日、ロシアが同原発の一帯からウクライナ軍を攻撃していると指摘。ウクライナが反撃できないことを利用し、同原発を『核の盾』に使っていると非難した。」


追記1:
実にきわどい事態が進行している!
原発攻撃で原子炉停止 ロシアとウクライナ、互いを非難
AFPBB News 2022/08/06 04:48
【AFP=時事】ウクライナ南東部でロシア軍に占拠されている欧州最大のザポリージャ原子力発電所が5日、攻撃を受け、原子炉1基が停止した。ウクライナとロシアはいずれも、相手側による攻撃だと非難している。
 ザポリージャ原発は、ロシア軍がウクライナ侵攻の初期に占拠していた。ウクライナ政府は、ロシア軍が原発内に重火器を保管していると非難。一方のロシア政府は、ウクライナ軍が原発を攻撃していると批判してきた。
 ウクライナの国営原子力企業エネルゴアトムは、原子炉がある建物の近くで3回の攻撃があったと説明。「水素漏れや、放射性物質飛散の恐れがあり、火災の危険性が高い」とした。死傷者への言及はなかった。
 同社によると、ロシア国営原子力企業ロスアトムの職員は攻撃前に原発から避難。攻撃により電力ケーブルが破損し、原子炉1基が停止した。ウクライナ外務省は、稼働中の原子炉への攻撃は「原子力爆弾の使用と同等の結果」をもたらす恐れがあると批判した。
 一方、ロシア国防省は、ウクライナ側の主張を否定。ウクライナ部隊がザポリージャ原発と同原発のあるエネルゴダル市に対し3回の砲撃を行ったとし、ウォロディミル・ゼレンスキー政権の「核テロ行為」を非難するよう国際機関に要請した。


追記2:以下、報道がかなり錯綜している。危険な情報戦が続いている。
欧州最大級・ザポリージャ原発に新たな砲撃…核の大惨事回避「奇跡は永遠には続かない」
読売新聞2022/08/08 00:51
 ウクライナの国営原子力企業「エネルゴアトム」は7日、ロシア軍が占拠する南部ザポリージャ原子力発電所に6日夜、露軍が砲撃し、使用済み核燃料の貯蔵施設付近に着弾したと発表した。ロシア通信によると、地元の親露派勢力は7日、ウクライナ軍がロケット弾で原発を攻撃したと主張した。原発には5日も2度にわたり砲撃があったばかりで、欧州最大規模の原発を巡る緊張が高まっている。
 エネルゴアトムによると、6日夜の砲撃で、放射性物質を監視するセンサー3基が損傷した。貯蔵施設には使用済み核燃料を収容する174の容器が置かれていた。エネルゴアトムは、センサーの損傷で「異常の迅速な発見と対応は不可能になった」と説明し、「核の大惨事は奇跡的に回避できたが、奇跡は永遠には続かない」とも強調した。砲撃の影響は約800平方メートルに及び、作業員1人が負傷したという。
 原発を占拠している約500人の露軍兵士や露側の原子力企業関係者は事前にシェルターに退避していたとしている。
 一方、地元の親露派勢力は、ウクライナの部隊が多連装ロケットシステムで使用済み核燃料施の貯蔵エリアを攻撃したと主張している。
 5日の砲撃でも、ウクライナとロシアが互いに相手の攻撃だと非難していた。
 露軍は原発に重火器を持ち込むなどして軍事拠点化を進めている。

2022-05-21 16:55 | カテゴリ:未分類
「NHKスペシャル 被爆の森 2021 変わりゆく大地」が JST優秀賞を受賞した。

http://ppd.jsf.or.jp/filmfest/63/pdf/63chirashi.pdf
http://ppd.jsf.or.jp/filmfest/63/pdf/63sakuhin.pdf

第63回 科学技術映像祭審査委員会
副委員長 高橋真理子 氏による講評は以下のとおりです。

 「NHKスペシャル 被曝の森 2021 変わりゆく大地」は、福島原発事故により無人となり、野生動物が闊歩する地域の現状、そして研究者たちの地道な研究をリポートした。シリーズ3作目で、東日本大震災から10年の貴重な記録になっている。これからも取材を続けてほしい。



日本放送協会 チーフ・ディレクター 苅田章氏による受賞解説と感想は以下のとおりです。

製作意図
 史上最悪レベルの福島第一原発事故によって大量の放射性物質が拡散した大地。住民は避難を余儀なくされ、里山や森からは人の営みが消えた。あれから10年、動物や植物の生態系はどのように変化するのか?長期にわたる放射線の被曝は、どんな影響を与えるのか?「被曝の森」は、世界でも類を見ない場所である。住民と研究者が協力して行われる研究、そして、大地を定点観測的に記録していくことで見えてくるものを番組化、後世に残したいと考え、番組制作に至った。今回がNHKスペシャルのシリーズ3作目である。
 
