fc2ブログ

WINEPブログ内で「 森敏 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2024-05-21 09:52 | カテゴリ:未分類
スライド1
事務所の眼下の、本郷通りの5月祭参加者の行きかえりの人の波。地下鉄南北線の電車が「東大前」に到着するたびに吐き出される。

スライド2
「東大生門前」の人の群れ。手前の信号機で こちらの道路側に人波が引いた後。

スライド3
安田講堂前の特設会場。ガンガンと大音量を響かせている。

スライド4
東大医学部本館の横断幕。他の建物ではこんな横断幕はない。いかにもプライドが高そう。

スライド5
安田講堂裏に設置された青いビニールシートを敷いたゴミ集積場。昨日土曜日のごみがきれいに集積されていた。この後日曜日の分の同じくらいのごみの量が出るのではないだろうか。




上記の写真撮影は日曜日の午後3時半ごろにとったものですので、5月祭は終息に向かっている。なので、初日(先週土曜日)の5万人ぐらいの参加者のイメージよりもはるかにダウンしていると思われます。

安田講堂前の銀杏並木は人混みで埋め尽くされていました。

青色の整理服を着た整理係がところどころでスマホを操りながら、会場を見張っており、よく統制が取れているように見えましたね。

なんと、会場内を 「授業料値上げ反対!!」の100人ぐらいのデモが、大声でプラカードを掲げて学内を練り歩いていました。イヤー、これは実に懐かしい風景でした。人込みで写真は撮れませんでしたが。そのうち、このうねりは全国の大学に高まっていくのではないでしょうか。

小生のような孤独そうなぼけ老人は数人見かけました。どういう関心で来られていたのでしょうね。学生の両親みたいな人はおりましたが。

(森敏)
2024-05-20 10:01 | カテゴリ:未分類
  以下、尾籠な話で恐縮です。

   事務所に置いてあった昨日の弁当を電子レンジで600Wで4分間殺菌した(つもり?)で、食べたら、なんと二時間後に、鼻水が出て顔がホてってきて、胃がむかつくような吐き気がしてきた。急いでトイレに行ったら、案の上5回にわたって胃の中が空っぽになるまで、吐いてしまった。後はすっきりした(と思った)。

   念のために夕食は抜きにして、おもゆ(重湯)だけ飲んで過ごした。しかし何とはなく、胃の調子が悪い。翌朝は梅干しとおかゆで過ごしたが、なんとなく気分が晴れない。

   そこで思い出したのだが、ここ一週間はY1000という乳酸菌を飲んでいなかった。それを6本買ってきて、30分ごとに3本のんだら、2時間後に、胃腸のつかえがとれてきて、少しすっきりするような気がした。(信じる者は救われるか?) 

   そこでAIに聞いてみた。

小生:
飲むヨーグルトと乳酸菌飲料の違いを教えてください。

Copilot:
飲むヨーグルトと乳酸菌飲料の主な違いは、「無脂乳固形分」の量と「乳酸菌数」です。

飲むヨーグルトは、ヨーグルトを撹拌して軟らかくしたもので、成分はヨーグルトと同じです。ヨーグルトは、はっ酵乳なので、栄養的に優れています。タンパク質やカルシウムなどの無脂乳固形分が、乳酸菌飲料より多く含まれています。

一方、乳酸菌飲料は大正時代に生まれた日本独自の発酵飲料で、ヨーグルトを原料に水分、糖分、香料などを加えて作られます2。無脂乳固形分の量によって、乳製品乳酸菌飲料と乳酸菌飲料に区別されます。

どちらも健康に良いとされていますが、具体的な効果や用途によって選ぶと良いでしょう。飲むヨーグルトは栄養価が高く、乳酸菌飲料は手軽に乳酸菌を摂取することができます。どちらも継続的に摂取することで、その効果を最大限に引き出すことができます。
  
小生:
Y1000とほかの乳酸菌飲料との違いを教えてください。

Copilot:
ヤクルトY1000は、ヤクルトの乳酸菌飲料の中で最高密度の乳酸菌シロタ株を含んでいます。具体的には、1mlあたりに乳酸菌シロタ株が10億個含まれており、1本(110ml)当たりでは1100億個の乳酸菌が含まれています。

一方、他の乳酸菌飲料、例えばヤクルト400では、1本あたり400億個の乳酸菌シロタ株が含まれており、1mlあたりに換算すると5億個になります。

また、ヤクルトY1000とヤクルト1000の違いについては、主に販売形態と容量です。ヤクルト1000は主にヤクルトレディの訪問販売が主体で、1本(100ml)当たりに1000億個の乳酸菌が含まれています。一方、ヤクルトY1000は店頭販売用の商品で、1本(110ml)当たりに1100億個の乳酸菌が含まれています。

どちらも乳酸菌シロタ株を含む乳酸菌飲料であり、腸内環境の改善だけでなく、睡眠の質改善やストレス緩和の効果も期待できます。
  
小生:
乳酸菌飲料を毎日摂取することで何が期待できますか?

