FC2ブログ

WINEPブログ内で「 福島 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2019-06-03 12:08 | カテゴリ:未分類
 

中敷き1

図1.5本指の後方に土手を作っている。この写真は見る人によっては5本指の後方と、中央の土踏まずの部分が、目の錯覚でへこんで見える人がいるかもしれませんが、実際は盛り上がっています。
     

  最近あちこちの筋肉が落ちてきた。若いときは汗かきだったので、アメリカやヨーロッパでもあえてLLサイズの綿の分厚いポロシャツを買って来て、ひと夏はそれで過ごして快適だった。しかしいまそれらを着ると、両肩の筋肉がガタ落ちしているので、背中がだらんと落ちて、だぼだぼで、われながら見られたものではない。

      

  足の筋肉もげそげそに落ちて、靴のサイズも0.5センチ小さくなった。水虫対策で靴下を2枚履いていた時期があったので、靴のサイズは27センチで30年間は通していたのだが、近年は、文京区に多い急傾斜の坂道などは足底が前や後ろに滑ってきわめて歩きにくくなっていた。これは足底にいつもすべり応力がかかるので足底の皮膚にきわめてよくないし、平地を歩く時でも、足指の踏み込みが定まらなくて、足早に進めなくなった。いつも若い女の子が後ろからきて追い抜いていく。

     

  そこで思いきって、26.5センチの靴に少しずつ入れ替えすることにした。これだと靴下をはいて足がきっちるはまるので踏み込みが良くなった。とりわけ、写真のような名も知れないブランド品でない靴が極めて踏み込みが良かった。この靴をしばらく履いていて、どうしてだろうと、あるとき靴の中敷きを出して調べてみて少し驚いた(図1)。

    

  図1に見るように、この中敷きは5本の足指の部分の下方部分に土手がつけられており、それが、足の5本指が体を前方に押す時に道路をける力を受け止めて、指が後ろに滑らないようにしているのだった。極めて踏み込みが良い。正直言ってこんな中敷きを見たのは初めてである。靴の修理屋さんや、靴屋さんの中敷き売り場にも、今のところ見当たらない。
  
  我々は福島で多くの放置された運動靴や婦人靴などを収集して、放射能汚染された中敷きをオートラジオグラフに撮像してきたが、そのとき一枚もこんな中敷きに出会ったことがない。この中敷きはきっと、健康グッズとしてヒット商品になるだろうと思う。あるいは小生が知らなかっただけで、すでに隠れたヒット商品になっているのかもしれない。
 
 
(森敏)

 
2019-05-06 09:30 | カテゴリ:未分類

以下独断と偏見です。

 

      天皇が代替わりしたのに、マスコミが上皇の動向を報じているのはいただけない。

 

      そっとしてあげた方がいいのではないか。

 

      上皇夫妻は沿道に手を振ったりして、いまだに細かな気配りされているようだが、これでは自宅外でのプライバシーが全く保てないだろう。これでは引退を宣言された意味がない。どうか今後は存分に個人生活を大事に過ごされんことを。

 

      新設された「上皇」の役割が法律的にどのように明記されているのか小生にはつまびらかではないが、従来からあまり良い意味でつかわれていない「院制を敷く」ような雰囲気が出るのは一番のぞましくないことだと思う。これは実に賢明な上皇御夫妻自身が一番自覚されていることだと思う。

     

      マスコミは上皇が何をしようが、極力報道を抑制すべきだと思う。天皇時代の1%ぐらいに急速に報道量を縮小したほうがいいのではないか。

     

      各種のアンケートの結果では、「令和」元年で、国民は、日本を覆う憂欝の「刷新」を強く望んでいると思われる。だから、過去に引きずられるような報道の雰囲気が残りつづけるのは実によくない。
     
  報道は古来からの「改元」制度の意味(国の気分を一新する)に忠実であるべきだと思う。

 

 

(森敏)
追記: とは言いながら、小生自身は、決して過去のこととして忘れ去られてはならない、現在も未来も進行形の、福島原発事故由来の放射能汚染関連の事実を、執念深く開示していくつもりだ。魯鈍な馬鹿の一芸と言われようとも。

