FC2ブログ
2020-07-03 07:39 | カテゴリ:未分類
  7月1日に、中共(中国共産党)によって、香港の「香港国家安全維持法」がやみくもに施行された。当日の香港でのデモ隊に対する壮絶な弾圧の様相は、テレビやインターネットでの中継で、見てのとおりである。
      
  これらの弾圧の様子は、外見的には日本の1960年安保闘争や1970年の学園闘争に対する官憲の暴力的な弾圧の様相と全く同じである。警棒、放水、水平撃ち催涙弾、ばかりでなく、顔面直撃を狙った催涙拳銃なるものが開発されているようだ。
   
  しかし、いまや超近代化された、中共による香港人民の個人情報の監視(諜報活動)は、自由な香港のこれまでと全く異なり、今後は想像を絶するものがあるだろう。今後、表現の自由を抹殺された香港住民は窒息するだろう。香港は一共産党支配国家に繰り込まれたのである。
   
  なにしろ、これまで簡略化されて紹介されている「香港国家安全維持法」なるものの内容では、中国本土と同じく、すべての法律の判断基準が中国共産党、なのである。
    
  自民党議員の中でも、さすがに国際外交感覚のある連中が、危機意識をもって「習近平訪日中止」に動き始めた。実に遅きに失したが、安倍首相を突き上げて、断固とした世界への発信をしてもらいたい。
      
  それにしても日本の国会は一体どうなっているんだ? こんなに世界が流動しているときに、国会を閉じて、日本議員たちは、そんなに世界に孤立して、無視されたいのですかね。
     
  与党議員も野党議員も中共の毒まんじゅうを食わされた親中派の連中は、まったく音沙汰がない。

  大学の人文・社会・経済・政治学分野の研究者連中も「中共コロナ問題は理系の連中が対処すべきこと」と、これまでは逃げていたかもしれないが、今回の香港の問題では、逃げられないだろう。対岸の火事として、知らぬ半兵衛を決め込むのだろうか? だとすれば実に情けないことだ。

       うかうかしていると、今後の超近代的AIを用いた治安維持法の思想統制の適用対象の明日は我が身だ。
      
       なぜなら、人文・社会・経済・政治学分野の研究者は、平たく言えば「思想」の新規性で飯を食っているのだから。

        
   
ーーー

自民 習国家主席の国賓訪日中止求める方針「香港傍観できず」

202073 625NHKニュース

 

中国が「香港国家安全維持法」を施行させたことを受けて、自民党は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期されている習近平国家主席の国賓としての日本訪問を中止するよう政府に求める方針を固めました。

 

香港で反政府的な動きを取り締まる「香港国家安全維持法」の施行を受けて、自民党は、中国を非難する決議案をまとめました。

決議案では「法律の施行と同時に大量の逮捕者が出るなど、懸念していた事態が現実のものとなった現在、この状況を傍観することはできず、重大で深刻な憂慮を表明する」としています。

そのうえで政府に対し、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期されている、習近平国家主席の国賓としての日本訪問を中止するよう求めています。

さらに、現地の日本人の保護のための適切な対応を行うことや、脱出を希望する香港市民への就労ビザの発給など、必要な支援を検討することも求めています。

自民党は、3日にも決議文を正式に決定し、政府に提出する方針です。

 

ーーー
  
    

(森敏)


追記1:中国の反応は以下のとおり。


習主席の国賓来日中止を 自民決定に中国政府が反発[2020/07/03 23:36] NHK

Video Player is loading.

 自民党が中国の習近平国家主席の国賓来日を中止するよう政府に求める方針を固めたことに対し、中国政府は「パフォーマンスだ」と反発しました。

 中国外務省・趙立堅副報道局長:「彼らの反中パフォーマンスは中国にとっては全く意味がなく、我々は彼らに関わる暇もないし、興味もない」
 中国外務省は3日の会見で「日本の一部の人は、このところずっと他国の内政問題に言い掛かりをつけ、政治的にあおり立てている」と述べました。自民党は香港情勢を受け、習主席の国賓来日の中止を盛り込んだ決議文を出す方向で調整しています。野党も含めて多くの政党が懸念を示すなか、中国政府はあえて「日本の一部の人」という言い方を用い、日中関係に亀裂を入れたくない思いもにじませています。

