FC2ブログ
2020-09-04 08:48 | カテゴリ:未分類
   昨年秋口に福島県双葉町の林内にオナモミが枯れていた(図2)。
    
  この植物はとげとげの実がつかないと、オナモミと直ちには判別できないのであるが、幸い実が熟していたので、根ごと引き抜いて(軽く引き抜けた!)、研究室に持ち帰って、実と各部位の放射能を測定した。

  根には土がこびり着いているので、放射能が高いのだが、地上部全体もいまだにかなり高いことがわかる(表1)。

  植物全体が強く放射能汚染している(図2と、図3図4の実などを照合してください)。

  この植物はたぶん一年生草本なので、2018年に種子が飛び散って2019年春から発芽して秋に実をつけるまで育ったものと思われるものなので、そこの場所の土壌の可溶性放射性セシウムを吸収してきたはずである。
   
  この結果からみても、まだ除染していない林内土壌からの野生の植物は放射能が高く続いているわけである。多くは土の最上層の腐葉土に含まれている高い放射能が、徐々に微生物分解されながら、根が浅いオナモミの根から直接吸収されているものと思われる。

  生きのよいオナモミの写真を持っていないのでWikipedeia から、無断転載した(図1)。






 オナモミ1


図1 オナモミ(WIKIPEDIAより転載)



 スライド3 
 図2 枯れたオナモミを根から掘り上げた。 6個の実をつけいている。
 


 
スライド2 
図3. 図2のオートラジオグラフ 
 


 
スライド1 
 図4.図3のネガテイブ画像
 


表1.オナモミの放射能
 
おなもみ1 
 
   


(森敏)



 
 






2020-08-06 17:36 | カテゴリ:未分類
  小生はこれまで新規コロナウイルスを中共ウイルスと呼んできた。読者によっては、この呼称が牽強付会で、あまりにも政治的な呼び方で、科学者が使うべき学術用語ではないと感じている方もおられると思う。
   
  なぜ、小生が中共ウイルスという呼称を使い続けるのかには、理由がある。
   
  それは、公表されているCOVID-19のSparkというタンパクの遺伝子配列を各種コウモリの遺伝子と比較すると、あまりにも異常な配列がすっぽりと入っているので、こんなことが短期間での自然の変異で一気に起こるなんてことはありえないと思っているからである。つまり、COVID-19がゲノム編集された人工ウイルスであるという疑念をずっと払しょくできていないからである。
    
  ゲノム編集という技術を習得した遺伝子工学の専門家なら、自分が扱う遺伝子を操作してみたいという誘惑にかられるだろう。
    
  特にどこの国でも軍関係者なら生物化学兵器として、生物を改変する誘惑にかられていることと容易に推察できる。
    
  その初歩的な遺伝子操作の対象として、P4施設を使うことが許されるならば、生物兵器としてきわめて構造が簡単なウイルスをいじることは一番容易なことである。
    
  特に中国という国は遺伝子操作して双子の赤ちゃんを誕生させたりして、西欧陣営の研究者なら道徳的に躊躇する倫理に反することを平気でやる研究者がいる国だから、じつに要注意であると常日頃から思っていた。今回ついにやってしまったんではないか?その結果、8月7日午前7時現在世界で70万8941人が死んでいる。中国発の壮大な人体実験が地球規模で進行中である。
    

  これまでCOVID-19の起源に関しては諸説紛々であるが、世界のウイルスの研究者たちは、次第に発生の起源の追及を忘れて趣味の研究に回避して、似たような論文を乱発している。これまでに1万件以上の論文が出ているという。小生もあれこれと論文を読んでは振り回されている。これらの研究は
   

①WHOから発表されたCOVID-19の配列が正しいものとして、
  
②mRNAの変異は頻繁に起こるものなので、自然変異したものだろうとして、
        

いまや、半ば、COVID-19の起源の追及をあきらめて、SparkとACE2の感染メカニズムの趣味的研究に傾斜していっている。
   
これに対して、今回の閻女史の発言では確たる証拠を開示しているわけではないが、COVID-19が人工ウイルスであるということを断言している。以下のYouTubeを詳しくご覧ください。
  
    
        

https://www.youtube.com/watch?v=B0gPCRNUz_E

      

https://www.youtube.com/watch?v=B35uuzoG2oo
      

以下にインタビューの画面に出てきた日本語の翻訳文を一語も残さず丹念に拾ってみた。

    

