2016-04-13 10:29 | カテゴリ:未分類

China Times 


   

 4月10日のThe China Post  (英文中国郵報)という台湾の英字新聞に、われわれの『放射線像」が5枚掲載されました。ヒノキ、はさみ、お賽銭,ネズミ、不明の野生植物、などです。周知のように台湾でも福島の事故を受けて脱原発運動が盛んです。この英字新聞を通して、世界中の華僑や香港の中国人も『放射線像』に注目してくれることを願っています。これを契機に、原発を稼働している韓国や中華人民共和国の新聞にも「放射線像」が掲載されることを期待しています。まだアメリカの新聞からは「放射線像」掲載のオファーが来ないようですが、ねばり強く、呼び掛けています。

          
  このThe China Post の新聞記者は、フォトジャーナリストの加賀谷雅道氏が現在諸外国各地での『放射線像』の展示会で使用している原稿を、「あくまで新聞記事作成の参考のために」と送ったところ、この新聞社はその原稿をまるまる無修正で掲載しています。だから少し内容に奇妙な表現のところがありますが、読者には大意は通じると思います。以下がその本文です。あえて翻訳いたしませんが、あしからず。

  
 
By Masamichi Kagaya
(Photographer) and Dr. Satoshi
Mori (University of Tokyo)
As a consequence of the Great
East Japan Earthquake and ensuing
tsunami on March 11, 2011,
the cores of the first to third nuclear
reactors at the Fukushima Daiichi
Nuclear Plant underwent meltdowns
as external power for the cooling
pumps was lost. As a result, a huge
amount of radioactive particles was
released into the air. These particles
were carried by southeasterly winds
to Iitate Village, Fukushima City, and
Nakadori, a central region of Fukushima
Prefecture, leaving high levels
of radioactive contamination in their
wake. The particles were further
carried along multiple routes creating
radioactively contaminated areas
in regions from Ibaraki to Tokyo and
Kanagawa Prefecture, as well as in
Northern Kanto and the Tohoku Region
(Northeastern Japan).
Whether we are in Tokyo, Fukushima,
or even in front of the
damaged nuclear reactor buildings,
we are exposed to radiation that
we are unaware of. It is too small
to see, it cannot be heard and it is
odorless. Therefore, despite living in
a region contaminated with radioactive
particles, to this day, we are not
consciously aware of the radiation.
NaI (TI) scintillation detectors and
germanium semiconductor detectors
are used to measure the amount of
radioactive contamination in soil,
food, and water in units called Becquerels
(Bq). Radioactivity is further
measured in Sieverts (Sv), which is
an index of the effects of radioactive
levels in the air, doses of exposure,
and so on. Nevertheless, from such
values, it is impossible to know how
the radioactive particles are distributed
or where they are concentrating
in our cities, lakes, forests, and in
living creatures. These values do not
enable us to “see” the radioactivity.
Thus, radioactive contamination has
to be perceived visibly, something
that can be done with the cooperation
of Satoshi Mori, Professor
emeritus at Tokyo University. Professor
Mori is using autoradiography
to make radioactive contamination
visible.


Today, dozens of radiographic
images of plants created by Professor
emeritus Mori since 2011 are on
display together with radiographic
images of everyday items and animals.
This collection of radiographic
images (autoradiographs) is the first
in history to be created for objects
exposed to radiation resulting from a
nuclear accident. I hope that visitors
will come away with a sense of the
extent of contamination in all regions
subject to the fallout — not just those
in and around Fukushima. At the
same time, I hope that this exhibition
will remind visitors of the large
region extending from the Fukushima
Daiichi Nuclear Power Plant to
Namie Town, Iitate Village and the
dense forests of the Abukuma Mountain
Area that, to this day, remain restricted areas. The radiation affects
animals that continue to live in
these areas and be exposed to heavy
radiation, as well as the 140,000
people that had to evacuate and who
lost personal assets (homes, property,
work, interpersonal relationships).
These people are in addition
to the victims who directly breathed
in the radioactive materials, subjecting
them to internal exposure —
victims that include anyone from the
residents near the plant to people in
Tokyo and the Kanto Region.


Although what can be done is
limited, new progress has made it
possible to record the otherwise invisible
radioactivity and make it visible.
The history of needless nuclear
accidents occurring in the United
States, the Soviet Union (Russia) and
Japan over the last several decades
may still potentially be repeated elsewhere
in the world, but hopefully
future generations will see the cycle
be broken. Through exhibitions and
other means of disseminating knowledge
about radioactivity, future generations
may learn to leave behind
dependence on nuclear power and
be free from the dangers of nuclear
accidents and nuclear waste.


