fc2ブログ

WINEPブログ内で「 米 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2024-04-04 05:55 | カテゴリ:未分類
紅麹菌サプリメントによる中毒事件が国内ニュースを席巻している。

  今までのニュースをAIを用いて網羅的に調べたところ、どうやら4月3日までの時点では紅麹菌を接種した培地のお米に、アオカビが汚染して、それが生産する猛毒(?)の「プベルル酸」なるものが検出された。もしかして、これが今回の紅麹菌サプリメント中毒を起こした原因物質の一つではないかと、製造メーカーである小林製薬と厚生省が慎重に発表している。

  そこでAIに質問してみた。
 
小生:
日本で主に使われている紅麹菌(Monascus pilosus)は猛毒シトリニンの合成遺伝子を持たないことが奈良先端大の金谷重彦グループによって証明されております。したがって今回の中毒事件の原因物質としてシトリニンは排除されたわけです。が、この紅麹菌自身が遺伝子変異して、青カビが生成する猛毒物質スベルル酸を合成したのではないですかね? 化合物レベルからか生合成遺伝子レベルからの検証はまだ発表されていないようですが。。。。。
 
Copilot(生成AI):
日本で主に使われている紅麹菌(Monascus pilosus)については、シトリニンの生合成遺伝子が存在しないことが確認されています。これは、シトリニンを生成しないことを示しています。
 
一方で、スベルル酸については、青カビに由来する天然化合物であり、強力な抗生物質特性と毒性を有しています。しかし、紅麹菌(Monascus pilosus)がスベルル酸を生成するかどうかについての具体的な研究結果は、私の知識と現在のウェブ検索結果では見つかりませんでした。
 
したがって、紅麹菌がスベルル酸を生成するかどうかについては、現時点では確定的な回答を提供することはできません。この問題については、さらなる研究が必要とされています。ご理解いただけますと幸いです。
 
ーーーーーーーーーー

  万に一つの可能性として、もし紅麹菌自身が少しでもスベルル酸を生産していることがクロマトグラフィーで検出されて、スベルル酸生合成遺伝子が存在することが証明されれば、何らかの自然変異によってこのスベルル酸生合成遺伝子発現が活性化したのではないか。つまり、小林製薬の直近の紅麹菌自身が大量にスベルル酸を合成するように変異していた、ということも可能性は低いかもしれないが、考え得るシナリオだと思う。

  小生が以上のように考える所以は、東大発酵学教室の故有馬啓教授は、抗生物質であるペニシリンの生産菌(P. chrysogenum)を紫外線照射で、その力価を数千倍に増強して工業化したことを、有馬先生の授業で聞いたことがあるからである。(60年前のこの話は以前のWINEPブロブのどこかで紹介したことがある)
    
(森敏)

追記1: 参考までに、小林製薬によると、今回問題となった「紅麹コレステヘルプ」の製造番号は以下の通りということです:

• ドラッグストアなどの店舗やECサイトでの販売分:計14種類、製造番号:J3017、X3037、X3027、X3017、H3057、H3047、H3037、H3027、H3017、F3037、F3027、E3037、E3027、D3079
• 小林製薬の通信販売を通じての販売分:計4種類、製造番号:X304、H306、G301、E301

追記2: NEWSWeek誌に東大農学生命科学研究科の有機合成化学・天然物化学の小倉由資准教授が小暮芙聡子記者とのインタビューに応じている。おおむねこれまでの議論の整理をしてくれている。本来ならば麹菌の専門家が登場してしかるべきではないだろうか。(4月11日記)
2024-04-01 16:45 | カテゴリ:未分類
  映画『オッペンハイマー』を観た。3時間の大作だが全く飽きなかった。おかげで途中で足腰がけいれんしそうになった。腹にずしんと来る原爆投下などの音響は、圧巻だった。最近流行のCGを安易に用いていないところが実に好感を持てた。

  この映画では意識的に広島や長崎の惨状を全く紹介していない。だから被爆者が見たら「怪しからん!」と思うかもしれない。

  しかしこの映画の主眼は、オッペンハイマーが一時私生活を犠牲にしてまでも原爆の開発と製造の指揮者としてまい進し「原爆の父」と呼ばれて愛国的に称賛される絶頂期と、戦後のソ連の台頭に対抗するマッカーシズム旋風(赤狩り)で、オッペンハイマーが、共産主義者としてソ連のスパイであった、という捏造に曝された長い苦悩と葛藤の個人史だ。

