2017-02-05 05:41 | カテゴリ:未分類

昨年夏に福島県浪江町で車を転がしていると、道路脇に低木の新鮮な若木がはえていたので、何気なくサンプリングして、大学に持ち帰った。サーベイメーターで測ると、葉の部分が異常に高い放射能値(660 cpm) を示した。葉の部分がこんなに高い内部被曝の植物はこれまで検知したことがなかったので、これは外部被曝のせいかな?と思った (図1,図2.)。

  

そこで押し葉にしたら、葉は実にペラペラの半透明で薄い紙のようになった。だからオートラジオグラフを撮ると実に鮮明な像がとれた。(図3,図4)。枝分かれしたどの葉も葉脈が明快にわかり、葉脈間もほぼ均一に内部被曝していることがわかる。外部被曝は全くない。

     

  木本(もくほん)で地上部がこんなに放射能が高いのはこれまで経験がない。あまり気にしていなかったのだが、この植物が生えていた土壌が腐葉土で可溶性の放射性セシウムを大量に含んでいたのかもしれない。あるいは、この植物の根のカリウムイオン・トランスポーター(膜輸送体)がかなり特異的にセシウムイオンも吸収するトランスポーターなのかもしれない。セシウムイオンの濃度を調べる必要が出てきた。この植物は意外にセシウムを濃縮する植物なのかもしれない。

 

  この植物の名前が長い間わからなかったのだが専門家に同定してもらったところ「ミツバウツギ」ということである。
     
  表1でもわかるように、この植物の葉や茎はとてつもなく高い放射線量で被曝をしていることがわかる。繰り返すが、図3,図4でわかるようにこの植物は全く外部被曝に特徴的なホットパーテイクルが見られない、すなわち全部腐葉土から放射能を吸収したものである。

      

 

 

 





ミツバウツギ低木jpeg 
 図1.ミツバウツギ。光っているのはセロテープ。
 
       
 
 
スライド1 
 図2 ミツバウツギ 黄色のメモ用紙にガイガーカウンターでの測定値(cpm:1分間計数値)がかかれている。
 
     
    
 
スライド2 
図3.図2のオートラジオブラフ(ポジテイブ画像)放射能がどの葉にも均一に分布していることがわかる。全部内部被曝である。

 




 
スライド3 
図4。図3のネガテイブ画像 中心部の茎の分かれ目が強く感光しているのは、いつも説明していますが,ここは導管と師管が複雑に入り乱れている部分なので放射能の滞留量が多いからなのです。
  

  

       

表1 ミツバウツギの放射能 


ミツバウツギの放射能jpeg 
(森敏)
謝辞: ミツバウツギは若林芳樹(株アスコット)氏による同定です。ありがとうございました!

2017-01-25 04:09 | カテゴリ:未分類
 

  これまでに複数回キク科の植物を採取してオートラジオグラフを撮ったことがあるのだが、どうもキク科はセシウムの地上部への移行が悪い(移行係数が低い)のではないかとずっと思っていた。

 

  1昨年の秋あちこちにキクが最盛期を迎えていたので、道ばたに一株旺盛にはえているきわめてありふれたキクをランダムに枝の部分から数本採取した。

   
 
図1.道路端のノジギク
スライド1 
     
       
 図2.図1のノジギクのオートラジオグラフ(数値はガイガーカウンターの値)
 
スライド2
    
 
 図3. 図2のネガテイブ画像
のじぎくネガjpeg  
 
     
   
スライド1 
表1. ノジギクの放射能
    
     
        
   これを台紙に貼り付けてガイガーカウンターであらためてベータ線量を量ると枝ごとにかなりのばらつきがあった(図1)。そこで実際にオートラジオグラフを撮ると、枝ごとにかなり濃淡が出た(図2、図3)。

          

   多分、ある枝に対応する根は可溶性の放射能を含んだ土壌に接しており、それを吸い上げたのだろう。一方、別の枝に対応する根は放射能が固着した土壌に接しており、セシウムを吸収しなかったのだろう。