Image Explanation
The radiographic images were
created by a method called “autoradiography.”
Major universities
and research facilities in Japan
and throughout the world have
autoradiography equipment, which
is commonly used in biological,
biochemical, and microbiological
research to quickly view, with high
sensitivity, the distribution of radioactive
substances in a sample.
These images are frequently used
in research papers and in conference
presentations. The radiationsensitive
imaging plate developed
in 1987 by Fuji Film Industries and
Kasei Optics is approximately 100
to 1000 times more sensitive than
x-ray film.


The imaging process involves
placing a radioactive sample on the
imaging plate for a given period, after
which the imaging plate is read
by a device called a BAS. The contrast
of the read image is carefully
adjusted, whereby the distribution
of radioactive substances gradually
becomes apparent. Radiation emitted
by radioactive particles appears
as black areas in the radiographic
image. The darker the area is, the
stronger the radioactive contamination
is. An autoradiographic image
exhibits the same phenomenon as
an x-ray image taken at a hospital,
where bones, which block radiation,
appear white and portions through
which the radiation passes without
being blocked appear black.


When viewing a radiographic image,
one point to keep in mind is that
since each image is individually adjusted
for contrast, the images cannot
be compared with one another
to determine which indicates greater
contamination. In this exhibition,
records concerning specimens indicate
β radiation levels in both “cpm”
measured using a survey meter in
the sampling of each specimen, and
in “becquerels” (Bq/kg) measured
using a gerimanium semiconductor
detector. These values express the
degree of contamination of the specimens
and therefore, I hope that you
will keep these values in mind while
viewing the images.


For example, an area is determined
to be radioactively contaminated
if the measured cpm value is
twice the usual background level,
in this case, 25 to 40 cpm. Further,
as a reference for measurements
in becquerels, naturally occurring
radioactive potassium K40 is on
the order of 33 Bq/kg for white
rice, 1600 Bq/kg for dried kelp,
and 66 Bq/kg (dry weight, excluding
water content: 165 Bq/kg) for
the human body.

以下は写真の詳細な説明です。
1.2. Black parts dispersed throughout the proximal end of the branch in this set of cypress leaves and cones, found in Iitoi, Iitate Village in 2014, are highly contaminated by fallout from March 2011. The branches that grew from those parts in 2012 exhibit
slight secondary contamination by radioactive particles carried by the wind, while the black hue emitted around the cones that developed in 2013 indicate a remarkable level of contamination. Further, the young leaves that grew in 2014 have higher internal
radioactive contamination than the other leaves. In another cypress, we found that while the leaves and cones had the same level of contamination, the seeds in the cones had one-third the level of contamination, indicating that the radioactive cesium is
being passed onto the next generation.

3. These scissors were found outdoors in Namie Town in June 2013. The rusted blades are six times more contaminated than the coated handles. The microstructures (unevenness) caused by rusting readily store the radioactive particles. The same
phenomenon has occurred on other rusted samples as well. Radiation Level: Blade - 3000 cpm, Handle - 500cpm.

4. This is a comparison of macrophyll from Hiroshima and weed from Namie. The weed, right, came from Namie town in 2015, 10 km from the damaged nuclear plant. The macrophyll, left, is from Hiroshima, 840 kilometers from the plant. Radiation levels
are as follows: the weed reads at 100-150 cpm, while the macrophyll reads 50 cpm (background levels).

5. After the nuclear accident in Fukushima prefecture, empty houses in the restricted area became infested by rats. This rat was caught in a trap in Warabidaira, Iitate Village in 2013. We find radioactive materials on the body surface and contamination
in the muscles of the thigh. Looking at the internal organs, we see a high level of contamination in the kidneys and the gall bladder surrounded by the live. Because Cesium is carried out with urine and the kidneys are the final step in the urinary system,
radioactive cesium accumulates here. Radiation levels for the rat are as follows: Body, Internal organs 100-150cpm, Body 286.5 Bq/kg, Heart 2521 Bq/kg, Liver 4937 Bq/kg, Lungs 3134 Bq/Kg, Stomach and Intestines 6111 Bq/kg, Spleen 4334 Bq/kg, Kidneys
11750 Bq/kg (total Cs-134, Cs-137)

6. These coins, found in Akougi, Namie Town, 25 kilometers from the nuclear plant in October 2014 were offerings in a small roadside shrine. Nearly all the coins were exposed for imaging on the side that was facing upward at the site. The three coins that appear
faintly were exposed on the opposite side. Although scientists expected differences between coins made of differing metals, they did not find that to be the case. The coins were returned to the shrine. Radiation levels read 550 cpm on upside, 210 cpm underside. 

