FC2ブログ

WINEPブログ内で「 葉 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2020-01-31 17:52 | カテゴリ:未分類
  一昨年の秋、浪江町のさる学校の校庭(空間線量 毎時3.7マイクロシーベルト)のシャリンバイの,眼の高さの葉と花器の部分を手折って来た(図1、図2)。


  ガイガーカウンターでは、葉の表面の放射能が数十cpmと低い濃度であったが、NaIスペクトロメーターでのでの放射能測定では、ちゃんと原発由来の放射性セシウム汚染が確認された(表1)。


  花芽の部分が、葉よりも4倍も高い放射能濃度であった(表1)。外部汚染はなく、全部内部からの汚染である(図3、図4)。
         
 


  
スライド3 

図1.シャリンバイの葉


  
スライド2 
図2.シャリンバイの花器 
 
 
 
 
スライド4 
図3.図2のオートラジオグラフ 花器の汚染が顕著である。
   
 
スライド2  
 
図4.図3のネガテイブ画像 


  

 
 
 


表1。シャリンバイの放射能 
スライド1 
 *測定は2019年6月
 

2020-01-26 20:17 | カテゴリ:未分類
  双葉町羽山神社のある山頂にはアセビの実生が無数に生えていた。現在の土壌表面の線量が毎時約4.5マイクロシーベルトである約10メートル四方のあちこちから、ランダムに根こそぎアセビ(馬酔木)の高さ25センチぐらいの実生をサンプリングした。
   
  といってもほとんど硬い土壌に根が食い込んでいたので、下図の植物ではほとんどの根はちぎれてしまっている(図1、図4)。
   
  地上部の放射能汚染の具合が植物によってかなり異なることがわかる(図2、図3)。

  1キロメートルばかり先からの東電福島第一原発からの濃厚な放射能粒子が、地面のあちこちに均一ではなく、局在して降下しているので、それに根が直接触れていたり、その雨による滲出拡散液に根が接触していなければ、放射性セシウムはアセビの根から吸収されていないわけである。
   

  葉の放射能が高く(表1)、特に小さな新芽が濃いことがわかる(図6)。


  図4の個体のアケビの放射能を部位別に詳しく調べた(表1)。
    




スライド3 

図1.4本のアセビの実生。 残念ながら全部根がちぎれている。




スライド1 

図2.図1のポジテイブ画像。個体によって汚染の濃度が異なり、濃い葉は表面放射能が400cpm以上ある。



スライド2 
 
図3.図2のネガテイブ画像。


 
 
 


スライド1 
 
図4. アセビの実生(引き抜く途中で根が切れた)。葉の表面はガイガーカウンターで230cpm.

 
 

スライド2 
 図5.図4のオートラジオグラフ ポジテイブ画像





スライド3 
 
図6.上図(図5)のポジテイブ画像ではわかりにくいが、このネガテイブ画像では 新芽の放射能や、細根に絡む土壌が高いことがわかる。
 

    
      

表1.図4の植物(アセビ)の部位別放射能
アセビの実生1 


 

 

 
(森敏)
追記:アセビの成木や花器については既に下記に紹介している。

2019/02/24 : アセビ(馬酔木) の放射能
2020-01-16 07:33 | カテゴリ:未分類
    双葉町で 毎時17マイクロシーベルトある民家の庭に生えている真竹を手折ってきて放射能を測定した。

    解体して各部位に分けて測定した(表1)。

    下に示した写真(図1)の数字が一部隠れて見にくいが、皮の部分を下から順番に番号を打っている。

    表1の側芽というのは肉質部分の節位から出ている小さな芽の事である。

    葉の先端部 > 側芽 > 肉質部 > 外皮

の順に放射能が高い。また外皮は新鮮な上に行くほど高くなっているきれいな傾向にある。

    Cs-134は Cs-137の約6%にまで減衰していることがわかる。

    以上は定量値であるが、この放射能の傾向は、オートラジオグラフ像(図2、図3)でも定性的に見てとれる。

    これらの結果は、以前(2014年 付記1。参照)に論文発表した 飯館村から採取した真竹の分析結果とまったく同じ傾向であった。

   今回は肉質部では節位のみを分離して測定してはいないが、オートグラフの像からこの節位が高いことがうかがわれる。

    この節位の部分は、いつも説明しているように、師管と導管が入り組んでいる組織であるから放射性セシウムが滞留して、濃く見えるのである。


  タケノコは根茎が土壌の下に隠れてつながっているので、土壌を剥離すると同時に根茎を全部根こそぎにしなければ、いつまでも放射能が残留して、春先に地上部に放射能が移行することを繰り返しているのである。





スライド2 
図1 真竹を皮と肉質部に詳しく解体したもの。     
  
    
 
