2016-12-20 16:25 | カテゴリ:未分類

   放射能汚染地域では、避難して人が入らないので、森林では樹木に様々なツル性植物が自由自在に繁茂しています。このツル性植物は、何らかの遺伝子が欠損しているために単独では重力に抗して空に向かって屹立できないので幹木に着生して上に伸びていくものと思われます(図1、図2)。(おそらく野生のツル性植物は宇宙線やトランスポゾンによる自然突然変異で、ジベレリン生合成系の遺伝子の変異株だろうと思われます。)       

              
  「
このツルアジサイは、名前のようにツルになってのびるアジサイで、貧弱ですがガクアジサイに似た花を咲かせます。付着根という細い根で、高木の幹や岩などにくっついて上っていきますが、付着根は水を吸う働きは無く、吸水はふつうの植物と同じに、地中にのびた根が行います」と言うことです。(付記1)
   

   現地の藪の中で、松の幹木に張り付いて高く高く昇っているいくつかのツル性植物をみて、これが松の木の樹皮などの表層に高濃度で付着している放射能を吸収しているのかどうかを知りたいと思いました。そういえば、これまで小生は着生植物などにあまり着目していませんでした。(よく言われることですが風景は本人がその気にならなければ{見れども見えず}ですね)

     

   そこで、このツルアジサイを松の木から丁寧に引っぺがして、実験室に持って帰り、押し葉乾燥後、オートラジオグラフを撮像しました。
  


スライド1 
図1.ツルアジサイ。ツルのあちこちに細い着生根がでている。下から上に向かっている。
    
    
スライド2


 

 図2.図1のオートラジオグラフ

   
   

スライド3 
 
 図3.図1の同じツルのもっと上の部分。下部に新芽が見られる。右上の部分は樹皮ごとはがれたもので、そこに着生根が食い込んでいる。ツルは左下から時計回りに先端に向かっている。
 
   
    

スライド4 
  
    
    


図4.図3のオートラジオグラフ。新芽や着生根が放射能で内部被曝(すなわち内部標識)されていることがわかる。
 

スライド6 
 
 図5。樹皮に食いついたツルアジサイの細い着生根部分の拡大図
    
    
  
   

スライド7 

 図6.図5のオートラジオグラフ。図4のネガテイブ画像の右うえの部分の拡大図。着生根はあまり強くは感光していない。樹皮は外部被曝の証拠であるホットパーテイクルが付着してつぶつぶに光っている。

    
     
 
 
表1 ツルアジサイの組織部位別放射能: Bq(ベクレル)/kg乾物重
ツルアジサイの放射能jpeg 
   
 

表1や図2,図4で見るように、ツルアジサイではツル性茎の部分の放射能濃度が最も高く、これは全部内部被曝によるものです。また、主ツルや分枝ツルから少しばかりちょろちょろ出ている付着根は葉やツル性茎と比べて圧倒的に放射能が低い。これらのことは、ツルアジサイが着生した松の樹皮から水やセシウムを吸収しているのではなく、松の根元の土壌からたちあがっている主ツル性茎の根そのものから、放射性セシウムを吸収して地上部に移行していることを意味しています。あちこちの付着根はただ我が身を松の幹に支えてもらうための「取っ手」にすぎないことを意味しています。

      

表1に見るように、ツルの放射能濃度が斯くも高いのは、降雨の時の松の樹幹流から松の根元の土壌や落ち葉や腐植層に流下拡散する放射能を、ツルアジサイが吸水とともに効率よく吸収するためではないかと思われます。ツル性植物は一般に鳥の巣材にも使われます。このようにしてツル性植物は放射性セシウムの森林での循環にゆっくりと人知れず関わっていくのだと思われます。

      

 
     
       

(森敏)
  

 付記1ミツバウツギの同定とコメントは若林芳樹(株アスコット)氏によるものです。ありがとうございました! 