2015-12-14 07:20 | カテゴリ:未分類

これまでの「WINEPブログ」で何度も述べてきたように、小生の所属していた東大農学部植物栄養肥料学研究室は(故)三井進午教授が農学関連の研究への放射性同位元素(ラジオアイソトープ)導入の日本での先駆者であった。だから、1960年代は東海村の国産第一号原子炉(JRR1)を放射性同位元素の製造に利用して植物生理学実験をしたり、1970年代以降は高崎の原子力研究所での泊まり込みでの共同利用研究が連綿と行われてきた。三井先生自身は国際原子力機構(IAEA)の参事で頻繁にウイーンでの国際会議に通っていた。IAEAからは研究資金ももらっていた。また、研究室にはインドからの留学生も受け入れていた。

    

今回日本とインドが原発輸出協定を結ぶことにしたようだ。しかし、インドは原爆を所持し、核実験を行い、NPT(核不拡散条約)署名国に頑として参加していない。インドからすれば原爆を有するパキスタンや中国が脅威であるので、抑止力としてぜったいに原子爆弾は放棄しないという立場である。だから従来から日本の文科省はインドからの留学生を原子力機構など原子力関連の研究に共同参画させなかった。核保有国でNPT非加盟国の留学生たちを日本の核の機密に近付けさせない(軍事目的に原子力技術を転用されたら困るので「スパイ」させない)ために施設に立ち入りさせない、というのがその建前上の強固な理由であった。そのために、せっかくの先端的なラジオアイソトープを用いた高度の研究手法を彼等に体験させられずに泣く泣く帰国させざるをえないことも多かった。核を保有し、核実験を繰り返した中国やパキスタンからの留学生に対しても同じ扱いだった。被爆国として核に関しては日本国政府はそれほどかたくなだったのである。

 

日本-インド間で、どの研究分野がいちばん学術交流を推進してきたのかと問われれば、昔は農業分野、現在では間違いなく IT関連だろう。上述のような断固とした日本政府の理由で理学工学系の日ー印間の「原子力関連の交流」は皆無であったはずである。今回は、原発輸出を契機にその矜持を簡単に捨ててしまおうということらしい。原発輸出のためには被爆国の悲願であるNTP(核不拡散条約)という国際的な協約なんかどうでもいい、ということなんだ。『これを契機にインドが今後NTPに加盟しやすくなるかもしれない』とか『停電が頻発するインドの電源が安定する』だとか『COP21の温室効果ガス削減に寄与できる』とか、『将来インドが原爆実験をやったら即原発支援を停止する』とか(単なる口約束)、安倍首相と岸田外相が国民を愚弄する詭弁を繰り返している。それをマスコミが無批判に繰り返し報道している。「嘘も堂々と繰り返せば、国民はいずれ忘却してどうでもよくなる、つまりいつの間にか既定事実になる」という政策手法が安倍政権の国民愚弄化政策として堂々とまかり通っている。安倍は被爆国日本の世界に冠たる矜持をかなぐり捨てて、福島第一原発暴発国日本の居直りを世界に宣言した。言っちゃ悪いが、政治家としての職業倫理がずっこけた〇〇としか思えない. 東芝・三菱重工・日立など「原発コンツエルン」に天下りをねらう経産省や財務省の狡猾な官僚に操られているのだろう。彼は国を危うくする。(○○に適当な言葉を入れよ)

 

 

(森敏)

付記1:インドからの一番最初の留学生マハトマ・シン氏は非常に優秀であり、戦後のインド人留学生としては日本での最初の農学博士号を得た人物である。「老朽化水田」の原理を学び帰国後「インドの水田農業」の生産力上昇の強力な立役者となった。その後も植物栄養肥料学研究室ではインドから数人が留学してきた。中でもG.K.バラット氏は物静かなベジタリアンで彼と小生とはヒンデイー哲学論義をよくしたものである。素晴らしい人格者だった。非常にためになった。我々の分野ばかりでなくとも農学関連分野ではインドの各大学との連携は続いたが、ほかの医学、薬学、工学、理学の研究分野ではそうでもなかったように思う。インドの研究者は英語が通じる宗主国U.K.や U.S.A.への志向が強く、日本に顔を向ける研究者はほかのアジア諸国に比べれば今でも格段に少ないのではないだろうか。

