FC2ブログ
2020-06-29 08:45 | カテゴリ:未分類
  2018年の双葉町の民家のサネカズラは実がたわわに稔っていた(図1)。

  眼の高さの一枝を失敬してきて、オートラジオグラフに撮像した(図2、図3)。

  部位別に放射性セシウムの放射能測定すると、実が葉の2倍の値を示した(表1)。実の放射能がほかの部位よりも常に高いことはこれまでのすべての植物とも共通している。
  
  一方、今回意外だったのは新芽が旧葉よりの放射能が半分以下だったことである。

  いつもは放射性セシムは新葉(図1の左枝の先端1枚と、右枝の先端の2枚)が旧葉よりも高い値を示すのだが、今回は違った。
  
  実(養分の吸引側:シンク)が成熟しているときには、全体の養分の貯蔵器官である旧葉(養分の供給側:ソース)からの養分が実の方に転流することが植物栄養学の常識である。

  しかしその同じ時期に展開している新葉はまだ養分のシンク側でもあるはずなのだが、養分の吸引力が実よりも低くなっているのかもしれない。

  要するにこの新葉は、今後成熟して光合成して、養分を同化しても、実が完熟してしまうと、転流先がなくて、ためた養分が不要になってしまう。いずれ枯れて落葉してしまう。だから、吸引力が低下しているのだろう。

と、サネカズラの身になって考えてみた。しかしこれは、サネカズラの体内でも、あくまでセシウムイオンがカリウンと同じ転流の挙動を示すものと仮定しての解釈であるのだが。
  



   

 

  名にし負はば 逢坂山のさねかづら 


       人に知られで くるよしもがな




                  三条右大臣 後撰集 

  


   
 

スライド1 
 図1 サネカズラ 押し葉乾燥後なので赤い実が黒ずんで見える。一房に多数の実を着けている。
散らばっているのは押し葉にする前に前に飛び散った実。

 
 
 

 
スライド2 
 
 図2 図1のオートラジオグラフ


 



 
スライド3 
図3 図2のネガテイブ画像。 新葉が旧葉よりも薄く写っていることがわかる







 

表1 サネカズラの放射能
サネカズラ 
  
  
  
(森敏)
 

2020-05-15 10:13 | カテゴリ:未分類
  

  以下、やっと発表にこぎつけた、とりあえず本日の厚労大臣からの報告です。

  この数値から計算すると、人口約1400万人の東京都では、これまでに約84000人が感染したことになります。
     
  我々のこれまでの統計的推計値である最低30万人感染したはずの数値よりも少ないようです。
     
  しかし、明らかに、「集団免疫獲得」まではまだまだ長い道のりですね。
   
  根拠データの詳細な開示が望まれます。
       
  と同時に、今後も毎日ぐらいの発表が望まれます。
         
  ロックダウン解除した地方では、ことのほか、この抗体検査による細かな感染者の推移の観察が重要です。
         
  一昨日、東京都が抗体検査をやると宣言したので、国もあわてて、未完成だが、途中経過のデーターをあわてて発表したものと思われる。とにかく国はデータを隠したがるんだよね。

 

  
ーーーーー 
      

新型コロナ抗体陽性率、東京で0.6

共同通信社

2020/05/15 09:00

 

 加藤勝信厚生労働相は15日の閣議後記者会見で、献血された血液で新型コロナウイルス感染後にできる抗体を調べたところ陽性率は東京都の500検体で0.6%、東北6県の500検体では0.4%だったと明らかにした。
 

ーーーーー 

東京都、感染歴の有無を調べる「抗体検査」実施へ…6月から月3000件

2020/05/13 01:06

 東京都は12日、都内での新型コロナウイルスの流行状況を把握するため、感染歴の有無を広く調べる「抗体検査」を6月から始めると発表した。都立病院の患者らから血液の提供を受け、月3000件の実施を予定している。