 

2016-12-08 14:14 | カテゴリ:未分類
  小生は年のせいで(:今年末から後期高齢者なかまに突入した)、放射能汚染現地調査の途中では、結構頻繁に水分を補給している。そうしないと、足の筋肉への血流が悪くなるためか、時々足がしびれるからである。だから、必然的に頻繁に尿意をもようすので、自動車を降りて道ばたから少し林内に入って、尾籠(びろう)な話で恐縮だが、立ちションベンをする羽目になる。そのときは、必然的にあたりの植生をじっと眺めることになる。もちろんかなりの放射能を浴びながら。そういうときにも結構あたらしい発見がある。
  
     
       飯舘村の 「あいの沢」 は、本来はキャンプ場であったのだが、いまは人っ子一人いない。昨年夏にここでやっと除染作業が行われた。除染といっても道路と道の両側の20メートル幅の山林の下草や土を深さ15センチばかりをとりのぞくのだから、どうしても地下茎で連なっている一部のシダ類などは、のぞき切れていない所がある。そこまで徹底的にやると作業に時間がかかって、だから除染作業員の労賃がかかるので、しかたがないからだろう。一応地表面が毎時0.23マイクロシーベルトにまで低下することを目指しているようではあるが。
  
  昨年の春、例によって小便をすべく林内に入った。数メートル入った林の中の空間線量は毎時4.5マイクロシーベルトであった。そこでは芽を出し始めたばかりの丈の低いワラビが群生していた。
      
  ワラビのいくつかを根から切り取って研究室に持ち帰って、ガイガーカウンターで測定してみると、意外に葉のベータ放射線量が高いので、それをオートラジオグラフに取ってみた(図2)。また、組織を各部位にわけて放射能を測定した(表1)。
 

 
スライド4 
 
 図1.春先の若いワラビの写真

 
スライド5 
図2.図1の若いワラビのオートラジオグラフ
   
 
 


  表1 ワラビの各部位の放射能(ベクレル/Kg乾物重)
 ワラビjpeg  



       図2で定性的に,表1で定量的に明らかなように、シダも未展開葉では若干放射性セシウム含量が高い。しかし、次の図3のように葉が全面展開したものでは、図4、図5で見るように、枝の最先端の葉は少し他より放射能が高いようだが(図5のネガテイブ画像で特に理解されると思う)、比較的放射能は全葉に均一に分布しているように見える。また、一見、左側の茎のみの部分が強く感光しているように見えるが、これは茎が葉に比べて数倍の厚みがあるので、放射能が重なって感光しているためである。


  
 
スライド1 
 図3.浪江町で採取したシダ
 
スライド2 
 
 図4.図3のシダのオートラジオグラフ ポジ画像
 
 
スライド3 
 図5.図3のートラジオグラフ。ネガ画像
 
 
  
地下茎の多年生のシダ類(ワラビはシダ類の一種)はタケノコと同じように地下系が土壌の表層直下数センチあたりを縦横にうねっていて、根がそのあたりまでに大部分が集積している「土壌の可給態の放射能」を吸収して地下系を通じてあちこちの新芽に直ちに分配輸送されるので、いつまでも地上部の放射能が高く推移する可能性が高いのである。


  

 
(森敏)
 
付記1:タケノコについては以下のブログを参照ください。
 
 2016/05/20 :
まだタケノコは要警戒: 給食のタケノコご飯から基準超のセシウム

 
付記2:シダ類の同定には 「フィールド版 写真でわかるシダ図鑑  池田怜伸 著」 トンボ出版 を参考にした。


 
 
 
  
2016-11-01 01:52 | カテゴリ:未分類
以下の日テレのニュースで、「放射線像展」が報道されました。実に的確な報道です。ニュースを再現してご覧ください。
   

http://www.news24.jp/articles/2016/10/29/07345041.html

    
 放射能を特殊な技術で画像に…展示会を開催

20161029 16:20

 

放射能は目に見えないと言われているが、福島第一原発事故で放出された放射能を特殊な技術で画像にした展示会が、29日から埼玉県東松山市のギャラリー「COMEYA」で始まった。

 福島第一原発事故では、放射性セシウムなどが大量に放出され、現在も土壌や生物に蓄積されている。東京大学の森敏名誉教授とカメラマンの加賀谷雅道さんは、汚染した生き物や生活用品などを福島県などで採取し、オートラジオグラフィーという技術を使って可視化し、画像として展示している。