追記2: せっかくの自民党議員による快挙だと持っていたら、予想通り、親中派二階氏らによって、待ったがかけられているようだ。親中派公明党も反対だろう。安倍首相も断念するかもしれない。実に情けない話だ。自民党は、「自由」・「民主」の理念が党是ではないのかね?(7月7日)

 


2020-06-22 13:47 | カテゴリ:未分類

 

  都知事選で

 

  山本太郎氏が

 

   「あなたはすでに頑張りすぎている。

 

    本当に頑張らなければならないのは

 

    政治だ。」

 

というスローガンで訴えている。
  

   これを見て、1960年の安保闘争の時の駒場の自治会委員長であった、西部邁の、センチメンタルアジテーションをついつい思い出した。

 

   経済に関しては割としっかりとしたブレーンが山本太郎氏にはついているようだ。

 

   だから、期日前投票の最初の日に彼に投票しておいた。


   老人はもう先がないので、若い人に賭けたい。

     

    

(森敏)

追記1:6月30日には山本太郎はスローガンを
  

  「足りないのは愛と金だ

  15兆円であなたを底上げ!」


と変えている。

追記2:7月5日 都知事選では小池百合子氏が圧勝した。
  
 ◇東京都知事選開票結果
当3661,371 小池 百合子 無現
  844,151 宇都宮 健児 無新
  657,277 山本  太郎 れ新
  612,530 小野  泰輔 無新
  178,784 桜井   誠 諸新
   
実に彼女は選挙上手だね。山本太郎は今後も相当な創意工夫と勉強と人脈の形成が必要ですね。
   
小池百合子氏が兵庫県芦屋市の「お嬢さん」だと、遅まきながら最近知って、少し驚いている。
    
芦屋は小生の小学校2年生から高校3年生までの郷里であるからだ。

芦屋の下町の小・中学校生であった小生の周りには、こんな派手派手派手な女性はいなかったが、山の手の小中校生には、上流階級の女の子で、向こう見ずの人の目を気にしないマイペースの女の子たちも、いたようだ。それが、小池百合子氏の場合は、政治家として、とてもポジテイブに生かされているのだと思う。

2020-06-16 13:01 | カテゴリ:未分類

ボルトン前大統領補佐官が政権内暴露本を出版するという。

  これはいくら何でも。無茶苦茶な話だろう。

  どの国でも公務員は守秘義務があり、行政政策が大統領府や国会で(日本の場合は内閣府や国会で)決定されれば、公務員はそれを忠実に実行しなければならない。たとえ個人的な意見として不如意なことがあって公務員をやめた後でも、一定期間守秘義務がある。そうでなければ毅然とした行政というものが、成り立たないからである。(その代わりに、後世の歴史の検証が成り立つために、政策決定過程の議事録を残すのである)
   
  今回、ボルトンが意見が異なるトランプ大統領によって解任されたからといって、解任後二年もしないうちに暴露本を出す意図が小生にはわからない。本の内容によっては米国を危機に陥れる可能性があるだろう。
    
  そうなれば、中共コロナウイルス発生情報の隠匿で危機に追い込まれている中国共産党「習近平」が狂喜するだけである。それががわからないくらいには、ボルトンはバカではないだろう。
    
  だから、ボルトンによる、わざわざ大統領選挙前の、この時期における暴露本の出版の意図は、憶測するに、
       
1.自己顕示欲(馬鹿なトランプより俺のほうが利口だ、とか)
  
2.金儲け(収入が途絶えたので困っているので、本が出れば爆発的に売れるだろう、とか)
  
3.民主党支持へのテコ入れ(トランプが次期大統領選挙に敗れたら、共和党のバイデン大統領政権に雇ってもらいたい、と期待しているのかも)
  
4.中共の回し者(実はボルトンには裏で中国共産党から支援金が出ているかも)
  
    
以上のいずれかだと、プロの政治には疎い庶民に、勘ぐられても仕方がないだろう。
    
   