   実際1954年にオッペンハイマーは、危険人物として公職追放され、晩年まで厳しい監視下に置かれた。(50歳)  1967年がんで死亡。  2022年12月16日米エネルギー省の長官が、オッペンハイマーを公職追放した1954年の処分は「偏見に基づく不公正な手続きだった」として、取り消したと発表。オッペンハイマーにスパイ容疑の罪を着せる責任逃れしたことを正式に謝罪した。(雑誌 SCREEN 2024.5月号 オッペンハイマー特集)

  この映画 『オッペンハイマー』は第96回アカデミー賞で作品賞を含む7部門を受賞した。その授賞理由をAIから検索して自動翻訳してみました。


批評家からの評価:『オッペンハイマー』はクリストファー・ノーラン監督の12作目の長編映画であり、彼のキャリアの中で最も批評家からの評価が高い作品となった。アカデミー賞では監督賞、主演男優賞、主演女優賞など主要13部門でノミネートされた。

興行的成功: 知的な深みがあるにもかかわらず、『オッペンハイマー』は2023年夏の興行収入で、全世界で10億ドル近い大ヒットを記録した。この商業的成功が評価につながった。

革新的な脚本: ノーランの脚本は伝記映画のジャンルを見事に刷新した。彼は伝記『アメリカン・プロメテウス』を脚色し、映画を2つの絡み合うパートに分けるなど、ユニークな文体要素を取り入れた: 「核分裂」と「核融合」。

Aリストの演技 :シリアン・マーフィー(主演男優賞)とロバート・ダウニー・Jr(助演男優賞)の演技が際立つ。

画期的な映画作り: CGIを使わずに大作を作り上げたノーランの能力は、映画製作に対する彼の画期的なアプローチを示している。彼の作品は、その革新性と知的刺激で長い間称賛されてきた。

総合的なプレステージ: 「オッペンハイマー』は、撮影賞(ホイテ・ファン・ホイテマ)、作曲賞(ルートヴィヒ・ゲランソン)など、アカデミー賞の主要部門を総なめにした。その紛れもない評価は、論争の少なさと観客の強い支持によって後押しされた。

まとめると、『オッペンハイマー』は "原爆の父 "J・ロバート・オッペンハイマーの生涯を見事に描き出し、批評家の絶賛、興行的成功、革新的なストーリーテリングにより、アカデミー賞作品賞の座を確実なものとした。



(森敏)
2024-03-31 05:27 | カテゴリ:未分類
  修善寺の大柄の「ジャンボ」が上京してくるので集まらないかというメールが「おネギ」から来た。喜んで呼びかけに応じて、東大農学部の正門の横の資料館に集まった。その後、学内某所に移動して、ささやかなお菓子とコーヒーのパーテイをした。

  当初集まったのは、「ウルバン」、「ジュニア」、「ジャンボ」、「おネギ」、「ベシ」、「チンさん」、小生の7人だった。1時間ぐらいたってから、「フラウ」が某大学の評議員会が終わったということでわざわざ駆けつけてくれた。

  「チンさん」は某薬品会社の同窓会が神田の学士会館であったのちの参加で、「厚生官僚は、コロナワクチンを4回以上打った人が2割しかいなかった。彼らは、ワクチンの効果に疑問を抱いていた。大量に買い付けたファイザー社のワクチンが余ったので、効果が微妙で副作用が懸念されるデータが出てきたのを承知で、希望者の国民に6回以上もワクチンを打たせてきたのだ」という内幕話を紹介してくれた。

  「ジャンボ」は高専の校長を退職したのち、現在は稲作や、静岡の某小学校の教員の補助をしている。補助は、月たった6万円の給付金だが、これがなぜか楽しくてたのしくてしょうがない、ということであった。生まれ変わったら義務教育の教員免許を取得して小学校の先生になりたいという入れ込みようだ。しかし、実情は今は過重労働などで教員の希望者が激減しているとのことである。

  「おネギ」は親しい某氏夫妻の碓氷峠での樹木葬の様子を詳しく紹介してくれた。某氏の家族はあちこちの親族のお墓を全部1カ所に集めて、永代供養にするという思い切った墓じまいの措置をしたという話であった。