 画像からは植物が吸収した放射性物質が葉脈などを通って全体に広がる様子や、ヘビやカエルなどの生物の内臓に蓄積されている様子を見ることができる。また、横浜市内の屋内に置かれていた空気清浄器のフィルターからも放射能が検出され、事故直後、広い範囲に汚染が広がった実態がうかがわれる。

 展示会を主催したギャラリーは、子育てをしている母親らに、事故のことを忘れず放射能の現実を見てもらうため企画したと語っている。展示会は31日まで開催。
 

追記:以下はNHKの再放送のお知らせです。

今年3月に放映されたNHKスペシャル「被曝の森~原発事故5年目の記録~」

が下記の日程で深夜に再放送されることになりました。

2016118()午前200分~258分(7日深夜)

http://www6.nhk.or.jp/special/program/index.html



2016-10-20 15:58 | カテゴリ:未分類

佐賀高校寮生 
遥かなり十五畷 と記銘されている  旧制佐賀高校生像 佐賀大学本庄キャンパスにて
  
    
        100年の歴史を持つ日本土壌肥料学会が初めて佐賀大学で年次大会を開催した。小生にとって、1960年に大学受験に受かったときに、友人の親戚の経営する武雄温泉の宿にその友人とともに泊まった時以外に佐賀県に降り立ったことがなかったように記憶する。今回の1000人ばかりの学会参加者のどなたに聞いても、「佐賀に来たのは初めてです」という方が多かった。

     

泊まったホテルに観光案内の地図が置いてなかったのにまず驚いた。学会で入手した観光地図を見てみると、佐賀市内図では佐賀城跡公園周辺内外の数箇所のほかには名所旧跡がない。お城の方向にむかっている「唐人通り」というたぶんメインストリートが閉店シャッター街みたいになっていて人通りがほんとうに少ない。タクシーの運転手に聞くと郊外にショッピングモールができて、車でそこに皆さんは買い物に行き、場合によっては土日を過ごすのだそうである。相変わらずの最近の商店街凋落のパターンである。「佐賀名物の食べ物は何ですか?」と聞くと、「サー?」と考え込んで、「有明海がさっぱりだめになって、魚介類が提供できなくなりました。唐津のほうにはイカの刺身がありますが」ということであった。さっぱり観光立県発信の意欲がなさそうだ。

     

小生は最近足腰が弱ってきたので、健康維持のためにホテルから佐賀大学まで約2キロの距離の大通りを歩いて学会会期中3日間往復した。東京に比べて車が少なくてとても空気がさわやかできれいに感じられた。朝夕の人通りも実に閑散としている。初日の小生の学会発表の翌日の午後は日本土壌肥料学会賞受賞者などの講演が延々とあったのだが、会場の冷房が効きすぎて寒い上に、ひざ下からつま先までの足がしびれて「つる」ような感じがしてきたので、エコノミー症候群を恐れて、不謹慎とは思いながら早々に会場を出た。

     

外は暑い日ざしで、観光地図を見ながら、旧佐賀城に向かって歩いた。佐賀城内エリアには、佐賀城本丸歴史館、大隈記念館、徴古館、県立博物館、県立美術館があり、これらを早足で見学した。佐賀城本丸歴史館ではボランテイアの方が、30分でお願いしますとお願いしたのだが、流れるような説明で約1時間にわたって懇切丁寧な江戸時代の藩主鍋島家や長崎の出島に出入りしたシーボルトに関する話を歩きながらしてくれた。

      

別れ際に「ところで唐津の農民作家の山下惣一さんは「佐賀では出る杭は打たれる」とおっしゃっているそうですが、佐賀の県民性についてどう思われますか?」と聞いてみた。少し困った様子だったが、しばらく考えて「そうですね、佐賀の人は、人より先に前に出ずに、少し様子を見てから動き出すところがあるかもしれませんね」という実に慎重な応答だった。

      