ーーーー

出版予定の米政権内幕本、トランプ氏が差し止め訴訟へ

2020/06/16 11:25

 

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は15日、自身と対立して辞任したボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が政権の内幕を描いた著書の出版を予定していることに関し「大統領である私との会話は全て重要機密事項だ」と述べ、出版差し止めを求める訴訟を起こす考えを明らかにした。

 ボルトン氏の著書は当初、3月に出版される予定だったが、事前に内容を審査したホワイトハウスが「国家機密に当たる記述が含まれている」として修正を求め、出版が今月23日に延期されていた。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に「出版は違法であり、ボルトン氏は犯罪に問われる」と主張。「彼が本を書いたことに多くの人たちが腹を立てている」とも語った。

 トランプ氏に同席したバー司法長官は、出版差し止めが可能かどうかに関し、元政府高官が著書を発表する際に義務付けられている許可手続きが完了していないとし、「違反に相当する」と指摘した。

 米メディアによると、ボルトン氏は著書で、トランプ氏がウクライナ疑惑のような米国の安全保障を危険に陥れるような行動を繰り返してきたと指摘しているとされ、11月の大統領選で再選を目指すトランプ氏に打撃となりかねないとの指摘が出ている。

 ボルトン氏は2018年4月に補佐官に就任したが、アフガン和平問題などでトランプ氏と対立し、19年9月に辞任した。トランプ氏は「私の方から解任した」と主張している。

ーーーー
(森敏)
付記1:いずれにせよ、暴露本なるものは、読者の精神を野卑で下劣にする。
都知事選を前に狙って、最近、小池百合子都知事に対する暴露本が女性作家によって出版された。
タイトルを見ただけで、読む気もしないが。
 
付記2。:ボルトンは「決してトランプを次期大統領にしてはならない」という意思でこの暴露本を書いたと、CNNインタビューで述べている。
本の内容に関しては、当初アメリカのマスコミは寄ってたかってトランプ大統領の不利になるようなことばかりを取り上げて、反トランプキャンペーンに加担していたようだ。だが、少し熱が冷めてみると、事実に基づかない国益を損なうようなことが書かれていることにどんどん気が付いて、ボルトン離れが起こりつつあるようだ。未成熟な情報を共同通信やロイター通信を通じて、日本のマスコミは「トランプ不利」の間接情報を垂れ流している。日本で、はまだ誰もまだボルトンの暴露本を完読していないはずである。本国で売れすぎて、日本では入手できないからである。(6月29日 記)

   
2020-04-17 11:58 | カテゴリ:未分類
  
   本日、全国への「非常事態宣言」が発せられた。
   
   いまや、日本での大都市では感染者との濃厚接触者の追跡調査による「クラスターつぶし」は、あらゆる点から限界になった。
  
 国が行っているPCR検査の感染者数にまどわされてはいけない。
   
 実際の新型コロナウイルスの潜在的な感染者数は、発表されている数の少なくともその数倍はあると考えるべきである。(100倍かもしれない)
     
   今後も我々市民がやれることは限られているが、下記のニューヨーク州の記事にあるような、
  
   外出時での <マスクの義務化>
  
   ばかりでなく、私見ではそろそろ <使い捨て手袋の義務化>
  
もやるべきだと思う。
  
   自宅では、各所の細かな消毒ばかりでなく、できればマスクは自宅でも装着すべきだろう。
  
   実にうっとうしいが、仕方がないと思う。
  
   今は、「家庭内感染防御対策」が、一番重要になっていると思う。老弱男女にかかわらず。
  
   いったん外出したら、帰るときは体中に必ずウイルスをくっつけて家の中に持ち込んでくる との自覚が絶対に必要だ。老人はこのことをすぐ失念するのだが、危険である。

   
       
           
          

NY州「外出禁止令」延長 マスクも義務化に・・・・[2020/04/17]

 

