FC2ブログ
2020-09-08 21:16 | カテゴリ:未分類

 

小生は、長編小説などは集中力がなくなってきて読みたくなくなってきた。最新の芥川賞受賞作家2人の作品も文芸春秋に載っている中編小説だが、冒頭から読み始めて苦痛ですぐ投げ出してしまった。一方、直木賞受賞作家の「少年と犬」は5編の短編の連作なのだが、その内の3篇だけが載っている「オール読物」をわざわざ買ってよんだ。それぞれ区切りがよくて、犬好きの小生は所々で涙腺がウルウルしながら最後まで読んだ。各編で最初の書き出しからの「つかみ」が絶妙なのである。

  

先日「随想 森鴎外」小塩節 (おしおたかし)という本の宣伝が新聞の第一面の隅に載っていたので、さっそく図書館に購読を注文したら、なんと1週間で入手できた。新刊本はいつも注文して文京区として1冊しか購入しないことが多く、順番が回ってくるまでに下手すると半年はかかる。しかし今回は、文京区が文豪森鴎外の「鴎外記念館」を有するがゆえか、文京区のあちこちの図書館がそれぞれ購入したのですぐ小生にも順番が回ってきたものと思われた。本の第一刷が81日である。文京区本郷図書館の購入日が813日の印が押されていた。役人の仕事としては実に迅速といえよう。

 

著者が本の題名を“随筆”ではなく“随想” としたのは、たぶん起承転結と構えた長文ではなく、“こころに浮かぶうたかた”を前後の脈略を無視して記しものだろうと思った。よんだらその通りだった。読者としては、著者の連想のながれに乗ればいいのでとても読みやすかった。2時間で読み切ってしまった。わずか175ページだがハードカバーの本である。Wikipediaで小塩氏の著作集を見ると、『春近く 随想集』女子パウロ会 (1976)というのがあった。この先生は若い時から「随想」という言葉がきっと好きなんだろうなと思ったことである。)

 

本の「あとがき」によれば、著者の小塩氏は1931年の生まれで現在3年間にわたる病臥生活をしながらの執筆だったそうである。それゆえなのか、全体の印象としては、ドイツ語学の大家である著者がドイツでの生活を森鴎外の留学時代に託して懐かしく回想しているふうに小生には思われた。小生は教養学部時代には第2外国語でドイツ語を学んだが、ドイツ語は全くものにならなかった。苦痛で仕方がなかった。

 

以下、いくつか小生が知らなかった森鴎外の逸話が語られていた。それらに対する小生の雑感です。
    

1. 森鴎外は幼少時に水清き津和野から母と一緒に東京に出てくるが、死ぬまで一度も津和野に帰らなかった。その理由の一つとして、津和野が「隠れキリシタン」の流刑の地であり、その囚人たちに対する過酷な扱いを見て、郷里が嫌になったのではないか、また、鴎外はキリスト教に関しては生涯語らなかった、と述べられている(著者の小塩氏はクリスチャンらしいので、その点は気になって仕方がなかったようである)。昔のことだが小生は学会のエキスカーションのときに津和野を訪れて、森鴎外の自宅の彼がいた居室などを見学して感慨にふけったものである。近くの鴎外の師である西周(にしあまね)宅も見学した。
 

2. 森鴎外の「舞姫」のモデルになった、ドイツ留学中の恋人エリーゼ・ヴィーゲルトに関しては諸説紛々だと思っていたのだが、関連資料をあさってうまく整理されて紹介されている。鴎外は4年間のドイツ留学ののち上司陸軍総監「石黒忠のり」とともに横浜に向けて帰国の船上にあったが、この恋人のことを上司に打ち明ける。石黒は驚愕する。実はエリーゼもその鴎外を追いかけて、二週間後に1等船室での船旅で横浜港に着いた(どうやらこの旅費は鴎外が自分の給与から渡していたらしい)。しかし、石黒をはじめとする軍部や鴎外の母の猛烈な反対で親類・友人・陸軍関係者が奔走して、エリーゼは横浜のホテルに3週間かんづめにされ、ついに鴎外とは一度も会えずに、説得されてドイツに安い帰国経路の切符を渡されて、追い返されてしまう。
 しかし実はその後も鴎外は彼女とはずっと文通を続けていたとのこと。なんたる秘めたる恋心。それがためか鴎外は母の勧めで(徹底的な母親コンプレックス!)、気が進まぬ結婚をさせられて2年後に離婚してしまう。一方、帰国後エリーゼは2年後に結婚し、第一次世界大戦のベルリンの猛火のさなかを生き延びた、腕の太いたくましいドイツ女であった、とのこと。小説「舞姫」ではエリーゼが精神錯乱に落ちいったところで終わっていたと思う。
  