            

   組織を部位ごとにわけて放射能を測定したら、表1 のようになった。葉 > 花 >茎 の順に濃度が高いのだが、オートラジオグラフでは一番花が強く感光しているように見える。これは全体を押し葉にしたので花が花びらやその他の生殖器官で折り重なって凝集しているので、多重に放射線を発してフィルム(IP-プレート)が感光しているからである。葉の部分でも折り重なっているところは濃く感光していることがわかる。
       
  植物は根が土壌中に深いか、浅いか。根の生長点や根毛が土壌の放射能に接しているかどうか。などの微妙な差異によって、道管を通って地上部の対応する組織まで放射能が到達する量が極端に変動することが明らかになった。すでに漠然と明らかになっていることだが、こんなにはっきりと差が出るとは予期していなかった。
     
  従って、いささか専門的な議論になるが、
植物による放射性セシウムの「移行係数」なるモノは、根がどっぷりと浸かった水耕栽培でしか評価できないと断言できる。すなわち:
移行係数=地上部の放射性セシウム濃度/水耕液の放射性セシウム濃度
この値は従来から土耕栽培やフィールドで測定されている
移行係数=地上部の放射性セシウム濃度/土壌の放射性セシウム濃度
よりも、はるかに高くなると考えられる。

   
      
   
    
(森敏)
   
     

付記1.植物学者の牧野富太郎はこのキクを郷里の土佐吾川郡川口村の仁淀川河畔で発見して、のぢきく(野路菊)と新称し、ラテン学名に自分の名 Makino を付した。すなわち、Chrisanthemum morifolium Ramat. var.spontaneum Makino と命名した。
しかし彼はその後全国を旅しているうちに、この菊がいわゆる「家植菊」と同種に属し、既知の「小菊」と酷似して区別できないことを知った。これが栽培されていくうちに好事家によって大輪の様々な園芸新種に改良されていったのであろう、と記している。つまり、のぢきく が原種に近い品種であると認識した訳である。
牧野富太郎は発見したこの野地菊の写生図を、以下のように牧野植物図鑑(北隆館)の第12図版に重要な発見として特別に載せている。
 
まきのにじぎくjpeg 

この写生図を見てもわかるように、牧野は根の形態には全く着目していない。
 
追記1: イネに関して今回の原発事故による放射能汚染土壌水田からサンプリングしたイネに関しては、『移行係数』は0.57-0.017と300倍にもなる、大きな幅のばらつきがある。
2017-01-10 04:23 | カテゴリ:未分類
 

昨年「5月に、南相馬で住民がヒヨドリの死体を拾ったので、オートラジオグラフの撮像が可能かどうか」という問い合わせが、群像舎の 岩崎 雅典監督からあった。以前にキビタキとツバメの放射線像の撮像に成功した経験があったので「やってみましょう」という返事をしたら、ヒヨドリの冷凍サンプルが宅急便で送られてきた。
        
   2012/05/29 : キビタキの幼鳥の被爆像
   2016/03/06 : ツバメの放射能汚染像について

     

サーベイメーターでヒヨドリの体をくまなくスキャンすると、どうやら確かに放射線が出ているように思われたので、慎重に作業に取りかかった。

       

まず、この死体からは胸元から血が出ていた。鳶や鷹か、はたまたイタチかテンなどの陸上の動物に攻撃されて逃げたが力尽きて墜落たのかもしれない。この血の中にも内部被曝した放射能の一部があるかもしれないので、ペーパータオルをあてがった。その上で、鳥の羽を伸ばし、鳥の頭を横向きにして、上から本で押して、全体を電子レンジで十分乾燥したシリカゲルが詰まったお菓子の四角いブリキ製の箱の中に入れて、完全にふたをして密閉した。一ヶ月後にふたを開けて、乾燥死体を取り出して、これをサランラップでくるんだのち、オートラジオグラフ用のカセットに2枚のIP-プレートで上下から挟んで圧着してその上からさらに鉛のブロックで荷重をかけて約半年放置した(図1、図4)。荷重をかけるのは、できるだけIP-プレート(イメージングプレート)と死体を密着させるためである。感光後の死体はゲルマニウム半導体で放射能を測定した。