 都の外郭団体「都医学総合研究所」が、東京大先端科学技術研究センターなどと連携して行う。1日当たり最大500件を検査できる機器を導入するほか、同研究所が開発した検査キットも活用するという。

 抗体検査は、経済活動の再開に向けた指標などにするため、欧米で導入の動きが広がっている。小池百合子知事はこの日、検査の目的について「地域ごとの抗体保有率などを調査することで、拡大防止対策に役立てたい」と述べた。

ーーーーーー



(森敏)
  
追記1:この記事を書いた後に、文京区役所が聞き取りにくいのだが、街宣車で「新型コロナウイルス・・・・・」という警告を発して回っていた。初めて聞いた試みである。
   
追記2:以下の記事でマスクの効用がますます証明されたようだ。
  
https://www.jiji.com/jc/article?k=20200515040066a&g=afp

2020-05-12 20:19 | カテゴリ:未分類


  以前にも述べたが、羽山神社は原発から650m地点で山頂にあり、小さな神社周辺は住民が表土を除染しているが、それは山頂のごく一部に過ぎない。
   
  その露出した地面に集団でセンブリが生えていた(図1)。(センブリは漢方でも有名な胃腸薬である)。ここのは栄養失調で背丈が15センチもない。
      
  しかし見事に異常なくらい多くの花をつけていた(図2)。多分この花の生え方や背丈の短さや、分枝の仕方はいじけていて異常だと思う。放射線障害だろう。それを根から掘り起こして採取してきた。
  
      
  オートラジオグラフに取ると花器の種子になる部分が濃く撮像されている(図3、図4)。この現象は他の植物と同様である。 
  
  8本の植物の撮像のされ方が少しずつ強弱が異なっている。それは同じ集団でも土壌に降下した放射能が均質ではなく、したがって土壌への収着の度合いも異なっていたためと思われる。
  
  これまで、我々が調べた長靴や箒や洗剤の箱やTシャツなどの非生物の表面に付着した固形物は、不溶性の濃い大きな粒子と、その10分の一以下と思われる細かな粒子と、可溶性のイオン状のセシウムが見分けられる。
         
  植物が吸収しているのは、可溶性(雨水に溶ける)セシウムイオンだけである。
     
      表1に部位別放射能を示している。根は土壌が取り切れなく付着汚染しているので最も高い値である。しかし地上部は図3、図4から見ると、完全に内部汚染のみで外部汚染は全くない。これらのオートラジオグラフ画像からは、花器が非常に高く撮像されているが、この表1の放射能の乾物重あたりの実測値からすると、植物の地上部全体がほぼ均一に内部汚染していることがわかる。
    
 こんなものは到底まだ漢方薬には使えない。
    
   




スライド1 
 図1 センブリ


 
スライド2 

図2 図1の左下の植物の部分拡大 異常な数の花の付き方



スライド3  図3 図1のオートラジオグラフ



スライド4

図4 図3のネガテイブ画像

  
  




表1 センブリの部位別放射能

センブリ1 


注:図1の8本の植物を全部部位ごとに一緒にして測定した。





   
   

(森敏)
2020-04-30 14:32 | カテゴリ:未分類

今朝の東京新聞の一面トップに以下の記事が載った。東京新聞もやっと統計に目覚めた感じである。だが社会部の記者が書いているらしく、記事からは、層別解析に耐える数値がない。

 

やむなく、前回と同じく、市民の被検者147人、そのうち7人が抗体検査陽性、東京都民人口13,951,791人 という数値を用いて、90%信頼区間での感染者総数の推定を計算した。

  

結果は 358,471 ~ 979,639人がこれまでに感染しているという結果が出た。

つまりおよそ 35万人から98万人の幅である。

  

前回紹介した慶応大学病院のPCR検査の結果から推定した感染者の値(30万人~135万人)よりも、調査人数が多くなった分、少し精度が向上している。

   