     

付記2:小生のインド人研究者への印象は、かれらは英語(機関銃を打つような早口のIndian Englicだが)が堪能なので、頭がいい研究者は、国際研究機関や国際学会では総合的な取りまとめ役に秀でており事務局長や議長になっている人物が他国に比べて多いと思う。一般的に手足を動かしてデータを取る作業よりは、他人のデータを使って“きれいに”話を作り上げること(モデル化)に長けている。つまり「分かったように思わせる抽象論」に長けている。多分99x99の九九を諳んじる数理的才能がそうさせているのだと思う。エリート階級は手足を動かす汚い作業をあまり忠実にやりたがらないように思う。これは彼らの深層心理に骨肉化した旧来の陋習であるカースト制も関係していると思う。概して日本の大学では英語が通じるので日本語を熱心に学ぼうとする姿勢はあまりないようだ。以上今日の若いインドからの留学生が聞いたら激怒するかも知れない老書生の偏見です。
   
追記1:その後「インドへの原発輸出」の件では以下のネットで優れた多角的な見解が展開されている。
http://www.fsight.jp/articles/-/40781
 
要するにほとんどの日本国内原発メーカーから見ても、企業不信のインド世論からみても、インドへの原発輸出はほとんど不可能な提案だということである。

追記2:その後の展開です。

日印原子力協定締結へ=首脳会談で署名方針

 日本、インド両政府は、11月中旬にモディ首相が来日し、安倍晋三首相と会談するのに合わせ、日本からインドへの原発輸出を可能にする原子力協定に署名する方針を固めた。政府関係者が31日、明らかにした。安倍政権はインフラ輸出を成長戦略の柱に掲げており、インドに対する原発輸出の環境が整う。
 日本が核拡散防止条約(NPT)非加盟国と原子力協定を締結するのは初めて。インドは核保有国であるため、被爆地である広島、長崎両市などから「核不拡散体制を形骸化しかねない」との反発が出る可能性もある。(2016/10/31-16:59

  

 

 

2015-10-27 03:43 | カテゴリ:未分類

千葉県「幕張メッセ」で「農業資材EXPO」,「次世代農業EXPO」,「フラワーEXPO」,「ガーデンEXPO」,「道工具・作業用品EXPO」 という農業関連5展の展示会を見てきた。全部で大・中・小の1960企業も参加していた(図1)。このEXPOは企業間の交流や契約の場であるので、小生はひっそりと2日間にわたって見て回ったのだが、いろんな意味で参考になった。以下に、全くざっくばらんに、個人的興味があったいくつかの事例を紹介したい。長くなりますが。。。。。
         
 DSC03307--.jpg

図1.農業EXPO会場風景(会場全体の5分の一しか映っていません) 

        

  農業のIT化、ダイオード光による清浄野菜工場や、室内野菜の栽培(癒しも含めて)、花の多角的利用など、大体予想される展開だった。革命的技術というものが小生のアンテナには全くひっかかかってこなかった。展示では中国・台湾・インドネシアなどの企業が2割ぐらいは参加していたと思う。西欧系企業はすくなかったが、国際色が豊かであった。しかし小生には現時点ではどれもこれも日本の技術の亜流のように見えて仕方がなかった。でもアジア諸国は毎年目覚ましく発展しているので、奇想天外な技術が案外アジアの国からも出てくるのかもしれない。アジア諸国は確実に実力をつけてきていることは間違いなく、TPPで自由化されれば、「高品質」と「安価」で日本の零細企業がかなり駆逐されるのではないかと危惧した。
        

  炭酸ガス吸収や都市のヒートアイランド抑制のためのビルの屋上緑化や壁面緑化は、すでに技術が確立されたのか、これまでと比べて展示が激減していた。

         

  平場でのガラスハウスなどの施設農業への電力供給源として、太陽光パネルの併設の試みみたいなものが期待されていると思うのだが、23の例しかなかった。先日の「常総水害」で決壊した堤防わきに壮大な面積の太陽光パネルを設置したばかりだったのが無残にも洪水で一気に崩壊させられた負のイメージが、農業と太陽光発電の連携を気後れさせているのかもしれない。

         

