fc2ブログ
2022-11-13 14:32 | カテゴリ:未分類
ヘルソン入場 写真はBBCニュースより転載
  
  ウクライナ軍がヘルソン州の首都ヘルソン市をロシア軍から奪還した。というよりも、ロシア政府の発表によると、ロシア軍は、ロシア政府が正式に撤退を表明した後の、わずか2日間で兵士や戦車や砲弾を残さずに迅速に退却したことになる。これが真実だとすればロシア軍は、実に統制が取れている正規軍をこの激戦地区に配置していたことになる。

  そんな奇跡的撤退はありえないので、撤退宣言のはるか以前から撤退の準備をしていに違いない。世界がロシアに騙されていたのである。

  ウクライナ軍による取り残された残留兵狩り(投降勧告)が始まるだろうが、そこでどれだけの兵士が取り残されたかが明らかになるだろう。

  ヘルソン州は今後は冬を迎えて、ドニプロ河(昔、日本の地理の授業ではドニエプル河と学んだ気がする。今でも日本のマスコミは両方の名前を使っている)をはさんで西岸のウクライナ軍と東岸のロシア軍が対峙することになる。ヘルソン州内のドニプロ河のすべての橋が破壊されていると報道されているので、両軍ともに渡河することが困難で、今後の渡河作戦がお互いの軍の焦点となる。

  「しばらくはドローンや航空機による飛び道具による爆撃作戦(空中戦)が展開されるだろう。その間に凍結した真冬の陸上戦に向けての人海作戦(human wave)が隠密裏に実施されることになる。」と、日本の軍事評論家たちは宣(のたま)っている。

カホフカダム崩壊

  
  ただし、現在の時点で人工衛星の空からの映像では、上図のようにカホフカ橋が一部崩壊していることが非常に懸念すべきことである。右岸側の破損部位は、ダムの調節機能が作用できない部分のようなので、上流の水位の急激な低下と、この川の上流にあるカホフカ原子力発電所の取水量が徐々に低下して、冷却機能がなくなり、原子炉が暴発しないか本気で心配になってきた。このような放射能汚染の懸念は依然のwinepブログでも述べておいた。

  このダムはドニプロ河からクリミヤ半島にも分流されていて、クリミヤ半島の重要な唯一の給水源となっているので、その水量の低下が極端に起こらないような爆破をロシア軍がしているようにも見受けられる。クリミヤ半島はロシア領土だと狂犬プーチンは宣言しているのだから。しかもヘルソン州西岸の住民を数万人クリミヤ半島に避難させたようなので、そこで水飢饉が起こったらそれこそロシアのオウンゴール(自損事故)になってしまうだろうから。
  
  だから、カホフカ大橋ダムのさらに詳細な映像が待たれる。


(森敏)


追記1.その後テレビ朝日の映像で以下のようなカホフカ大橋の全長の衛星写真が放映された。

カホクハ大橋爆破

追記2.またその後以下のように、ロイターにより破壊前のカホフカ大橋/ダムの衛星写真が紹介された。この記事によればロシア側はウクライナが橋を破壊したと言っている。

破壊前におカホフカダムか?

追記3.その後ロシア側の報道で、カホフカ橋の爆破の動画が開示された。右岸のダム3桁が破壊された。今後このダムの上流の貯水量の減少速度がどうなるか大いに危惧される。

2022-10-21 15:17 | カテゴリ:未分類
コメント続けてきたが、基本に立ち返る…テレ朝・玉川徹氏、続投発言の全文
2022/10/19 08:27 テレビ朝日転載
19日午前8時から放送された「羽鳥慎一モーニングショー」での玉川徹氏の発言は以下の通り。

「おはようございます。今回の私の事実誤認のコメントにより、ご迷惑をおかけした電通および菅前総理大臣に対し、改めておわび申し上げます。このような事実に基づかない発言をテレビでしてしまったということ、それは私の慢心とおごりがあったからだと反省いたしました。申し訳ございませんでした。
謹慎の10日間、私は事実確認の大切さ、テレビで発言することの責任の重さを考え続けました。そして、事実確認こそが報道の根幹であり、その原点に立ち返るべきだと考えました。これまで私はスタジオでさまざまなニュースに対しコメントを続けてきましたが、これからは現場に足を運び、取材をし、事実確認をして報告する、その基本にもう一度立ち返るべきだと考えました。そして、その結果は、この「羽鳥慎一モーニングショー」でお伝えする。そういう風な考えに、私は今回、至りました。
この間、報道局幹部とも話し合いを続け、このような私の考えを理解してもらいました。視聴者の皆さまにもご理解をいただければと感じます。今後は、このような形で仕事を続けて参りますが、ご支援の程、よろしくお願いいたします。」