せっかくのスクープ記事なのだが、東京新聞にはもう少し統計的分析に耐える、正確な記事を提供してもらいたい。(統計学者が、以下の、数値があちこちに飛ぶ、散漫な記述の記事を読んで怒っておりました。結局編集部デスクがよくわかっていないのかもしれない)

    

======

<新型コロナ>抗体検査5.9%陽性 市中感染の可能性 都内の希望者200人調査

東京新聞2020430日 朝刊

 

 新型コロナウイルスの感染実態を調べるため、感染症に詳しい久住英二医師が東京都内でウイルス抗体検査をしたところ、一般市民の4・8%、医療従事者の9・1%が陽性(抗体あり)で、過去に感染していたことが分かった。久住医師は「現行のPCR検査で判明する感染者よりはるかに多く感染している可能性が高く、確実にまん延していると言える」と指摘している。 (市川千晴)
    

 検査は久住医師が理事長を務める新宿区と立川市のクリニックで二十一~二十八日に実施。ホームページで希望者を募り、二十~八十歳の男性百二十三人、女性七十九人を検査した。このうち一カ月以内に発熱のあった人は五十二人、同居者でコロナウイルス感染者がいる人は二人、PCR検査を受診したことがある人は九人。PCR検査で陽性反応だった一人も含む。
    

 検査結果では、一般市民の百四十七人の4・8%にあたる七人が陽性、医療従事者五十五人のうち9・1%の五人が陽性だった。市民・医療従事者を合計した二百二人全体では5・9%の十二人(男女とも六人)が陽性だった。以前のPCR検査で陰性とされたが、抗体検査で陽性だった人もいた。
       

 検査に使用したのは、大手繊維メーカーのクラボウが輸入した試薬キット。国内の抗体検査で一般的に使われており、採血後に十五分で判定できる。
        

 久住氏は「原因不明の死者が増えていることからも、PCR検査を拡大して速やかに診断し、早期に治療を開始すべきだ」と話している。

 


ーーー

(森敏)


付記: 約6%の人が自覚症状がないものの、陽性だった!! (訂正版)
2020-04-28 17:29 | カテゴリ:未分類


  以下は2020年4月27日時点での、世界各国のPCR陽性患者数に対する死亡者数の割合を%で示したものである
      
  ただし、PCR陽性患者が10,000人を超えた国のみを示している。
    
  これで見ると、軒並み西欧先進国が10%以上の値である。
         
  ざっくり言って、その国が医療崩壊を起こすと、だいたいPCR陽性になった人の内の5%以上の人が、死に至ることを示している。20人にひとりである。
  
  ポルトガルやドイツがそのすれすれのところで頑張っていることが推察される。
   
  表ではいまのところ下位に位するロシア、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、シンガポールは、現在は驚異的に死者の比率が一見低く抑えられているように見えるが、ひとたびタガが緩むと、急激にオーバーシュートに向かい、死者も増えることが予想される。
   
  本日の報道では、移民族国家であるシンガポールが、ウイルス感染抑止の均衡が破れ、ついに、急激に感染者数が増え始めたと報告されている。人口500万人の小さな国なので、これまではコントロールしやすかったのだろうが、今後はすぐに医療崩壊に向かうだろう。
    
  スエーデンは死亡率が上から5番目に位する。この国は、日常生活や、産業活動を維持しながら、「集団免疫獲得」の方針を取っていると報じられている。国民の生活は、一見平常のように見えるが、実は医療の現場では、実質的な医療崩壊が起こっていると考えられる。たぶん、中共ウイルス(COVID-19)で重篤になった老人は、救済しなくて、若い人を優先して治療し、一見医療崩壊を起こしていないように見せているだけなのだと思われる。新しいウイルスに適応できなくて死ぬ老人は淘汰されても仕方がないという感じだろうか。これが福祉国家の現実ですかね。
      