  簡単なアリのトラップを考えた業者がいた(図2)。円形のトラップの中央部分に粉末の砂糖を入れる区分を設け、その周りに食用油を入れる区分を設けふたをする。アリは下から這い上がってきて、ふたと容器の隙間から侵入してドボンと食用油に落ち込み、身動きが取れなくなる、という仕組みである。なぜ砂糖をいれるのだ?と聞いたら、アリが砂糖のにおいを感じて寄ってくるのだろう、という返事であった。砂糖のにおいのセンサーをアリが持っているということになる。舐めて感じる甘味のセンサーはどんな生き物も持っているだろうと思うのだが、アリ固有のフェロモン以外に「砂糖の香りのセンサー」があるという可能性の指摘は新鮮だった。 ホントだろうか?「大きなアリは寄ってこない」というのも変な話であったのだが。アリは木の根元から樹幹を這い上がって木にいろいろな病原菌をばらまいて悪さをするので、木の根元を取り巻く大型のものを作成してトラップしたいとのことであった。当面は孫の教材に使えると思ったので3つばかりもらってきた。木造家屋の床下のシロアリのトラップに使えるか今後の課題だと思う。(小生の友人のシロアリ駆除業者は15年前からダウ・ケミカル社が開発した環境にやさしいフェロモントラップ容器を輸入して事業展開している。)。
            

DSC03388-------.jpg  
図2.アリのトラップ容器(外径10センチ)。中中央の白いのがお砂糖。その外側が食用油。

              

  いろいろな乾燥に強い観葉植物のブースがあった。根が鉢の土にあり鉢の底の穴から下に向かって本体がぶら下がっているのがユーモラスである。寄生植物のようであるが青々としているものもあるので、光合成をしているのは確実である。こういう植物は、重力にしたがって下方に垂れているので、柳の枝よりも極端にジベレリン含量が少ないのではないだろうか。重力刺激のトランス因子みたいなものが欠損しているのかも知れない。
 
 DSC03457--.jpg
なぜ水耕栽培なのかは意味が不明なのだが、サボテンの水耕栽培があり根が観察できた(図3)。根粒がついているのだろうか? と観察したのだが根粒がある様でないようでよくわからなかった。サボテンは砂漠の乾燥土壌で育つものなので、水は通常はサボテンの針に夜温で凝結する水滴から来るのだろうが、窒素やリン酸は案外根粒菌や菌根菌から来るのではないだろうか?
     

 DSC03475----.jpg

 図3.サボテンの水耕栽培(画像が横向きになっています)。取り出してみないと根粒の有無がいまひとつわからなかった。
     
      

  室内鑑賞と実用を兼ねた白色光のLEDを用いた水耕栽培の植物育成器が展示されていた(図4)。12万円から5万円だということである。幼稚園や保養施設やで毎日眺めて、育ったら収穫するというのも一興で、これは意外に安い高踏趣味として広まるかもしれない。デパートやホテルなどではより大型の人工気象器みたいなモノが数年前からすでに実用化されている。今回はそのミニチュア版である。書斎の机の上に飾って鑑賞するのも一興かもしれない。
     

DSC03407----.jpg  

図4.幻想的な癒しの野菜栽培装置。レタスを栽培している。
       

  木槌で立木をたたいて、その音波を iPhonで拾って、波長分布を描かせて、心材が100%充実している場合に比べて何パーセント空洞化が起こっているかを調べる、という研究が紹介されていた。空洞化率が高い木を切り倒すためである。車両点検で鉄道の作業員がハンマーであちこちたたいてひび割れなどを音で検知するのと同じ原理である。音波の発生には木の種類による樹皮のちがいや心材の強度の違い、木槌でたたく場所、木槌の種類などいろいろ複雑な要因が絡むと思われた。しかしこれは、いわゆる樹木医がもつ「勘(技能)」を誰でもが行使できる「技術」に転換しようとする試みであり、小生にはとても好ましい試みと思われた。複雑系の中でまず「一次近似の解」を発出することがすべての新しい学問の出発点であると思うからである。案の定、専門職の「樹木医」さんからは「そんなもの必要ない」という反発を受けているとのことである。既得権益を侵されると思うのかもしれない。
        
  かぼちゃのような大きさのゴーヤがあった。我が家もベランダで育てているからわかるのだが、ゴーヤは収穫適期が短くすぐ熟してしまうので収穫後の日持ちが非常に悪い。だから、本物を展示出来ないので、プラスチック模型の白色(アルビノ)と緑色のゴーヤが展示しているとのことだった。実際の栽培の様子がビデオで紹介されていた。ウリ科ではどんな野菜にも巨大から最少まで遺伝的変異があるのが本当に面白い。
これを展示していた企業の本命の展示物は「花屋さんが切り花を店頭で長く鮮度よく保っておくために、紫外線殺菌した水を、濾過しながら循環させている装置」である。これを見ながら35年ほど前に有名な三重県の的矢での「的矢カキ」が同じように紫外線殺菌水に浸して洗浄されている先駆的な現場を思い出した。的矢から冷蔵便で東京のホテルオークラなどに徹夜便で直送されて、「高級生ガキ」として食されている。今でもそうしているだろうか。
                