 
 
  今世間を騒がせているテレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」での玉川徹コメンテーターの発言については、彼は以上のように弁明して、10日間の謹慎処分が開けて、今後も続投するというテレビ局の決定のようである。妥当な決着ではなかろうか。

   小生は玉川徹氏が、タンポポの奇形の原因を追跡した、
「化学物質列島汚染」 玉川徹 講談社α新書 
という優れた啓蒙書を2009年に出版していることを知っている。それは小生が2011年の福島原発事故後に多発した「タンポポの奇形」(帯化)をずっと調査してきたからである。だが、多くのテレビの視聴者はそのことを知らないのではなかろうか。

   この本を読むと(中身の詳細は省くが)、彼は京都大学農学部の修士課程を修了しているから、科学(サイエンス)とは何ぞやということを基本的に理解していることがよくわかる。だからこそ局内でも長く重用さていたのではないだろうか。
   
   今回の玉川氏の発言は、彼自身が反省しているように、報道の基本である現場で取材した事実に基づかない逸脱(オーバーラン)であったのだろう。どこの時点からか常設コメンテーターとしてテレビに登場するようになって、おごりに溺れて、つい我を忘れていたのだろう。

  自然科学の基本である事実認定(fact -finding)の精神に立ち返り、得意分野でのコメンテーターとして頑張ってもらいたいものだ。あまり政治の魑魅魍魎に足をすくわれないように。
   
現在ウクライナ戦争では、さすがに軽がろしく、ロシアとウクライナの戦略や戦術を、素人がコメントすることができない。なので、どのテレビ局も、主に防衛省の現役や退役自衛官や、外国の元軍関係者や、軍事オタクや、元外交官や、大学のロシア史などの専門家に出演してもらっている。

  日々局面が展開している戦況の予測が、あまりにも大きく外れる“ほら吹き男爵”や、抽象論しか語れない専門家は徐々にテレビ画面から淘汰されているようだ。

  自衛官関係者は言質を取られまいとするあまり、あまりにも慎重すぎて、聞いていると、歯切れが悪くて、もどかしくてイライラする場合が多い。戦闘当事者ではないので、無理もないが。



(森敏)
2022-10-17 14:34 | カテゴリ:未分類
  今から38年前のチェリノブイリ原発暴発事故で、その後の生態系の変化を研究している研究者が、現在のチェリノブイリ周辺のアマガエルの分布を調べて、黒いアマガエルが放射線耐性種として生き残り緑色のカエルが放射線に感受性で、高い放射線環境の中で世代交代の中で淘汰されていったのだろうと結論している。

  詳細に観察すれば同じことが福島県内の高線量地域でも検出されるのではないだろうか?


カエルの適応変移



(論文の題目)
チョルノブイリ産アマガエルにおける電離放射線とメカニズム

(掲載雑誌) Evolutionary Applications. 2022;15:1469–1479. 
(著者)Pablo Burraco, Germán Orizaola

Pablo Burraco, Doñana Biological Station (CSIC), 41092 Seville, Spain.
Email: burraco@ebd.csic.es

上図の説明
(a) チョルノブイリ事故警戒区域の内側(CEZ)と外側(CEZ)の放射線勾配を横切って生息するヒガシオオアマガエル(Hyla orientalis)のオスの背部皮膚輝度。
(b) H. orientalisオスの背部皮膚輝度の範囲(左から5、20、30、40、60の輝度値)。

論文の概要
人間の行為によって、世界中の生態系が変化している。
人間が放出した汚染物質の中で、電離放射線はまれではあるが、自然システムに対して壊滅的な脅威となる可能性がある。
チョルノブイリ事故(1986年)は、環境中に放出された放射性物質の中で最大のものである。
我々の目的は、チェルノブイリ事故による放射線被曝がイースタンツリーフロッグ(Hyla orientalis)の雄の背部皮膚の色彩に及ぼす影響を調べることである。
我々は、カエルの皮膚の色彩(イオンに対する防御機構として機能する)と
皮膚の色調(電離放射線に対する防御機構として機能する)と放射線条件、酸化ストレスレベルとの関係を評価した。
事故当時、放射線量が高かった地域に近い地域ほど皮膚の色が濃かったが、現在の放射線量では皮膚の色には影響がないようだ
チョルノブイリ産のツリーガエルでは、現在の放射線量は皮膚の色調に影響を与えないようである。
チェルノブイリ事故後の立ち入り禁止区域内に生息するアマガエルは、区域外のアマガエルに比べ、背面の皮膚の色が著しく濃くなった。
暗い皮膚色の維持は、カエルの体調や酸化状態などの生理的コストとは関連がなく、カエルの色調の短期的な変化も検出されなかった。
暗色化は、フリーラジカルの中和やDNA損傷の軽減によって、さまざまな放射線源から身を守ることが知られており、特にメラニン色素は電離放射線に対する緩衝機構として提唱されている。
今回の結果は、事故当時と思われる高レベルの電離放射線への被ばくが、チョルノブイリ産ツリーガエルのより濃い色調を選択した可能性を示唆している。
今回見つかったパターンの基本的なメカニズムと進化的な帰結を明らかにするためには、さらなる研究が必要である。