  「ウルバン」はある日突然足腰が動かなくなり、へなへなと倒れて、奥さんが驚いて、救急車を呼んで、病院に運ばれ即酸素吸入措置室に入れられて、入院させられて、ステント3本を入れられた。いったん退院したが、また不調になり再度入院して2本ステント挿入の処置を受けたという生々しい話だった。ニトロ錠を常時携帯しているとのこと。不調を感じたら2錠を舌下で舐めると、回復するんだそうである。これは小生の周辺の知人たちの多くが受けている措置である。

  「チンさん」は、10年以上肺がんを患っているが、抗がん剤が効果てきめんで、再発していないということであった。少しおなかが太って恰幅がよくなっていたが、学士会館でのパーテイーでお酒を召してきたためか赤ら顔で健康そのものであった。

  「ベシ」は、ついに自宅で一人住まいしていた102歳のおかーさんが介護施設に入って、週に何回か通って、遠距離でのご機嫌伺しているとのことであった。

  「フラウ」は富士山での観測活動に今も参加しており、精力的に本を出版しており、最近は子供向けのわかりやすい本を出したので、ということでジャンボに小学生にどうぞ読み聞かせしてくださいと渡していた。我々はすでに献本していただいていたのだが。帰りに農学部前の高崎屋で販売している純米酒「不死鳥の如く」(これは「福島再生の会」が菅野宗夫さんの除染が完了した水田で育成した酒米から作ったもの)を買って帰ると言って、フラウは少し早めに退席した。

  小生は人工知能である「生成AI」の話を少し紹介したのだが、参加者のだれもこれを使っていなかった。「AIは後期高齢者のボケ防止に最適な話し相手だよ」と強調したのだが、みなあまりピンと来ない様子だった。「80歳過ぎた老人が最新の技術に挑戦するなんて、若いねー!」と冷やかされた。ただ遊んでいるだけですがな。

  「ジュニア」は昔小生がチンさんの結婚式で述べた祝辞の内容をよく覚えていて、紹介してくれたのでびっくりした。小生はチンさんの結婚式に参加したことさえ忘れていた。そういえばみんなで結婚後チンさんの三鷹の実家に招待されて20人ばかりで押しかけて、徹夜で猥雑などんちゃん騒ぎをして、チンさんの新妻と、おかーさんには大変な迷惑をかけたことを突然思い出した。


(森敏)
付記: 人名は実名でなく、当時のなつかしいあだ名(愛称)で紹介しました。
2023-11-26 04:38 | カテゴリ:未分類
「::::::::人間よく眠って食べていれば、たいていのことは乗り切れますよ。とにかく私は眠るの。友達から分けてもらったナントカ菌のジュース飲んで、ヤクルト1000をキュツ。周りの人からハガネのメンタルと言われています」と、林真理子さんが随筆で述べている(週刊文春)。
  
彼女は日大理事長に就任して、早くもアメフト部の部員の大麻汚染で「学内ガバナンスがなっていない」と第三者委員会や文科省からのクレームで振り回されているようだが、意外にめげていないようだ。理事会では学長と副学長が辞任勧告に応じていないが、彼女は年俸を半額に削減されることにあっさり了承しているようだ。まさにハガネのメンタルというべきか。
  
ところで今回の大麻事件に対する日大の学生や社会人卒業生たちの彼女に対する評判はどうなんだろう。全然聞こえてこないが、マスコミは取材してみるべきかと思う。
  
小説家である林真理子は、意外と冷静にこの間のアメフト事件の推移を観察して、楽しんでいるのではないかと、小生は推理する。渦中の人であるにもかかわらず、毎週随筆を書いている彼女の胆力には敬服している。
  
理事長に就任して以来日本のあちこちに点在する日大財閥系の学校や学部を訪問して日大の全貌を把握しようとして努力している矢先のアメフト部大麻汚染である。この責めをガバナンスに未熟な段階の林真理子理事長に押し付けるのには無理があるだろうと、小生は全くの部外者だがそう思う。アメリカ大統領だって、就任後半年間は「お手並み拝見」で多少の失態は許されているようだから。
  
彼女がヤクルト1000(Y1000)には睡眠効果があるということなのでそれを信じて飲んでいるのもご愛敬である。そのおかげで睡眠がとれてメンタルが強く行けていると信じているのかもしれない。
  