 

2019-02-11 07:33 | カテゴリ:未分類
以下はこのブログでたびたび繰り返して紹介している単純なお話です。 
   


昨年の今頃、上野の国立科学博物館の館内を散策していたら、スギの受粉について図1のような
   
非常にわかりやすい絵が展示されていた。
    
何かの折に役に立つかもしれないと思って
    
2017年秋に福島浪江町の山林からから採取してきて実験室に保存していた、
    
受粉して種子がはいっていたカラカラに乾いたスギの雌果 (図2) を、
    
たたいて種子を取り出して、殻(図3)と種子 (図4) と、とげとげの葉に
     
分けて放射能を測定してみた。
     
種子が一番放射能が高かった(表1)。
      
次世代である種子に確実に放射性セシウムが転流してきていることがわかる。

    
      
 
スギの受粉jpeg
 
 
 図1.スギの受粉の機構。  雄花から花粉が飛んで雌性花序の中の胚珠の先端の受粉滴にその花粉が付く

 
 
 
スライド2 
 図2.受粉が終わった雌性花序(種子を含んでいる)
 
 
 
 
スライド4 
図3.スギの雌性花序の種子を落とした残りの殻を集めたもの

 


   


 スライド3 

図4.スギの種子を集めたもの

    

 
表1.スギの雌果の放射能(ただし表中雌性花序は図3に示す殻だけのこと)


スライド1 
 
    
(森敏)
2019-01-29 22:00 | カテゴリ:未分類
 
    昨秋(2018年11月)、福島県双葉町で、空間線量が毎時15マイクロシーベルト下で、ねむの木の繊細な葉がはらはらと落葉し始めていた。枝には枯れかけた実が付いていた(図1)。それを切取ってきて、オートラジオグラフを撮リ(図2、図3)、そののち莢から種子を取り出して、放射能を測定した(表1)。
      

   このオートラジオグラフ像(図2、図3)を見るときは、少し気を付けて見なければいけない。
   
   表1によれば種子と莢の放射能は、ほぼ同じ濃度である。オートラジオグラフでは一見種子が濃厚に放射能汚染しているように見えるが、種子は莢の中にあるので、莢の厚さが裏表二層も加わったオートラジオグラフ像になっていることに注意しなければいけない。
    
    
   いずれにしても次世代の種子そのものが福島第一原発暴発事故7年半たった時点でも、放射能汚染していることは間違いない(表1)。
 


 
 
 
スライド4 
 
  図1.ねむの木の実
 

 
スライド2 
 図2.図1のオートラジオグラフ 種子が濃く写っている。
 
 
 
スライド3 
図3.図2のネガテイブ画像 
 
 
 

 
表1 ねむの木の実の放射能 
 
スライド1 
 
 
 


 

(森敏)
 
2019-01-03 17:27 | カテゴリ:未分類

明けましておめでとうございます。
 
  今年も時々飽きもせず、福島の動植物の放射能汚染状況を、淡々と放射線像でご紹介いたします。
       
  空間線量17
µSv/hという双葉町の民家の前のコンクリートの割れ目に、生育不良気味の丈が45センチぐらいの淡い色のシダが生えていました。割れ目の土壌表面は、いまだに35µSv/hもありました。なんとなく葉っぱがゆがんで対称形でなかったので、放射線の影響を受け続けているのではないかと思われました(図1)。

     

オートラジオグラフを撮ると外部に付着する放射能汚染は全くなく、全身内部被ばくでした(図2、図3)。もちろんこのシダは発生以来150mSv以上の積算空間線量を外部からも受け続けていたはずです。これは生物で十分突然変異が起こりうる線量です。

  

シダ自身の放射能もベラボウに高かったです(表1)。
 
 
 
スライド2 
図1.ひねくれたシダ 
 
スライド1 
図2.図1のオートラジオグラフ 
 
スライド3

 図3.図2のネガテイブ画像
 


 
 表1. ひねくれたシダの放射能
シダ 
  
   
 
(森敏)

FC2 Management