(結論)
メラニンの保護的な役割は、これまでチョルノブイリで発見された菌類などばかりでなく電離放射線に曝された野生の脊椎動物にまで及んでいる可能性がある。
歴史的に放射線量が高く、ユーメラニン系色素の生産コストが高くないために、チョルノブイリ産ツリーガエルにおける暗色色素の選択と維持を促進した可能性がある。
今後、放射能汚染環境における黒色色素の原因と結果を明らかにするためのさらなる研究が必要であり、それは長期間の電離放射線被曝が野生生物に及ぼす生態進化的影響についてより深い理解を得ることにつながるだろう。

2022-09-28 15:25 | カテゴリ:未分類
NATOの核戦略体制が具体的にどのようになっているかは、アメリカやNATOの当事者だけしか知らないことである。だから、ウクライナの人民が狂犬プーチンの繰り返し唱える戦術核に対する恫喝におびえるのは当然だ。

  長距離の戦略核についてはその準備の動向が宇宙の人工衛星から常時偵察で監視されているはずだから、先手必勝(専守防衛?)でNATOやアメリカはそのミサイルの発射拠点をつぶすことができるかもしれないが、短距離の戦術核については準備動向の正確な検知が困難と思われるので、ロシアが先制攻撃に成功する可能性が高いと思われる。

  ロシアによる核攻撃が実践された場合に、それに対抗してアメリカやNATOがどう振舞うのかが、これまでのところ、まったく開示されていないのは、「”核戦略をあいまいにしておく” ことを身上とするのが相手に恐怖を与える最大の抑止力になる」、というのがこれまでの練りに練られた”核戦略指針”ということらしいから、素人が口出しできないところだ。

  しかし、少なくとも戦術核に関しては、ロシアがそれを実践した場合には、NATOやアメリカがどのように反撃するかを今から世界に向けて明確にしておく必要があると思う。

  ロシアが戦術核でウクライナの土地や海上のどこかに局所的な放射能汚染を出した場合は、ウクライナやNATOやアメリカはどこまでその屈辱に耐えるのだろうか?

  戦術核が発射されて、数分遅れても直ちに、同規模の戦術核をモスクワに向けて発射するのか、それとも同規模の戦術核をロシアの地方都市に落とすのか、などなど明確にすべきではなかろうか?。これは決して素人が考えるばかげたシミュレーションではないはずだ。狂犬プーチンとその取り巻きが、しばしば「核による恫喝」をしていることだから、絶対に軽く見てはいけない。

  小生が思うに、以前にも述べたが、核に関して一番採用されうるロシア側のシナリオは、ウクライナの原子炉1基をまず通常兵器で爆発させることではないだろうか。この際狂犬プーチンは必ずや「ウクライナ側が自分で原子炉自爆テロをした」とでっちあげのプロパガンダを行うだろう。

  この場合は、具体的にロシアが戦術核を撃ち込んだのではなく、高性能ロケット砲を原子炉に命中させて、原子炉を危機に陥れたわけだから、ロシア側が最初に核を使った、という非難は一見当たらないことになる。

  だから今からウクライナやNATOやアメリカは、ロシアがウクライナの原子炉を破壊して放射能をまき散らした場合は、戦略核をロシアがウクライナに打ち込んだと同等の行為とみなす、と宣告しておく必要がある。

  そう宣言しておかないと、NATOやアメリカがその後のどんな巧妙な反撃のための核戦略を行使しても、世界は「反撃のためとはいえ積極的に核を最初に使ったのはNATOやアメリカ側である」という非難を国連などで轟轟(ごうごう)と受けかねないことになる。この非難決議には、ロシア側にもウクライナ側にもいつも立場をあいまいにしてきた狡猾な数十か国の第三者国群を、親ロシア側になびかせることは必定だと思われる。





米国防総省「ロシアに核戦力の態勢を変えるほどの変化見られず」[2022/09/28 04:50]
ロシアがウクライナに対し、核の脅しをちらつかせるなか、アメリカ国防総省は核兵器の使用を巡ってロシア側に変化は見られないとの認識を示しました。

 ロシア前大統領のメドベージェフ安全保障会議副議長は27日、ロシアには核兵器で自衛する権利があり、ウクライナを核兵器で攻撃してもNATO=北大西洋条約機構は介入しないだろうと自身のSNSに投稿しました。