3. 鴎外は死ぬまでずっと肺結核であったが「萎縮腎」のみを世間的には公表していた。軍医が病気じゃ立場がないと思ったのだろう。娘の茉莉と杏奴とはくちづけせず、また、させなかった。鴎外の笑った写真は見たことがない。肺結核を隠し続けたことは、ひげを生やした少し鬱屈した“陰りのある顔つき”が世の中に残されているゆえんかもしれない。
  

4. 鴎外は、陸軍軍医総監医務局長として、当時長く続く国民病であった兵士の「脚気」の原因究明を任された。しかし鴎外はドイツ留学時に細菌学の実技を学んだロベルト・コッホの影響が強すぎてか「病原菌説」に固執した。陸軍兵士の主食を白米から麦由来のパンに切り替えなかったため大陸への出征兵士を戦闘以前に大量に脚気で死なせたともいわれている。一方、若い時にロンドン留学時にセントトーマス病院付属医学校で学んだ海軍軍医総監である高木兼憲は、疫学的観点から白米食とムギ飯食の比較試験を行い、海軍兵士の食事をパンかムギ食として海軍兵士の脚気を激減させた。鴎外は実学的に大失態を演じたのである。
 この本で小塩氏は、脚気の原因物質が米ぬかにあることを発見してノーベル賞を受賞したフンクを紹介している(ノーベル賞は実はアイクマン)。しかし小生は農芸化学者として「オリザニン」と名付けた、のちの真のビタミンB1を最初に米ぬかから精製結晶化させたのは大先輩鈴木梅太郎であることが紹介されていないことを非常に残念に思う。この間の学問的な熾烈な背景は鈴木梅太郎の回想録に詳しい。(付記参照)
 

5. 総じて小塩先生は森鴎外の業績として、小説などよりもドイツ語の語学力を高く高く評価している。外国語を日本語に翻訳するに際して幼少時から漢籍に通じた鴎外の翻訳の訳業の人知れぬ労苦が、ドイツ語学の大家である小塩先生からは、嫌というほど透けて見えるのであろう。
 
  
(森敏)

付記:鴎外に関してはこれまで以下のブログを書きました。


   

以下の鈴木梅太郎のうめきをお読みください。ダブルクリックしたら現れます。
  

「ビタミン研究の回顧」 鈴木梅太郎著 に感動した


2020-08-26 12:05 | カテゴリ:未分類

近所の本屋に入ったら、入ってすぐの平積みの台に、今回の直木賞受賞作家馳星周や村上春樹の単行本のそばに、なんとジョージ・オーウェルの小説『1984年』の単行本が山積みされていた。なぜこの時期にこんな古い時代の本の読書需要があるのだろうか? とちょっと不思議だった。

  

この小説『1984年』は小生が高校生の時に、小説の核心部分を英語の短文で読まされたことがある。「こんなバカな監視社会が来るものか!!」 と思ったが、その後、共産主義国ソビエト連邦がそのまさにその実践国であり「モノ言えば唇寒し」親兄弟姉妹相互の監視社会であることを、学んだ。実際に訪問した東ベルリンではその雰囲気をひしひしと実感した。その後、1989年のベルリンの壁崩壊で、そんな国が内部崩壊して消えたと思った。ところが、ポスト毛沢東の中国では、鄧小平の号令の下、猛然と「資本主義的社会主義化」と称する近代化が進み、電子テクノロジー化によって、先日のこのwinepブログでも書いたように、完全なin situ (現場)人物同定監視社会」を中国は作り上げてしまった。

  ある意味でこれは、人間精神を相互に絞り上げる、きわめて完成した「超公理系の国家」である。近代科学の効率を極めるとこうなるのだろう、という壮大な実験国家となってしまった。ジョージ・オーウェルもビックリだろう。

 