  真っ先に医療崩壊が起きた中国は、死亡率が比較的低いが、この国のデータは全くあてにならない。陽性者数も死者数も鉛筆で作文している可能性が大である。
   
  今後とも「中共ウイルスによる死者を出さないという」最小限綱領に、日本政府や日本国民が同意するならば、医療崩壊させないために、国民自らが感染しないための、国の医療・文教・経済に波及する多角的な政策に、四の五の言わずに従わざるを得ないだろう。2年間は難しい舵取りが続くかもしれない。

  
  
    

スライド1 
      
  
  
(森敏)
    
付記1:スエーデンの場合。
  

スウェーデン 「集団免疫」獲得の兆しか[2020/04/22]

  

 スウェーデンの保健当局が首都ストックホルムでは市民が新型コロナウイルスに対する集団免疫を来月には獲得する可能性があるという見解を示したとメディアが伝えています。

 イギリスの新聞「テレグラフ」はスウェーデンの保健当局の疫学者、アンダース・テグネル博士が「ストックホルムには免疫を持った人が多く現れ始めている」と発言したと伝えました。さらに、来月にも集団免疫を獲得するだろうという見通しを示したということです。当局のデータによりますと、ストックホルムで6日からの1週間に検査を受けた人のうち陽性だった人の割合は14%で、その前の週の35%から大幅に減少しています。スウェーデンは多くのヨーロッパの国と異なって外出禁止措置は取らず、レストランなどの営業も続けるなど独自の路線でウイルスとの闘いに臨んでいました。
 
 
付記2:シンガポールの場合。
   

シンガポールの新型コロナ感染者、1日で2割増

【シンガポール=中野貴司】新型コロナウイルスの感染の抑制に一時期成功していたシンガポールで再び感染者数が急増している。16日には1日で感染者が2割増え、合計で4427人になった。低賃金の外国人労働者が住む複数の寮でクラスター(感染者集団)が発生しており、新規の感染者数は当面高止まりが続く可能性が高い。

政府の発表によると、16日に新たに728人の感染者が出て、1日あたりの新規感染者数は2日連続で最多を更新した。うち9割の654人が、低賃金の外国人労働者向けの寮に住む労働許可証保持者だ。複数の寮でクラスターが発生して以降、政府は外国人労働者に対する検査を強化しており、大規模な検査が感染者の増加につながっている。

政府は新型コロナのまん延を防ぐため、7日から54日まで大半の職場を閉鎖するなど規制を日増しに強化してきた。ただ、一部屋に多人数の労働者が密集して生活する寮では感染防止策にも限界があり、多数の感染を招いた。政府は外国人労働者を別の施設に急きょ移すなど、これ以上の拡大の阻止に懸命だ。

厳しい入出国規制によって、初期に多かった海外から持ち込まれる事例は、最近はゼロの日が続いている。その一方で別のクラスターが発生するシンガポールの現状は新型コロナの封じ込めの難しさを象徴する。感染者の濃厚接触者を徹底して割り出すなど、シンガポールの対策は世界からも一定の評価を得てきたが、今は追加策の取りまとめに追われている。bing.com/news
   
   

付記3: ロシアの場合。 ロシアも医療崩壊寸前になってきた。強気のプーチンも意気消沈してきた。首相が感染した。


ロシアの新型コロナ感染者数8.7万人、中国超える

    
[モスクワ 4月27日 ロイター] - ロシアの新型コロナウイルス感染者数が27日時点で8万7147人に達し、中国を超えたことが分かった。感染による死者数は794人。政府に対し感染拡大抑制策を緩和するよう圧力が高まっているが、当局者は来月まで維持する必要があるとの見解を示している。

ロシアは3月25日に外出制限などの感染拡大抑制策を開始。こうした措置の期限は4月30日に切れるが、プーチン大統領は今のところ延長するか明らかにしていない。

ただ連邦消費者権利・福祉監督庁のアナ・ポポワ長官は27日、国営テレビに対し、抑制措置は5月12日まで維持される必要があるとの見解を示した。
   
  
 追記1:ポルトガルの場合。
    
ポルトガル、早期「封鎖」が奏功 財政難でも死者抑制―新型コロナ

202004302033

 【パリ時事】イタリアやスペインで新型コロナウイルスの感染が急拡大し2万人以上が死亡した一方で、近隣のポルトガルは死者数を1000人以下に抑えている。財政難を抱えるのは医療崩壊が起きたイタリア、スペインと同様だが、早期の都市封鎖(ロックダウン)が奏功したと評される。

