FC2ブログ

WINEPブログ内で「 放射能 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2019-06-19 10:46 | カテゴリ:未分類
      放射能汚染で住民が避難しているので、人が全く通らなくなった浪江町の民家に通じる道のど真ん中に、1.5メートルぐらいの高さで道を遮るように思い切りよく葉を伸ばしている黒い実をつけている、草本があった。帰って調べてもわからなかったので、いつもの若林さん(株アスコット)に調べてもらうと、抽苔した「ウド」ということであった。土の暗い穴倉の中で、白色に栽培している食用ウドは東京都の栽培農家で見たことがあったのだが、露地ものは見たことがなかったので、現地では同定できなかった。
 
      
地上部の穂の部分と葉の部分を採取してきて、オートラジオグラフに撮ると、実が着いている葉、茎、花穂の柄の部分が強く放射能を含んでいた。これらの組織よりも一
桁低いが、しっかりと種子にも放射能は移行していた。外部付着した放射能はなく、全部内部被ばくであることがわかる。根から吸収された放射能が茎を経由して葉に移行し葉脈を通じて葉の細部に分布していくことがくっきりとわかる。よく見ると葉の裏側か表側科が不明だが虫が食べたところには放射能がないか、色が薄い。
 

 

 

 
 スライド1  
図1. ウドの茎葉と花穂(種子はすでにほとんど散っている)
 
 
 

 

スライド2
 
 図2.図1 のオートラジオグラフ
 
 
ウド ネガ‏フィルム jpeg 

図3 図2のネガテイブ画像 くっきりと葉脈が浮きでている。葉脈が非対称なのが少し気になるが。




  
 
 


表1  ウドの部位別放射能
 
ウドの放射能jpeg
 
 
   
  

 
(森敏)
 
2019-06-14 05:16 | カテゴリ:未分類
 
  2018年4月ごろ、浪江町の空間線量毎時2.7マイクロシーベルトのゴルフ場のわきに、シバの孤立した群落があったので、小さな株を切り出して土をふるって大学に持って帰った(図1)。


    土がとり切れないのだが、子細に根(図3)を、細根に吸着した腐植質土壌、細根と絡まってはがせない微細な有機物、太い根 と強引に仕分けして、放射能を分析した。腑分けに大変苦労した。その結果、茎(ランナー)や葉はこの放射能が付着して取れない根部の約30分の一であることが分かった(表1)。


    ランナーの部分の多くある各節位からは微細な分岐根が複数出ているのだが(図2)、そこの部位は分岐根が細くて放射能が少し見づらいが、各節位は明瞭に高く感光している(図4、図5)。





 
スライド1  
図1.テイカカズラを根から引き抜いてみた。


   
 
 
 スライド2
図2.図1の地上部の部分拡大


 

  
 
 
スライド3 
図3.図1の根部の部分拡大 腐植質土壌の中にびっしり入り組んでおり、有機物が絡まっている.太い根と細い根が入り混じっている。


 
 スライド4

図4.図1のオートラジオグラフ こころもち、ランナーの先端いい行く葉ほど強く感光している
 
 
 
 
 


 
 

 スライド5

図5.図4のネガテイブ画像



 
図1.シバの部位別放射能分布


シバの放射能1
 
 
2019-06-06 05:36 | カテゴリ:未分類
  浪江町の山林で、アジサイに似た紫色のきれいな花房の木があったので手折ってきた。長い間同定できなかったのだが、分類の専門家に調べてもらうとミヤマガマズミということであった。押し葉にすると花はきれいな青色が失われてしまっているのだが(図1、図2)。


図3,図4、と表1により、この木本もほかの樹木の場合と同様に花器の放射能が枝や葉より一番高いことがわかる。生殖器官に放射性セシウムは優先的に転流しているのである。

   
 
 
スライド1 
 図1 ミヤマガマズミ
 

 
 
 
 
スライド2 
 
 図2.図1の花器の部分の拡大図
 
 
 
スライド3 
 
 図3 図1のオートラジオグラフ。 一点だけ股の部分に外部汚染が認められる。

 
 

 
スライド4 
 
図4.図3のネガテイブ画像 



 


 表1 ミヤマガンマズミの放射能
スライド1

 


 

(森敏)

 
 
 
 

 
 
 
 
 
2019-06-03 12:08 | カテゴリ:未分類
 

中敷き1

図1.5本指の後方に土手を作っている。この写真は見る人によっては5本指の後方と、中央の土踏まずの部分が、目の錯覚でへこんで見える人がいるかもしれませんが、実際は盛り上がっています。
     

  最近あちこちの筋肉が落ちてきた。若いときは汗かきだったので、アメリカやヨーロッパでもあえてLLサイズの綿の分厚いポロシャツを買って来て、ひと夏はそれで過ごして快適だった。しかしいまそれらを着ると、両肩の筋肉がガタ落ちしているので、背中がだらんと落ちて、だぼだぼで、われながら見られたものではない。

      

  足の筋肉もげそげそに落ちて、靴のサイズも0.5センチ小さくなった。水虫対策で靴下を2枚履いていた時期があったので、靴のサイズは27センチで30年間は通していたのだが、近年は、文京区に多い急傾斜の坂道などは足底が前や後ろに滑ってきわめて歩きにくくなっていた。これは足底にいつもすべり応力がかかるので足底の皮膚にきわめてよくないし、平地を歩く時でも、足指の踏み込みが定まらなくて、足早に進めなくなった。いつも若い女の子が後ろからきて追い抜いていく。

     

  そこで思いきって、26.5センチの靴に少しずつ入れ替えすることにした。これだと靴下をはいて足がきっちるはまるので踏み込みが良くなった。とりわけ、写真のような名も知れないブランド品でない靴が極めて踏み込みが良かった。この靴をしばらく履いていて、どうしてだろうと、あるとき靴の中敷きを出して調べてみて少し驚いた(図1)。

    

  図1に見るように、この中敷きは5本の足指の部分の下方部分に土手がつけられており、それが、足の5本指が体を前方に押す時に道路をける力を受け止めて、指が後ろに滑らないようにしているのだった。極めて踏み込みが良い。正直言ってこんな中敷きを見たのは初めてである。靴の修理屋さんや、靴屋さんの中敷き売り場にも、今のところ見当たらない。
  
  我々は福島で多くの放置された運動靴や婦人靴などを収集して、放射能汚染された中敷きをオートラジオグラフに撮像してきたが、そのとき一枚もこんな中敷きに出会ったことがない。この中敷きはきっと、健康グッズとしてヒット商品になるだろうと思う。あるいは小生が知らなかっただけで、すでに隠れたヒット商品になっているのかもしれない。
 
 
(森敏)

 
2019-05-28 15:32 | カテゴリ:未分類

昨年秋、道端にアザミが1本孤独に咲いていた(図1)。
   
図2、図3はその放射線像である。

図1、図2から明らかなように、表1の葉は、下位の葉が一部が外部汚染しているので、高い値になっている。




  スライド2 
 
 図1.アザミ
スライド3 


図2.図1のアザミのオートラジオグラフ
 
 
スライド1  
 図3.図2のネガテイブ画像
   
  
 
表1.アザミの放射能
 
アザミの放射能ppt
FC2 Management