バノン「説明してもらえますか? なぜあなたは中共ウイルスが、コウモリのウイルス由来や自然界由来ではなく、人工ウイルスだというのですか?」
   

閻女史「このウイルスはコウモリから人に直接伝染するものではなく、コウモリウイルスを元に開発されたものです。中国人民解放軍(PLA)が同じウイルスを発見し所有しています。そして人の手を加えて研究室で改変させ一連の動物実験を経ました。とくにヒトに焦点を当てて実験されました。なぜ我々が同ウイルスのヒトへの感染力が非常に大きいと強調してきたかの理由です。

 我々は断言できます。この説を証明できる有力な証拠を持っています。簡単に云えば、私たちが指紋を通して個人認識できるように、ウイルスにとっての指紋は遺伝子です。私たちは遺伝子から多くの証拠を得ることができます。
   

中国のアウトブレーク初期に中国政府は遺伝子配列の公開を遅く公表し、さらに遺伝子配列を改ざんし、誤った情報を米国衛生研究所(NIH)のデータベースに送りました。その後私は路徳氏のYoutubeチャンネルを通してこれについて暴露しました。
   

すると彼ら(中共)はすぐに反応しました。コオモリ女・石正麗は「nature」誌に23日に発表されたRaTG13についての論文を投稿しました。
     

 その後中共は全医学界とWHOを制御し影響を及ぼしました。そして彼らは人々にこれこそが今回のウイルス由来の原因だと言い始めました。TaTG13に集中させました。さらにこれに基づいて物語を作りました。
    

 112日に彼らは間違った遺伝子配列を公表しました。間違った情報です。これらの間違った情報をもとにウイルス専門家と科学者たちは船山コウモイウイルス(Zhou Shan Bat Virus)この真の起源に辿ることができなくなります。

   
 その翌日113日にタイで初めて海外の一人目の発症が確認されました。それは海外の人にも同ウイルスのサンプルを入手できることを意味します。彼らはウイルスを分離することもできます。今後明らかになっていくでしょう。本物と偽物のウイルスの遺伝子配列の違いを。
  

バノン「彼らが嘘をついたことが近いうちにバレて真相が明らかになるというのですか?
  

閻女史「その可能性があります。彼らはよくわかっています」

     

     


(森敏)

      

付記:この2番目の動画はアメリカに命を懸けて亡命した、ウイルス研究者であるWHO香港研究員・閻麗夢博士に対して、前大統領補佐官であったバノン氏がインタビューしているものである。これで彼女はアメリカへ亡命後のYouTube画面へ3回目の登場である。周りが暗殺などの彼女の生命の危険に対してはガードを固めているからなのか、彼女はのびのびと、中共ウイルスのよって来るゆえんについての秘密を明らかにしている。全面的な開示ではないので、最後まで聞いていても不明のところが多々あるのであるが、これから何回か動画サイトに登場して、少しずつ真相を明らかにしていくものと思われる。もしかしたら、アメリカの大統領選挙の直前に中共ウイルス(COVID-19)が人工ウイルスであることの決定的証拠を開示するつもりなのかもしれない。バノンとの連係プレーを行っているのだろう。
  

2020-04-26 16:50 | カテゴリ:未分類

    

https://bungeishunju.com/n/n7ebc7e6baae9?gs=70bc0db152f0
      
  これは感動の手記である。3回読み返して、涙腺が弱い小生は、涙が止まらなかった。
  
  この手記は、中国国内の出版物「人物」に出版直後に本が回収されたり、インターネットからも直ちに削除されたということです。中国共産党にとってよほど都合の悪いことが書かれていると当局によって判断されたのだと思われます。

       

上記の文芸春秋社によるwebネットは、手記の全文ではありません。文芸春秋5月号は、総力特集「コロナ戦争」というテーマで、アイ・フェン医師の手記を13ページにわたって全文掲載しています。

       

この手記には、中共ウイルス(COVID-19)が発生した最初の患者を、そうとは全く知らずに受け入れた、武漢市中心病院南京路分院の救急科主任であった女医アイ・フェン医師による、その後の生々しい記録が記載されています。医療技術者としての自信を持った救急医療の臨床医として、理路整然と、時系列的に科学的事実に基づく議論を展開しています。全編が確固たる医師としての「職業倫理」で貫かれています。

      

詳しく日時を追って記載内容を精査していくと、様々な観点から解明されるべき不明な点がいくつもあります。しかしここに書かれていることは中国共産党による検閲を受けているにしても、事実に基づく記載と思われるので、中共ウイルス発生の起源や場所に関して、非常に興味ある内容になっています。

   