DSC03435----.jpg
図5.ジャンボゴーヤ(直径15センチほど)
              
  
  いくつかの県が農業者の就労支援のコーナーを設けていた。県内の人口が減っている上に、さらに少子高齢化で農業の後継者がますますいなくて困っているのだそうである。しかしこういうコーナーでは、県庁からの出向者ばかりでなく、実際に農業をやって成功している元気な人たちを説明要員にたてないと、全く迫力がないと思ったことである。実に地域は厳しい現実だ。一組の中年のご夫婦が相談していたようだが。
            
  余りにも展示企業数が多いので展示ブースでは、植物やスクリーンの動画にまず人々の目が行き、そこから気分がむけばポスターや説明員の説明を受けたい、というプロセスに移っていくということになる。よほど特化した課題をもった人以外はポスター展示だけだとまず人は寄ってこないだろうと思った。気が付くと手元に集められた30冊ばかりのパンフレットの半分以上が外資系の企業のものであった。彼らはなにがなんでもまずブースから出てパンフレットを積極的に渡しに来るのであった。それに比べて日本の企業は受け身感(待ちの姿勢)が強い。
    
  アイスクリーム、トマトジュース、バウムクーヘン、洋菓子のコーナーでは、全部試食した。広い会場を回ると足が棒のようになった。VIPの招待券をもらっていたので、2日間見学して6回もVIPルームに出入りして、卑しくもコーヒーとジュースとウーロン茶を何杯も飲み干した。老人には非常に助かった。アー疲れた!
                       
(森敏)
追記:小生が専門である植物の栄養に関しては、最近になって少しずつ有機栄養成分に関心が高まっていることを感じた。完全非無機化学肥料とか、δアミノレブリン酸やアルギニンなどの有機成分を添加した水耕液が売られていた。しかし、愛知製鋼以外のどの業者も植物の鉄栄養成分がどのように吸収されるのかに関して、いまだにあまり勉強していないのには驚かされた。小生らのホームページ(WINEP:植物鉄栄養研究会)に鉄の動画とその解説を掲げてすでに10年になるというのに。全ての肥料業者には、せめて植物の鉄獲得機構の Strategy-I, Strategy-II ぐらいはきちんと説明できるようにしてもらいたいと思ったことである。

2015-07-17 13:00 | カテゴリ:未分類

    昨晩、退職後14年ぶりに東大農学部教授会の「暑気払い」に参加してきた。これは要するにこの春(331日)に無事東大を退職し、名誉教授の称号を得た人たちの今後のご活躍を祝っての、先輩や現役をまじえての懇親会である。小生の実感からいうと名誉教授資格の審査はやたら厳しいが、名誉教授になっても何のメリットもない。唯一、年に一度のこのような懇親会に出て「ただ飯」を食えるくらいである。それどころか、最近は執拗に毎年大学への寄付金を仰がれる。

   

   20年以上前にはやせていて精悍な助手(現在の呼称は助教)だった人たちがいまは現役の教授であったり、すでに退官されていたりする。現役のみなさんのおなかが出て少し太り気味なのが大いに気になった。メタボ症状ではないだろうか? デスクワークの激増が主な理由のようであった。切れ目のない研究費獲得のための申請書の作成や、学内外での自己や他人の「研究」や「教育」評価書の作成等のための作業で忙殺されているのであろうと推察した。そのために、皆さんあまり自ら「試験管を振る」時間が無くなっているようで「そんなことでいいのだろうか?」と少し心配になった。実験系の研究者は、自分自身による現象の観察が重要で、そこにこそオリジナルな発見の契機があると小生は信じるからである。余計な心配かもしれないが研究テーマが先細って行かないことを心から念じた。

   

退職名誉教授の多くが小生と同じく健康管理に気を付けておられた。そのことは、年齢による日々のどうしようもない体調の現象が、切実な現実問題であるからでもある。毎日の積極的な、歩き、整体師通い、ジム通い、などいろいろと工夫されていた。この「暑気払い」に出てこられていた退職教員たちは全体の5%にも満たないだろうから、むしろ出て来ておられない方々の健康が他人事ながら心配になった。小生もこれまで14年間でてこなかったので、何かといろいろ言われていたことだろうと思った。

