2017-02-14 16:27 | カテゴリ:未分類
野鳥の会・法政大学人間環境学部共催のシンポジウム開催予告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シンポジウム 福島の生きものは今 ―現在、そして、これからを考える

 

東日本大震災から約6年。巨大地震と大津波に端を発した原発事故に
 
よって、福島の自然及び社会には大きな影響が出ました。
記録映像、現地で調査を行なっている研究者や福島在住の方の報告に
基づき、それぞれの視点から今後について考えるシンポジウム「福島
の生きものは今
現在、そして、これからを考える」を34()
に開催します。
 ---------------------------------------------------------------
日 時:201734() 10:0017:30 (9:30開場)

 会 場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート校舎 G402教室
 
定 員:300
 
参加費:無料
 
申込み:不要
 主 催:(公財)日本野鳥の会・法政大学人間環境学部
 ---------------------------------------------------------------

 
 <
プログラム>
 10
時~

・映画上映
 
「福島の生きものの記録 シリーズ4 ~生命~」岩崎雅典(群像舎)
 
・トークショー
 
岩崎雅典(群像舎)×遠藤孝一(日本野鳥の会)

 

13時~
 
・研究報告
 
「放射線の性質と生物にとっての特徴」
      石田健(東京大学)
 
「野鳥の個体群レベルの保全と放射線 ―ウグイスを例に」
   石田健(東京大学)
 
「ツバメとカラ類への放射性物質の蓄積」
   山本裕(日本野鳥の会)
 
「放射能汚染地域の魚は健康なのだろうか?」鈴木譲(東京大学名誉教授)
 
「福島県の小型哺乳類における放射性セシウム蓄積の実態と生息環境」
 
山田文雄(森林総合研究所)
 
「フクロウの繁殖に与える放射能の影響」
    西海功(国立科学博物館)

 

15時30分~
 
・福島からの現状報告
「失われていく里山、伝統」 稲葉修(南相馬市立博物館)
 
「寸断された地域の絆、つながり」 松村直登(NPO法人 がんばる福島)
 
「失われた自然体験の場を取り戻す」
      弦間一郎((公財)ふくしまフォレ
                                           スト・エコ・ライフ財団)

 

16時30分~
 
・パネルディスカッション 「福島のこれからを考える」
 
<モデレーター> 高田雅之(法政大学)
 
<パネリスト> 石田健、稲葉修、弦間一郎、松村直登、山本裕

 
会場では、放射線像・写真展も開催します。
  [協力:写真家 加賀谷雅道、東京大学名誉教授 森敏]

 
<お問合わせ>
 (
公財)日本野鳥の会自然保護室
           TEL03-5436-2633 E-mailhogo@wbsj.org

 
<シンポジウム情報ページ>

 http://www.wbsj.org/activity/event/symposium-current-fukushima/

 
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

スライド1 
 
 

 
 
スライド2
 

  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
(森敏)

付記:
会場では我々の撮像した「放射線像」も15枚ばかりごらんいただけます。

2017-01-25 04:09 | カテゴリ:未分類
 

  これまでに複数回キク科の植物を採取してオートラジオグラフを撮ったことがあるのだが、どうもキク科はセシウムの地上部への移行が悪い(移行係数が低い)のではないかとずっと思っていた。

 

  1昨年の秋あちこちにキクが最盛期を迎えていたので、道ばたに一株旺盛にはえているきわめてありふれたキクをランダムに枝の部分から数本採取した。

   
 
図1.道路端のノジギク
スライド1 
     
       
 図2.図1のノジギクのオートラジオグラフ(数値はガイガーカウンターの値)
 
スライド2
    
 
 図3. 図2のネガテイブ画像
のじぎくネガjpeg  
 
     
   
スライド1 
表1. ノジギクの放射能
    
     
        
   これを台紙に貼り付けてガイガーカウンターであらためてベータ線量を量ると枝ごとにかなりのばらつきがあった(図1)。そこで実際にオートラジオグラフを撮ると、枝ごとにかなり濃淡が出た(図2、図3)。

          

   多分、ある枝に対応する根は可溶性の放射能を含んだ土壌に接しており、それを吸い上げたのだろう。一方、別の枝に対応する根は放射能が固着した土壌に接しており、セシウムを吸収しなかったのだろう。

            