本屋から、家に帰って、東京新聞の夕刊を眺めていたら、以下の北京駐在の坪井千隼記者による囲い記事があった。

  

この記者はこの記事で、今更ながら中国の監視社会の怖さを伝えてくれているが、今後とも彼の中国駐在中は徹底的な監視が続くと覚悟すべきであろう。反中国共産党的な記事が彼によって何篇か続くことになると、ある日突然、当局の諜報員に拉致されたり、国外追放されたりするだろう。

 

危険な仕事だが、それまで頑張ってもらいたい。外国人記者によってしか真の情報が世界に発信されなくなることは、ソビエト連邦の長い歴史が証明している。一見技術革新が進んで、アメリカに先んじて宇宙飛行まで行った1960年代のソビエト連邦のもとでは、政治犯のシベリアの「ラーゲリ」送りなどの殺人的人権侵害はもとより、惨憺たるたる国内公害が発生していた実情が、情報統制のために世界にはほとんど知られてこなかったのである。

 

中国は、いま、まさにその轍をさらに加速して走っている。このままいくと、いずれは、外国のマスコミの特派員は全部国外放逐されて、中国は鎖国国家となり、中国共産党はアナグマとなるだろう。世界の人々は中国国内の鮮度の高い正確な情報を何ら得られなくなることだろう。

  そうなると、中共と反中共連合のデカップリングの完成である。

 

歴史は繰り返す。
  中共が内部崩壊するか。
  中共による監視社会が科学技術で世界を制覇するか。
  中共と反中共連合の冷戦(中共の言う「超限戦」)がついに実弾による熱戦になり、原水爆で世界が破局に至るか。 
   
  話を戻すが、本屋での小説『1984』の山積みは、今更ながらではあるが、日本人が本能的に、本気で、現在進行形の中国の監視社会に対して、警戒心を急速に膨らませているということなのかもしれない。

         

           

中国・北戴河  監視社会の怖さ痛感

20208251600分 中日新聞

 

 中国有数の避暑地、河北省北戴河を今月上旬に訪ねた。毎年この時期に中国共産党の指導部と長老が集まる重要会議の開催地で厳重な警備が敷かれていた。

 下車した最寄りの駅で、求められるままにパスポートを提示。記者だと分かると、訪問目的や帰りの電車の時刻など詳しく聞かれ、顔写真まで撮られた。

 解放後に散策した海辺や街中は観光客であふれていた。夕方に人混みの中で警察官に呼び止められ、近くの店に連れて行かれた。店内には駅で会った警察官ら五人。そして告げられた。「帰りの電車の時刻は過ぎている。なぜいるのか」

 冷や汗が流れた。うっかりしたのは事実だが、「私のいる場所がなぜ分かったのか。ずっと監視していたのか」。聞いても返事はなかった。

 タクシーに何度も乗っており、尾行の気配は感じなかった。監視カメラと顔認証システムで、追跡されていたのかもしれない。中国は監視カメラ大国で、指名手配犯の追跡にも威力を発揮している。それは、政府に批判的な人間や記者も容易に監視できるということ。監視社会の怖さを痛感した。 (坪井千隼)

 

2020-08-25 17:39 | カテゴリ:未分類
  
  本日のテレビ東京でのu-tube報道を、文字を拾って、最後に全文転記した。


  恐れていた通り、中共ウイルス(COVID-19)は変異を繰り返しており、現在世界中で200社ぐらいが挑戦して、デッドヒートを演じている各種のワクチンが、これらの新生変異ウイルスには効かなくなる恐れが大である。
  
  今回の記事にあるように、香港の33歳の男性のCOVID-19の最初の感染に関わるSpark遺伝子がどのように変異しているのか、詳細が明らかにされていないのだが(論文になっているようだが小生はまだ見ていない)、1アミノ酸変異でも感染力ががらりと変わり、結局前回のCOVID-19ウイルスで得られた獲得免役では今回の新型変異COVID-19ウイルスに抵抗が出来ず、再び体細胞への侵入を許してしまったのだと思われる。
   
  COVID-19に関してはこのような変異を人工的に起こした詳細な研究はまだなされていない。当然だが、今日では、このような危険な研究をやるには、世界の多方面からの許認可のコンセンサスが必要だろうから。