   

退職して完全に雑用から解放された某先輩名誉教授が「ガロアの群論」の解法の研究をしていると聞いて、驚愕した。若い時から数学が強かった人は年をとってもなかなか頭が強靭なのだと思った。話が少しそれるが、太田朋子氏(国立遺伝顕名誉教授・東大農学部卒。81歳)が『分子進化のほぼ中立説』で、つい最近クラフォード賞(9000万円)を受賞されたのだが、その理論のご本人による説明が4ページにわたって学士会会報7月号にのっている。またネット動画で授賞式の講演が1時間にわたって放映されている。しかし彼女の説明には一切数式が使われていない。言葉でのみ説明が行われている。でも小生にはチンプンカンプンである。この理論の背景には深遠な数学が使われていることは素人の小生にも匂いを感じられた。実に数学のできる人は長生きするのだなと思う。(ガロアは若気の至りで20歳で決闘で死んだが)。
  
DSC00819--.jpg 
クラフォード賞で受賞講演する太田朋子国立遺伝研名誉教授(動画からのパクリ)

 DSC00812--.jpg

小生には理解不能な太田理論 (動画からのパクリ)
 

皮肉にもこの暑気払いの日の716日は安保法案(野党によれば[戦争法案])が強行採決により衆議院を通過した。この日は日本の憲政史上に汚点を残した「立憲政治の崩壊」の日と記されるだろう。安倍内閣は日本国が憲法という体系的な法律に基づく運営を行わない行政府や軍部の暴走を許す国になる道を拓いたかもしれない。並行して行政による一方的な現在進行形の <原発再稼働> の動きが、まさにその暴走の顕著な「表現型」である。

 

名誉教授の某先生は昨日の安保法案通過に反対するために一昨日は国会議事堂のデモに参加したとのことであった。「女性が多いのにびっくりした。しかし若者が少ないのにがっかりした」とのことであった。昨日の昼の衆議院での採決を自宅でテレビで見ながら小生も「ここまで長生きすべきでなかった」と感じた。デモなどに参加すればいっぺんに体調を崩すので行かなかったが、1960年の619日に岸内閣が強行採決した「日米安保条約」自然承認の日の国会議事堂前での徹夜の座り込みが走馬灯のように浮かんできた。白々と夜が明けて来たときの敗北感はいまでも忘れられない。当時、国会周辺に総勢5000人以上いたその東大生や教職員は、今皆さん小生と同じ心境だろうと思う。
    
(森敏)
追記: 学会や退職後の再就職で中国に出かける人も多くなった。彼らの中国に対する印象は、様々である。共通していることは「日本の10倍の人口であるので、急速に世界水準に学問レベルが挙がってきており、部分的にはすでに日本を凌駕している」というものである。台湾や香港のように、「100年後にはいずれ日本は中国の一省になるか、アメリカの一州になるかの決断を迫られるかも知れない」というのが実は小生の危惧する所なんだが。

2015-06-19 12:14 | カテゴリ:未分類

         ノーマン・ボーローグ博士は驚異的な多収性コムギの育成で1970年ノーベル平和賞を受賞した。世界的にコムギは約6億トン生産され、多くの国で主食の基幹穀物となっている(米は約4億トン)。この多収性コムギ育成の母本に稲塚権次郎氏が育成した農林10号(NORINTEN)が使われていることは農学関係者には農業技術史で学ぶはずであるから常識なのだが、他分野の方にはあまり知られていないかも知れない。この映画「NORIN TEN 稲塚権次郎物語」は、現在北陸地方で上映されているようだが、是非全国で上映してもらいたいものだ。

          

映画要旨(転載です)

1987年、富山県城端町西明、三輪バイクで町を行く稲塚権次郎の姿があった。90歳近くなっても、バイクを乗りまわすことは近所迷惑となっていた。明治末期、貧しい農家の長男に生まれた権次郎は、向学心に溢れ、富山県立農学校(現在の南砺福野高校)を首席で卒業。恩師から学んだ「種の起源」(ダーウイン著)に出会う。貧しい農家を救うためには、美味しくて収量が高い米を作ることが大切、育種家の道を邁進し、東京帝国大学農学実科に進学。