   組織を部位ごとにわけて放射能を測定したら、表1 のようになった。葉 > 花 >茎 の順に濃度が高いのだが、オートラジオグラフでは一番花が強く感光しているように見える。これは全体を押し葉にしたので花が花びらやその他の生殖器官で折り重なって凝集しているので、多重に放射線を発してフィルム(IP-プレート)が感光しているからである。葉の部分でも折り重なっているところは濃く感光していることがわかる。
       
  植物は根が土壌中に深いか、浅いか。根の生長点や根毛が土壌の放射能に接しているかどうか。などの微妙な差異によって、道管を通って地上部の対応する組織まで放射能が到達する量が極端に変動することが明らかになった。すでに漠然と明らかになっていることだが、こんなにはっきりと差が出るとは予期していなかった。
     
  従って、いささか専門的な議論になるが、
植物による放射性セシウムの「移行係数」なるモノは、根がどっぷりと浸かった水耕栽培でしか評価できないと断言できる。すなわち:
移行係数=地上部の放射性セシウム濃度/水耕液の放射性セシウム濃度
この値は従来から土耕栽培やフィールドで測定されている
移行係数=地上部の放射性セシウム濃度/土壌の放射性セシウム濃度
よりも、はるかに高くなると考えられる。

   
      
   
    
(森敏)
   
     

付記1.植物学者の牧野富太郎はこのキクを郷里の土佐吾川郡川口村の仁淀川河畔で発見して、のぢきく(野路菊)と新称し、ラテン学名に自分の名 Makino を付した。すなわち、Chrisanthemum morifolium Ramat. var.spontaneum Makino と命名した。
しかし彼はその後全国を旅しているうちに、この菊がいわゆる「家植菊」と同種に属し、既知の「小菊」と酷似して区別できないことを知った。これが栽培されていくうちに好事家によって大輪の様々な園芸新種に改良されていったのであろう、と記している。つまり、のぢきく が原種に近い品種であると認識した訳である。
牧野富太郎は発見したこの野地菊の写生図を、以下のように牧野植物図鑑(北隆館)の第12図版に重要な発見として特別に載せている。
 
まきのにじぎくjpeg 

この写生図を見てもわかるように、牧野は根の形態には全く着目していない。
 
追記1: イネに関して今回の原発事故による放射能汚染土壌水田からサンプリングしたイネに関しては、『移行係数』は0.57-0.017と300倍にもなる、大きな幅のばらつきがある。
2017-01-10 04:23 | カテゴリ:未分類
 

昨年「5月に、南相馬で住民がヒヨドリの死体を拾ったので、オートラジオグラフの撮像が可能かどうか」という問い合わせが、群像舎の 岩崎 雅典監督からあった。以前にキビタキとツバメの放射線像の撮像に成功した経験があったので「やってみましょう」という返事をしたら、ヒヨドリの冷凍サンプルが宅急便で送られてきた。
        
   2012/05/29 : キビタキの幼鳥の被爆像
   2016/03/06 : ツバメの放射能汚染像について

     

サーベイメーターでヒヨドリの体をくまなくスキャンすると、どうやら確かに放射線が出ているように思われたので、慎重に作業に取りかかった。

       

まず、この死体からは胸元から血が出ていた。鳶や鷹か、はたまたイタチかテンなどの陸上の動物に攻撃されて逃げたが力尽きて墜落たのかもしれない。この血の中にも内部被曝した放射能の一部があるかもしれないので、ペーパータオルをあてがった。その上で、鳥の羽を伸ばし、鳥の頭を横向きにして、上から本で押して、全体を電子レンジで十分乾燥したシリカゲルが詰まったお菓子の四角いブリキ製の箱の中に入れて、完全にふたをして密閉した。一ヶ月後にふたを開けて、乾燥死体を取り出して、これをサランラップでくるんだのち、オートラジオグラフ用のカセットに2枚のIP-プレートで上下から挟んで圧着してその上からさらに鉛のブロックで荷重をかけて約半年放置した(図1、図4)。荷重をかけるのは、できるだけIP-プレート(イメージングプレート)と死体を密着させるためである。感光後の死体はゲルマニウム半導体で放射能を測定した。

         

  結果が図2、図3、図5、図7、図8である。表1にはヒヨドリ全体の放射能値を示している。血液中に放射能が確実に認められ、表1にはその値も合算して計算している。


 
 
 
 
 
スライド1 


 
 
 図1.ヒヨドリの腹側 胸に穴があいている





  
スライド2 
 
 

 図2.図1のオートラジオグラフ(ポジテイブ画像).傷ついた内蔵が被曝している。眼球や脳も内部被曝している。
 

 
スライド3 
 
 図3.図1のオートラジオグラフ。ネガテイブ画像。
   
   

 
スライド4 
 
 
 図4.胸に穴があいている。その拡大写真。肺か肝臓か?
   