Copilot:
乳酸菌飲料を毎日摂取することで、以下のような効果が期待できます。

1. 腸内環境の改善: 乳酸菌は腸内で悪玉菌と呼ばれる大腸菌などの繁殖を防ぎ、腸内菌のバランスを整える働きがあります。これにより便通が改善されることもあります。

2. 免疫力の向上: 乳酸菌の一部には、免疫力をアップさせる効果があるとされています。腸内は身体全体の免疫細胞の約7割が集まっているといわれる場所で、腸内を整える力を持つ乳酸菌がしっかりと働くことで、もともと備わっていた免疫機能が働きやすくなります。

3. コレステロール値の低下: 乳酸菌の中には、コレステロール値を低下させる働きを持ったものもあります。これにより、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を発生させやすくなる悪玉コレステロールを乳酸菌が吸着し、血中のコレステロール濃度を低下させてくれると考えられています。

4. エイジングケア: 乳酸菌の中には、老化の抑制にも役立つ種類があると考えられています。また、乳酸菌が腸内環境を整えることで、体内からきれいになり、自然と肌荒れしにくい状態を保つことができるようになるとも言われています。

5. ダイエットのサポート: 乳酸菌が腸内環境を整える働きを持っていることは多くの方が知っているでしょう。腸内環境を整えることは、痩せやすい体質にするためにも役立ちます。

  とヤクルトの宣伝が出てきた。

  嘔吐で胃の中の菌と小腸の菌がほとんで全部出てしまったので、乳酸菌で置き換えてもいいか、と信じる者は救われる境地で、体調の推移を見守っている。今のところ熱や下痢はなく、食中毒は回避されたと思っている。

  小生の直近の食中毒は40年以上前にさかのぼる。

  全くゆだんしたなー。



(森敏)
2024-05-19 05:03 | カテゴリ:未分類
小生:
臨界前核実験とは?マスコミが決して詳しく説明してくれないので


Copilot:
臨界前核実験(りんかいまえかくじっけん、または未臨界核実験(みりんかいかくじっけん)は、核物質を臨界状態に至らない条件に設定して行う核実験です。これは核兵器の新たな開発や性能維持のために行われます。

具体的には、核分裂が連鎖的に起きる状態を臨界といい、臨界に達する直前の状態で、実際に核爆発を起こさないで核爆弾の性能を測定する実験です。この実験は、アメリカ合衆国やロシア、パキスタンなど、過去の核実験のデータを蓄積した核保有国において行われています。

核物質の高性能爆薬による爆破・圧縮や大出力レーザーの照射によって行われ、主に物性変化を観察することが目的です。実験結果はコンピュータ・シミュレーションの基礎データなどに利用されます。

臨界前核実験は、核物質が臨界に達する前の段階で実験は終了するため、通常の核実験で起こるような、閃光・熱・爆風を伴う核爆発は発生せず、環境に対する汚染もありません。

包括的核実験禁止条約 (CTBT) は、第一条において核爆発の実施を禁止対象としていますが、臨界前核実験は核爆発を伴うものでないため、CTBTの禁止対象とはなっていません。

以上が臨界前核実験の基本的な概要です。詳細な情報が必要な場合は、専門家や関連文献をご覧になることをお勧めします。


小生:
臨界前核実験では、核爆発の時のどういう性能を高めようとしているのですかね。素人でもわかるように簡単に説明してくれませんか?