新型コロナウイルスの感染拡大が続くアメリカ・ニューヨーク州のクオモ知事は、事実上の外出禁止令を来月15日まで延長することを決めました。

 ニューヨーク州の感染者は22万人を超え、死者も12000人余りと全米最多になっています。入院患者は減少したものの感染者の数は増え続けていて、クオモ知事は強制的な在宅勤務や外食の禁止といった「外出制限措置」を来月15日まで延長すると発表しました。また、17日夜からは地下鉄やバス、タクシーの車内を含む公共の場でマスクなどの着用が義務付けられます。ニューヨーク州では過去30日間で約50万件のPCR検査が行われていて、クオモ知事は感染の実態把握のために今後も積極的に検査を実施する方針です。
 

(森敏)
付記:知人から転送されてきたメルケル首相の演説を添付します。ちょっと感動しますね。

 

2020年3月18日メルケル独首相テレビ演説

親愛なるドイツ国民の皆さん!

現在、コロナウィルスは私たちの生活を著しく変えています。日常生活、公的生活、社会的な人との関わりの真価が問われるという、これまでにない事態に発展しています。
何百万人もの人が職場に行けず、子供たちは学校や保育施設に行けない状況です。劇場、映画館、店などは閉鎖されていますが、最も辛いことは、これまで当たり前に会っていた人に会えなくなってしまったことでしょう。このような状況に置かれれば、誰もがこの先どうなるのか、多くの疑問と不安を抱えてしまうのは当然のことです。
  
このような状況の中、今日、首相である私と連邦政府のすべての同僚たちが導き出したことをお話ししたいと思います。オープンな民主主義国家でありますから、私たちの下した政治的決定は透明性を持ち、詳しく説明されなければなりません。決定の理由を明瞭に解説し、話し合うことで実践可能となります。
すべての国民の皆さんが、この課題を自分の任務として理解されたならば、この課題は達成される、私はそう確信しています。ですから、申し上げます。事態は深刻です。どうかこの状況を理解してください。東西ドイツ統一以来、いいえ、第二次世界大戦以来、我が国においてこれほどまでに一致団結を要する挑戦はなかったのです。連邦政府と州が伝染病の中ですべての人を守り、経済的、社会的、文化的な損失を出来る限り抑えるために何をするべきか、そのためになぜあなた方を必要としているのか、そしてひとりひとりに何が出来るのかを説明したいと思います。
  
伝染病について私がこれから申し上げることは、ロベルト・コッホ研究所のエキスパート、その他の学者、ウィルス学者からなる連邦政府協議会からの情報です。世界中が全力で研究していますが、まだコロナウィルスの治療薬もワクチンも発見されていません。発見されるまでの間に出来ることがひとつだけあります。それは私たちの行動に関わってきます。つまり、ウィルス感染の拡大の速度を落とし、その何カ月もの間に研究者が薬品とワクチンを発見できるよう、時間稼ぎをするのです。もちろん、その間に感染し発病した患者は出来る限り手厚く看護されなければなりません。
 ドイツには優れた医療制度があり、世界でもトップクラスです。しかし、短期間に多くの重症患者が運び込まれた場合、病院には大きな負担がかかります。それは統計上の単なる抽象的な数字ではなく、父または祖父、母または祖母、パートナーに係ることであり、彼らは人間です。そして、私たちはすべての人の命に価値があることを知るコミュニティで生活しているのです。まずこの場を借りて、医師、そして看護施設、病院などで働くすべての方にお礼を申し上げます。あなた方は最前線で戦っています。この感染の深刻な経過を最初に見ています。毎日、新しい感染者に奉仕し、人々のためにそこにいてくれるのです。あなた方の仕事は素晴らしいことであり、心から感謝します。
  