 
 
スライド5 
 
 図5.図3の腹胸部汚染拡大図

 
 
 
 
 
 
スライド6 
 
 図6.ヒヨドリの背側
 
 
 
スライド7 
 
 
 図7.図6のオートラジオグラフ(ポジテイブ画像).右肩に一点ホットパーテイクルが認められる。わずかな外部被曝である。眼球、脳、両脚、左右の背骨筋なども内部汚染している。

 
 
スライド8 

図8.図6のオートラジオグラフ(ネガテイブ画像)。
 
    
       

表1. ヒヨドリの体全体の放射能
 
スライド1
 
(森敏)
付記: 以上のデーターの公開は、群像舎の 岩崎 雅典監督の許可を得ています。
2017-01-04 11:50 | カテゴリ:未分類
スライド2 


図1。直径10センチのキノコ。山土が砂質土壌で、ミネラルの吸着力が低いと思われる。地表面の放射線量は 毎時7.79マイクロシーベルト(ビニールが反射して見にくいですが)。 津島高校分校校庭にて。

 

 

キノコは放射性セシウムの吸収蓄積能力が高いので、いまでも福島とその隣県の自治体では野生のキノコは100ベクレル/kg新鮮重 以上のものが検出され続けており、販売は禁止されている。(付記1)

    

チェリノブイリ原発事故以降の文献でもヨーロッパばかりでなく、その後25年経った日本でもCs-137が有意に100ベクレル/kg新鮮重 を越えるものが、今回の福島原発事故が起こる以前にもあった。このようにキノコの自然環境の中でのセシウム吸収力はしぶといのである。

      

その一方では、放射性セシウム吸収力の強いキノコは原発事故由来の放射性銀(Ag-110m)の吸収力も強いことがチェリノブイリ以降の文献でもいくつか実証されている。(付記2)

        

小生らは、ずっと昆虫を中心に放射性銀(Ag-110m)の動向を追跡調査している。(付記3)

2016年には、ジョロウグモ以外のほとんどの昆虫では、放射性銀(Ag-110m)は消滅している。それは物理的な半減期減衰によるものと、銀の土壌への吸着不溶化によるものである。(付記3)

        

しかし、昨年2カ所でサルの糞を偶然採取したのでそれを測定したら、いずれも放射性銀(Ag-110m)を含んでいた。いったいサルは何を食べているからその糞に放射性銀が多いんだろうか?と、ずっと疑問に思っていた。
        
スライド1 
図2. サルの糞を乾燥させたもの (加賀谷雅道カメラマン提供)(表1 サルの糞 昼曽根 に対応)
 
スライド1 
 図3. 上:図2のオートラジオグラフ(ポジテイブ画像)。下:図2のネガテイブ画像
               
        最近浪江地区の松を採取した津島高校分校のグランドにあちこちはえている大きなキノコ〔図1〕を2日間にわたってゲルマニウム半導体で測定したら、わずかであるが放射性銀(Ag-110m) が検出された (表1。最下段の赤字)

               

  そこで思うのだが、猿は無意識にビタミンDの供給源としてキノコを大量に食べるのではないだろうか?(猿のクル病って聞いたいたことがないですよね。) しかしサルは消化しきれなくて繊維質を大部分排泄する。そのとき不要な放射性銀(Ag-110m)も吸収されずに濃縮されて排泄されるのではないだろうか? 図3の上下のオートラジオグラフを見ると、サルの糞 (表1 サルの糞 昼曽根 に対応)の中にはいくつかの際だって放射能が強いたべものの残査があることがわかる。これが野生のキノコかもしれない。
                   
       一度、いたずらに、どこかの動物園でサルにキノコを投げて、嗜好性を見てみようと思う。
       
      
         
      表1.各所のサルの糞とキノコの放射能 
糞とキノコjpeg 

     
(森敏)
           
    