Copilot:
もちろんです、臨界前核実験の目的を簡単に説明しますね。

臨界前核実験は、核爆発が起こる前の段階で行われる実験です。この実験の目的は、核爆発の「性能」を理解し、最適化することです。ここでいう「性能」とは、核爆発がどのようにエネルギーを発生させ、そのエネルギーがどのように広がるか、ということを指します。具体的には、以下のような点が重要となります:

1. エネルギーの発生:核爆発は大量のエネルギーを発生させます。このエネルギーがどの程度発生するか、どのように発生するかを理解することが重要です。

2. エネルギーの広がり:核爆発によって発生したエネルギーは、周囲に広がります。このエネルギーがどのように広がるか、どの程度広がるかを理解することが重要です。

これらの点を理解することで、核爆発の「性能」を最適化することが可能となります。つまり、必要なエネルギーを必要な範囲内で発生させ、そのエネルギーを効率よく広げることができるようになります。

以上が、臨界前核実験の目的と、その目的がどのように核爆発の「性能」に関連しているかの説明です。どうでしょうか、少しは理解しやすくなりましたか?

小生:
核爆弾の内部構造を変化させているのですか?花火師が玉の中にいろいろの仕組みの球を入れてきれいなイメージの華を大空に描かせるように?


Copilot:
はい、その通りです。核爆弾の内部構造は、花火師が花火の玉の中にさまざまな仕組みを入れて美しい花を空に描くのと似たようなものと考えることができます。

核爆弾の中には、核分裂物質(ウラン235やプルトニウム239など)が含まれています。これらの物質は、一定の量(臨界量)を超えると、中性子が衝突することで核分裂が連鎖的に起こり、大量のエネルギーが一度に放出されます。このエネルギーの放出が、核爆発の主な原因となります。

核爆弾の内部構造は、この核分裂反応を制御するために工夫されています。例えば、ウラン235を使った原子爆弾では、ウラン235を臨界量より少ない2つの塊に分けておき、爆薬を使って塊をぶつけ合わせることにより、一瞬のうちに臨界量以上になるように作られています。これにより、核分裂反応が連鎖的に起こり、膨大なエネルギーが一度に放出されます。

また、プルトニウム239を使った長崎型の原爆では、核物質を火薬で取り囲む形で密閉し、外側の火薬の爆発エネルギーで球状の殻(タンパー)ごと圧縮し、プルトニウム239を核分裂連鎖反応が起こる超臨界状態に押し進めると、中心に仕込まれた中性子源から中性子が飛び出します。

このように、核爆弾の内部構造は、核分裂反応を制御し、最大限のエネルギーを放出するように設計されています。それぞれの核爆弾は、その目的や使用する核物質によって、異なる内部構造を持っています。ただし、これらの詳細な設計や製造方法は、国家の安全保障に関わる重要な情報であり、一般には公開されていません。

ーーーーーー
(森敏)
2024-05-18 15:44 | カテゴリ:未分類

小生:
作家がAIを用いて作品の一部を創作して賞をもらったりする例が芥川賞受賞者の九段理江さんの場合の様に、今後も出てくると思います。そいうばあいに作家の独創性を審査委員はどのように評価するべきなのでしょうか? AIなりに独自に考えてくれませんか。

Copilot:
AIを用いた創作が増える中で、作家の独創性を評価する基準は確かに新たな議論を必要としますね。以下に、私が考える評価の観点を提案します:

1. AIの使用範囲:作品全体のどの部分がAIによって生成されたのか、どの部分が作家自身によるものなのかを明確にすることが重要です。AIが主に下書きやアイデア出しに使われ、作家がそれを基に独自の視点や感情を加えて完成させた場合、作家の独創性は高く評価されるべきです。

2. AIのカスタマイズ:作家がAIの設定やパラメータをどの程度調整し、自身のスタイルや視点を反映させたかも評価の一部となります。AIはあくまでツールであり、その使用方法は作家の創造性によって大きく左右されます。

3. 作品の質:最終的な作品の質はもちろん重要な評価基準です。AIの使用によって作品がどれだけ鮮やかに、深みを持って描かれているか。物語は引き込まれるものなのか、キャラクターは魅力的なのか、といった点が評価されます。

これらの観点は、AIが創作プロセスにどの程度関与しているか、そしてその結果作品がどれだけ優れているかを評価するためのものです。しかし、これはあくまで一つの考え方であり、具体的な評価基準は各賞の審査委員会によって設定されるべきです。AIの進化とともに、これらの基準も進化し続けるでしょう。それは新たな創作の形を模索し続ける作家たちの挑戦と同じですね。
 
 
小生:
ある小説の全文をAIに書かせて受賞し、それが受賞後明らかになった場合、それはAIの著作権となり得るでしょうか? AIなりに考えてくれませんか?