 プーチン大統領も21日、ウクライナでの「住民投票」に関連して、「我が国の領土の一体性が脅威にさらされる場合に、ロシアが保持するすべての手段を利用する」と述べ、核兵器使用の可能性に言及しています。

 アメリカ国防総省のライダー報道官は27日、ロシアによる一連の核の脅しを真剣に受け止めているとしたうえで、ロシア側にアメリカの核戦力の態勢を変えさせるほどの変化は見られないとの認識を示しました。(C) CABLE NEWS NETWORK 2022

    
(森敏)
追記1:この原稿とは関係ないが、下掲の写真は、放送から切り取ったものである。破壊しつくされたウクライナの村の現状を背景に嘆く辛くも生き延びたオバーさんの悲嘆。この地方では最近、国連食糧援助機構から村人たちは食料を差し入れされている。狂犬プーチンはウクライナ人を人とも思っていないのだろう。うちつづくロケット砲によって、家屋が破壊されて、衣食住がはく奪されて、本当に自尊心がくじけそうな疲れ切ったオバーさんの顔だ。
AFP BBNews
「悲惨ですよ。村中が破壊されました。以前はとても素敵な村だったのに、破壊されてしまいました。」

 
 
追記2. 実にしつこく危険なロシア軍のザポリージャ原発攻め
ザポリージャ原発に新たに砲撃と爆発…タービン建屋の窓ガラス割れる

読売新聞2022/09/28 17:54
 【ベルリン=中西賢司】国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ事務局長は27日、ロシア軍が占拠するウクライナ南部ザポリージャ原子力発電所の敷地内で、26~27日に新たな砲撃と爆発があったと明らかにした。
 発表によると、ザポリージャ原発で26日夕、配電施設付近に砲撃があった。被害の報告は受けていないという。27日朝には、原子炉建屋に冷却用の水を送る水路付近で爆発が2回発生し、2号機のタービン建屋の窓ガラスが割れた。爆発の原因は調査中という。
 グロッシ氏は声明で、「(原発の)全体的な状況は依然として不安定だ。重大事故のリスクを減らすために早急な行動が必要だ」と述べ、原発周辺での「安全保護地帯」の設置を改めて訴えた。


2022-09-10 20:09 | カテゴリ:未分類
以下小生が予想したとおりに危険な事態がザポリジャ原発6基のメルトダウンに向かって進行している。このままだと10日以内に東電福島第一原発の再来だ。爆発したら、ウクライナ戦争どころではないだろう。世界がカオスに陥る。(森敏)

    
      
IAEA、露軍占拠のザポリージャ原発「外部電源復旧の可能性ほぼない」…砲撃の即時停止求める
読売新聞 2022/09/10 19:27
 
 【キーウ=梁田真樹子】国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ事務局長は9日、ロシア軍が占拠するウクライナ南部ザポリージャ原子力発電所に関し、原子炉の安定維持に必要な「外部電源が失われている」と述べた。復旧も困難だという。「原子力事故の危険性が増大している」と危機感を示し、砲撃の即時停止を改めて求めた。
 グロッシ氏はビデオ声明で、原発の外部電源となる近隣の火力発電所の送電施設が8日夜に砲撃されたとし、「信頼できる外部電源が復旧する可能性はほぼなくなっている」と懸念を表明した。
 火力発電所は、原発が電源機能を失った場合などに、原子炉の冷却に使う非常用電力を供給する役割があるが、今回の砲撃で、非常用の送電線全3本が機能しなくなった。外部電力網とつながる通常用の送電線全4本も既に損傷している。
 原発には6基の原子炉があり、元々4基の原発が停止していた。8月から砲撃が相次ぎ、今月3日、5号機も運転を停止した。唯一稼働している6号機が原発全体の安全維持に必要な電力を供給しているが、グロッシ氏は、外部電源の確保が困難なため、6号機の運転停止も検討が始まっていると明らかにした。
 6号機を停止した場合、非常用のディーゼル発電機20機で原子炉を冷却することになる。ただ、ウクライナの国営原子力企業エネルゴアトムによると、発電機の燃料は10日分しかない。戦闘の影響で追加調達の見通しも立っていない。原子炉の冷却が停止すれば、「約90分」で炉心溶融(メルトダウン)が始まるとしている。ロシアとウクライナは砲撃について、互いに相手の攻撃だと非難している。
 エネルゴアトムのトップは9日、AFP通信に対し、原発のウクライナ人職員2人がロシア側に暴行を受け死亡したことを明らかにした。10人が行方不明で、約200人が拘束されているという。



付記:本日は実に美しい中秋の名月を見た。
FC2 Management