次に訪れた「県立美術館」では古賀忠雄氏のすばらしい塑像や、洋画家岡田三郎助の人物画数点を初めてみた。見ていて非常にしっくりきたので、この岡田三郎助をより詳しく知りたいと思った。美術館出口のみやげ物店に佐賀偉人伝シリーズとして、鍋島直正、大隈重信、岡田三郎助、江藤新平,辰野金吾、平山醇左衛門、島義勇、大木喬任、佐野常民、納富介次郎、草葉川、副島種臣などの伝記がずらりと並べられていた。そこで岡田三郎助の伝記(松本誠一著)を購入した(電子書籍でも購入できるようである)。ホテルに帰って読んだら岡田三郎助は藤島武二、竹内栖鳳、横山大観とともに第一回文化勲章を受章しており、主として美人画の権威であることがわかり、これまであまり興味がなかった美人画の見方を多少教わった気がした。

      

佐賀県民が推薦すると思われる上記の人物のうち、小生が知っていた歴史上の人物は大隈重信、江藤新平、大木喬任、辰野金吾のみであり、実に己の不勉強を改めて知らされた。

      

次に、早稲田大学の創始者である大隈重信を記念する「大隈記念館」を訪れた。隣の大隈侯の生家の屋根が葦(よし)で葺き替えられている最中であった。

      

時代は人がつくる

人は学んでつくられる

絶えず学んで、絶えず行動せよ。

      

君たちも必ず失敗することがある。

打ちのめされても落ち込むな。

その失敗こそが大切なんだ。

      

世の中に価値のない人間などいない。

      

施したものに報いを求めるな!

施しを受けた恩を忘れるな!

      

という、大隈侯の生前の言葉が書かれた額縁などがあり、講演の録音が室内に流されていた。これらの言葉は早稲田大学の卒業生には「校是」として常識なんだろうと思われるが、改めて激動の明治維新をたくましく生き抜いてきた大隈侯の実体験からくる言葉と胸に重く受とめることができた。奇しくもこの2階には岡田三郎助が描いた凛とした黒を基調とした「大隈侯婦人像」(90cm x 60cm)が飾られていた。+

       

さてそこで本題に戻るのだが、佐賀県の短い滞在の中で、「小生の中で『なぜ佐賀県は印象が薄いのか』」について、ずっと考えていた。上記の人物たちの中で小生が一番詳しく知っているのは司馬遼太郎が描く江藤新平である。明治維新のフランス民法の立役者である江藤新平は、今ではその詳しい内容は忘れたが、明治政府から下野し、維新改革についていけなかった下級武士の代弁者として佐賀の乱を組織するが、なぜか大久保利通の徹底的な追跡であちこちを敗走したあげく土佐で捕獲されて、無残にも「さらし首の刑」を受けた。一方、大隈重信(総理大臣2)や大木喬任(第一回文部卿)などは、人物育成など文教行政に多大な貢献をした人物として名を成している。
         
  この江藤新平と大隈重信の違いはどこから来たのだろうか。私見では、明治維新改革直後での舵(かじ)取りの危うい明治政府創設期には、江藤新平のような「出る杭(くい)」は、大久保利通にとって、とても厄介で、類似の不満分子の蜂起が全国に髣髴として起こることを警戒して、徹底的に打ちのめさなければならない見せしめの対象であったに違いない。
        
  佐賀県民はこのことを骨の髄まで知っているのかもしれない-このことがすなわち「出る杭になるな」、という県民性に影響したのではないだろうか? などと勝手な妄想をしてみた。(こんな仮説をとなえるとたぶん数多(あまた)の反論がきて、袋叩きに会うに違いないのだが。。。)

              

帰りの佐賀空港では、いまや有明海の希少資源になりつつある「むつごろう」2匹の甘露煮(500円)を2袋、孫のお土産に買った。

           


(森敏)
追記:世界気球大会 が10月28日から11月6日まで佐賀で開催されている。多くのスポンサー企業が付いているようだ。強風で本日(11月1日)は中止だとか。地元では一年かけて準備してきた行事だから成功を祈りたい。「唐人通り」にこの気球関連の事務所があったのを覚えている。
2016-09-07 12:25 | カテゴリ:未分類
 スライド1 
図1.蛇のように茎が太くのたうつアザミの茎
  