さて、ドイツでのウィルス感染拡大を遅らせるために何をするべきか。そのために極めて重要なのは、私たちは公的な生活を中止することなのです。もちろん、理性と将来を見据えた判断を持って国家が機能し続けるよう、供給は引き続き確保され、可能な限り多くの経済活動が維持できるようにします。
しかし、人々を危険にさらしかねない全てのこと、個人的のみならず、社会全体を害するであろうことを今、制限する必要があります。私たちは出来る限り、感染のリスクを回避しなければなりません。
 すでに現在、大変な制限を強いられていることは承知しています。イベントは無くなり、見本市、コンサートは中止、学校も大学も保育施設も閉鎖、公園で遊ぶことさえ出来ません。州と国の合意によるこれらの閉鎖は厳しいものであり、私たちの生活と民主的な自己理解を阻むことも承知しています。こういった制限は、この国にはこれまであり得ないことでした。旅行や移動の自由を苦労して勝ち取った私のような人間にとって(注※メルケル首相は東独出身)、そのような制限は絶対に必要な場合にのみ正当化されます。民主主義国家においては、そういった制限は簡単に行われるべきではなく、一時的なものでなくてはなりません。今現在、人命を救うため、これは避けられないことなのです。 そのため、今週初めから国境管理を一層強化し、最も重要な近隣諸国の一部に対する入国制限を施行しています。
 経済面、特に大企業、中小企業、商店、レストラン、フリーランサーにとっては現在すでに大変厳しい状況です。今後数週間は、さらに厳しい状況になるでしょう。しかし、経済的影響を緩和させるため、そして何よりも皆さんの職場が確保されるよう、連邦政府は出来る限りのことをしていきます。企業と従業員がこの困難な試練を乗り越えるために必要なものを支援していきます。
そして安心していただきたいのは、食糧の供給については心配無用であり、スーパーの棚が一日で空になったとしてもすぐに補充される、ということです。スーパーに向かっている方々に言いたいのです。家にストックがあること、物が足りていることは確かに安心です。しかし、節度を守ってください。買い溜めは不要で無意味であり、全く不健全です。また、普段、感謝の言葉を述べることのなかった人々に対しても、この場を借りてお礼を申し上げます。スーパーのレジを打つ方々、スーパーの棚に商品を補充される方々は、この時期、大変なお仕事を担われています。私たち国民のためにお店を開けていてくださって、ありがとうございます。
  
さて、現在急を要すること、それはウィルスの急速な拡散を防ぐために私たちが効果的な手段を使わない限り、政府の措置は意味を持たなくなるということです。私たち自身、誰もがこのウィルスに感染する可能性があるのですから、すべての人が協力しなければなりません。
まず、今日、何が起こっているかを真剣に受け止めましょう。パニックになる必要はありませんが軽んじてもいけません。すべての人の努力が必要なのです。この伝染病が私たちに教えてくれていることがあります。それは私たちがどれほど脆弱であるか、どれほど他者の思いやりある行動に依存しているかということ、それと同時に、私たちが協力し合うことでいかにお互いを守り、強めることができるか、ということです。
   ウィルスの拡散を受け入れてはなりません。それを封じる手段があります。お互いの距離を保ちましょう。ウィルス学者は明確にアドバイスしています。握手をしてはいけません。丁寧に頻繁に手を洗い、人と少なくとも1.5メートルの距離を置き、出来るだけお年寄りとのコンタクトを避けましょう。お年寄りは特にリスクが高いからです。この要求が難しいことであることは承知しています。こういった困難な時期にこそ、人にそばにいてもらいたいものですし、物理的な近接、触れ合いこそが癒しとなるものです。残念ながら、現時点ではそれは逆効果を生みます。誰もが距離を置くことが大変重要であることを自覚しなくてはなりません。
 善意のある訪問、不必要な旅行、これらはすべて感染を意味し、行ってはならないのです。
 専門家が「お年寄りは孫に会ってはいけない」と言うのには、こういった明白な理由があるからです。
 人と会うことを避ける方は、毎日たくさんの病人の看護をしている病院の負担を軽減させているのです。
  これが私たちが人命を救う方法なのです。
 確かに難しい状況の人もいます。世話をしている人、慰めの言葉や未来への希望が必要な人をひとりにはさせたくはありません。私たちは家族として、あるいは社会の一員として、お互いに支えあう他の方法を見つけましょう。
 ウィルスが及ぼす社会的影響に逆らうクリエイティブな方法はたくさんあります。祖父母が寂しくないように、ポッドキャストに録音する孫もいます。愛情と友情を示す方法を見つける必要があります。Skype、電話、メール、そして手紙を書くという方法もあります。郵便は配達されていますから。自分で買い物に行けない近所のお年寄りを助けているという素晴らしい助け合いの話も耳にします。この社会は人を孤独にさせない様々な手段がたくさんある、私はそう確信しています。
 申し上げたいのは、今後適用されるべき規則を遵守していただきたい、ということです。政府は常に現状を調査し、必要であれば修正をしていきます。現在は動的な情勢でありますから、いかなる時も臨機応変に他の機関と対応できるよう、高い意識を保つ必要があります。そして説明もしていきます。
  