現在、中国共産党はこの中共ウイルス問題で、国際的に包囲網が敷かれ、トランプ氏や各国首脳陣から、ウイルスの人工合成や、漏洩や、発生時期の世界に向けての発信の意識的遅延などに関して、非難の声明や真相解明の責任を強く問われています。アメリカでは市民による裁判が各地で提起されています。

   

もしジュネーブの国際法廷にこの裁判が受理されたら(ありえないかもしれませんが)、アイ・フェン医師は重要な証人として、招請されるべき人物です(中国が出国を許さないかもしれませんが)。

      

国際的な監視団が武漢に入って数カ所のウイルス研究所などの現場検証を行い、証拠書類を差し押さえるべきだと思います。人工ウイルスかどうかに関しては、研究所の研究者達によるコロナウイルス研究実験ノートなどが重要な物的証拠です。すでにことごとく証拠隠滅されているかもしれませんが。

 

  もちろんアイ・フェン医師らへのインタビュー(聞き取り調査)は最重要の案件だと思います。もちろん初期の患者の全カルテの記録が最重要です。そこには住所・氏名・年齢・性別・職業・係累家族等が書かれているはずですから、遡って中共ウイルスの起源を追求できるヒントが数多く隠されているはずです。

    
   

(森敏)
付記1:小生は若いときは、正義感から、民事裁判や刑事裁判にかかわり、多くの鑑定書を書いた経験があるので、裁判における「物証」の重要性に関しては、熟知しているつもりです。
 
付記2:

一万人が訴訟!中国共産党政権に65千万豪ドルの損害賠償を求める

2020年4月22

 

中国共産党の犯罪行為を処罰せよ ポーランドメディアが政府に要請

2020年4月20

 

国際社会、中国共産党に責任追及と求償へ 新型コロナ隠ぺいで

2020年4月18

 


付記3:

武漢ウイルス研究所幹部、新型コロナ発生源の憶測を強く否定

2020/04/20 

 

新型コロナウイルスの発生源ではないかと臆測される中国の武漢ウイルス研究所幹部が、研究所は全く関係ないと強く否定した。

  武漢国家生物安全実験室の袁志明主任は18日、国営テレビ局の中国国際電視台(チャイナ・グローバル・テレビジョン・ネットワーク=CGTN)とのインタビューで、ウイルスが研究所から流出し武漢の感染拡大を引き起こしたとの説に反論。「当研究所がウイルスの発生源になったというのは到底あり得ない」と言明した。

  人として新型コロナに初めて感染した「0号患者」は研究所に接点がある人物だとする説についても、研究所の現・旧関係者らの中に感染が明らかになった例はないと指摘。最も危険度の高い「P4」レベルの病原体を扱う同実験室に対する不信を「意図的に人々に抱かせようとしている」として、トム・コットン米上院議員(共和、アーカンソー州)やワシントン・ポスト紙の記者らを批判した。

 

  トランプ米大統領は18日の記者会見でも新型コロナの起源を巡る臆測を再びあおり、感染拡大が「故意」であれば中国は報いを受けることになると主張した。ナバロ大統領補佐官も19日にFOXニュースで、「新型コロナの発生地は、ウイルス研究所から数マイルの所だった」と述べ、「最も単純な説明が恐らく最も可能性が高いという法則が働くなら、研究所が発生源ではないと証明する責任が中国にはあるだろう」と付け加えた。

  これに対し、袁氏は「この主張に証拠は何もなく、推測でしかない」とし、「このような陰謀論が科学者の世界的な協力に影響しないよう望む」と語った。

  新型コロナの感染拡大の経緯については、オーストラリアなど一部の国は独立した調査を求めている。

  武漢ウイルス研究所の国家生物安全実験室は2018年1月に業務を開始。「P4ラボ」とも呼ばれ、この種の研究室としては中国本土で初めて建設された。


(Bloomberg News)

2020-04-23 15:02 | カテゴリ:未分類

無症状でも約6%が陽性 慶大病院のPCR検査結果 [2020/04/23 13:04]
 

慶応大学病院が新型コロナウイルス以外の病気で入院する予定の患者にPCR検査をした結果、約6%の人が自覚症状がないものの陽性だったことが分かりました。

 慶応大学病院によりますと、13日から19日に新型コロナウイルスの治療以外で入院する予定の患者67人にPCR検査をしたところ、約5.97%にあたる4人が陽性と判定されたということです。いずれも新型コロナウイルスの特徴的な症状はありませんでした。この結果について慶応大学病院は院外・市中で感染したものと考えられ、地域での感染の状況を反映している可能性があるとしています。(テレ朝ニュース)
   

 