 両国と同じく、ポルトガルも欧州債務危機の影響で、欧州連合(EU)から金融支援を受けて医療費を削減せざるを得なかった。フランス紙レゼコーによると、10万人当たりの集中治療病床は仏の12床、スペインの9床に対し、ポルトガルは4.2床と少ない。コスタ首相は地元メディアに対し、早期の都市封鎖がなければ「医療サービスは崩壊し、感染者と死者はもっと多かっただろう」と述べた。
 ポルトガルで初の感染例が報告されたのはフランス、イタリア、スペインより約1カ月遅い3月2日。同月16日に初の死者が確認されたが、コスタ政権はこれより先に一斉休校や外出制限、国境封鎖などを決定。死者が100人を超えてから同様の措置に踏み出したイタリア、スペインとは対照的だった。
 ポルトガルでの感染者は30日時点で約2万4000人、死者は約970人にとどまっている。レベロデソウザ大統領は28日、5月初頭から外出制限を段階的に解除すると明らかにした。ただ、コスタ首相はこれより先、「ワクチンが開発されるまでは普通の生活は戻らないだろう」と強調。制限解除後も、気を抜かずに手洗いなどの感染予防策を続けるよう呼び掛けた。

 

追記2: 遅ればせながら日経新聞が致死率を表示していることに気が付きました。この計算にはあまり意味がなさそうなご意見のようです。しかし決してそんなことはりません。上記のように詳しく考察すべきです。
  
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/#countryMortalityRate

 
追記3:ドイツの場合。

2020-05-02 14:35国際

新型コロナ死者少ない背景に「過剰病床」=批判の的、政府も意図せずドイツ

 

 【ベルリン時事】ドイツが他の欧州諸国と比べ、新型コロナウイルス感染による死者数を大幅に抑えることができたのはなぜなのか。初期に検査規模を大幅に拡大したこと以外に、政府も意図しない形で一役買ったのが、平時には批判の的となってきた「過剰病床」だった。


 ドイツの死者数は、感染者約16万人に対して約6700人。約2万8000人のイタリア、約2万7000人の英国、約2万4000人のスペインやフランスに比べ、4分の1程度に収まり、非常に少ない。


 新型ウイルスは、感染者が爆発的に増加すると、医療崩壊が起き、病床や人工呼吸器が不足し、死者数が急増する傾向が強い。特にイタリアでは緊縮財政で病院数が削減されてきたところに流行が重なり、死者数が膨れ上がった。


 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は3月、「先進国の医療は需要をぎりぎり満たす水準で効率的に運営されている」と指摘。このため事態急変への対応が難しいとの見方を示した。


 一方、ドイツは、集中治療室(ICU)病床数が新型ウイルス拡大前に、約2万8000床もあった。人口当たりではイタリアやフランスの2~3倍に当たる。


 実はドイツでは過剰な医療供給は、長年問題視されていた。世論に影響力のあるベルテルスマン財団は昨年、「(質が確保されない)小規模病院が多過ぎる」と、全国で病院数を半分以上削減する提言を発表したほどだ。


 しかし、新型ウイルスの拡大で状況が一転。シュパーン保健相は、常にICU病床の半数を新型ウイルス感染者のために空けておくよう病院に勧告した。こうして重症患者を適時に治療できる態勢を整え、多くの命を救えたが、これは過剰病床がなければ困難だったとみられる。


 ドイツ医師会のモントゴメリー会長は「病床数の多さが、ドイツの新型ウイルス抑制の大きな要因だ」と評価した。 
[時事通信社]

 

 

 


FC2 Management