         

  結果が図2、図3、図5、図7、図8である。表1にはヒヨドリ全体の放射能値を示している。血液中に放射能が確実に認められ、表1にはその値も合算して計算している。


 
 
 
 
 
スライド1 


 
 
 図1.ヒヨドリの腹側 胸に穴があいている





  
スライド2 
 
 

 図2.図1のオートラジオグラフ(ポジテイブ画像).傷ついた内蔵が被曝している。眼球や脳も内部被曝している。
 

 
スライド3 
 
 図3.図1のオートラジオグラフ。ネガテイブ画像。
   
   

 
スライド4 
 
 
 図4.胸に穴があいている。その拡大写真。肺か肝臓か?
   

 
 
スライド5 
 
 図5.図3の腹胸部汚染拡大図

 
 
 
 
 
 
スライド6 
 
 図6.ヒヨドリの背側
 
 
 
スライド7 
 
 
 図7.図6のオートラジオグラフ(ポジテイブ画像).右肩に一点ホットパーテイクルが認められる。わずかな外部被曝である。眼球、脳、両脚、左右の背骨筋なども内部汚染している。

 
 
スライド8 

図8.図6のオートラジオグラフ(ネガテイブ画像)。
 
    
       

表1. ヒヨドリの体全体の放射能
 
スライド1
 
(森敏)
付記: 以上のデーターの公開は、群像舎の 岩崎 雅典監督の許可を得ています。
2016-12-15 12:21 | カテゴリ:未分類
 

以前に、原発事故1年後のヒノキの放射能汚染について外部被爆を中心に報告しました。

   2012/05/24 : ヒノキの放射能被爆像

           

 原発事故後5年半以上経った現在のヒノキはどうなっているのでしょうか?
 

       現地で観察すると1本のヒノキのある枝には時々異常な数の種子を付けています(図1)。事故以来あちこちのヒノキをずっと観測しつづけているのですが、その法則性が今ひとつつかめていません。本来栄養組織である葉になるべきものが、発生の途中で何らかのきっかけで分裂異常が起こり、生殖器官である球果になる確率が高まったのではないかと思われます。
 



スライド2 
 
図1.異常な数の球果を付けたヒノキの枝(浪江町大堀地区)

   


     図2をみると、この2つの枝全体には、どこにも外部被爆を思わせる、放射能の黒い斑点がみられないので、このオートグラフの画像は全部内部被爆のセシウムによるものです。つまり原発爆発時に降下したセシウムが付着した樹皮から吸収されたものが、ヒノキの体内のどこかにストックされたものからと、当時土に降下したり、木の地上部全体が放射能によって被曝した、その放射能が、降雨による溶脱や樹幹流やで土に浸透した。そのセシウムが根から吸収されて、この枝にはるばると転流してきたものとしか考えられません。
   


 
スライド3 
 
 
 図2.図1.のオートラジオグラフ(ポジテイブ画像) 球果が強く内部被曝している。球果の中には種子が含まれているのでその放射能も積算されて感光している。(表1.参照ください)

 
 
スライド4 

 
  図3.図1のオートラジオグラフ (ネガテイブ画像)
 
  
  
 
   


表1.図1の植物を解体して部位ごとの放射能の濃度を測定したもの

スライド1    

  この枝全体を細かく解体して、組織ごとの放射能の濃度を測定すると、上記表1のようになりました。放射能濃度の強い順に 球果の殻>新葉>種子>枝>旧葉 となりました。種子の値が結構高いことに驚かされます。ヒノキは旧い葉から枯れていくので、その過程で、旧葉のセシウムがカリウムとともに徐々に枝を通って新葉や種子に転流していると考えられます。(今はやりの「オートファジーという現象」ですね)