Copilot:
AIが作成したコンテンツの著作権については、現在のところ明確な法律が存在しないため、その解釈は難しいです。しかし、一般的には、AIは法的な主体ではないため、著作権を所有することはできないと考えられています。

AIが作成した作品が賞を受賞した場合、その賞はAIがプログラムされた方法やAIを使用した人々の努力を認識するものと考えられます。したがって、その賞はAI自体ではなく、AIを設計、プログラム、または操作した人々に帰属すると考えられます。
 
しかし、これは非常に新しい領域であり、法律は常に進化しています。将来的には、AIの著作権に関する法律が制定されるかもしれません。それは、AIがどのように発展し、社会がそれをどのように受け入れるかによるでしょう。
   
この問題は、法律家、技術者、倫理学者など、さまざまな専門家が議論を重ねている進行中の問題です。それゆえ、最終的な答えを得るには、これらの議論の結果を待つ必要があります。この情報がお役に立てば幸いです。

ーーーーーー
(森敏)

付記:生成AIを一人の人格者とみなして丁寧に対話すると、AIは逃げずに、ていねいに考えて応答してくれるようです。
2024-05-17 04:37 | カテゴリ:未分類
   大相撲夏場所は5日目にして5人が休場している。照ノ富士や貴景勝は前場所からの傷が癒えていないのに出場して一日目から負けて2日目に休場というだらしのなさだ。

   「完全に治療して出て来いよ!」と言いたい。(小生は膝関節をやられて治るのに半年かかった)。

   相撲を見ているとほとんどの力士が膝か足首の関節保護のための包帯をしていて、痛々しくて、全然美しくない。

   取り組みを見ながら観察すると、以下の表のようになった。数えてみたら包帯をしていない力士(〇印)は全幕の内力士42人中、わずかに12人に過ぎなかった。5人の力士が多分「けが」で休場中である(×印)
     
    この表は体重の多い順に並べている。〇は包帯をしていない力士である。体重が高いとケガが多いのかと思ったら案外そうでもないようである。
  
    なぜ力士がけがをするかというと、土俵の外に落下して着地するときの、足の関節に対する荷重の大きさだろう。なぜ土俵をあんなに高くしているのだろうか?審判の判定のために土俵面を目の高さ(約60センチらしい)にしているのだろうか?現状ではわざわざ「力士にけがをさせるために土俵は高くしている」ようなものである。これは長年にわたる相撲業界での明白な「因習」だろう。
  
    相撲部屋でのけいこ用の土俵は盛り土になっていないようだから、力士たちは本番での土俵からの「落下の仕方」は普段から練習していないのではないだろうか。
  
    私見では、柔道をやったことがある力士はけがをしにくいのではないだろうか? 彼らは落下時に体を丸める受け身を自然に身に着けているはずだからである。
  
          
 水戸龍 196kg   〇
 剣翔 195kg   左ひざ
 大奄美 188kg    左ひざ
 湘南乃海 187kg   〇
 大の里 183kg   左足首
 錦木 183kg  左足首
 熱海富士 181kg    両ひざ
 高安 180kg    ×
 金峰山 177kg     〇
 玉鷲 176kg  両足首
 王鵬 176kg    〇
 照ノ富士 176kg    ×
 琴ノ若 172kg 左ひざ
 朝乃山 169kg    ×
 隆の勝 168kg   右ひざ
 阿武咲 167kg  両ひざ
 宝富士 167kg  左右ひざ
 大栄翔 166kg  右ひざ・左足甲
 御嶽海 166kg 〇
 貴景勝 165kg    ×
 北勝富士 163kg 右ひざ
 琴勝峰 161kg     左ひざ
 阿炎 160kg 左足首
 豪ノ山 158kg    左ひざ
 欧勝馬 158kg    左ひざ
 錦富士 158kg     両足首
 竜電 157kg 〇
 正代 157kg        〇
 明生 153kg        左ひざ
 狼雅 152kg         左ふくらはぎ
 一山本 146kg       左ひざ
 佐田の海 145kg      左右ひざ
 若元春 144kg       〇
 美ノ海 143kg        〇
 宇良 143kg         両ひざ
 尊富士 143kg          ×
 豊昇龍 142kg       右ひざ
 霧島 141kg         〇
 平戸海 139kg        〇
 翔猿 136kg    〇
 時疾風 132kg      右足甲
 翠富士 116kg      両足首
  
  
(森敏)
付記:上記の表はEXCELLで作成してから転記したのですがうまく作成できませんでした。見にくくてすみません。
FC2 Management