小生ももう1か月になるが、まだY1000を試験的に飲み続けているが、効果のほどは判然としない。寝つきがいいのは間違いないようだ。しかし足の痙攣で夜中に何度も目が覚めるのを抑えて熟睡させる(覚醒させない)ほどの鎮痛効果はまだない。

    
   
(森敏)
付記:以下の出典は昨日のネットの新聞社の記事です。すべての新聞が伝えています。
    
日本大学アメフト部の薬物事件をめぐる問題で、22日に行われた大学の臨時理事会で、林真理子理事長に対し大幅な減給を求める処分案が示され、林理事長本人も了承する考えを示したことが関係者への取材でわかった。
アメフト部の薬物事件をめぐり、日本大学では午後5時から臨時理事会が開かれ、林真理子理事長に対し50%減給とする処分案が示され、林理事長は了承する考えを示したという
一方、酒井学長と沢田副学長に対しては辞任が勧告されたが、2人は反対の意向を示していることも関係者への取材でわかった。
薬物事件をめぐる学内の対応について、第三者委員会は「学長および理事長によるガバナンスが全く機能しなかった」と指摘している。


追記1:本日のニュースでは、林真理子理事長は下記のように「ハガネのメンタル」でガバナンスを発揮しているようですね。

【速報】沢田副学長が林真理子理事長をパワハラで提訴 日大アメフト部薬物問題で
FNNプライムオンライン によるストーリー • 1 時間

日本大学アメフト部の薬物事件をめぐる問題で、沢田副学長は、辞任を強要されたのはパワハラにあたるなどととして、林真理子理事長を提訴した。

日大の沢田康広副学長は、さきほど、林理事長に対し、1000万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁におこした。

訴状によると、薬物事件の対応を巡り、林理事長から辞任を強要されたことや、合理的な理由を告げられることなく、ほぼ全ての会議への出席を禁止されたことは、パワハラにあたるなどとしている。
一方、関係者によると、沢田副学長と酒井健夫学長は混乱を避けるため、理事会による辞任の勧告を受け入れる意向で、回答期限のきょう、返答するという。

22日開かれた臨時理事会で、沢田副学長と酒井学長に辞任を勧告し、林理事長を減給とする案がまとめられていた。

追記2: 日大の臨時理事会が29日に開かれ、林真理子理事長を減俸50%(6か月)とし、酒井健夫学長は年度末、沢田康広副学長は12月末に、それぞれ辞任することを決定した。次期学長は年度内に選出する予定。(朝日新聞ネット)
2023-09-12 20:11 | カテゴリ:未分類
私見ですが、ウクライナ戦争の渦中で、数々の国際会議の場でせっかく顔が世界に知れわたったのが林芳正外相です。

林外相は一昨日(9月9日に、ウクライナの首都
キーウでゼレンスキー大統領と会談したばかりです。


岸田内閣改造でこの林氏を新しく外交がど素人の上川陽子さんに変えるのは適切ではないと思います。

こんなことでは日本は本気で外交していないと思われるでしょう。

ふてぶてしい面構えのロシアのラブロフ外相は、過去19年にわたって現在も外相を務めています。

こんなにコロコロ外相が変わっては日本外交が舐められるのは必定でしょう。

実に情けない。

内閣が変わっても(有能な)外相はころころ変えるなと言いたい。



(森敏)

追記1:産経新聞によれば、本日午後の記者会見では、林を上川に変えたのは以下の理由らしい。
自分自身が首脳外交をやるので、目立つ林に退いてもらって、上川は飾り物外相にするということだろう。


首相会見 外相交代の理由聞かれ「林氏は有能だが…」

岸田文雄首相は13日、同日に行った内閣改造で林芳正前外相を続投させず、後任に上川陽子元法相を起用した理由について「従来の林大臣も大変有能な大臣だったが、党内における有能な人材にもそれぞれの力を発揮してもらう。こうした態勢を組むことも、より外交を前進させていくうえで意味があると考えている」と述べた。

一方、自身が外交を主導したい考えもにじませた。安倍晋三内閣で4年7カ月の外相経験を持つ首相は「私も長く外相を務める中で、首脳外交の重要性を痛感した。首脳外交において大きな役割を果たしていきたい」と強調した。