  しかし、武漢ウイルス研究所の石正麗女史は、2015年の nature誌に 遺伝子組み換えSpark遺伝子を作成して、この人工ウイルスのヒトACE2受容体と結合力の強い(感染力がある)コロナ株を検出して発表している。このような危険な研究はその後喧々諤々の批判を浴びたようだ。

  彼女が遺伝子操作したのは2004年に流行したSARSコロナウイルスのSparkタンパク遺伝子をコウモリのほかの種類のSpark蛋白遺伝子と組み替えたものである。抗体実験の結果、遺伝子組み換えSparkを持つコロナウイルスには、従来のSARSコロナウイルスに対する抗体がきかなかった。だから、この論文では、コウモリ起源のコロナウイルスが自然変異して、より人に対する感染力の強いコロナウイルスが、今後も自然発生するかもしれないと(かっこよく?)警告している。
 

A SARS-like cluster of circulating bat coronaviruses shows potential for human emergence
  
 
  だからその後も、彼女がこういう遺伝子組み換え研究を、意図的に、武漢ウイルス研究所でも継続していた可能性が非常に高い。実際そういう同僚からの内部告発もネットでは流れている。それらの試験的に作成された多様な遺伝子組み換えコロナウイルスが、意図的か、油断したかで、武漢ウイルス研究所周辺の環境に放出されたと想像することは、今もって小生は科学者として否定することができない

       
  武漢ウイルス研究所が発生源ではないということを否定している人物は、まず軍の女性の生物兵器研究所の司令官であり、彼女は証拠隠滅のために武漢の海鮮市場を封鎖しそこの生き物を全部焼却処分した。武漢ウイルス研究所の研究者の実験ノートなども焼却処分したと思われる。次に武漢ウイルス研究所の所長がマスコミに登場して烈火のごとく否定した。最後に石正麗女史が口を極めて、批判者をネット上で罵ったのである。中国共産党による上意下達のいつものやり方である。
   



 
     

香港で新型コロナ回復後に再感染

825日テレ東ニュース

香港大学の新型コロナウイルス研究チームは24日、新型コロナウイルスに感染して回復した人が再び感染したことを初めて確認したと発表しました。

これはロイター通信などが伝えたものです。

再感染したのは香港の33歳の男性で、一度目の感染は3月下旬に判明、4月半ばに回復して退院しました。2度目も感染は8月半ばにスペイン旅行から戻った際に空港検査で判明。男性のウイルス遺伝子を詳しく調べたところ、最初に感染した時とは別のウイルスと判明したとのことです。香港大学の研究チームは、感染やワクチン接種を通じて免疫を獲得できたとしても、流行が続く可能性があるとの見方を示しました。

2020-08-24 16:57 | カテゴリ:未分類

  20年使った冷蔵庫がついに壊れたようだ。まだ冷凍室と野菜室は動いているようだが、一番容量の大きい4°Cの食品保存室が、ドアを開けると異臭がするようになった。庫内の奥の温度調節パネルが中央部に設定されていたので、それを初めて動かそうとしても、固まってなかなか動かなかった。エイヤーと少しずつ力を入れながら繰り返すと動いた。そこでさらに低温側に設定しなおしたのだが、2日たっても異臭は低下するどころか、むしろ強くなっていた。完全に温度調節機能が壊れたと確信した。いつも食する小生のカスピ海ヨーグルトと女房のヨーグルトが、発酵が進んでトロトロになって酸っぱくなって、大量にだめになってしまった。女房が毎日食する豆腐が発酵してパンパンに膨らんでいた。バターもトロトロだった。

 

ついに我慢が出来なくなったのか、女房が「冷蔵庫の買い替えに行くので付いてきて!」というので、2年ぶりぐらいに池袋に出かけた。最初に行ったヨドバシカメラでは人がけっこう入っていた。高齢者はあまりいなかった。店員は結構嬉しそうに忙しそうにしていた。店員にうかがうと「すこし活気が戻ってきているようです」ということであった。

 

某メーカーの冷蔵庫の機能や値段を女房が詳細にうかがって、カタログをもらって、次に、道路を隔てたヤマダ電機のビルに行こうとして道路に出たら、なんと、池袋駅前交差点では、多分「中共コロナ」以前の、ふだんの日曜日と変わらないと思われる、大勢の人であふれかえっていた。ほぼ全員マスクをしているが、その混雑ぶりにはちょっと危険を感じた。とてもソーシャルデイスタンスなんてもんじゃない互いの濃密接触ぶりである。