(付記1)2013/11/23 : 放射能汚染キノコ2態 (クリックしてください)

(付記2)それはおそらくキノコの持つカリウムトランスポーターのどれかがごく微量のセシウムも吸収するためであるとおもわれる。(ただし、キノコからこの特異的な高親和性のカリウムトランスポーターをクローニングしたという例は小生は知らない)

(付記3)Hiromi Nakanishi et al . Proceedings of Japan Academy  Ser. B 91 (2015)160-174
      

 

 

2016-12-20 16:25 | カテゴリ:未分類

   放射能汚染地域では、避難して人が入らないので、森林では樹木に様々なツル性植物が自由自在に繁茂しています。このツル性植物は、何らかの遺伝子が欠損しているために単独では重力に抗して空に向かって屹立できないので幹木に着生して上に伸びていくものと思われます(図1、図2)。(おそらく野生のツル性植物は宇宙線やトランスポゾンによる自然突然変異で、ジベレリン生合成系の遺伝子の変異株だろうと思われます。)       

              
  「
このツルアジサイは、名前のようにツルになってのびるアジサイで、貧弱ですがガクアジサイに似た花を咲かせます。付着根という細い根で、高木の幹や岩などにくっついて上っていきますが、付着根は水を吸う働きは無く、吸水はふつうの植物と同じに、地中にのびた根が行います」と言うことです。(付記1)
   

   現地の藪の中で、松の幹木に張り付いて高く高く昇っているいくつかのツル性植物をみて、これが松の木の樹皮などの表層に高濃度で付着している放射能を吸収しているのかどうかを知りたいと思いました。そういえば、これまで小生は着生植物などにあまり着目していませんでした。(よく言われることですが風景は本人がその気にならなければ{見れども見えず}ですね)

     

   そこで、このツルアジサイを松の木から丁寧に引っぺがして、実験室に持って帰り、押し葉乾燥後、オートラジオグラフを撮像しました。
  


スライド1 
図1.ツルアジサイ。ツルのあちこちに細い着生根がでている。下から上に向かっている。
    
    
スライド2


 

 図2.図1のオートラジオグラフ

   
   

スライド3 
 
 図3.図1の同じツルのもっと上の部分。下部に新芽が見られる。右上の部分は樹皮ごとはがれたもので、そこに着生根が食い込んでいる。ツルは左下から時計回りに先端に向かっている。
 
   
    

スライド4 
  
    
    


図4.図3のオートラジオグラフ。新芽や着生根が放射能で内部被曝(すなわち内部標識)されていることがわかる。
 

スライド6 
 
 図5。樹皮に食いついたツルアジサイの細い着生根部分の拡大図
    
    
  
   

スライド7 

 図6.図5のオートラジオグラフ。図4のネガテイブ画像の右うえの部分の拡大図。着生根はあまり強くは感光していない。樹皮は外部被曝の証拠であるホットパーテイクルが付着してつぶつぶに光っている。

    
     
 
 
表1 ツルアジサイの組織部位別放射能: Bq(ベクレル)/kg乾物重
ツルアジサイの放射能jpeg 
   
 

表1や図2,図4で見るように、ツルアジサイではツル性茎の部分の放射能濃度が最も高く、これは全部内部被曝によるものです。また、主ツルや分枝ツルから少しばかりちょろちょろ出ている付着根は葉やツル性茎と比べて圧倒的に放射能が低い。これらのことは、ツルアジサイが着生した松の樹皮から水やセシウムを吸収しているのではなく、松の根元の土壌からたちあがっている主ツル性茎の根そのものから、放射性セシウムを吸収して地上部に移行していることを意味しています。あちこちの付着根はただ我が身を松の幹に支えてもらうための「取っ手」にすぎないことを意味しています。

      

表1に見るように、ツルの放射能濃度が斯くも高いのは、降雨の時の松の樹幹流から松の根元の土壌や落ち葉や腐植層に流下拡散する放射能を、ツルアジサイが吸水とともに効率よく吸収するためではないかと思われます。ツル性植物は一般に鳥の巣材にも使われます。このようにしてツル性植物は放射性セシウムの森林での循環にゆっくりと人知れず関わっていくのだと思われます。

      

 
     
       

(森敏)
  

 付記1ミツバウツギの同定とコメントは若林芳樹(株アスコット)氏によるものです。ありがとうございました! 


 

FC2 Management