 スライド1
 
 図2. 図1のオートラジオグラフ 最先端が一番濃く、肉質部位や、その節位が濃くうつっている。
    
 
スライド3 

図3.図2のネガテイブ画像。梯子様にみえる各節位と肉質の先端部が総体的に濃いことがよくわかる。

  
   


 表1. 真竹の部位別放射能(図1、図2 参照)

 たけのこ17マイクロシーベルト1
  


   

(森敏)

付記1:以下の小生らの2014年の論文をご参照ください。

Nakanishi H, Tanaka H,  Takeda K, Tanoi K,  Hirose A,  Nagasaka S,  Yamakawa T, and  Mori S. (2014)
Radioactive cesium distribution in bamboo (Phyllostachy Reticulate (Rupr) K.Koch) shoots after the TEPCO FUKUSHIMA DAIICHI Nuclear Power Plant disaster. Soil Sci. Plant Nutri. 60, 801-808
     
追記1: 今頃遅ればせながら、朝日新聞が 2019年10月13日 の台風による福島県田村町における放射能汚染土壌貯蔵フレコンバックの流出現場の画像を記事にしている。

https://www.asahi.com/special/matome/flecon/?iref=kijishita_bnr
2019-11-30 12:13 | カテゴリ:未分類
      以下、つい多少学術論文調になるのですが、どうか最後までお読みください。図や表を前後して、照合しながらじっくりと読んでいただければありがたいです。
   
    
     以下の図1は、2011年2011年11月11日に飯舘村飯樋地区の道路わきのヒノキの植林地で、目の高さで採取したヒノキの小枝です。
        
     実はこの時撮像したオートラジオグラフには、今回撮像した図2の画像に、うっすらと映っている、各枝の葉の上部の汚染像に気がつかずに、各枝の下部のやたら強く汚染している部分だけを、紹介しました。
  
      
     http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-1474.html
        

     当時は短時間の感光時間で画像が現れたので、どの葉も強く全面的に汚染していると思っていたのです。写真画像とオートグラフの画像を、きちんと照合せずに紹介してしまったのです。図2のまだらに映っている黒い部分、または、図3のまだらに映っている白い部分は図1の②⑤⑧⑩⑪の部分が、原発から直接飛んできた放射能によって、やけどのように直接汚染している葉の部分です。(①④⑦は枝の軸の部分です)
         
     今回8年間保存していた同じサンプルを、再度慎重に長時間感光してみたところ、図2、図3のように、これまで見えていなかった、上部の新葉の部分、図1の③⑥⑨の部分が浮かび上がって来ていささか驚いている次第です。
           
     表1 は、これらのサンプルを慎重に各部位に分離して、パーキンエルマー製のNaIガンマ線スペクトロメーターで精密測定したものです。最近はこの測定器で少量の部位ごとのサンプルが短時間で測定できるようになりました。なので飛躍的に生理学的に面白いことがわかるようになってきました。

         
     
 スライド1

 図1.2011年11月11日飯舘村飯樋地区で採取したヒノキの小枝。①から⑪までのナンバーは、表1に掲載されている測定値のナンバーに対応しています。

      





 


スライド2 
 
 図2.下位の旧葉は激しい外部汚染を受けている。それに比べて、被爆時の半年後に伸長してきた新芽は、外部汚染はあまりなく、はるかに低いうっすらとした内部汚染のみである。
    


    
 
 
 スライド3
 
図3. 図1のネガテイブ画像である。この像では図2よりもコントラストが強く感じられて、新芽の方はうっすらとしか映っている。

          



 
      
スライド1 
 
1.この表の番号は図1に対応している。
2.枝のみ、というのは、葉を全部取り除いた残りの木質部分です。
3.放射能の測定は2019年9月に行ったものです。サンプルの採取は2011年11月11日のものです。採取後測定までに年月が経っているので、当初は1:1であった両放射能の比が、半減期が短いCs-134が半減期が長いCs-137と比べて大幅に減衰している。


     
 
     

      

     以下の図4、図5、図6、図7、図8、図9は、2015年に浪江町で一本のヒノキの3か所から、へし折ってきた小枝のサンプルと、そのオートラジオグラフです。すべて先端に向かった新葉部分が、強く汚染しており、下位の旧い葉の部分は新葉に比べればはるかに汚染の度合いが低い。3本の小枝が全く同じ傾向を示しているので、このセシウム移行に関する生理現象はヒノキでの一般法則と考えてよいと思われます。(煩雑になるので、各部位の放射能の測定データは示していません)
       
      つまり、時間が経つと、汚染放射能は、汚染土壌の根からなのか、外部汚染の樹皮からなのか、外部汚染の葉からなのか、その汚染源は不明ですが(たぶんそれらの各部位からの積分的なものだと思われますが)、放射性セシウムは、まず新葉に優先的に輸送される。
           