 

  機種選定に関しては、女房に付き合うと、女房はかならずあれこれと迷うので、時間ばかり経つ。せっかちの小生はそれに腹が立って、いつも値段が張っても機能が向上したと思われる流行の最先端のものをその場で即決して契約して買ってしまう。結局、洗濯機やクーラーなどはすぐに故障して失敗ばかりしてきた。なので、今回は女房に任せっきりにした。というよりはせっかくの二人での外出なので、時間をかけてもいいからと、ボーと突っ立って販売員と女房のやり取りだけを聞いていた。ヤマダ電機のほうがヨドバシカメラよりも販売員が多く立ち回りしていた。お客さんも多いように思われた。各所にアルコール消毒液が設置されていた。ヤマダ電機ではヨドバシカメラで目指した機種よりも少し容量の小さい白色の冷蔵庫の機種に、女房が決めた。

 

  猛暑で、女房はつかれている様子で、「もういま決めてしまおう」とめずらしく向こうから言い出して機種を決めた。会計カウンターに行くと、なんと10か所以上のずらーと並ぶカウンターデスクの前に中共コロナ対策用の透明シールが客との境界部分に連続してたれ下がっており、壮観で、全席が支払い客で埋まっていた。今回の冷蔵庫の機種は国(都?)の省エネタイプ指定機種としての奨励金が出るが、それにはいろいろな証明書が必要である。現在使っている冷蔵庫の廃棄には東京都からの引き取り料がかかる。ヤマダ電機の10%ポイント還元がつくうえに商品券が付く、などなどの煩雑な経理作業のゆえであるためか、いろいろな会計処理になんと30分以上かかった。その長い長い待ち時間に小生は椅子に座らずに立って屈伸運動などをやっていたので、あちこち監視して回っている店員に不審な目で見られていたと思う。

  

  支払いを終えて道路に出たのが午後6時半ごろであったが、先ほどよりも多い人の流れがどんどん駅に向かっていた。極力息を止めて歩いたのだが、さすがに混雑する地下道は空気の流れがどうなっているかがつかめずにマスクをしていても確実に中共ウイルスを吸ってしまったと思う。

 

  今朝のテレビの報道では、どこかの会社の社員を集団検診したが、50余人のうち、その半数が中共コロナに感染しており、ほとんどが若い人は無症状だということであった。すでに東京はどこにいても感染しないほうがおかしくなってきたと思う。かかると死亡率の高い後期高齢者には一層厳しくなってきたと思う。

 

  義妹(姉の娘)によれば現在介護施設に入っている高齢の姉に時々玄関までだが、差し入れに行くと、姉は「みんなに会いたいけれど、こればかりは仕方がないわね」と、中共コロナに関しては、理性的に面会を我慢しているとのことだ。小生はもう半年間姉に会っていない。しかし、同じこの施設のご高齢の方たちは、ドアの隙あらば施設の外に出たがって、入居者の中共コロナ感染防止にピリピリしている介護の人たちが、彼らジジババを説得するのが毎日大変なんだそうだ。一人でも感染させたら、施設経営の根幹にかかわることになるのだから。
 
   
(森敏)

 

2020-08-04 07:50 | カテゴリ:未分類
  以前に福島で見かけた巨大イラクサの葉の写真を紹介しました。


  2019/11/03 :
巨大イラクサの葉


  今回はその続編としてイラクサのオートラジオグラフ像を示します。

  最近気が付いたのですが、東京文京区でもでも結構大きなイラクサがあるようです。栄養条件によって、イラクサは大小の可塑性が非常に大きい植物のようです。





スライド1 

図1.巨大イラクサ。 平面を得るためにあちこちの数枚の葉を切り離してしまっている状態です。種子があちこちに散乱している。




スライド2 

図2 葉は極端に薄く平たいのでこの像ではあまり強く撮像されていない。花器は局所的に重なって集合しているので、濃く撮像されている。下葉の周辺に飛び散っている種子が撮像されている。







スライド3 

図3. 図2のネガテイブ画像。







表1 イラクサの放射能
スライド4

FC2 Management