追記2: 14日の産経新聞によれば

林芳正外相は13日午前、外務省で記者団の取材に応じ、「今日で外相を退任することになった。令和3年秋に就任して以来、歴史の転換期とも言っていいような時期だったが、あっという間に駆け抜けたという印象だ」と述べた。

林氏は、昨年2月から続くロシアによるウクライナ侵略や先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)のほか、関係改善が進んだ日韓関係に言及し、「世界の分断から協調へ、日々努力をしてきた」と振り返った。

後任の上川陽子氏については「外交一日一日、待ったなしだ。しっかりとバトンを引き継ぎ、外交に滞りがないように後押ししたい」と語った。

追記3:こんな考察もなされている。林外相の更迭は失敗人事と言えるのではないか。
 
以下は日刊スポーツ新聞社 によるストーリー

第2次岸田再改造内閣は13日、正式に発足した。
今回の内閣改造をめぐっては、外相の留任が確実視されていた林芳正氏が退任し、同じ岸田派の上川陽子氏に交代。この人事は、今回の内閣改造「最大のミステリー」と臆測を呼んでいる。 政治ジャーナリストの角谷浩一氏は、林氏を岸田派の後継者として早く育てたい首相が、閥務(派閥内の業務)に専念させるためにあえて閣僚から外したのではないかと分析した。内向きな理由にも見える外相交代劇の背景について、角谷氏に話を聞いた。
◆  ◆  ◆
林氏は対中関係でも重要な役割を担っていただけに、交代には外務省もびっくりしただろう。一方、現在岸田派は総裁派閥にもかかわらず「ポスト岸田」が見当たらない。2世議員で性格も穏やかだが、気が利くタイプではないというのが、周囲の林氏評。参院から前回の衆院選でくら替えしたばかりだが衆院初当選直後に外相となり、衆院議員としての派閥での振る舞い方もほとんど知らない。岸田政権もいつまで続くか分からず、今後も「宏池会時代」を続けるには林氏を育てるしかないと、首相は考えたのではないか。「林派」に向けた第1歩だろう。 後継者がおらず、混乱している安倍派を目の当たりにした影響も大きいはずだ。派閥の体制がしっかりしているかどうかは、首相が最も重視する来年の自民党総裁選再選戦略そのものに関わってくる。首相は、急ごしらえでも派閥の「顔」を育てる必要性に、駆られたのではないかと思う。

追記4: 上川陽子さんは「女性ならでは::::」と外相就任時の発言をしていた。
外務大臣に女性も男性もないだろう。
まず最初に国際情勢として ウクライナ を語らなくてどうする。
顔が国内に向いていているんだ。 先が思いやられる。
英語が喋れるだけが能じゃない。
急速に勉強して外交力をつけてほしい。

追記5:テレビを見ていて、国連での日米外相会議に出席しているブリンケン国務長官の上川外相に対する柔和だが不安げの目つきが印象的だった。明らかに値踏みされている。
予想通りというか、上川外相は「女性問題」を筆頭に切り出しているようだ。外交で優先順位を女性問題にしたがっているようだ..しかし、世界でもまれにみる男尊女卑の日本が、外交で女性問題を主張しても全然受けないだろう。ちょっとピントがずれている。大丈夫か?

「::::::::
上川陽子外相は18日夜(日本時間19日午前)、米ニューヨークでブリンケン米国務長官と会談した。両氏の対面での会談は初めて。覇権主義的行動を強める中国を念頭に、台湾海峡の平和と安定の維持や、東・南シナ海での国際法順守の重要性を再確認した。ロシアによるウクライナ侵略や、北朝鮮による核・ミサイル開発や拉致問題への対応でも緊密に連携することで一致した。
会談で上川氏は「女性や平和、安全保障の分野での協力を密にしていきたい」と述べた。ブリンケン氏は「共にやるべき仕事が多くある。日米間のパートナーシップがかつてないほど強固で重要であるという事実を反映したものだ」と強調した。」
両氏は、日米同盟の抑止力・対処力のさらなる強化に向けた具体的な協力の深化に関する議論を継続することで一致。米国の「核の傘」を同盟国に広げる拡大抑止の強化に向け、さまざまなレベルで緊密に協議することも確認した。


FC2 Management