   

スライド2 
 図2.指で挟んでいるこの茎の先端にはつぼみが6つくっついている。
 
 

   

 
 スライド3

図3.根は意外と浅く簡単に土壌から引き抜けた。手前は小生の右足の靴。近くの他のアザミに比べて草丈は低く少し「倭化」しているように思われる。   

          

    
  関東の野山はアザミの最盛期である。散歩がてら観察していくと、実に奇妙なアザミを見つけた。まるで2,3匹のヘビが鎌首をもたげているようなのである(図1)。茎の根元が非常に太く、よく数えてみると茎の頭の先端が寸詰まりで、そこに蕾や花が、1つ、2つ、3つ、4つ、6つなどとついている。基本は3つの蕾のようである。明らかに帯化奇形である。
茎が伸びるにしたがって、分枝の位置が寸図まりになって行って、ついに蕾や花が集合した集合花になっている(図2)。

        

「アザミ」研究の権威である国立科学博物館の名誉研究員・理学博士・門田裕一氏の分類(https://www.kahaku.go.jp/research/db/botany/azami/search_word.html)を逐一検討したら、このアザミによく似たものにエチゼンオニアザミがあった。門田氏によれば、頭が2つばかり合体したアザミは珍しくはないということである。だから門田氏の分類の基準には、茎の先端の集合花の合体の数などは問題にしていないようである。

      

しかし福島原発事故以来、関東の帯化タンポポをこの5年間ずっと観察してきた小生の視点からいうと、このアザミの集合蕾(花)を持つ形質はいずれ進化的に固定して、新種になって行くのではないかと思われる。現在アザミの遺伝子については、どこまで読まれているのかわからないが、帯化に関する遺伝子(fas)はおそらく劣性ホモ遺伝子で、それが環境によって、変異を起こして、表現型が帯化として顕在化したものと思われるのである。

     

小生が見つけた変異種はすでに平均3つの集合花をつけるようになっているので、もし6つ以上の花をつけているアザミを見つけたら、小生が2014年に一番最初にこのようなアザミ株を見つけた場所である軽井沢の雲場池湖畔

2014/09/08 : 「6頭」の奇形アザミを見つけた

にちなんで「カルイザワアザミ」と名命し(門田氏によれば最初に見つけた場所で命名しているようなので)、俗称「クニコアザミ」と呼んでください。むろん牧野富太郎の「スエコザサ」にちなんだものです。自意識過剰老人の恥も外聞もないきざな話で恐縮です。

 

       

(森敏)

付記1: これまで観察してきた「帯化タンポポ」の場合は2頭のもの以外は、蕾が集合して合体して集合花になってしまっているものが大部分です。

タンポポの多様な奇形花房発見!! :植物に対する放射線の影響(II)
   

付記2:よく知られているようにいろいろな品種のケイトウ(鶏頭)の花は帯化遺伝子の変異が固定したものです。劣性ホモのfas遺伝子の対立遺伝子が二つとも欠失したか二つとも変異したものが園芸品種として選抜されたものです。

     

付記3: わが郷里高知の敬愛する牧野富太郎博士は積年の苦労を掛けた妻「寿衛子」にちなんで新しく発見した笹の品種を(スエコザサ)と命名しました。
     
付記4:門田氏が分類したアザミの中で唯一「コイブキアザミ」の蕾が、画像で判別する限り3頭の集合蕾になっているのですが、門田氏はそのような特徴に関して特段に言及をしていません。あきらかにfas遺伝子の変異種だと思われます。
  
付記5: fas遺伝子とは、この遺伝子が変異すると茎の 帯化(たいか:fasciation) を誘起する遺伝子のことです。
 
付記:
図4.図2の採取地点から10kmはなれた別の場所で採取した6頭アザミの写真です。うまく全貌の写真が取れないのですが、大輪の裏側に小さな2頭のつぼみが隠れています。
6頭のタンポポプレゼンテーション1

  


FC2 Management