===================================

  慶応義塾大学病院は院内感染が始まっていたので、意気消沈していると思っていたが、この検査データは、日本ではきわめて先駆的で、

  これまで統計学者がけしかけても、一向にちんたらしていた、感染症学会や、厚生省にカツを入れるものである。

  PCR測定器は全国の大学病院やその病理や生化学関連の研究室にはゴロゴロあるはずだから、組織が連携して、その気になれば同じようなデータが各大学病院からすぐにでも出せるはずである。

  全国大学病院連合会みたいなものがあるはずだから、その会長が号令を掛ければ、すぐにでも、地域ごとの潜在的な感染者数が出てくるはずである。

  それこそが、自治体ごとの非常事態宣言をいつ解くべきかの重要な判断基準になるはずである。もちろん検査数は多ければ多いほど信頼性が高くなる。


 

(森敏)
   

付記1:この慶応大学病院のデータと、東京都の人口13,942,856を用いて、90%信頼区間での東京都無症状陽性感染者数の推定値は

317,000人 ~1,353,000人となる。

つまり、実におおまかな話だが、30万人から135万人の幅ですでに都民が感染していることになる。
     

付記2:本日の東京都が検査して検出したこれまでのCOVID-19総感染者数は3573人ということなので、この値は、実際の潜在的な総感染者数の

100% x (3573/668421)0.53 % から

100% x (3573/996355)0.36% まで

の率の幅の感染者しか拾い上げていないことになる。

こんな少ない感染者数の毎日の変動を一喜一憂して、マスコミは伝えているが、これでは、ほとんど誤差の範囲の変動幅であれこれ論じていることになる。
   
ちょっと恥ずかしくないか?

 


 

追記1:あとで気がついたのだが、NHKでもおなじ記事の放送ががなされていた。

新型コロナ以外の患者6%陽性 地域状の状況反映か 慶応大学病院
2020/4/23 16:54 NHK

東京の慶応大学病院が今月、新型コロナウイルス以外の患者67人に対して、感染しているかどうか調べる検査を行ったところ、およそ6%の人が陽性だったことが分かり、病院は地域での感染の状況を反映している可能性があるとしています。

慶応大学病院によりますと、今月13日から19日の間に新型コロナウイルス以外の患者、67人に対して、手術前や入院前に感染しているかどうか調べるPCR検査を行ったということです。

患者は全員、新型コロナウイルスに感染した際に見られる症状はありませんでしたが、およそ6%にあたる4人が陽性と確認されたとしています。

この結果について、慶応大学病院は患者は病院の外で感染したものと考えられ、地域での感染状況を反映している可能性があるとしています。

慶応大学病院では、これまでに院内感染の疑いが強いとされる東京 台東区の永寿総合病院から転院してきた患者を発端に入院患者や医師などが感染し、診療に影響が出たほか、集団で会食していた研修医およそ20人が感染していますが、このほかに感染拡大はないとしています。

専門家「予想以上に市中感染者がいる可能性も」

慶応大学病院の調査でおよそ6%に当たる4人の患者が陽性だったことについて、感染症に詳しい東京医科大学の濱田篤郎教授は「病院という特殊な環境であるため、そのまま全体に当てはまるかは分からないが、これまでの予想以上に市中に感染者がいる可能性は考えられる。ただ、感染した人からほかの人にどの程度ウイルスが広がるかは分かっていないことも多いので、冷静に対応する必要がある」と話しています。::::::


     

    
追記2:

NY州住民の7人に1人が新型コロナ感染か 抗体検査で

【ニューヨーク=清水石珠実】米東部ニューヨーク州で住民の7人に1が新型コロナウイルスに感染している可能性があることが判明した。23日に会見した同州のクオモ知事によると、州内40カ所で無作為抽出した3000人を対象に実施した新型コロナの抗体検査の結果、13.9%が抗体を持っていることがわかった。感染者が多いニューヨーク市では抗体がある人の比率が21.2%2割を超えた。

クオモ知事の説明では、抗体検査では、感染を経てウイルスへの免疫ができている人を確認できる。州人口をもとに単純試算すると、これまでに270万人が新型コロナに感染した計算になる。この場合、死亡率は推定0.5%と低くなる。ただ、州の死亡者集計(約15500人)には自宅で亡くなった人などは含められておらず、実際の割合はより高い可能性がある。

今回の抗体検査はスーパーの買い物客など外出している18歳以上の住民が対象となった。ニューヨーク市や同市近郊では軒並み抗体を持つ人の比率が1割を超えた一方で、州の他の地域は4%以下だった。クオモ知事は外出制限の緩和処置などを地域ごとに検討する必要性を示唆した。