  大正7年農商務省に入り、秋田県農事試験場陸羽支場(大曲)に配属。

 まず取り組んだのが「陸羽132号」の品種選抜、「水稲農林1号」の育種に取りかかる。権次郎は生真面目な性格、それゆえに周りに溶け込むことができない。上司の永井の勧めで「謡」を習うようになり、生涯の伴侶となる佐藤イトと出会う。幼少のころ父母を失ったイト、一目ぼれした権次郎は、ふるさと西明で祝言をあげた。大正15年、突然岩手への転勤を命じられる。岩手は小麦の育種が主流、美味しくて収量が高い稲の品種改良の夢は取り上げられた。稲の研究成果は、新潟農事試験場の並川に受け継がれ、「水稲農林1号」はやがて「コシヒカリ」となる。稲の育種の機会を奪われ失意に沈む権次郎だが、小麦増産が国家的プロジェクトであると知らされる。岩手県農事試験場に移り次々と小麦の新種を開発。

 

 昭和6年、9年と東北では大飢饉が起こり、各地で娘が売られるという悲惨な事態が起こった。権次郎は育種の成果をあげなくてはならなかった。昭和10年秋、小麦農林10号=NORINTENが完成した。特色は半矮性、従来の小麦に比べ、背の低い品種で穂が倒れにくく、栄養が行きわたりやすかった。

 

 昭和13年、権次郎は華北産業科学研究所(北京)に異動。イトも同行した。

14年には、父 竹次郎が死去。日本には戻れなかった。そして敗戦、中国側の意向により、研究指導の名目で留め置かれた権次郎にとって大きな不幸が訪れる。戦争末期の混乱により、イトが精神的に錯乱を起こすのだった。「イトを連れてくるんじゃなかった」権次郎は悔やみに悔やみきれないと、自分を責め、終生イトをいたわるのだった。

 

 昭和22年秋、中国から帰国。権次郎は育種家の道を諦め、地元金沢農政局に勤務、

戦後はイトとの穏やかな生活を選んだ。定年後は地元の農家のために、圃場整備に力を注いだ。昭和41年、母 こうを野焼きで見送った権次郎の元に、しばらくして思いがけない知らせが届いた。「小麦農林10号」の種が戦後米国に送られ、世界の食糧危機を救う、「緑の革命」の基になったというのである。ノーマン・ボーローグ博士は、その業績により、1970年にノーベル平和賞を受賞したのだった。

 

 昭和48年、最愛の妻イトが亡くなると、村人と共に、野焼きで見送った。

「妻 イトには中国で大変な苦労をかけてしまった」と悔やんだ。

 

 昭和56年、ノーマン・ボーローグ博士と対面。世界の小麦を変えた二人が手を握った。

 

 昭和63127日、稲塚権次郎死去。享年91。

 

 

 

(以下、南砺市ホームページより転載です)

城端地域の西明出身で世界の食糧危機を救った「緑の革命」の礎となる「小麦農林10号」を開発し、人類史に残る偉大な功績を残した偉人、稲塚権次郎氏の生涯を、遠戚にあたる稲塚監督が撮影した本作。設立当初の福野農学校の姿を今に残す「巖浄閣」をはじめ、市内各所でロケが行われました。このほど映画のポスターが完成。さらに、59()から行われる県内3(TOHOシネマズフォボーレ富山、富山シアター大都会、TOHOシネマズ高岡)での先行上映スケジュールも決定しました。
 ポスターの仕上がりに感心しきりの田中市長は、「本当に素晴らしいポスターになりましたね。仲代さん演じる権次郎さんの赤いシャツが見事に麦畑に映えて、本当に美しい!」と絶賛。さらに、支える会の松本久介会長から映画の題字を城端地域の書家山根美幸さんが手がけ、劇中歌として南砺の歌姫 林道美有紀さんが歌う「こきりこ」が採用されると聞き及ぶにつき、「南砺の偉人の生涯を描いたこの素晴らしい映画の良さをどんどん広げていきましょう。」と喜色満面。稲塚監督は「2年前に市長にお会いしてから、映画の製作・完成までが大変早かった。支える会の皆さんをはじめ、多くの方々にお力添えをいただけて本当に良かった。英語版の製作も進めており、今後多くの映画祭に出していきます。これを通じて南砺を世界にPRできると考えています。」と話されました。その後の歓談は、映画撮影経過や今後のPRなどについて大いに盛り上がりました。
 歓談後、インタビューに応じた稲塚監督は、「南砺に生まれ、世界的な功績を残した偉人 稲塚権次郎さんの物語を、皆さんの誇りとしてご覧になっていただければと思います。」と呼び掛けられました。
 南砺が誇る郷土の偉人の生涯を描いた傑作、ぜひ劇場に足をお運びになって、ご覧ください。

 

 


FC2 Management