  これは植物では、根から吸収させたばあいに窒素・リン酸・カリなどの植物にとっての必須元素が細胞分裂と伸長の盛んな新葉に優先的に移行することと類似しています。
          
  放射性セシウムは植物の生育にとっては必須元素ではないけれども、樹木の体内ではあたかも細胞が必要な元素のようにふるまっているのです。おそらくカリウムの代替物として、カリウムが集積する細胞では、その放射能でカリウムの代謝を狂わせて、染色体にダメージを与えているだろうと思われます。
       
      図5、図7、図19のように、一旦植物に取り込まれた、この放射性セシウムが、新しい葉に移行する現象は極めて顕著で、当初の放射能分布(図2、図3)との違いが明瞭です。
       
      この現象は植物生理学的にも一般法則と思われます。すでに先日の東京新聞での協同研究でもモミの木の例で細かく、オートラジオグラフと数値データで紹介しておいた通りです。
       
     https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1083

   
    
   
       

 スライド1 
図4. 2015年のヒノキの小枝
 
スライド2 
図5.図4のオートラジオグラフ。 新葉の方が強く放射性セシウム汚染している。

 
 スライド3
 
 図6. 2015年のヒノキの小枝
     

 
スライド4 
 
 図7.図6のオートラジオグラフ。  新葉の方が強く放射性セシウム汚染している。
     

 
スライド5 
 
 
 図8.2015年のヒノキの小枝
     

スライド6
図9.図8のオートラジオグラフ。  新葉の方が強く放射性セシウム汚染している。

     
 
     
  

ご拝読ありがとうございました。
   
以上述べてきたことは、きわめて単純な話で、これまでも繰り返し、ご紹介してきたことです。
        
読者諸氏から、なんでもコメントや質問いただければありがたく存じます。  
    
 
       
(森敏)
2019-11-03 06:27 | カテゴリ:未分類

       浪江町でかやぶき屋根が崩壊しつつある民家で同行の別のメンバーがスズメバチの巣を探している間、小生はいつものように、付近の植物の観察と採集を行っていた。いつもの通り尾籠な話だが、小便がしたくなったので、やぶの中に入っていった。

     

    そしたら、目の先に異様に大きな葉を広げたイラクサがあった。イラクサはこれまでこのwinepブログでも2回にわたって掲載しているように、花器に優先的に放射性セシウムを吸収する。

  以上の記事に、イラクサはオートラジオグラフでも紹介している。だから、これを再度オートラジオグラフに撮像しても仕方がないかな、と思って、その時はこのイラクサを採取しなかった。一方、この時は、スズメバチの巣は発見されなかった。

 

     その一か月後に、また同僚の執念深いスズメバチハンターが、きっとあの場所には新しいスズメバチの巣ができているに違いない、ということで、また、その同じ民家を訪れたら、なんとたった一か月ですずめばちがせっせと直径30センチばかりの巣を形成中であった。専門家というものは「ここに巣をつくりたい!」というスズメバチの気持ちがわかるんですね!!

    

     一方、小生は気になっていた例のイラクサの生息地を訪れると、イラクサは葉が虫に食われはじめてていたが、まだ健在であった。そこで、えいや!と根ごと引き抜いたのだが、根は途中から切れてひきぬけた。
    

 スライド1 
図1.道路上に広げた巨大イラクサの葉  ペンの長さは13センチメートル。
種子を形成中である。
 
スライド2 
図2.自動車のフロントに広げた巨大イラクサの葉


     道路に置いて撮影したのが図1である。自動車のフロントに置いて撮影したのが図2である。普段のイラクサの葉の大きさは以前のブログにも示したように葉の幅が約数センチです。

      
     過去にも紹介したと思うが原発カメラマン廣瀬隆氏の本では、アメリカのスリーマイル原子炉事故による放射能の影響と思われる、机の大きさ大の奇形タンポポの葉が写真で紹介されていた。なので、このイラクサも放射能の影響を受けたのかもしれない。この時点での、ここの空間線量は毎時8マイクロシーベルト(土壌表面は測り損ねたがこれよりはるかに高かったはず)であったので、一年生のイラクサの種子は土の中で過去半年間で積算放射能として2シーベルト以上を浴びてきたことになるだろう。これは発芽時から奇形が起きても何らおかしくない放射能濃度であったはずである。
       
  土壌養分があればいくらでも大きくなりうるというエピジェネテイックな栄養変異であったのかもしれない.この植物は種子をつけているので、この種子を採取して温室で育ててみて異常さを再度検定するという手もあるが、そのような実験は、現在徒手空拳の小生には無理である。

     

    現在感光中のオートラジオグラフ像は後程紹介するつもりである。
     
      
(森敏)
付記: 注意深く見れば、今でも、高濃度汚染地では、ほかの植物でも異常に大きい葉の植物が見つかるはずである。これまでが、みれども見えず、だっただけかもしれない。

 

 


FC2 Management