 
========
 
     

  だから、上記で紹介した慶応病院のPCR検査陽性の数値5.97%は、なかなかいい線を行っているのかもしれない。
言わずもがなだが、PCR陽性は現在感染中でウイルスを排出している患者のことを言う。一方抗体検査陽性は過去にウイルスにかかったひとと現在かかっている人の合計を言う。
 
  
追記3:ロサンゼルスでも以下のデータが出た。

 

感染者数、実際は55倍も 新型コロナ抗体検査で推計―米ロスアンゼルス

2014/04/21 16:00

【ロサンゼルス時事】米西部カリフォルニア州ロサンゼルス郡は20日、新型コロナウイルスの実際の感染者が、確認されている人数の28~55倍に及ぶという調査結果を発表した。郡と南カリフォルニア大学は、住民の抗体検査を継続的に約1000人ずつ実施しており、第1陣となる今月10、11両日の検査結果から推計した。

 それによると、郡内の成人の4.1%が抗体を持っており、既に22万1000~44万2000人が感染していた可能性があるという。当時、確認されていた感染者は約8000人だった。郡は「従来考えられていたよりも、感染がはるかに広がっており、致死率は大幅に低いことを示唆している」と指摘した。

 

 

2020-04-04 13:11 | カテゴリ:未分類


  言問(こととい)通りに陸橋があり、そこは昨年いっぱいかかって建て替え工事があった。

  その下を歩いていると、橋の直下の車道脇に一株のタンポポが旺盛に生えていた。

  よく見ると、蕾と花で合計30本ばかり抽苔しており、細い葉が65本ばかり異常に多く、一本だけ、奇形の太い花茎が抽苔していた。(図1に赤い矢印で示している) 茎の基部から切り取って見るとこんな感じ(図2)であり、数本花茎が合体すなわち帯化(たいか)している。


  花茎の頭の方から見ると8本ばかりの茎の合体であることがわかる。

  今年は、小生は足腰が劣化している上にCOVID-19(武漢ウイルス)のせいで、電車に乗るのが怖いので、いつもの近郊の奇形タンポポ多発地帯への定点観測地にまだ出かけていないのだが、意外にも身近に奇形のタンポポを今年初めて見ることができた。

  この図1の車道脇は橋梁工事のために何度も道路がはがされては埋め戻されたりしていたので、このタンポポは明らかに、昨年どこかから飛んできた種子が発芽して大きくなった一年めの植物と思われる。

  このタンポポの生え方は、あらゆる意味で、小生が、野生の奇形タンポポから採取してきた種子を、研究室の人工気象室で約半年かけて育てて、発生した、奇形タンポポの生え方と酷似している。




たんぽぽ全景1 
図1.車道脇の奇形タンポポの株。わかりにくいが赤矢印tが奇形の花茎。道路側の黄色は駐車禁止ライン。手前は人道側の鉄柵。
たんぽぽの生えてているところは頭上の橋の上から、水が落ちてきて流れ込む、比較的水の供給が豊かだと思われる。


 
 
  
 
 
 
スライド3 

図2.図1の奇形の株を切り取ったもの。生長しているうちに合体した花茎がてつぃ亀裂が入っている。 
 
 

スライド2 

図3. 図2の花茎の多頭を裏側から見たもの。 この後生長していくと、黄色い萎れた花弁が散って、一気に綿毛となるはずのものである。
 
  
 
(森敏)
   
付記: 本件に関しては、以下のポット試験の結果の口頭発表原稿をご参考ください。

タンポポの帯化遺伝子は次世代に遺伝する

森敏・中西板井玲子・安彦友美・森淳・山川隆・丹羽勝・中西啓仁
2016年9月 日本土壌肥料学会講演要旨集)
  
  
追記1: 4月9日には、東大農学部正門を出て左側に通称「弥生の交番」があるが、その近くの銀杏の木の下に、昨年と同じく、今年も奇形の帯化タンポポを見出した。よく見ないと判別できないが(図4赤い矢印)、接写すると図5のようで、前述の図3に酷似している。ただしこのタンポポの株は葉の数葉12枚、茎の数は6本と少ない。黙って通り過ぎると見れども見えずである。この株は銀杏の街路樹の踏圧防止用鉄版の枠の下から生えているので、年中保護されており、昨年と同じ奇形株のものと思われる。
   

 
スライド1 
図4.左は本郷通り。赤い矢印の先が帯化タンポポ。 
 
スライド2 
図5.図4の拡大写真
FC2 Management