シノプシス
 無人となった「被曝の森」では、水田や畑が荒れ果て草原や林となり、イノシシやアライグマ、キツネなどの野生動物が闊歩。森の奥ではこれまでいなかったツキノワグマが進出するなど、大きく変貌した。科学者と住民たちによる地道な調査・研究から、マツの形態異常が放射線によって起きるメカニズムの一端が初めて解明。被曝によって、イノシシやネズミ、そしてサルの体内で何が起きているのか、細胞・遺伝子レベルで、徐々に見えつつある。未曾有の災いがもたらしたものの実像に迫っていく。
  
受賞に際して

 今回の受賞は、住民や研究者の皆様のご協力のたまものであり、スタッフ一同あらためて厚く御礼申し上げます。取材開始以来、ほぼ同じメンバーで現地に通い続けてきました。人々のふるさとへの愛着や、事実を追究する科学者たちの執念に、いつも突き動かされてきました。10年が経ち、かつて人と自然が共存していた里山の崩壊は止めようもなく、帰還を待ちわびる人々の老いも感じざるを得なくなっています。放射能汚染からの再生はいまだ困難ですが、わずかながら希望の芽も見えてきました。最新の科学的知見や長期にわたる客観的な記録は、後世に伝えなければならないと信じています。今回の受賞は、今後も継続取材すべきという叱咤激励だと受け止め、引き続きこの仕事に取り組んでいく決意です。     (日本放送協会 チーフ・ディレクター 苅田章)

作品情報 
https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/blog/
bl/pneAjJR3gn/bp/paX1p0ynQP/
2022-03-08 20:57 | カテゴリ:未分類

ロシア軍に乗っ取られた2つのウクライナ原発では、原子炉の運転や施設の管理はウクライナの技術者たちが行っており、ロシア兵士はそのウクライナ人たちを恫喝管理している、といううわさが流れている。IAEAとウクライナの原子炉運転当局者との情報交換の実態が、報道が錯綜していて、さっぱりわからない。ロシア軍はウクライナの3つ目の原発も制圧することを視座に入れているとのことだ。

  

この、危険極まりない一触即発と思われるウクライナの原発の状況を、国際的に監視するために、「平和維持部隊」を国連からウクライナ原発に派遣すべきだという提案が、どこからともなくなされているようだ(提案の主体がわからないが)。

  

狂犬プーチンの指揮統制下から外れて「先陣争い的に」か、戦況に追い込まれて「自暴自棄的に」、原子炉そのものや、冷却塔や、貯蔵積み核燃料倉庫が、ロケット砲で直撃を食らったら、全世界が一蓮托生の放射能汚染に見舞われるだろう。誰が考えても。
  
  だから原子炉保全に関しては平和維持軍の直接介入が急務だ。原発が大規模に爆発したら、原子雲(プルーム)に追われて、モスクワの狂犬プーチンも極東のシベリアやサハリンにまで逃げなければらないだろう。

  

「プーチンが何をしようとしているのかわからない! 酔っぱらったのか? 頭がおかしくなったのか?」(ポーランド国境に避難したオバーさんの叫び)

  

狂犬プーチンが核のボタンを押す前に、原発が爆発して、ウクライナ戦争は自然消滅して、世界にカオスが訪れるような気がしてきた。

  

狂犬プーチンのやっていることはまさしく、かつて麻原彰晃が予言し積極的に作り出そうとしてきた「ハルマゲドン」(世界の終末)だ。

 

(森敏)

付記:あちこちのテレビチャンネルやインターネットをひねり回してウクライナ戦場の現場の報道を細心の注意を払って見ているのだが、TBSのコメンテーターである星某という人物はいまだに狂犬プーチンを「プーチンさん」と連呼している。他局のコメンテーターも時々気が付いて「プーチンさん」と口を滑らした後「プーチン大統領」と慌てて言い直している。「プーチン」と呼び捨てにする人物はあまりいない。実に不思議だ。彼は明確な確信犯的な重大罪人なのに。この星なる人物はつい最近まで朝日新聞の論説委員だったと記憶している。全くどうかしている。正体見たり枯れ尾花だね。
  狂犬プーチンは戦争犯罪人で、いずれはイタリアのムッソリーニのように人民により逆吊りにされて市中引き回しの刑にされるか、ドイツのヒトラーのようにピストル自殺に追い込まれるだろう。日本の戦争を経験した世代はみなそう考えていると小生は確信している

追記:きつい口調でプーチンと堂々と呼び捨てにしている人物がいた。評論家の田原総一朗だ。彼はまともだね。


2022-03-02 22:53 | カテゴリ:未分類

  以下は実に冷静で賢明なロシアの退役軍人による、プーチンに対する辞任の訴えである。小生は知らなかったのだがすでに1月に出されているということだ。
    
  残念ながら狂犬と化したプーチンとその取り巻きは、この退役軍人の総意を無視して、ウクライナに侵攻した。事態は現在、この退役軍人が的確に予想した通りに展開している。。
    
  軍人の支えがなくてどうし政権が維持できるだろうか?
 