ですから、私からのお願いです。どうか私たちからの公式発表以外の噂を信じないでください。発表は多くの言語にも訳されます。
 私たちは民主国家にいます。強制されることなく、知識を共有し、協力しあって生活しています。これは歴史的な課題であり、協力なしでは達成できません。私たちがこの危機を克服できることは間違いありません。しかし、いったいどれほどの犠牲者となるのでしょう?どれだけの愛する人々を失うことになるのでしょう?それは大部分が今後の私たちにかかってきています。今、断固として対応しなければなりません。現在の制限を受け入れ、お互いに助け合いましょう。 状況は深刻で未解決ですが、お互いが規律を遵守し、実行することで状況は変わっていくでしょう。このような状況は初めてですが、私たちは心から理性を持って行動することで人命が助けられることを示さなければなりません。例外なしに、一人一人が私たちすべてに関わってくるのです。
  
ご自愛ください。そしてあなたの愛する人を守ってください。ありがとうございました。
2020-04-11 00:01 | カテゴリ:未分類

  「非常事態宣言発令」でいよいよ日本も「中共ウイルス」との長期戦が始まった。

 

記者会見では安倍首相やその他の閣僚は普通の日替わりマスクをしているのだが、小池知事は記者会見が楽しそうで、マスクもなかなか上等なお似合いのものに日々進化しているように見える。特注だろう。彼女は毎日テレビに出る記者会見で、今日も181人感染者が出ました、などと、深刻そうな話から始めるのだが、今回のコロナ危機が政治家として楽しくてしょうがないようだ。まあ今のところは職責に忠実でいいだろう。

  

安倍首相による「外出禁止令」以来、ウイルスの蔓延に備えて、手製のマスクに挑戦している人が結構増えているようである。珍しいマスクに出会うことがまだわずかだが、増えてきた。

  学童保育でマスク作りをやっていた。 

     

小生も、そろそろマスクが底をつき始めたので、いくつか作成することにした。小学校時代の一番苦手だった工作を思い出したが、仕方がない。

     

  100円ショップでめぼしい材料を物色して来た。

  銀イオン系抗菌剤配合エアコンフィルター、

  絹綿混合コットン・つるん、

  園芸用の支柱への留め金(鼻型用)、
      両面テープ、

とあったのだが、耳にかけるゴムひもが全くなかった。どこにいっても売り切れで、売り子には「今頃何言ってます?」と馬鹿にされる感じであった。

そこで、思い出して近所の喫茶店に行って、幸運にもママさんから手芸用のものを一巻きいただいてきた。黒色しかなかったが。

     

家に帰って開けてみたのだが、絹綿混合コットンは手ぬぐいであり、いかにも目が粗くて使い物にならないことがわかった。それを見ていた家人が、昔誰かにもらって、使う当てがなくて保管していた「ガーゼ手ぬぐい」なるものを思い出したらしく、それをタンスから引き出してきた。これは布が2重でできていて、なかなか目が細かく鼻との感触がよい。

     

そこで作り出したのだが、2時間かかって二種類のマスクに挑戦したのだが、微妙なところで次次と失敗した。今日は時間切れで明日また挑戦するつもりだ。

        

   

(森敏)
    
追記: 粋(いき)なデニー知事の演出

沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

毎日新聞2020410 2213(最終更新 411 1015)

 沖縄県で新型コロナウイルスの感染拡大防止策の先頭に立つ玉城(たまき)デニー知事が今週から、柄入りの布マスク姿で記者会見に臨んでいる。かりゆしウエアに合わせるように、マスクの色や柄は日々替わり、ツイッターでも「おしゃれだ」「手作り?」と話題になっている。:::::

 

 


FC2 Management