     

球果は種子が中で育成されていく容器なので、そこにいったん入ったセシウムは殻を形成して固着して再度動くことはありません。ですので、この殻の部分はセシウムがたまる一方であると考えられます。だから一番放射能濃度が高いのでしょう。一方、種子はセシウムをため込みながら(実際にはカリウムをため込んでいるのですが、セシウムがあるとそれも間違ってため込んでしまうのです)同時に来るべき種子発芽の時の栄養源として、でんぷんやタンパクを合成してため込んでいく必要があるのでので、セシウムの濃度が次第に薄まるものと考えられます。

    

どんどん細胞が分裂と伸張を繰り返して組織を大きくしている新葉もカリウムの要求量が高いので同じ挙動を示すセシウム濃度も高くなっているのです。

   
 
(森敏)

付記:ヒノキの2014年の像については
「放射線像 放射能を可視化する」(皓星社)の92ページ-94ページに載せています。この像では、被曝初期のものであるので、枝の基部の外部被曝が顕著です。 


2016-08-26 11:52 | カテゴリ:未分類

浪江の農業用水路に野生の水生「セリ」が生え始めていたので、長靴で降りて、丁寧に数株を採取した。根は用水路の放射能汚染土壌によって直接外部汚染しても仕方がないけれど、地上部は水にたえず洗われているので、葉は外部被曝はなく内部被爆だけだろうと思って、それを確認したかったからである。

 

セリは水にぬれて新聞紙にびったりとくっついてきれいに葉の形状を保存するための乾燥が難しかったが、何とかやり遂げて(図1)オートラジオグラフを撮像した(図2)。

(図1) ミズセリ(原図)反射しているのはセロテープです。
スライド1

  
 (図2) 図1のミズセリの オートラジオグラフ (上から4分の3が撮像されています)
スライド2

結果は、根に付着した土壌が一番濃く撮っているが、予想外にセリの体のあちこちにも用水路の放射性土壌粉末がこびりついた汚い画像になった。もちろん葉の部分も内部被曝している。新聞紙による乾燥作業中、どうも「乾きにくくて、新聞紙からはがしにくいなー」と思っていたのだが、どうやらセリの葉の表面は粘土などを粘着する分泌物質によって目に見えないくらい薄く覆われているのかもしれない。

 

農業用水には大雨が降ったときに森林の表土や、溜め池などから、いつも細かい泥や砂が流れ込んでいるので、いくら用水の泥を掻き出して除染しても無駄である。これらはいずれ下流の阿武隈川から海に流れ出ているのである。

 

用水の上流の森林を除染しない限り、用水から田圃に汚染土壌が流れ込むので、水田の除染後の用水管理が重要である。過去の鉱山廃液からのカドミウム汚染土壌では、水田の土壌を剥離したあと山土で客土しても、また何十年かのちには、鉱山採掘残土の堆積場などから用水を通じてカドミウムが水田に蓄積していくだろうという確実な試算がある。放射性セシウムの場合でも、たとえイネ(水稲)には吸収されにくい「土壌固着」の放射性セシウムになっていても、水田稲作栽培期間中に農業用水が水口(みなくち)から順次田面に拡散していく過程で放射能が集積していく可能性が高い。福島県や農水省ではこのあたりの長期観測体制はできているのだろうか? 是非モデル圃場を数カ所確保して長期にわたる実証試験をしてほしいものである(ひょっとして、もうしているのかな?)。

    

     

 (森敏)
追記:このセリの根の部分を切りはなして、葉の部分のみを測ったら、以下の放射能値であった。
Cs-134:  25 Bq/kg
Cs-137:  153 Bq/kg
合計:   178 Bq/kg
ということで、食べられない。

FC2 Management