  たとえ近日中にキエフが陥落したとしても、プーチンの地獄への命運も近いような気がする。

  出(いで)よ明智光秀。
 
  プーチン一派が自爆テロで世界の人類を放射能汚染核戦争の道づれにしないことを切実に祈るのみだ。
     
    
ウクライナに軍事圧力かけるロシア・プーチン大統領に辞任要求 退役大将が痛切な訴え:朝日新聞GLOBE+ (asahi.com)


(残念ながらこの動画でのロシア語の司会者と退役軍人との対話が全く理解できないのが実にはがゆいね)
 

 

(森敏)

付記:ポーランド国境に避難してきたウクライナの男性の言葉。

「妻は妊娠8カ月だ。私はウクライナに残る。これから地獄が始まる」 

チェコ国境に避難しえ来た婦人たちの言葉。

「私たちは何も悪いことをしていないはず」

「どうか戦争をやめて!私の夫や息子を返して!」

追記1:建物が爆撃された地下の出口で。二人のご婦人が、悲壮な顔で、

「私たちは平和を望んでいます!」

「私たちは生き残りたいのです!」
 
「ロシア軍は市民に爆弾を投げてくる!」

「家と友達が恋しい」(少女の発言)


(3月3日。日本ではひな祭り)
2022-02-25 19:00 | カテゴリ:未分類
   以下の先ほどのメールやテレビでの記事には、これがフェイクニュースでなければ、身の毛がよだつ。

  プーチンは何を考えているのか?

  原発のオペレーションがロシアの軍人にできるはずがない。

  再度チェリノブイリ原発が暴発事故を起こせば、放射能汚染が世界規模におよび、ロシアは全人類を敵に回すことになる。

  そこから世界大戦が勃発しかねないと、だれしも恐れることだろう。

  プーチンの命令と指揮系統がロシアの最前線兵士にまで行き届いており、彼らが独自の判断で暴走を起こさせないことを祈るのみだ。
 
  かつて、日本政府が満州の最前線の関東軍の暴走を止められなかったように。満州事変はそこから始まったと我々は歴史で学んだはずだ。
  
  

  


ロシア軍がチェルノブイリ原発の立ち入り禁止区域に侵入、ウクライナ側の警備隊と激しい戦闘

2022/02/25 02:56

 【モスクワ=工藤武人】ウクライナ内務省顧問は24日、自身のSNSで、ロシア軍がウクライナ北部のチェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域内に侵入し、原発の警備隊との間で激しい戦闘が起きていることを明らかにした。

 チェルノブイリ原発はソ連時代の1986年に原子炉が爆発し、史上最悪の放射能汚染事故に発展した。この顧問は砲撃などで原発が大きな被害を受ければ、影響は隣国のベラルーシや欧州連合(EU)加盟国にも及ぶ恐れがあると警告している。

 ロシア軍はウクライナ北方のベラルーシから侵攻したとみられているが、ベラルーシ軍の部隊が混じっているかどうかは明らかにしていない。(読売新聞)




森敏
追記1:ロシア軍がチェリノブイリ原発を制圧した。というニュースが7時のNHKニュースで流れた。制圧って? 原発オペレーターの身柄や原発の運転はどうなっているんだ?
 
 
追記2:日経新聞の正午の報道の一部には以下の内容がすでに紹介されていた。

::::ロシア軍は旧ソ連時代に爆発事故を起こしたチェルノブイリ原発も制圧した。周辺の立ち入り制限区域で戦闘が起きた。ウクライナ内務省高官が核廃棄物処理施設が攻撃されれば、放射能汚染物質が欧州に広がる恐れがあると懸念を表明していた。同原発は稼働を停止しているが、国内では15基の原発が稼働中で、攻撃で施設が損傷すれば甚大な被害が発生しかねない。
  

追記3:以下2月26日朝日新聞朝刊

チェリノブイリ原発掌握 IAEA 「懸念もって注視」
ウクライナ情勢について、国際原子力機関IAEA)のグロッシ事務局長は25日(現地時間24日)、「深刻な懸念をもって注視している。同国内の原子力施設を危険にさらすことのないよう、最大限の自制を呼びかける」との声明を発表した。
声明によると、チェリノブイリ原発については、「正体不明の武装勢力」に掌握されたとの連絡がウクライナ当局からあったとしている。死傷者や施設の被害については報告されていないという。
また、ウクライナ国内で稼働中の原発については安全性が確保されているとの連絡もウクライナ当局から受けたという(川村豪志)
 
これを見るとIAEAと世界中の原発との間にはアクシデント時の直接の緊急連絡網(ホットライン)がないということがわかる。朝日新聞の川村豪志なる記者がどこからこの記事の情報を発信しているのかの記載がこの記事にはない。
 
追記4.本日3月3日の朝のニュースでは、ロシア軍が、チェリノブイリ原発以外にウクライナ南部のザポリージャ原発を制圧したとのことである。実に危険だ。
  










FC2 Management